周泰(しゅうたい)ってどんな人?孫権に重んじられた、全身傷だらけの男

2015年9月23日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

周泰

 

西条秀樹の傷だらけのローラや、傷だらけの天使など、傷だらけという言葉には凄みだけでなく、何かを守る一途さを感じさせられます。三国一、地味と言われる呉、しかもその中でも、じみじみ武将と呼べる周泰(しゅうたい)も、そんな傷だらけの武将でした。孫権(そんけん)に重んじられ、涙を流して感謝された周泰の人生を追います。

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



孫策(そんさく)に見出されるも、孫権の願いで孫権お付きの武将に

孫策

 

周泰の生没年は不詳ですが九江(きゅうこう)郡、下蔡(かさい)の人と言われています。同僚の蒋欽(しょうきん)と共に当時勢力を伸ばしつつあった小覇孫策の下で仕えます。孫策の弟である孫権は、何故か、周泰を気に入り自分の配下に欲しいと兄に言ったので、孫策は周泰を孫権付きの武将にします。

 

孫策、六県の山越討伐に赴き、留守を守る孫権にピンチが

孫権 弔い出陣

 

孫策は、呉特有の山だらけの地形の為に非常に数が多い山越のような異民族討伐を繰り返していました。孫権は、この孫策の後ろを守って宣城にいましたが、兵力は少ないのに、孫策が押し気味に戦っているので油断していました。そこに山越軍の別働隊が奇襲を掛けてきました。手薄な上に油断していた呉軍は追い散らされ孫権もあわや討ち取られるという所まで追い詰められてしまいます。

 

周泰、人に倍する勇気を奮い山越を追い払う

 

その時に味方を励まし、孫権を守ったのが周泰でした。山越の軍勢を払いのける為に、敵軍に突撃した周泰は、全身に12箇所という深手を負いながら奮戦を続けました。劣勢の呉軍は周泰の姿に勇気づけられ、ついに崩れなかったので山越軍は諦めて退却しました。

 

関連記事:老将・黄蓋(こうがい)は異民族討伐のプロだった

 

周泰、傷が深すぎて生死の境をさまよう

 

しかし、周泰は全身傷だらけになり、そのまま倒れてしまいます。そして、何日間も生死の境をさまよう人事不省の状態になります。幸いにして、周泰は回復し弟の命を救ったとして孫策にも賞賛され、回復後に春穀(しゅんこく)の県長に任命されました。

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強のワルは誰だ

朝まで三国志1  

 

周泰、孫権時代にも大活躍

孫権と三国アヒル

 

孫策が死に、孫権の時代になると周泰は、呉の前線部隊として大きな働きをするようになります。黄祖討伐や赤壁の戦いでも周瑜(しゅうゆ)程普(ていふ)に従って、曹操軍を撃破して呉の躍進に大きな貢献をしました。

 

朱然(しゅぜん)と徐盛(じょせい)は周泰の指揮下に入るのを不満に・・

朱然

 

周泰は順調に手柄を積み重ねますが、元は同僚の朱然と徐盛は、その配下にされた事に難色を示し、周泰の命令を無視するなどしました。考えた孫権は宴を催すとして、朱然と徐盛、周泰を招きます。

 

孫権、いきなり周泰の服を脱がせて傷の解説を始める

孫権、周泰の服を脱がせて傷の解説

 

そして、宴もたけなわになった頃、孫権は周泰を立たせていきなり服を脱がします。周泰の体は、歴戦によって傷だらけになっていました。孫権は、それら周泰の体の傷を、ひとつひとつ解説し、いかに周泰が戦場では、我が身を省みず、奮戦する男であるか力説します。こうして孫権は最後には涙を流し、

 

「今日の私があるのは、ただ、幼平(ようへい:周泰の)がいたお陰である」

と感謝の言葉を述べたのです。

 

それを見た徐盛と朱然は態度を改め二度と周泰に背くような事は無くなったと言われています。

 

蜀漢との戦いにも意欲を燃やす周泰、その途中で死ぬ

関羽 激怒

 

呉が呂蒙(りょもう)陸遜(りくそん)の活躍で関羽(かんう)を倒して荊州を手に入れると、周泰は、来るべき劉備の蜀漢との戦いにも意欲を燃やします。漢中太守、奮武(ふんぶ)将軍に任命され、陵陽候(りょうようこう)にまで昇りますが、黄武(こうぶ)年間(222年~229年)頃に死去しました。孫権は、昔、自分の命を救った周泰への恩義を忘れず天子の馬車の日よけの蓋を周泰に贈ったり、周泰を名ではなく字(あざな)で呼ぶなど目に見える形で厚遇をアピールしました。一方の周泰も、それでおごり高ぶる事なく終生武人として、孫権に仕え続けたのです。

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

周泰と言えば、ゲームでも、使えない事はないけど、まあ平凡な能力であまり印象には残らない武将です。全身、傷だらけというのも、そこまで強くはなく、多くの反撃を受けたという一つの証明であるとも言えます。しかし、その勇気は並はずれ、また何としても主君に忠義を尽くすという心意気は見事で、孫権が生涯重く用いたのも分かる気がします。周泰の全ては、その体中の傷が物語っているのです。

 

今日も三国志の話題をご馳走様でした。

 

関連記事:陸遜(りくそん)は孫権配下の前は何をしていたの?

関連記事:諸葛恪(しょかつ かく)ってどんな人?|頭が良すぎて諸葛一族を滅ぼす

 

呉の武将

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-はじめての呉
-