呉起(ごき)とはどんな人?各国を渡り鳥のように移った天才兵法家




孫子の兵法 曹操

 

皆さんは古代中国で有名な軍略家と言えばだれを思い浮かべますか。

太公望(たいこうぼう)呂尚や孫子の兵法書を記した孫武(そんぶ)や孫臏(そんぴん)などでしょうか。

それとも今一番人気のある古代中国を題材にしたキングダムに出てくる

昌平君(しょうへいくん)や李牧(りぼく)などでしょうか。

 

それとも三国志に出てくる孔明(こうめい)曹操(そうそう)などでしょうか。

確かにこれらの人物は当代一流の軍略家と言っても過言ではないでしょう。

しかし古代中国にはまだまだ天才軍略家がいます。

今回紹介するのは自らの軍略を武器にして各国を渡り歩いた天才軍略家

呉起(ごき)を紹介していきたいと思います。

 

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき! 




渡り鳥呉起1:魯の国で中々認めてもらえない

孔子 儒教

 

呉起は孔子(こうし)の高弟である會氏に弟子入りし、孔子の学問で重要な信義や仁愛を学びます。

その後會氏の紹介により、魯の国に仕える事になります。

しかし儒家思想はこの当時まだ浸透しておらず、呉起の信義や仁愛の思想は

魯の王をはじめ群臣達に受け入れてもらえず、不遇をかこっていました。

 

関連記事:孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?

関連記事:儒教(儒家)ってどんな思想?|知るともっとキングダムも理解できる?

関連記事:諸子百家(しょしひゃっか)ってなに?|知るともっと三国志が理解できる?

関連記事:老荘思想(道家)ってどんな思想?|ありのままに?




自らの能力を認めてもらうため、妻を殺し、将軍へ

photo credit: Over 2000 via photopin (license)

 

呉起の妻は斉国出身の女性です。

ある日大国である斉が魯に攻め込んできます。

呉起は自らの能力を周りに認めさせるため、妻を殺害。

斉と自らの関係性が無い事を魯の群臣と王にアピールします。

彼はこの結果魯の将軍に任命され、出撃を命じられます。

呉起は喜んで軍勢を率いて出陣し、得意の兵法を披露し、斉軍を

撃破し、呉起はどや顔で凱旋します。

しかし魯の群臣は王に「軍略の才能は確かにあるが、自らの妻を殺して功名を

挙げる危険な人物だ」と進言します。

魯の王はこの言葉を受け、斉軍を破った呉起に少しの褒美を与え、

重要な役職には就けませんでした。

彼は恩賞の少なさと重役に付けなかった事に不満を感じ、魯を出て

新たな君主を探します。

 

関連記事:「斉」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

関連記事:魏の五都の人口は?魏は斉になっていた?斉・呉・蜀の三国志

 

渡り鳥呉起2:魏に仕える

photo credit: Echinopsis Pollen via photopin (license)

 

さて魯の国を出た呉起は新たに仕えるべき君主を探します。

彼が目を付けたのは魏の文侯です。

キングダムの時代の魏は秦に連戦連敗している弱小国でありましたが、

この当時の魏は中原の覇者としての地位を手に入れ、秦なんか目じゃないほどの強国でした。

人材も豊富で名政治家李克や燕の昭王を助け、斉を滅亡寸前まで追い詰めた伝説の

名将楽毅(がくき)の先祖である将軍楽羊(がくよう)などがおりました。

また魏の文侯は人材を積極的に取り入れていました。

呉起はこの話を聞き「この国なら俺も出世できると」と考え、魏の国へ入国します。

魏の文侯は呉起に会い兵法や軍事に対する様々な質問をします。

呉起ははっきりと文侯の質問にしっかりと明確な答えを出します。

文侯は素行に問題があるが、彼の兵法や軍略に対する考えの深さに満足し

彼を将軍に任命します。

 

関連記事:「魏」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

関連記事:趙、韓、魏を産んだ超大国、晋(しん)とはどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

関連記事:【留年っていいな♪】 魏の大学には落第生ばかり!!その意外な理由とは?

関連記事:赤壁の敗戦の原因は腸チフスだった?多くの魏将の生命を奪った伝染病とは?

 

文侯の期待に応え、得意の軍略を披露

photo credit: Heaven in Hell via photopin (license)

 

呉起は将軍に任命されると、軍を強化するため、武器を新しくし、兵士を鍛えます。

呉起は精兵に育った魏軍を率いて魏の近隣にある秦の領地へ出陣します。

彼は得意の兵法と策を使い、鮮やかに秦の城を五つも陥落させます。

文侯はこの報告を聞きき、大いに満足し、彼にたっぷりと褒美を渡します。

しかし名君文侯が突如亡くなってしまいます。

文侯の死後、息子である武侯が跡を継ぎます。

武侯は宰相を公叔(こうしゅく)を宰相に任命します。

公叔は素行のわるい呉起が嫌いで、武侯に呉起の悪口を言いまくります。

武侯は呉起をよく知らないため、公叔の悪口を真に受け、次第に呉起を

遠ざけていきます。

呉起は武侯に遠ざけられた事を感じ、官職を捨てて魏を出国。

新らたな君主探しを始めます。

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. はじめての三国志 画像準備中
  2. 顔良を討ち取る関羽
  3. 織田信長
  4. 甘寧と凌統と呂蒙

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“カレンダーの世界史"

“鉄と日本の二千年史"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP