曹操孟徳特集
黄巾賊




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

大学者鄭玄の下女達の会話は高学歴だった

この記事の所要時間: 235

 

 

 

世説新語とは、三国時代後半に当時の人物の偉人達の奇抜で

ユーモアのある行いや偉業を記した書籍です。

古の事実を記した一種の歴史書のようなモノですが、

この本の中には歴史を変えるような偉業というよりは、

当時の人達の行いの中でも我々が感心させられるようなものや

ある種のコメディのような側面が強いです。

今回は、世説新語文学篇より、学問を重んじる鄭玄(じょうげん)と

彼とともに生活する下女のエピソードをご紹介します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代の笑い話は腹がよじれるほどシュールだった!?

関連記事:超短気な三国志の人物を集めてみました、あなたの友達とどっちが上?

 

 

鄭玄の家の召使い

 

鄭玄(じょうげん)は、字を康成(こうせい)といい、北海出身の経学者でした。

彼は彼自身学問を極めようと日々生活していましたが、

彼は自身の家の召使いにまで皆教養を持たせていました。

ここでの教養とは、文学や詩歌等の書物を読むことです。

 

当時は文字を読めないような民も多くおりましたが、

彼の家の者達は召使という身分にあってもそれなりの教養がありました。

 

 

下女の失敗

 

ある時、鄭玄(じょうげん)は下女の一人に用事を頼みました。

下女はその用事を行いましたが、鄭玄(じょうげん)はそのやり方が気に入りませんでした。

立腹した鄭玄(じょうげん)は、下女を鞭で打とうとしました。

下女は鞭打ちを恐れて、言い訳をし始めました。

ところが、鄭玄(じょうげん)はそれを聞くとさらに立腹し、

ついには彼女を泥の中に引き落としました。

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強のワルは誰だ

朝まで三国志1  

下女達の問答

 

引きずり落とされ全身泥まみれとなった下女は、

そのままの状態で晒されていました。

まもなく別の下女が通りかかり、彼女を発見しました。

泥まみれになった彼女を見た別の下女は彼女に尋ねました。

別の下女「泥の中で一体何をしているの?」

泥下女「失敗したので、弁解をしたら、ご主人様に叱られてしまったのよ。」

 

この物語のポイントは?

 

このエピソードでは、最後の下女の問答がポイントとなっています。

後から来た別の下女は実は、『詩経(毛詩)』邶風「式微」の詩句を引用しています。

その詩句は、亡命のために他国に足を踏み入れる君主に随行した家臣は、

「あなたのためでなければ、どうして泥の中(亡命国)に行くものですか」

と伝えたというものでした。

 

また、泥の中に引き据えられた下女はこれに返答する際に、

邶風「柏舟」の詩句を引用します。その詩句は、不遇な官吏が

「不平不満を兄弟のところに訴えたところ、叱られた」と述べたとの詩句です。

実はこの話は、前提としてこれらの詩句がポイントとなっています。

 

見えてくる彼女達の意図

 

こうしてみると、前述の会話内容も違って見えます。後から来た下女は、

「どんな理由で以って泥の中にいるのですか(邶風「式微」を引用させて頂きます。

亡命するほどの大きな問題でもありましたか)?」

これを受けて泥の中の下女は

「弁解したら御主人に叱られてしまったの

(同じように邶風の詩句を引用させて貰います。

御主人に失敗の弁解をしたところ、余計怒られましたわ)。」と返答します。

一見すると日常会話なのですが、このようにして見ると、

なんだか高学歴同士の会話のようですね。

 

三国志ライターFMの独り言

 

この物語の要点は、鄭玄(じょうげん)は勉学に常に極めていた、ということに尽きます。

その域は、自身のみではなく、召使ですら書を読んでいたということで

どれほど勉学に明るい人物かを示しています。

 

大学者の鄭玄(じょうげん)は、召使にも学問があった、とか、

飼っている牛ですら角で壁に文字を書いた、とも言われており、

話に尾ひれが付いたように噂話が数多く存在していたようです。

今回のエピソードは、その逸話の一つであると考えられます。

 

こうした会話は、背景が分からなければ解釈が難しいですが、分かると面白いですね。

また、一見高度な会話ですが、こうしたなんとなく暗に意図を込めるような深みのある会話は

皆さんも日常生活の中で行っていることと思います。

映画や小説のセリフをそのまま或はパロディで持ち出すようなイメージです。

彼女達のように日常会話を楽しめると良いかもしれませんね。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【コワいモノ比較】アメリカ人は悪魔、フランス人は狼、中国人は○○!

関連記事:ギャップに驚き!禰衡だけでは無かった!Mr.天然、曹植の裸踊り

 

転職活動に役立つ特集記事

 

FM

FM

投稿者の記事一覧

三国志は、大昔の出来事ですが、物語をいろいろな視点や切り口で見ていくと、新しくて面白い発見があるのが好きです。

人物像や対人関係、出来事、時代背景、逸話等々、古い話とはいえ、学ぶべきところはたくさんあります。

埃をかぶせておくにはもったいない、賢人たちの誇りがあります。

関連記事

  1. cha-ngokushiコラボ企画|はじめての八宝茶
  2. 孫堅が伝国の玉璽を手に入れたわけ
  3. 【三国志の英雄】曹操の恐ろしいエピソードをご紹介
  4. よく皖城で共闘できたね?三国志史上最凶に仲が悪かった甘寧と凌統
  5. 陸遜の生い立ちはどんな感じ?知られざる陸遜の前半生に迫る
  6. 劉馥(りゅうふく)ってどんな人?魏の地方行政官なのに無人の合肥を…
  7. 藏洪(ぞうこう)とはどんな人?袁紹が可哀想になるくらい逆恨み男の…
  8. 馬超(ばちょう)蜀に入った時にはピークを過ぎていた?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 田豫(でんよ)とはどんな人?魏の国境付近の平和を勝ち取っていた異民族政策のプロ
  2. 【李傕・郭汜祭り 7日目】最期の勝者?仲間達を蹴落し勝ち残った董承(とうしょう)
  3. そうなのか!新選組の近藤勇も関羽をリスペクトしていた
  4. もし姜維が魏に残り続けていたら蜀はどうなった?魏では出世できた?
  5. 【キングダム予想】公孫龍将軍が最大の壁になる?実は防戦のスペシャリスト
  6. 日本にも冥婚があった?東北や沖縄に伝わる死者の結婚式

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

高杉晋作の名言脳に刺さる言葉を紹介 【シミルボン】おのれ曹丕!縁談をぶち壊され大騒動を起こした丁儀 匡亭の戦いを図解で解説!袁術の華麗なる転落のプレリュード 始皇帝が中国統一後、わずか15年で秦が滅亡した理由は始皇帝がブサメンだったから? キングダム 523話 ネタバレ予想:左翼戦の鍵を握る楽華隊! ハイパーインフレ太師董卓が貨幣経済を破壊した! 【架空戦記】時空を超えた対決!韓信VS 諸葛亮孔明の一本勝負 魏の名臣・荀彧(じゅんいく)はなぜ亡くなったの?【謎の死を遂げた名臣】

おすすめ記事

  1. 夏侯惇は本当に自分の目玉を食べたの?
  2. 近藤勇の首の行方は?新選組局長の最期の地をめぐる
  3. 16話:菫卓を変貌させた権力と武官差別
  4. 28話:天運を掴んだ曹操の食客に落ちぶれる劉備
  5. 【韓信の恩返し】受けた恩はしっかりと恩で返す器の大きい韓信
  6. え?そうだったの!?西遊記の目的はお経を取る事では無かった?
  7. 【三国志妄想列伝】夏侯惇が群雄として立てる人だった!!
  8. 【キングダム ネタバレ】王翦の部下は麻紘と亜光ではなかった?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP