三国志時代の笑い話は腹がよじれるほどシュールだった!?




朝まで三国志 呂布

 

戦乱の時代だからって、笑いがないという事はありません。

それは、100年の戦乱が続いた三国志の時代でも同じです。

では、当時の人々は、どんな話題で笑ったのでしょうか?

大昔の笑い話を集めた笑林という本から、いくつか抜粋しましょう。




長い竹竿が城門を通らないよ~

photo credit: 竹と光 Bambous et Lumière via photopin (license)

 

長い竹竿を持って魯の国の城門をくぐろうとする人がいた。

しかし、竹竿が長すぎて、縦にしても横にしても通れない。

その人が困っていると、街の長老が出てきて言った。

 

「あーー、ワシは、別に聖人という程に機智も徳もないが、

長く社会を見てきたので、多少はモノを知っておるつもりじゃが、、

あんたは、どうして竹竿を鋸で半分から切らないのかね?」




ボケ、突っ込みであるように見せて社会風刺


今、読むと、なーんだという簡単な話ですが、

とぼけた会話の中に、杓子定規で、縦のモノを横にもしない

停滞した社会を風刺する意味が込められています。

今でいうと、爆笑問題の漫才に近いかも知れません。

 

一体、誰が得をしたの?鳳凰(ほうおう)の偽物

photo credit: Pheasant head via photopin (license)

 

楚の人で、雉(きじ)を担いでいる人がいた。

その近くを通りかかった男が、「その鳥は何と言う鳥ですか?」と聴いた。

楚人は「これは鳳凰という鳥ですよ」と嘘をついた。

 

近くを通りかかった男は、

「それは珍しい、楚王に献上したいので私に売って下さい」

と千金を支払った。

 

楚人は、これはいい金ズルだと思って、もったいぶった。

そこで男は、さらに千金を支払い、ようやく雉を買い取った。

ところが、雉は買い取った翌日に死んでしまった。

 

男は、お金の事ではなく、楚王に献上しようと思った鳳凰が死んだ

という事を嘆き悲しんで毎日泣いた。

 

それは、楚の人々の同情を引く事になり、ついには楚王に届いた

楚王は、大金を散じて自身の為に鳳凰を買った男の心に感激し

男を探しだして、大金を与えた。

その大金は、男が楚人に支払った金額の10倍を越えたという

 

物事の本質がズレてゆく不思議

photo credit: Seagull and Mt Stephens via photopin (license)

 

元々は、鳳凰でもなく、ありふれた雉という鳥が

楚人の嘘から鳳凰に化け、その後死んでしまい、

最終的には美談として、だまし取られたお金の10倍以上

というお金に化けてしまうという不思議な話。

 

ここでは、雉が鳳凰になりおおせ、

雉と鳳凰の区別もつかない人が善人になり、

そこに人々の温かい同情と大金が与えられるという、

何だかズレた事になっていきます。

なんだか、ぞわぞわしてきませんか?

 

話をシンプルにすると、雉を鳳凰と騙されて、

大金を支払い買った男が、雉に死なれて泣く話

という身も蓋もない話も成立するのです。

 

劉備 曹操

 

今、話題になっている、某元プロ野球選手の覚せい剤逮捕や

賄賂を受け取った、某TPP担当大臣の辞任問題も、

「麻薬や賄賂はいけない、刑事罰を受けるべき」という

シンプルな話から、どんどん話がズレて、雉が鳳凰に

化けている感じがします・・

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 三国志 武器

    デザイン担当:よりぶりん

    華麗なる中華世界を彩る三国志の武器

    みなさんの「はじめての三国志」は何ですか?…

  2. 孟達を討伐する司馬懿
  3. 禰衡
  4. 郭嘉
  5. 南蛮

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP