三国志平話
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

大学者鄭玄の下女達の会話は高学歴だった

この記事の所要時間: 235

 

 

 

世説新語とは、三国時代後半に当時の人物の偉人達の奇抜で

ユーモアのある行いや偉業を記した書籍です。

古の事実を記した一種の歴史書のようなモノですが、

この本の中には歴史を変えるような偉業というよりは、

当時の人達の行いの中でも我々が感心させられるようなものや

ある種のコメディのような側面が強いです。

今回は、世説新語文学篇より、学問を重んじる鄭玄(じょうげん)と

彼とともに生活する下女のエピソードをご紹介します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代の笑い話は腹がよじれるほどシュールだった!?

関連記事:超短気な三国志の人物を集めてみました、あなたの友達とどっちが上?

 

 

鄭玄の家の召使い

 

鄭玄(じょうげん)は、字を康成(こうせい)といい、北海出身の経学者でした。

彼は彼自身学問を極めようと日々生活していましたが、

彼は自身の家の召使いにまで皆教養を持たせていました。

ここでの教養とは、文学や詩歌等の書物を読むことです。

 

当時は文字を読めないような民も多くおりましたが、

彼の家の者達は召使という身分にあってもそれなりの教養がありました。

 

 

下女の失敗

 

ある時、鄭玄(じょうげん)は下女の一人に用事を頼みました。

下女はその用事を行いましたが、鄭玄(じょうげん)はそのやり方が気に入りませんでした。

立腹した鄭玄(じょうげん)は、下女を鞭で打とうとしました。

下女は鞭打ちを恐れて、言い訳をし始めました。

ところが、鄭玄(じょうげん)はそれを聞くとさらに立腹し、

ついには彼女を泥の中に引き落としました。

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強のワルは誰だ

朝まで三国志1  

下女達の問答

 

引きずり落とされ全身泥まみれとなった下女は、

そのままの状態で晒されていました。

まもなく別の下女が通りかかり、彼女を発見しました。

泥まみれになった彼女を見た別の下女は彼女に尋ねました。

別の下女「泥の中で一体何をしているの?」

泥下女「失敗したので、弁解をしたら、ご主人様に叱られてしまったのよ。」

 

この物語のポイントは?

 

このエピソードでは、最後の下女の問答がポイントとなっています。

後から来た別の下女は実は、『詩経(毛詩)』邶風「式微」の詩句を引用しています。

その詩句は、亡命のために他国に足を踏み入れる君主に随行した家臣は、

「あなたのためでなければ、どうして泥の中(亡命国)に行くものですか」

と伝えたというものでした。

 

また、泥の中に引き据えられた下女はこれに返答する際に、

邶風「柏舟」の詩句を引用します。その詩句は、不遇な官吏が

「不平不満を兄弟のところに訴えたところ、叱られた」と述べたとの詩句です。

実はこの話は、前提としてこれらの詩句がポイントとなっています。

 

見えてくる彼女達の意図

 

こうしてみると、前述の会話内容も違って見えます。後から来た下女は、

「どんな理由で以って泥の中にいるのですか(邶風「式微」を引用させて頂きます。

亡命するほどの大きな問題でもありましたか)?」

これを受けて泥の中の下女は

「弁解したら御主人に叱られてしまったの

(同じように邶風の詩句を引用させて貰います。

御主人に失敗の弁解をしたところ、余計怒られましたわ)。」と返答します。

一見すると日常会話なのですが、このようにして見ると、

なんだか高学歴同士の会話のようですね。

 

三国志ライターFMの独り言

 

この物語の要点は、鄭玄(じょうげん)は勉学に常に極めていた、ということに尽きます。

その域は、自身のみではなく、召使ですら書を読んでいたということで

どれほど勉学に明るい人物かを示しています。

 

大学者の鄭玄(じょうげん)は、召使にも学問があった、とか、

飼っている牛ですら角で壁に文字を書いた、とも言われており、

話に尾ひれが付いたように噂話が数多く存在していたようです。

今回のエピソードは、その逸話の一つであると考えられます。

 

こうした会話は、背景が分からなければ解釈が難しいですが、分かると面白いですね。

また、一見高度な会話ですが、こうしたなんとなく暗に意図を込めるような深みのある会話は

皆さんも日常生活の中で行っていることと思います。

映画や小説のセリフをそのまま或はパロディで持ち出すようなイメージです。

彼女達のように日常会話を楽しめると良いかもしれませんね。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【コワいモノ比較】アメリカ人は悪魔、フランス人は狼、中国人は○○!

関連記事:ギャップに驚き!禰衡だけでは無かった!Mr.天然、曹植の裸踊り

 

転職活動に役立つ特集記事

 

FM

FM

投稿者の記事一覧

三国志は、大昔の出来事ですが、物語をいろいろな視点や切り口で見ていくと、新しくて面白い発見があるのが好きです。

人物像や対人関係、出来事、時代背景、逸話等々、古い話とはいえ、学ぶべきところはたくさんあります。

埃をかぶせておくにはもったいない、賢人たちの誇りがあります。

関連記事

  1. 三国志ライター よかミカンさん 蒼天航路のスタンスは三国志演義と同じ!?
  2. 荀彧がもらった空箱には一体どんな意味があったのか!?
  3. 魏の三代目皇帝・曹芳(そうほう)就任により魏は滅びの道を歩んだ?…
  4. 仰天!三国志の時代にはナビゲーション技術があった!?
  5. 曹操も劉備もハマってた?三国時代の大人気ゲーム『六博』ってどんな…
  6. 蜀に入れば生き返る!?桃源郷とよみがえりの話
  7. 騎馬兵にあこがれる歩兵 【衝撃】馬の乗り方を知らなかった三国志武将
  8. 孫策・周瑜の断金の交わりを生み出したのは袁術のおかげだった!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part4
  2. 諸葛亮の出師の表って、一体何が書いてあるの?
  3. キングダム 529話 ネタバレ予想:犬戎の末裔
  4. 【孔門十哲】子貢(しこう)とはどんな人?弁舌なら孔子にも負けない魯の救世主
  5. ペリーと黒船常識。ウソ?ホント?
  6. 【日本人と三国志の出会い】奈良時代に董卓だとdisられていた人が存在した【シミルボン】

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 呉の小覇王・孫策

おすすめ記事

【三顧の礼】孔明トコの天才童子が劉備に冷たすぎる件 孔明サンの真っ黒メモリー、讒言でライバルを叩き落とせ! 人の見栄がビジネスチャンス!後漢で繁盛した秘商売とは? 【袁紹と袁術の関係を正す】其の2・勢力図からの考察 曹彰(そうしょう)とはどんな人?勉強嫌いだが、武を磨いて将来を期待された曹操の4男 法正が「隗より始めよ」のことわざを引用して劉備に進言したけど、どういう意味? ペリーの性格とは?熊親父とは正反対なエンジニア 月刊はじめての三国志2018年10月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました

おすすめ記事

  1. 飛信隊はどのような構成だったの?史実をもとに強さも考察
  2. 秦朗(しんろう)の人たらし術がハンパない!秦宜禄のバカ息子の意外な才能
  3. 【キングダム】昌平君と媧燐は生き別れの姉弟?そこから導かれる悲しい最後
  4. 【宦官の逆襲】後漢が滅んだのは本当に宦官のせい?悪いのは俺達だけじゃない!!
  5. 【ファン必見】2016年スーパーエリート袁術君の活躍まとめ26選
  6. 【誕生秘話】西遊記は実話だった!?一人の僧侶の苦難の旅を記した記録から始まった
  7. 六朝時代と魏晋南北朝時代って同じ?それとも違う? キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)
  8. 鄧禹(とうう)とはどんな人?光武帝の親友だが戦争にべらぼう弱い雲台二十八将の1人

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP