ギャップに驚き!禰衡だけでは無かった!Mr.天然、曹植の裸踊り

2016年2月23日


 

禰衡

 

「安心して下さい、全裸ですよ!」でお馴染みの三国志一のストリーキング、禰衡(でいこう)ですが、三国志には禰衡以外にも、あの曹植(そうしょく)も裸踊りをしたという逸話がある事が判明しました。ああ、可哀想な曹植、帝位を兄に奪われて、ヤケになったのでしょうか?

 

関連記事:まったく安心できない三国志の全裸男、禰衡(でいこう)

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



それは西暦208年に起った

曹丕 曹植

 

西暦208年、曹操軍は荊州の劉琮(りゅうそう)を無条件降伏させて、荊州を領有します。この荊州には、邯鄲淳(かんたんじゅん)という当時でさえ、80歳を越えていた老学者がいました。邯鄲淳は、博覧強記で書に巧みであり、かつ高名な儒学者でもあったので、曹丕(そうひ)と曹植が是非自分の配下に欲しいと手を上げます。

 

邯鄲淳は、一度、曹丕の元へ しかし曹植は諦めない

曹丕 残忍

 

曹操は、曹丕と曹植の両者を較べて、曹丕に邯鄲淳を与える事にします。大喜びする曹丕ですが、曹植は納得しません。

 

曹植「父上、お願いです、一度、邯鄲淳先生に会わせて下さい、この通りです」

 

曹植は、泣いて曹操に頼んだので、可哀想になった曹操は曹丕に話をつけて一日、邯鄲淳を借りて、曹植の元へ派遣しました。

 

邯鄲淳、無言、その重苦しさで曹植がとった衝撃の行動

 

邯鄲淳は、曹植に面会したものの、むっすりと黙っていて、何も言いません。曹植は、その沈黙にテンパったのか、いきなり服を脱ぎ出しました。

 

曹植「いやあ、先生、今日は暑いですねえ」

 

曹植は、こうして裸になると、従者に水を持ってこさせて、いきなり、体を洗いはじめたのです。

 

まあ、現代でも、先輩芸人に、いきなり何かやれ!と言われて、テンパってしまい、とりあえず全裸になる若手芸人は多いそうですが、曹植もそうなってしまったのか!

 

もちろん、儒教において、人前で裸になるのは、とんでもないマナー違反です。ましてや、年長者の前となっては全くの論外でした。それでも邯鄲淳は、むすっと押し黙り、何も言いませんでした。

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-三国志の雑学
-,