架空戦記
ビジネス

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国志時代の笑い話は腹がよじれるほどシュールだった!?

この記事の所要時間: 443




朝まで三国志 呂布

 

戦乱の時代だからって、笑いがないという事はありません。

それは、100年の戦乱が続いた三国志の時代でも同じです。

では、当時の人々は、どんな話題で笑ったのでしょうか?

大昔の笑い話を集めた笑林という本から、いくつか抜粋しましょう。




長い竹竿が城門を通らないよ~

 

長い竹竿を持って魯の国の城門をくぐろうとする人がいた。

しかし、竹竿が長すぎて、縦にしても横にしても通れない。

その人が困っていると、街の長老が出てきて言った。

 

「あーー、ワシは、別に聖人という程に機智も徳もないが、

長く社会を見てきたので、多少はモノを知っておるつもりじゃが、、

あんたは、どうして竹竿を鋸で半分から切らないのかね?」




ボケ、突っ込みであるように見せて社会風刺


今、読むと、なーんだという簡単な話ですが、

とぼけた会話の中に、杓子定規で、縦のモノを横にもしない

停滞した社会を風刺する意味が込められています。

今でいうと、爆笑問題の漫才に近いかも知れません。

 

一体、誰が得をしたの?鳳凰(ほうおう)の偽物

photo credit: Pheasant head via photopin (license)

photo credit: Pheasant head via photopin (license)

 

楚の人で、雉(きじ)を担いでいる人がいた。

その近くを通りかかった男が、「その鳥は何と言う鳥ですか?」と聴いた。

楚人は「これは鳳凰という鳥ですよ」と嘘をついた。

 

近くを通りかかった男は、

「それは珍しい、楚王に献上したいので私に売って下さい」

と千金を支払った。

 

楚人は、これはいい金ズルだと思って、もったいぶった。

そこで男は、さらに千金を支払い、ようやく雉を買い取った。

ところが、雉は買い取った翌日に死んでしまった。

 

男は、お金の事ではなく、楚王に献上しようと思った鳳凰が死んだ

という事を嘆き悲しんで毎日泣いた。

 

それは、楚の人々の同情を引く事になり、ついには楚王に届いた

楚王は、大金を散じて自身の為に鳳凰を買った男の心に感激し

男を探しだして、大金を与えた。

その大金は、男が楚人に支払った金額の10倍を越えたという

 

物事の本質がズレてゆく不思議

 

元々は、鳳凰でもなく、ありふれた雉という鳥が

楚人の嘘から鳳凰に化け、その後死んでしまい、

最終的には美談として、だまし取られたお金の10倍以上

というお金に化けてしまうという不思議な話。

 

ここでは、雉が鳳凰になりおおせ、

雉と鳳凰の区別もつかない人が善人になり、

そこに人々の温かい同情と大金が与えられるという、

何だかズレた事になっていきます。

なんだか、ぞわぞわしてきませんか?

 

話をシンプルにすると、雉を鳳凰と騙されて、

大金を支払い買った男が、雉に死なれて泣く話

という身も蓋もない話も成立するのです。

 

劉備 曹操

 

今、話題になっている、某元プロ野球選手の覚せい剤逮捕や

賄賂を受け取った、某TPP担当大臣の辞任問題も、

「麻薬や賄賂はいけない、刑事罰を受けるべき」という

シンプルな話から、どんどん話がズレて、雉が鳳凰に

化けている感じがします・・

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 馬超の死後、一族はどうなったの?漢族の国家に仕えながら死ぬ寸前ま…
  2. これであなたも知ったかぶり!春秋時代をザックリ紹介!
  3. 孔明サンの真っ黒メモリー、讒言でライバルを叩き落とせ!
  4. 蜀建国以前に劉備に仕えた歴代の軍師・参謀役を徹底紹介!
  5. 世界初の外科手術を行った?華佗とはどういう人物だったか
  6. 関羽はどうして神格化されてメジャーになったの?三国志で唯一、神に…
  7. 諸葛誕(しょかつたん)ってどんな人?魏の「狗」も名声を得ていた魏…
  8. 100話:奮戦する張遼、孫権を二度も追い詰める

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 劉焉(りゅうえん)ってどんな人?益州に独立国を建国した漢
  2. 【衝撃の事実】三国志演義はゴーストライターによって書かれた小説だった!?羅貫中じゃないの?
  3. 【李傕・郭汜祭り 3日目】殺されてしまった悲劇の樊稠(はんちゅう)
  4. 【架空戦記】時空を超えた最強対決!人中の鬼人・呂布VS楚の覇王・項羽
  5. 豊臣秀吉の天下統一の第一弾「四国征伐」に向けて何をしたの?
  6. 邪馬台国ってどんな国だったの?まさに神っていた邪馬台国

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

馬場信春(ばばのぶはる)とはどんな人?鬼と呼ばれた武田四名臣の一人 びっくり!五丈原の戦いの戦費、現在で換算すると、なんと○○円! 留賛(りゅうさん)とはどんな人?自ら足の筋を切断し治療をした呉の英雄 キングダム 525話 ネタバレ予想:朱海を翔ぶ鳳凰 秀吉の下に天下を代表する軍師が揃うきっかけってなに? 【蜀の建国~滅亡まで】蜀の国を背負って戦い続けた丞相【孔明編】 【劉邦暗殺計画】劉邦の態度のでかさに激怒した家臣達 インスタグラムはじめました。

おすすめ記事

  1. 【第四回 放置少女】伏龍参戦の新イベントと公孫瓚に挑んでくるぜ!!
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース38記事【1/23〜1/29】
  3. 秦の為に戦い秦人に恨まれた名将 章邯(しょうかん)
  4. 遼来来!よりも呉は彼を恐れていた?呉キラー曹休(そうきゅう)
  5. 幻の皇帝?曹操が最も愛した息子……曹沖について
  6. 楊端和率いる山の民連合軍が列尾攻めで大活躍!山の民の生態とは?
  7. 【軍師連盟】司馬懿は電光石火の行軍が得意だった?
  8. 授業や教科書では教えてくれない長篠の戦いをセンゴクから見てみよう

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP