ギャップに驚き!禰衡だけでは無かった!Mr.天然、曹植の裸踊り


禰衡

 

「安心して下さい、全裸ですよ!」でお馴染みの三国志一のストリーキング、禰衡(でいこう)ですが、三国志には禰衡以外にも、あの曹植(そうしょく)も裸踊りをしたという逸話がある事が判明しました。ああ、可哀想な曹植、帝位を兄に奪われて、ヤケになったのでしょうか?

 

関連記事:まったく安心できない三国志の全裸男、禰衡(でいこう)


それは西暦208年に起った

曹丕 曹植

 

西暦208年、曹操軍は荊州の劉琮(りゅうそう)を無条件降伏させて、荊州を領有します。この荊州には、邯鄲淳(かんたんじゅん)という当時でさえ、80歳を越えていた老学者がいました。邯鄲淳は、博覧強記で書に巧みであり、かつ高名な儒学者でもあったので、曹丕(そうひ)と曹植が是非自分の配下に欲しいと手を上げます。


邯鄲淳は、一度、曹丕の元へ しかし曹植は諦めない

曹丕 残忍

 

曹操は、曹丕と曹植の両者を較べて、曹丕に邯鄲淳を与える事にします。大喜びする曹丕ですが、曹植は納得しません。

 

曹植「父上、お願いです、一度、邯鄲淳先生に会わせて下さい、この通りです」

 

曹植は、泣いて曹操に頼んだので、可哀想になった曹操は曹丕に話をつけて一日、邯鄲淳を借りて、曹植の元へ派遣しました。


邯鄲淳、無言、その重苦しさで曹植がとった衝撃の行動

 

邯鄲淳は、曹植に面会したものの、むっすりと黙っていて、何も言いません。曹植は、その沈黙にテンパったのか、いきなり服を脱ぎ出しました。

 

曹植「いやあ、先生、今日は暑いですねえ」

 

曹植は、こうして裸になると、従者に水を持ってこさせて、いきなり、体を洗いはじめたのです。

 

まあ、現代でも、先輩芸人に、いきなり何かやれ!と言われて、テンパってしまい、とりあえず全裸になる若手芸人は多いそうですが、曹植もそうなってしまったのか!

 

もちろん、儒教において、人前で裸になるのは、とんでもないマナー違反です。ましてや、年長者の前となっては全くの論外でした。それでも邯鄲淳は、むすっと押し黙り、何も言いませんでした。

【次のページに続きます】

ページ:

1

2

関連記事

  1. 南蛮一の軍師・孟節(兵士を裏切る)
  2. 2つの持論を展開する費禕
  3. 李典
  4. 法正に敗れる夏侯淵
  5. 劉備に褒められる趙雲

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“カレンダーの世界史"

“鉄と日本の二千年史"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP