キングダム
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

劉備の人肉食は何故美談になったのか?よかミカンが考察

 

 

 

唐(とう)の時代、安史(あんし)の乱で反乱軍に包囲された睢陽(すいよう)城を

半年にわたって守備した官軍の将、張巡(ちょうじゅん)。

兵糧がなくなり、自身の愛妾を殺して兵士の食料としました。

城中では次々と人を殺して食料とすることが行われ、六万ともいわれる人口を擁していた

睢陽城は、落城した時にはたった400人を残すのみとなっていました。

この凄惨な籠城戦の影響で、三国志演義の劉備(りゅうび)は人肉を食べるはめに。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:まるでクリントイーストウッド?三国志は西部劇だった?

関連記事:地味だけど超大事!三国志の時代の食糧貯蔵庫とはどんなもの?

 

 

張巡の略歴

 

張巡は西暦709年の生まれです。741年に科挙の難関である進士科に合格し、

官僚になりました。清河(せいが)県の県令(長官)になると、県を上手に治め、

困っている人がいれば財を傾けて助けていました。当時、玄宗(げんそう)皇帝の

寵愛を受けていた楊貴妃(ようきひ)の親戚の楊国忠(ようこくちゅう)が権勢を

振るっており、張巡が清河県での任期を終えて都に帰った時、ある人が張巡に

「楊国忠に売り込みに行って取り立ててもらえば?」とすすめましたが、張巡は

「楊国忠は国家をむしばむ者であり、自分は奸臣になることはできない」と断りました。

 

安史の乱が起こると、官軍の将として各地を転戦し、奇策を用いて度重なる会戦に

勝利しましたが、睢陽城から援軍を求められて入城した後、包囲を受けて

兵糧が尽き、援軍もなく、落城して捕らえられ、処刑されました。

張巡は戦いの時にはいつも歯噛みをしていたため、最後には歯は三本ほどしか

残っていなかったそうです。西暦757年、数えで49歳でした。

 

 

張巡の人物像

 

張巡は細かいことにこだわらない気高い人で、人に迎合しなかったため、計り知れない

人だと思われていました。博識でいろんな本を読んでおり、兵法にも通じていました。

本は三回も読めば終生忘れることなく、文章は下書きなしで書くことができました。

(古文復興運動が始まる前の、ラップみたいに韻を踏んでなきゃいけない格調高く

形式ばった小難しい四六駢儷文(しろくべんれいぶん)をです!)

 

睢陽を守備している時は、兵士や住民の名前を一度聞いたら忘れなかったそうです。

用兵法は、将軍が全てを指示するという古いやり方を踏襲せず、それぞれの部隊長に

自分の考えで動くようにさせていました。このことについて人から質問されると、

こう答えています。

 

「昔の戦いは素朴だったが、現代の戦いは変化が激しい。将軍の意図を兵士に一方的

に伝えるのではなく、将軍が士卒の状況や心情を知るようにし、互いに相手のしている

ことをよく考えるようになれば、士卒はおのずと自分の意志で戦えるようになるものだ」

 

合戦の時は、戦況が切迫しても後退せず、兵士に「私はここを動かないぞ。私のために

戦ってくれ」と言っていたそうで、兵士は意気に感じて一人で百人分の働きをしたそうです。

人を疑わず、賞罰は誠実で、兵士や市民と苦楽・寒暑をともにし、下働きの人と

会う時にもきちんとした服装で礼儀正しく応対したため、下々は競って死力を尽くし、

少人数で大勢と戦っても負け知らずでした。

 

……いかがでしょうか。万単位の人口が400人になるまで戦わせてしまう人というのは、

こういう人なんですね。

兵法書『呉子(ごし)』の著者として知られる呉起(ごき)が部下の兵士の膿を

口で吸い出してあげた時、話を伝え聞いたその兵士の母親は、息子がきっと

呉起の恩に感じて死ぬまで戦ってしまうと思い泣いたそうですが、

そんなエピソードを彷彿とさせられます。

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

 

籠城戦のてんまつ

 

睢陽は中原(ちゅうげん)のまんまん中にありました。周囲の城市が続々と反乱軍に

投降する中、睢陽が陥落すれば長江北岸までが全て反乱軍の手に落ちる恐れがあり、

張巡と睢陽城主の許遠(きょえん)は徹底抗戦を決めました。

睢陽には当初、一年分の兵糧があったのですが、上役に半分を取り上げられて

他の城に分配されてしまいました。

 

兵糧が尽き、臨淮(りんわい)や彭城(ほうじょう)に使者を送って援軍を求めましたが、

いずれも断られました。援軍を送っている間に自分の城が襲撃されることを恐れたため

と、張巡の声望をねたんだためです。

 

睢陽では兵士一人の一日分の兵糧が米6グラム弱という状況になり、馬を殺して食べ、

雀や鼠を捕まえて食べ、木の皮をかじり、紙を煮て食べました。鎧や弩も煮て食べ

ました。兵士の多くが餓死し、生きている者は弓を引く力もなくなったのを見て、

張巡は愛妾を連れてきて兵士たちにこう言いました。

 

「諸君は長らく食べていないが忠義は少しも衰えていない。私は自分の体を割いて

食べさせたいほどだ。一人の妾を惜しんで士の飢えるのを座視することができようか」

(惜しんで、って。所有物扱い)そして愛妾を殺して食料とし、士卒をねぎらいました。

みんな涙を流し、食べるにしのびなく思いましたが、張巡は無理に食べさせました。

城主の許遠も召使いを殺して兵士に食べさせました。

 

城中の女性は次々と食料になり、女性がいなくなると男性のうち年老いた者や

幼い者が食料となり、食べられた人間の数が二、三万にのぼっても、

城内の人心は最後まで離れませんでした。

睢陽の頑強な抵抗が功を奏し、官軍は反乱軍から洛陽(らくよう)を奪還することが

できましたが、それは睢陽落城の十日後のことでした。

 

張巡の評価

 

当初、張巡について「孤立無援の絶望的な状況になった時点ですぐに降伏して人命を

損なわないようにするべきであったのに、そうせずに食人を強いるとは、まともな人間の

することではない」という論がありました。しかし、李翰(りかん)らの名士が

「張巡の頑強な抵抗のおかげで淮河・長江流域が保たれ天下が失われずに済んだ」と彼の功績を

強調すると、異論をさしはさむ人はいなくなりました。

『旧唐書(くとうじょ)』でも『新唐書(しんとうじょ)』でも、「忠義」というタイトルのところに

張巡の伝があり、張巡のことを悪く書いてはいません。

『新唐書』ではヒーローみたいな書きぶりになっています。

(先ほど書いた張巡の略歴や人物像はおおむね『新唐書』から抜粋しています。

「~でした」と断定的にご紹介しましたが、内心ちょっと盛られてるんじゃないかと)

 

三国志演義への影響

 

「人肉を食べてまで頑張ったのです。」ということが、

「忠義」として評価されるという

この流れ。

後世に「人肉を供することこそ最上級の忠義のあかし」というような

トンデモ解釈をされることになります。

そして、三国志演義では劉安(りゅうあん)という人が劉備(りゅうび)を

おもてなしするために自分の奥さんを殺してその肉を劉備に食べさせたという

トンデモエピソードが生まれました。

 

他の影響としては、『新唐書』で張巡が奇策を用いて度重なる勝利をおさめたことを記す

ヒロイックでドラマチックな書きぶりが、三国志演義における諸葛亮(しょかつりょう)

天才軍師ぶりの描写の参考になっています。

諸葛亮赤壁(せきへき)の戦いの前に曹操(そうそう)軍から十万本の矢をだまし取る

というエピソードは、張巡伝のパクリです。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

 

現代の中国の人が書いているブログ記事を漁ってみたところ、ほとんどは

「食人はいけないことである。張巡はしかたなくやっただけである。張巡の忠義と

将才については評価する」というような論調です。

 

ちょっと気になるのが中華人民共和国国防部のブログの「杀妾飨士-――张巡(唐)」と

いう記事で、張巡の指揮官としての有能さばかりに注目する内容で、食人ついては

スルーされています。そこんとこ、国防部はどういうお考えなんだか……

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:劉備は劉安という人物の妻を食べたの?食人文化と明清時代の風習

関連記事:藏洪(ぞうこう)とはどんな人?袁紹が可哀想になるくらい逆恨み男の人生

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 劉備は三国志で最も残酷な英雄だった?人肉を食べた真相
  2. 三国志の時代の結婚事情とはどんなもの?古代中国の不思議な恋愛観・…
  3. 劉焉(りゅうえん)は何でド田舎の益州を選んだの?ちゃっかり独立を…
  4. 蜀の姜維 姜維が北伐をしなかったら、あるいは北伐を成功させていたら蜀漢は長…
  5. 根拠のない夢を信じないリアリスト曹操
  6. 昌豨(しょうき)が凄い!あの曹操が5回攻めて勝てなかった乱世の黒…
  7. コネ男・劉備から学ぶ人脈作り!コネクションの活かし方をコッソリ教…
  8. 厳畯は魯粛の後任だった!知られざる実話

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志

おすすめ記事

  1. 石兵八陣(八卦陣)は実在した?陸遜が夷陵の戦いで破れなかった八卦陣
  2. 馬融vs鄭玄的中率100%占いから逃れた鄭玄の知略とは?
  3. 【管鮑の交わりとは何?】管仲と鮑叔の友情を描いた故事
  4. 【呉が好きな人は見ないで下さい】魏や蜀に負けるものか!俺達は呉の十二神将 呉の周瑜、孫策、程普
  5. 【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました
  6. 字で考える三国志 「字(あざな)」について詳しく解説

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 呉の勢力を率いる孫策
  2. 鱸魚を釣る左慈
  3. 豊臣秀吉 戦国時代2

おすすめ記事

顔良(がんりょう)ってどんな人?袁紹軍の勇将として名をはせた剛勇 江戸期は『三国志』の二次創作が大ブームを巻き起こしていた!? 魯粛に学ぶビジネス三国志!三国志の仕掛け人、魯粛の投資術 姜維は北伐の失敗で衛将軍に降格したのに何で大将軍に復帰出来たの?【後半】 李典が居なければ夏侯惇はいなかったかも!? 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part4 【9月の見どころ】9/27公開予定:【三国志平話】俺は周瑜派!龐統が劉備に反逆? 曹丕が建国した魏ってどんな王朝でどうやって滅びたの?

おすすめ記事

  1. 三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!
  2. 98話:曹操、張魯を降すべく漢中に進軍する 張魯
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース33記事【1/16〜1/22】
  4. 秦の始皇帝ってどんな人だったの?晩年期編
  5. 董昭(とうしょう)とはどんな人?曹操の覇業を支えた重要人物
  6. 蚩尤(しゆう)とはどんな神?キングダムからガンダムまで大人気の苗族の祖神
  7. 隠れた劉備盛り満載!巧妙な正史三国志
  8. 新制度導入はこんなに大変!胡服騎射を導入するために苦労を重ねた武霊王

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP