架空戦記
帝政ローマ

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

赤壁の戦いは計略の宝庫

この記事の所要時間: 242




赤壁の戦い

208年、長江を挟んで曹操と孫権・劉備連合軍が火花を散らします。

三国志史上最も有名な戦いと言っても過言ではない

赤壁(せきへき)の戦いが始まりました。

 

赤壁の戦いには双方の計略がいくつも登場し、手に汗を握るような

はらはらする展開になっています。

そこで、主な計略を簡単にまとめてみたいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら




周瑜の反間(はんかん)の計

周瑜 美男子

曹操軍の蒋幹(しょうかん)が周瑜を訪ねてきて、

周瑜に降伏をすすめます。

周瑜は、蒋幹が曹操のスパイだということを知った上で、

偽の情報を流します。

 

曹操軍の水軍の蔡瑁(さいぼう)張允(ちょういん)の2将が

周瑜と通じていると思わせたのです。

曹操はまんまとこの計略にひっかかり、

激怒して蔡瑁と張允を処刑しました。

 

関連記事:周瑜の計略で曹操の水軍が弱体化

関連記事:劉備と呂布を仲たがいさせよ!駆虎呑狼の計

関連記事:劉備と呂布を仲たがいさせよ!二虎競食の計




荀攸の埋伏の毒

三国志 川

 

曹操軍の荀攸(じゅんゆう)が次なる策を提案します。

蔡瑁の弟の蔡和(さいわ)と蔡仲(さいちゅう)を偽装降伏させて

内情を探らせようとするのです。

 

表向きは兄を曹操に殺されたため、ということでしたが

周瑜はこの「埋伏の毒」を見抜き、再び利用することにします。

 

関連記事:荀攸(じゅんゆう)ってどんな人?同族の荀彧の影に隠れた才能

 

黄蓋の苦肉の計

黄蓋 奮闘

 

火計を仕掛けるために、呉の黄蓋(こうがい)が曹操軍に偽装降伏を

することになりました。

 

しかし疑り深い曹操を信じ込ませるのはたいへんです。

そこで、荀攸の埋伏の毒により送られて来た蔡和と蔡仲の前で

一芝居してみせます。

 

軍議で周瑜と黄蓋が激しく口論し、

怒った周瑜が口外を鞭打ち100回の刑に処します。

 

まるで義経を救うために関所で何度も打ち付けた武蔵坊弁慶の勧進帳!(←違います)

 

蔡和と蔡仲は一部始終を曹操に報告したため、

曹操は黄蓋の降伏を信じてしまうのです。

 

関連記事: 老将・黄蓋(こうがい)は異民族討伐のプロだった

関連記事;老将黄蓋、身体を痛めつけて曹操を欺く

 

龐統の連環(れんかん)の計

龐統 ゆるキャラ 三国志

火計が成功するためには、曹操軍のばらばらの船団をひとつにまとめる

必要がありました。

 

「それなら船を繋げちゃおう!」

と周瑜に提唱した者がいました。

それがふらりと現れた客人、龐統(ほうとう)です。

襄陽を曹操に荒らされたことを恨んでいたため呉の味方につこうと

思ったようです。

 

このとき龐統はどこの軍にも所属していないフリーの立場だったので

曹操のもとへ行き、

「船酔いするなら船を繋げちゃおう!」

と提唱します。

曹操は龐統の言葉をあっさりと信じ、本当に鎖で船を繋げてしまうのです。

 

関連記事: 劉備入蜀の立役者、龐統の全戦歴

関連記事:的盧は名馬なの?凶馬なの?劉備と龐統(ホウ統)の死

 

黄蓋の火計

孫呉(孫権黄蓋陸孫周瑜周泰) 

 

火計の準備は整いました。

黄蓋は曹操軍に偽装降伏をし、

牧草を満載した小舟に油をしみこませて船を出し、

曹操軍の船団に近づいてから船に火を放って脱出します。

 

火は見る間に燃え上がりました。

 

 

孔明の東南の風

孔明南東の風

 

火がうまく曹操軍を焼き尽くすためには、東南の風が不可欠でした。

そこで最後の極め付けに、

孔明が七星壇で方術を用い、三日三晩祈ることで

東南の風を吹かせました。

 

こうして、曹操軍は赤壁の戦いで大敗を喫してしまうのです。

 

関連記事:赤壁の戦いで孔明が東南の風を吹かしたじゃん?あれマジらしいよ? 

関連記事:赤壁の戦いにモデルがあった?八陽湖の戦い




こちらの記事もよく読まれています

孫子の兵法 曹操

 

よく読まれてる記事:現代ビジネスマンの必携の書?兵法書『孫子』とその作者について

 

借屍還魂 名前をかたる

 

よく読まれてる記事:兵法三十六計(借屍還魂)の古今東西

 

空城も計 孔明

 

よく読まれてる記事:門を開けて敵軍をお出迎え? 『空城の計』とは?

 

 

張飛にお酒 だめだよ

 

よく読まれてる記事:劉備と呂布を仲たがいさせよ!駆虎呑狼の計

 

 

この記事を書いた人:東方明珠(とうほうめいしゅ)

東方明珠 三国志

■自己紹介:

はじめての三国志、

通称「はじさん」のはじっこライター東方明珠です。

普段は恋愛系のノベルやシナリオを書いています。

中国の歴史が大好きで、

ハンドルネームにも上海のテレビ塔の名称を拝借しています。

行き当たりばったりで中国の遺跡を巡る旅をしていましたが、

次は無錫市にある三国志のテーマパーク「三国城」に行きたいです。

関連記事

  1. 【ネオ三国志】第1話:蒼天航路の主人公・曹操立つ
  2. 歴史上の最強の弓の使い手は誰?太史慈?李広?源為朝?立花宗茂?
  3. 【はじめての孫子】第12回:卒を視ること嬰児の如し、故にこれと深…
  4. 54話:劉備、再び曹操に敗れる
  5. 後漢王朝の華だった尹夫人の波乱万丈の生涯Part.1
  6. 東方明珠のへなちょこ長安旅行記 その4
  7. 「危うく抹殺されそうになりました、陳寿さんのおかげです」卑弥呼よ…
  8. 羊祜(ようこ)ってどんな人?皆に慕われた名将

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三国志の劉備玄徳は本当に民や武将から慕われてた?
  2. 【はじめての孫子】第12回:卒を視ること嬰児の如し、故にこれと深谿に赴むくべし。
  3. 激務をちょっと忘れられるホッと一息の「ユルめ記事」2016年総集編
  4. たかぎ七彦困惑?アンゴルモア元寇合戦記をガチネタバレ予想!
  5. キングダムでついに韓非子の名が!韓非子ってなに?
  6. 張飛の死後、一族はどうなったの?蜀の滅亡の転換点に立ち会っていた一族たち

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国志に出てくる鮮卑族ってどんな民族? 黄巾賊より多い黒山賊100万を率いた張燕(ちょうえん) 終わりが悪かった呉の孫権の惜しさ 集まれ曹操の25人の息子たち・その2 甘寧や袁術もびっくり!実は大事にされた料理人(厨師) 呂布は知将?呂布の知略によって袁術軍はフルボッコにされていた 名馬ズラリ!三国志〜日本史と英雄の偉業を支えた名馬たちを徹底紹介! もう一人の夏候、夏候淵(かこうえん)はどうして地味なの?

おすすめ記事

  1. 125話:何で孔明や姜維の北伐は街亭や祁山にこだわったの?
  2. 【センゴク】丹波の反乱と松永久秀の反乱
  3. キングダムの昌平君(しょうへいくん)は、なぜ秦を裏切るの?実在した男の数奇な運命
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース30記事【4/10〜4/16】
  5. 【三国志界の絶対王者】袁術の『陽人の戦い』は頑張らなくても成果がついてくる。その理由とは?
  6. 後漢の始祖・光武帝劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?青年期は貧しいが性根の優しい人物Part.1
  7. 司馬懿討伐をもくろんだ王陵の反乱はなぜ失敗に終わったの?
  8. 【出世の花道】三国志時代の人々はどのように出世した?

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP