孫堅が早死しなければ、袁術が天下統一をした?元海賊狩りから異例の出世をした漢に迫る!

2016年3月18日


 

孫堅 ゆるキャラ 三国志

 

孫家は代々呉の役人の家柄だったようですが、孫堅(そんけん)を身籠った母は、

自分のはらわたが飛び出して呉城の昌門に絡みつく夢を見たそうです。

近隣のひとはそれは吉兆の夢だと噂し合ったそうです。

生まれた子供の顔立ちは非凡であったとされています。

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



17歳で機転を利かせて海賊狩り

孫堅

 

孫堅は父との旅の最中、銭唐という場所で海賊が財宝を分け合っている場面に遭遇します。

父の止めるのも聞かずに河岸にとび移り、その場で東西に指揮をしている姿をし、

部隊を展開させているように見せかけて海賊を追い払います。

その後を追って首をひとつ獲ってきたそうです。

現代で換算すると高校生の年頃の話です。恐るべき高校生ですね!

 

黄巾の乱では馬に救われる

暴れる黄巾党008

 

名前がたちまち売れて来て、郡尉となり、県丞(副知事)となって名声を得ます。

丞としての働きも見事で民衆からも慕われたとあります。

ここで184年黄巾の乱が起こります。

孫堅は朱儁に従い黄巾の賊と戦い、武功をあげますが、深入りし過ぎて西華で負傷、落馬します。

 

孫堅

 

この時に乗馬していた黒毛の馬が利口で、本営に駆け戻って地面に倒れて、主人の危機をいなないて伝えたそうです。

お陰で孫堅は発見され、一命を取り止めています。

 

関連記事:三国志は黄巾の乱から始まった

関連記事:黄巾の乱は、どうして起こったのか? 黄巾賊についてわかりやすく解説

関連記事:実は、最初から作戦に失敗していた黄巾賊

関連記事:太平道の教祖、張角死後の黄巾軍はどうなったの?青州黄巾軍って何?

 

韓遂の反乱では「董卓斬るべし」

董卓&呂布

 

黄巾の乱に引き続き、西北の涼州で韓遂らが反乱を起こします。

討伐軍の大将は中郎将の董卓です。

いつまで待っても鎮静化されないために朝廷は張温を車騎将軍代行とし、孫堅を参謀に任じています。

いつまでも結果を出そうとしない董卓を斬るよう進言した孫堅でしたが、張温は穏便にことを進めます。

韓遂らの反乱軍は大軍が来たことを知って逃げ去っていました。

この戦では誰も成果をあげていませんが、董卓斬るべしと追及した孫堅は株をあげ、議郎に昇格しました。

 

関連記事:新事実!悪逆非道の代名詞・董卓は実は、かなりいい人だった

関連記事:洛陽に続き、長安でも好き放題をした董卓

関連記事:後漢末の貨幣経済を破綻させた、董卓の五銖銭(ごしゅせん)

関連記事:董卓は実は名将軍であるという根拠

 

急病用いて張咨をだまし討ち

孫堅

 

区星の反乱も鎮めた孫堅は長沙の太守(知事)・烏程侯になっていました。

ここで反董卓連合が結成されます。

孫堅は日ごろからぶつかりあっていた荊州の刺史である王叡を殺し、

孫堅に会おうともしない南陽の太守である張咨に対し一計を謀ります。

孫堅が急病になったから兵を預けたいと伝えたのです。

張咨は喜んで六百の騎兵を率いて病床の孫堅を訪れたところを孫堅は起き上がってこれを斬り捨てました。

【次のページに続きます】
 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

はじめての三国志

「ゆるく、たのしく、わかりやすく」をコンセプトにした 歴史エンタメメディアです。
(®登録商標:第5800679号)

-三国志の雑学, 執筆者:ろひもと理穂
-, , , , , ,