呂布特集
if三国志




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

赤壁の戦いは計略の宝庫

呉蜀赤壁の戦い




赤壁の戦い

208年、長江を挟んで曹操孫権劉備連合軍が火花を散らします。

三国志史上最も有名な戦いと言っても過言ではない

赤壁(せきへき)の戦いが始まりました。

 

赤壁の戦いには双方の計略がいくつも登場し、手に汗を握るような

はらはらする展開になっています。

そこで、主な計略を簡単にまとめてみたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら




周瑜の反間(はんかん)の計

周瑜 美男子

曹操軍の蒋幹(しょうかん)が周瑜を訪ねてきて、

周瑜に降伏をすすめます。

周瑜は、蒋幹が曹操のスパイだということを知った上で、

偽の情報を流します。

 

曹操軍の水軍の蔡瑁(さいぼう)張允(ちょういん)の2将が

周瑜と通じていると思わせたのです。

曹操はまんまとこの計略にひっかかり、

激怒して蔡瑁と張允を処刑しました。

 

関連記事:周瑜の計略で曹操の水軍が弱体化

関連記事:劉備と呂布を仲たがいさせよ!駆虎呑狼の計

関連記事:劉備と呂布を仲たがいさせよ!二虎競食の計




荀攸の埋伏の毒

三国志 川

 

曹操軍の荀攸(じゅんゆう)が次なる策を提案します。

蔡瑁の弟の蔡和(さいわ)と蔡仲(さいちゅう)を偽装降伏させて

内情を探らせようとするのです。

 

表向きは兄を曹操に殺されたため、ということでしたが

周瑜はこの「埋伏の毒」を見抜き、再び利用することにします。

 

関連記事:荀攸(じゅんゆう)ってどんな人?同族の荀彧の影に隠れた才能

 

黄蓋の苦肉の計

黄蓋 奮闘

 

火計を仕掛けるために、呉の黄蓋(こうがい)が曹操軍に偽装降伏を

することになりました。

 

しかし疑り深い曹操を信じ込ませるのはたいへんです。

そこで、荀攸の埋伏の毒により送られて来た蔡和と蔡仲の前で

一芝居してみせます。

 

軍議で周瑜と黄蓋が激しく口論し、

怒った周瑜が口外を鞭打ち100回の刑に処します。

 

まるで義経を救うために関所で何度も打ち付けた武蔵坊弁慶の勧進帳!(←違います)

 

蔡和と蔡仲は一部始終を曹操に報告したため、

曹操は黄蓋の降伏を信じてしまうのです。

 

関連記事: 老将・黄蓋(こうがい)は異民族討伐のプロだった

関連記事;老将黄蓋、身体を痛めつけて曹操を欺く

 

龐統の連環(れんかん)の計

龐統 ゆるキャラ 三国志

火計が成功するためには、曹操軍のばらばらの船団をひとつにまとめる

必要がありました。

 

「それなら船を繋げちゃおう!」

と周瑜に提唱した者がいました。

それがふらりと現れた客人、龐統(ほうとう)です。

襄陽を曹操に荒らされたことを恨んでいたため呉の味方につこうと

思ったようです。

 

このとき龐統はどこの軍にも所属していないフリーの立場だったので

曹操のもとへ行き、

「船酔いするなら船を繋げちゃおう!」

と提唱します。

曹操は龐統の言葉をあっさりと信じ、本当に鎖で船を繋げてしまうのです。

 

関連記事: 劉備入蜀の立役者、龐統の全戦歴

関連記事:的盧は名馬なの?凶馬なの?劉備と龐統(ホウ統)の死

 

黄蓋の火計

孫呉(孫権黄蓋陸孫周瑜周泰) 

 

火計の準備は整いました。

黄蓋は曹操軍に偽装降伏をし、

牧草を満載した小舟に油をしみこませて船を出し、

曹操軍の船団に近づいてから船に火を放って脱出します。

 

火は見る間に燃え上がりました。

 

 

孔明の東南の風

孔明南東の風

 

火がうまく曹操軍を焼き尽くすためには、東南の風が不可欠でした。

そこで最後の極め付けに、

孔明が七星壇で方術を用い、三日三晩祈ることで

東南の風を吹かせました。

 

こうして、曹操軍は赤壁の戦いで大敗を喫してしまうのです。

 

関連記事:赤壁の戦いで孔明が東南の風を吹かしたじゃん?あれマジらしいよ? 

関連記事:赤壁の戦いにモデルがあった?八陽湖の戦い




こちらの記事もよく読まれています

孫子の兵法 曹操

 

よく読まれてる記事:現代ビジネスマンの必携の書?兵法書『孫子』とその作者について

 

借屍還魂 名前をかたる

 

よく読まれてる記事:兵法三十六計(借屍還魂)の古今東西

 

空城も計 孔明

 

よく読まれてる記事:門を開けて敵軍をお出迎え? 『空城の計』とは?

 

 

張飛にお酒 だめだよ

 

よく読まれてる記事:劉備と呂布を仲たがいさせよ!駆虎呑狼の計

 

 

この記事を書いた人:東方明珠(とうほうめいしゅ)

東方明珠 三国志

■自己紹介:

はじめての三国志

通称「はじさん」のはじっこライター東方明珠です。

普段は恋愛系のノベルやシナリオを書いています。

中国の歴史が大好きで、

ハンドルネームにも上海のテレビ塔の名称を拝借しています。

行き当たりばったりで中国の遺跡を巡る旅をしていましたが、

次は無錫市にある三国志のテーマパーク「三国城」に行きたいです。

関連記事

  1. 女と金 後漢の時代のお金の常識に迫る!当時の金融はどんなモノだったの?
  2. 呂布のラストウォー 呂布 呂布奉先はどんな人?武力だけじゃない凄い所8選
  3. 張飛 え、そうだったの?蜀の五虎将軍、実は存在しなかった?五虎大将軍の…
  4. 馬超の兜は?馬超の動物のクセがスゴイ
  5. 逃げる劉備追う曹操 曹操の迅速な機動力VS劉備の逃げ足の速さ
  6. 孔明 【三国志星座占い】諸葛亮は双子座?
  7. 郭嘉 官渡の戦いのMVPは荀彧ではなく郭嘉に与えるべき理由【ビジネス三…
  8. 今更聞けない!水魚の交わりとは何?三国志に由来する故事成語

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 袁術と孫策
  2. 鬼道を使う卑弥呼
  3. 陸遜
  4. 呉の周瑜、孫策、程普
  5. 楽毅

おすすめ記事

  1. 【袁術の戦いを振り返る】徐州・豫州の戦いには人間ドラマが盛り沢山 袁術と呂布
  2. 楊沛(ようはい)とはどんな人?魏の諸将を恐れさせた行政官 魏の諸将を恐れさせた楊沛(ようはい)
  3. 彗星のごとく駆け抜けた小覇王・孫策 呉の小覇王・孫策
  4. 曹丕のグルメエピソードがまたひとつ鍾繇が送った五熟鍋とは? 曹丕
  5. みんなが名乗りたがる最高の位!皇帝と王の違いについて分かりやすく解説 胡亥
  6. 島津家久(しまづいえひさ)とはどんな人?最大の戦果を挙げ続けた島津四兄弟の闘将

三國志雑学

  1. 孔明
  2. 孫権 冠
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 呂布と劉備
  2. 袁紹と曹操
  3. 馬謖を斬り悲しむ孔明
  4. 今川義元

おすすめ記事

関羽と張飛と劉備 なぜ関羽は神様になったのか?忠義神武霊佑仁勇威顕関聖大帝 幕末の偉人は外国人をどのように思っていたの? 島津斉彬は幕末の天才藩主だった3つの理由 長宗我部元親「四国の蝙蝠(こうもり)」の四国統一戦を分かりやすく紹介! キングダム53巻 キングダム595話最新ネタバレ「最高の隊」レビュー 大阪冬の陣では後藤又兵衛はどんな活躍をしたの? 孔子と儒教 儒教(儒家)ってどんな思想?|知るともっとキングダムも理解できる? え!?周瑜って憤死してるの知ってた!?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP