コメント機能リリース
姜維特集


はじめての三国志

menu

はじめての変

【初心者向け】本田圭佑が憧れている曹操(そうそう)という人はどんな人だったの?




本田圭佑 引用

 

全国1億2千万のサッカーファンの皆様、こんばんは・・

ところで、皆さんは、ビートたけし司会の日テレの番組、

成功の遺伝史3[字] 世界に誇る日本人30人各界スターが最も尊敬する人は?続々発表! 

この番組をご覧になりましたか?

番組の中で、あのACミランのFW/MF、本田圭佑が爆弾発言をしていました。

何と、本田圭佑が尊敬する人物とは、あの曹操(そうそう)だったのです!!

 

(写真引用元:本田圭佑オフィシャルWEBサイト




空気を読まない、本田圭佑は曹操孟徳をリスペクト

本田圭佑 引用

(写真引用元:http://www.soccer-king.jp/)

 

人気も実力もあり、同時に俺スタイルを崩さない事から、

アンチも多い、本田圭佑、その彼は、子どもの頃から、

曹操の生き方を尊敬していたようです。

 

本田「三国志って2千年ちかく前の話で、

絶対にフィクションだろうという部分も多いじゃないですか。

そんな強いわけないだろう!みたいな。

でも、その漫画チックな部分を含めた曹操孟徳の完璧具合ですよね。

武将としても強いし、何よりもリーダーとしてカリスマ性がある。

行動でも引っ張るし、背中でも口でも語る。

総合的にバランスがよくて本当にカッコいいとおもいます。

もちろん、フィクションだよと言われればそれまでなんですが、

夢があるわけですよ。僕が幼い頃から憧れた曹操の姿には、

影響を受けているかもしれないですね」

(NUMBER)




本田圭佑が尊敬した曹操って、どんな人、もったいぶらずに教えろ!

曹操

 

さて、三国志ファンには、ああ、モーちゃんね!という位にお馴染みな、

曹操孟徳(そうそう・もうとく)ですが、本田圭佑の発言で

初めて知った人は、恐らくご存じないでしょう。

何ともったいない、曹操を知らないなんてー・・と意地悪は置いておいて、

初心者でも、ザックリと分かる曹操について解説しましょう。

 

関連記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

関連記事:三国志って何?はじめての人向け

 

少年時代は、手のつけられない不良だった

曹操女性の敵2 ゆるキャラ

 

曹操は西暦155年に中国で産まれました。

幼い頃の名前は吉利(きちり)、または阿瞞(あまん)と言います。

阿瞞とは、嘘つき小僧という意味で、その名の通り、少年時代の曹操は

大人さえ騙す、凄まじい悪童でした。

 

或る時、曹操の悪事を曹操の叔父が曹操の父親に告げ口しました。

すると、曹操は計略を考え、叔父の前でいきなり倒れて口から泡を吹きます。

叔父がびっくりして、曹操の父を呼んでくると、曹操は何事もなかった

ように父親に挨拶しました。

 

以来、曹操の父は、叔父の告げ口を信用しなくなりました。

 

身分や、人格に関係なく、有能な人を採用する

曹操 関羽LOVE

 

大人になった曹操は、黄巾賊という反乱軍を討伐して名を挙げます。

しかし、お金持ちでも、宦官(かんがん)という皇帝の奴隷の孫だった

曹操には、あまり人材が集まりませんでした。

 

そこで、曹操は、仕事さえ出来れば、性格が歪んでいても、

身分が低くても関係ないから、俺のトコへ来い!と呼び掛けます。

その結果、才能があっても、性格や身分に問題があり、採用されなかった

多くの有能な人が曹操に集まりました。

 

関連記事:三国志の覇者・呆れるくらいの人材マニアの曹操

関連記事:沢山の人材を発掘した呉の孫権

関連記事:人材を使いこなす事で天下を取った劉邦

 

ヨイショが上手、部下を褒めてやる気を出させる

曹操 ほめ上手

 

曹操は、部下を褒めるのが上手でした、少しでも相手の

いい所を見つけるとすぐにヨイショします。

 

曹操 ヨイショ

 

お金も手間も要らない方法ですが、ポイントを抑えていたから、

曹操のヨイショは、部下の心を掴んだのです。

 

関連記事:三国一のヨイショ男、曹操の部下の褒め方が半端ない

関連記事:全員主役級!三国志を日本で映画化するならキャスティングはこれだ!

 

自分に10倍する敵が相手でも勝負を捨てない

抜き出た曹操

 

曹操には、袁紹(えんしょう)という、お金も地位も名誉もある

エリートのライバルがいました。

いつまでも貧乏ヒマ無しの曹操は、西暦200年、この袁紹と激突します。

三国志演義によると、曹操の兵力は7万人、袁紹の兵力は70万人でした。

 

曹操 手紙

 

10倍という兵力差のハンディキャップに曹操は苦しめられ、

軍師荀彧(じゅんいく)に弱気の手紙を書いて、撤退しようとしますが、

 

荀彧 曹操

 

荀彧に励まされると踏みとどまり、必死に我慢してチャンスを待ちます。

 

そして、袁紹側から、武将が降伏してくると、袁紹軍の食糧倉庫の

情報を手に入れ、自ら決断して、食糧倉庫を襲い焼き払います。

これで、食糧が無くなった袁紹は、やむなく撤退してしまいます。

諦めない粘り強い曹操は、奇跡の大逆転劇を果たし、天下に王手を掛けるのです。

 

引き際が上手い、赤壁ではスタコラ逃亡

魔王曹操

 

曹操は、ただ、粘り強いだけじゃありません。

これは、駄目だと思ったら、あっと言う間に逃げてしまう

逃げ足の速さもあります。

 

西暦208年の赤壁の戦いでは、曹操が80万、

ライバルの劉備(りゅうび)孫権(そんけん)の連合軍が5万人程度でした。

しかし、曹操の油断から、長江に浮かべた自軍の大船団が、諸葛亮孔明

(しょかつ・りょう・こうめい)の火攻めで焼き尽くされてしまいます。

 

普通なら呆然自失になる所ですが、曹操は違います。

邪魔になる兵士を押しのけ斬り殺し、あっと言う間に本拠地まで逃げ戻りました。

駄目だと思えば、すぐに逃げるのも曹操の持ち味です。

 

目の付けどころが違う 独自の経済戦略

曹操 五胡十六国

 

曹操は、戦乱で荒れ果てた領土ばかり得ていましたが、

長年の間には、その領地は建て直され、繁栄していきました。

 

その理由は、曹操が、土地を失った流民を受け入れて、

牛や穀物の種を与え、畑を耕させたためです。

同時にその流民は、戦争の時には武器を持ち戦う存在でした。

 

その当時、曹操のライバル達は、開墾など考えず、

食糧や、豊かな土地を奪い合っていました。

その為に、最初は曹操に経済力で優位にありましたが、

時間が立つほどに、曹操が優位になっていったのです。

 

詩も読めば、武器も扱い、政治も出来る万能ぶり

曹操 詩

 

曹操の生涯戦勝率は、8割を越えています。

10回中、2回しか負けないんですから、めちゃ強いです。

個人の武勇も、凄く、特に槍が得意で、振りまわすと、

誰も近づけない程の腕前だったようです。

 

そればかりでなく、詩人としての才能も一流で、

21世紀の現在に至るまで、多くの詩が残ります。

はじさんでも特集したので、ここを見てね↓

 

もちろん、政治でも、中国の3分の2を支配して、

圧倒的に強い、魏を建国する位ですから超一流です。

 

何よりも自分を信じる タフな精神力

現実主義曹操

 

曹操は、混乱した乱世を切り抜けて、魏(ぎ)という新しい王朝に繋げた

時代のパイオニアという存在です。

 

