ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国志時代の笑い話は腹がよじれるほどシュールだった!?




朝まで三国志 呂布

 

戦乱の時代だからって、笑いがないという事はありません。

それは、100年の戦乱が続いた三国志の時代でも同じです。

では、当時の人々は、どんな話題で笑ったのでしょうか?

大昔の笑い話を集めた笑林という本から、いくつか抜粋しましょう。




長い竹竿が城門を通らないよ~

photo credit: 竹と光 Bambous et Lumière via photopin (license)

 

長い竹竿を持って魯の国の城門をくぐろうとする人がいた。

しかし、竹竿が長すぎて、縦にしても横にしても通れない。

その人が困っていると、街の長老が出てきて言った。

 

「あーー、ワシは、別に聖人という程に機智も徳もないが、

長く社会を見てきたので、多少はモノを知っておるつもりじゃが、、

あんたは、どうして竹竿を鋸で半分から切らないのかね?」




ボケ、突っ込みであるように見せて社会風刺


今、読むと、なーんだという簡単な話ですが、

とぼけた会話の中に、杓子定規で、縦のモノを横にもしない

停滞した社会を風刺する意味が込められています。

今でいうと、爆笑問題の漫才に近いかも知れません。

 

一体、誰が得をしたの?鳳凰(ほうおう)の偽物

photo credit: Pheasant head via photopin (license)

 

楚の人で、雉(きじ)を担いでいる人がいた。

その近くを通りかかった男が、「その鳥は何と言う鳥ですか?」と聴いた。

楚人は「これは鳳凰という鳥ですよ」と嘘をついた。

 

近くを通りかかった男は、

「それは珍しい、楚王に献上したいので私に売って下さい」

と千金を支払った。

 

楚人は、これはいい金ズルだと思って、もったいぶった。

そこで男は、さらに千金を支払い、ようやく雉を買い取った。

ところが、雉は買い取った翌日に死んでしまった。

 

男は、お金の事ではなく、楚王に献上しようと思った鳳凰が死んだ

という事を嘆き悲しんで毎日泣いた。

 

それは、楚の人々の同情を引く事になり、ついには楚王に届いた

楚王は、大金を散じて自身の為に鳳凰を買った男の心に感激し

男を探しだして、大金を与えた。

その大金は、男が楚人に支払った金額の10倍を越えたという

 

物事の本質がズレてゆく不思議

photo credit: Seagull and Mt Stephens via photopin (license)

 

元々は、鳳凰でもなく、ありふれた雉という鳥が

楚人の嘘から鳳凰に化け、その後死んでしまい、

最終的には美談として、だまし取られたお金の10倍以上

というお金に化けてしまうという不思議な話。

 

ここでは、雉が鳳凰になりおおせ、

雉と鳳凰の区別もつかない人が善人になり、

そこに人々の温かい同情と大金が与えられるという、

何だかズレた事になっていきます。

なんだか、ぞわぞわしてきませんか?

 

話をシンプルにすると、雉を鳳凰と騙されて、

大金を支払い買った男が、雉に死なれて泣く話

という身も蓋もない話も成立するのです。

 

劉備 曹操

 

今、話題になっている、某元プロ野球選手の覚せい剤逮捕や

賄賂を受け取った、某TPP担当大臣の辞任問題も、

「麻薬や賄賂はいけない、刑事罰を受けるべき」という

シンプルな話から、どんどん話がズレて、雉が鳳凰に

化けている感じがします・・

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 春秋戦国時代の白起、デビュー戦から大殺戮 白起(はくき)ってどんな人?キングダムでお馴染みの六大将軍
  2. 曹嵩 曹嵩(そうすう)はどこの誰なのか?徐州大虐殺の切っ掛けにもなった…
  3. 知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せない…
  4. 鱸魚を釣る左慈 【if三国志】于吉と左慈が戦ったらどっちが勝つ?
  5. ヨイショをする曹操 三国志の時代のお祭りは、どんな様子だったの?
  6. 亡くなる袁紹 三国志の袁紹のお墓ってどこ?「三国志観光スポット」
  7. 陳宮 陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家…
  8. 関羽が殺されキレる劉備 110話:関羽の悲報に復讐に燃える劉備

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孔明
  2. ホウ徳、馬超
  3. 曹操
  4. 三国志平話
  5. 三国志 象兵
  6. 曹操軍の輸送車を襲う趙雲
  7. kawauso

おすすめ記事

  1. 月刊はじめての三国志2019年7月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました 公孫瓚
  2. 敵に塩を送るって実際に行われていたの?語源など雑学も紹介 敵に塩を送る (武田信玄と上杉謙信)
  3. 【8月の見どころ】8/30公開予定:関羽千里行が可能だったのはカバだから? 赤い汗をかいてお肌をつるつるになっているカバ(赤兎馬)
  4. 呉にもラストサムライが存在した!孫呉の最後を飾った張悌に迫る!
  5. 都会っ子・馬岱を考察!最後は平北将軍にまで出世 馬岱
  6. 徳川家康との対決と信長包囲網構築へ 武田信玄

三國志雑学

  1. 鄒氏
  2. 袁術
  3. 荀彧と袁紹
  4. 奮闘する黄蓋


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 于禁
  2. 鮑信と曹操
  3. 幕末 魏呉蜀 書物
  4. 苛ついている曹操
  5. 秦の旗を掲げる兵士
  6. 夏侯惇
“朝の仕度にながら三国志ver3"

おすすめ記事

曹操の元から離れる関羽 何で曹操はあれだけ関羽を愛していたのに配下から逃がしたの? 何晏 何晏(かあん)とはどんな人?三国志一のナルシストで歴史に名を残した男 西郷隆盛像 西郷どんと会津藩はどんな関係性なの?3分で薩摩藩と会津藩の関係を理解 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市) 【三国志とお金】三国志の時代の市場はどんなだった? 播磨の豪族から出現した自信家・黒田孝高の誕生と初陣 張飛が使う蛇矛 蛇矛の長さは2メートル67センチ!本当に張飛は使っていたのか? 西郷隆盛が実行した廃藩置県はどんな偉業? 平野国臣 平野国臣、最初に「日本人」を名乗った先駆者の孤高の生涯とは?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “つながるはじめての三国志" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“ながら三国志音声コンテンツver2"
PAGE TOP