その曹操には、俺様的なしびれる名言があります。

 

「俺の言う事は正しい、俺のする事も正しい、

俺が天下に逆らおうとも天下が俺に逆らう事は許さん!」

 

混乱する乱世では、曹操のような強烈な自負が求められました。

もちろん、曹操は、ただ、俺様的に振る舞うだけでなく

やってくる困難から逃げず、全て受け止めました。

彼の部下は、その曹操の勇敢さやリーダーシップ、

責任感、そういう要素に惚れて、彼に従ったのです。

 

三国志ライターkawausoの独り事

kawauso 三国志

 

曹操を語る時に、思い浮かぶのは、言っただけの結果は出すという

タフな精神力を持つ人に共通する態度です。

ビックマウスだけど、言うだけの事はやる、そこに反感を持つ人も

共感する人もいるでしょうが、何となく本田圭佑に似ているような・・

 

関連記事:【はじめての方へ】難しい三国志サイトに飽きたら、黙ってココをCLICK!!

関連記事:三国志って何?はじめての人向け

関連記事:年末年始にまとめ読み!これを読めば三国志が丸わかり30選【総集編】

 




よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 司馬師 衝撃!高平陵の変の黒幕は司馬師だった!
  2. 魯粛と周瑜 魯粛に学ぶビジネス三国志!三国志の仕掛け人、魯粛の投資術
  3. ブラウザ三国志|マーベラスにおとぼけが突撃じゃ!
  4. 董卓はどうしてデブになったの?真面目に考察してみた
  5. 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明 諸葛孔明も学んだ三国志の天文学とはどんなモノ?
  6. 劉禅 蜀の二代目皇帝・劉禅とケンシロウの共通点
  7. 三国志 武器 【武器】三国志時代やキングダム時代に活躍した鉤鑲や馬甲
  8. 龐統と的盧 もし龐統が落鳳坡で亡くならなければ蜀はどうなった?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 鼎(かなえ)
  2. 騎馬兵にあこがれる歩兵
  3. 曹操は褒め上手
  4. 天下三分の計
  5. タングート族
  6. キングダム52巻

おすすめ記事

  1. 織田信長が日本に与えた影響とは?南蛮から取り入れた文化や後世への影響 南蛮胴を身に着けた織田信長
  2. 馬超は悪人なのか、それとも義に生きる英雄なのか? 五虎大将軍の馬超
  3. 賈詡はどうして李傕・郭汜に長安を襲わせたの? 賈詡(賈ク)
  4. 記録が乏しい孫堅の妻たち
  5. 【9月の見どころ】9月に公開予定:三国志平話の世界
  6. 20話:激突、菫卓対反菫卓連合軍 反董卓軍マニアック(劉備 雷銅 リョカ サマカ 周倉)

三國志雑学

  1. 夏侯惇
  2. 尹夫人 曹操
  3. 漢の顔良(がんりょう)
  4. 兵士


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 土いじりをする劉備
  2. 豊臣秀吉 戦国時代
  3. 張松
  4. 歴代皇帝の墓を暴こうとする韓遂の兵士
  5. 豊臣秀吉 戦国時代2

おすすめ記事

これは座右の銘にしたい!『論語』のおすすめの言葉10選 五虎大将軍の趙雲 【シミルボン】趙雲の記述は盛られていた!イケメン趙雲を生み出した別伝 キングダム 533話 ネタバレ予想:失われた士気 橋本左内の墓は二か所ある!?西郷隆盛も認めた幕末の名士をしのぶ 城の前を掃除する孔明 【諸葛亮vs司馬懿】ピンチを切り抜けたのは空城の計! 袁術 袁術が天下を獲るためにみんなで考えよう【第3回】 趙の旗 戦国策【趙策】人の支持を得て力を万倍とせよの巻 徐庶 【劉備の初代軍師・徐庶】剣術家から学問の道へ変更したきっかけとは?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP