呂布特集
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

大久保利通や西郷どんもビールを飲んだ!明治4年山口での文明開化

 

 

 

日本にビールが入ってきたのは、幕末の頃でした。

西洋諸国と通商条約が締結され、港の傍に外国人居留地が建設されていき、

外国人が楽しむ飲み物としてビールが輸入されだしたのです。

そして、このビール明治に入ると日本人の喉を潤すようになります。

日本人で最初にビールを味わった人の中には、西郷隆盛(さいごうたかもり)大久保利通(おおくぼとしみち)

木戸孝允(きどたかよし)等、維新(いしん)の三傑も入っていたようです。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:大久保利通の政策は何?維新の十傑の思想に迫る

関連記事:西郷隆盛は大家族!幕末ビッグダディを解説

 

 

明治4年1月明治天皇の勅使として山口を訪れた維新の三傑

 

明治4年1月7日、右大臣の岩倉具視(いわくらともみ)は、参議(さんぎ)大久保利通、

鹿児島藩大参事(かごしまはん・だいさんじ)、西郷隆盛を伴い山口県を訪問します。

それは、明治維新最期にして最大の大改革である廃藩置県(はいはんちけん)において、

長州藩主で現知藩事である毛利敬親(もうりたかちか)の協力を得る目的でした。

 

毛利敬親は岩倉に協力を約束し、その後酒宴となりました。

 

 

重箱料理と共に、ビールが五本ずつ西郷と大久保に届けられる

 

この時の酒宴には、西郷と大久保は招かれていないのですが、

毛利家から、吸い物や寿司、刺身、煮魚などの宴会料理と共に、

ビールが五瓶ずつ送られたという記録が残っています。

 

この時、大久保は山口道場門前町の安倍平右衛門宅に宿泊、

西郷は、安倍彦十郎家に別々に宿泊していましたので、

それぞれ、バラバラに御馳走とビールを楽しんだと考えられるのです。

 

また、当時、同じく参議の木戸孝允も山口にいたそうで、

大久保や西郷とコンタクトを取っています。

もしかすると、残りのビールを肴に維新の三傑の3名でビールを飲んだ

その可能性もないとは言い切れませんね。

 

愛と勇気で時代を切り開いた西郷どんを100倍楽しむ

 

ビールに執着する大久保とそうでもない西郷

 

西郷どんが大きな体の割にお酒が弱い事はよく知られています。

逆に西郷どんは大変な甘党で、脂っこい料理が大好きで、

豚のスペアリブの煮つけや、羊羹(ようかん)やサツマイモをペロリと平らげました。

そのせいで、後年はかなり太ってしまうのですが、、

 

一方の大久保利通は、胃弱で常に痩せていたのにかなりの酒好きで

文明開化の象徴であるビールも大変に気に入ったようです。

明治10年には北海道開拓使の黒田清隆(くろだきよたか)がビール1ダースを送って

機嫌を取ろうとしているのを見ても、その酒好きが分かります。

 

しかし、当時のビールはほとんどが輸入品である上にかなり高価で

とても庶民が飲めるような代物ではありませんでした。

 

大久保は自身がビール好きである事もあり、ビールを国産化して国民に飲ませ、

そこに酒税を掛けて財源にしようと、かなり現実的な事を考えていたようで、

岩倉使節団で世界視察に出るとイギリスでは、ビール醸造所を視察していて、

記録には、「バーミンハム麦酒製造所」という名前が見えるそうです。

 

一方で明治政府で留守番している西郷は、元々酒が好きでもなく

大久保のようにビールに執着していないようです。

 

ビールが裂いた西郷と大久保の仲?

 

一説では、海外視察で西洋かぶれしていく大久保に対し西郷どんは嫌悪感を持ち

洋装で映した写真を大久保から贈られると「醜悪でごわす」と顔をしかめたとされます。

なんだか、大久保がイギリスでビール工場を視察する間に仲が悪くなったようですが、

この説には大きな違和感を感じます。

 

写真や西洋かぶれでいえば、西郷どんの師である島津斉彬(しまづなりあきら)の方が

比較にならない蘭癖(らんぺき)、西洋オタク大名だったからです。

もし、西郷どんが単純な西洋嫌いなら島津斉彬を尊敬する事は無かったでしょう。

 

ですので、これは西洋かぶれが原因ではなく、大久保が西洋に傾倒するあまりに、

道義心を忘れ、弱肉強食の西洋帝国主義を当然の事として受け止めていき

東洋王道を忘れ去っていく事への嫌悪感だったのだと思います。

 

事実、大久保は帰国後、西郷の征韓論(せいかんろん)を潰しておきながら、

明治9年には江華島事件(こうかとうじけん)を起こし、砲艦外交で李氏朝鮮と不平等条約を結び

下野していた西郷は、その事に激怒しているからです。

 

幕末ライターkawausoの独り言

 

ビールを巡る維新の三傑の話をしてみました。

岩倉使節団の一員としてイギリスまでビール製造所を視察した大久保利通、

そこには、明治4年に山口で飲んだビールの味が忘れられないという

感傷があったのでしょうか?

 

一方でビールには、そんなに関心がなかった西郷どん

二人のすれ違いの契機になった岩倉使節団とビールの関係でした。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:岩倉使節団とは何?大久保利通がイギリスに行った理由

関連記事:大久保利通と西郷隆盛西南戦争の原因は王道vs覇道の対立だった

 

愛と勇気で時代を切り開いた西郷どんを100倍楽しむ

 

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 一条美賀子 一条美賀子とはどんな人?徳川慶喜の正室だった病弱な美女を解説
  2. 蜀の兵士 驚愕!蜀漢の塩の精製が意外にハイテクだった!
  3. 劉繇(りゅうよう)が凄い!袁術の宿敵?そこそこ頑張った英傑の生涯…
  4. 篤姫と幾島の本当の関係は?
  5. 【キングダム】昌平君と媧燐は生き別れの姉弟?そこから導かれる悲し…
  6. 蒙毅(もうき)ってどんな人?趙高に恨まれて悲劇の最期を迎える文官…
  7. 三国志 歴史 0話:歴史は繰り返す!三国志エピソード ゼロ
  8. 58話:水鏡先生曰く、劉備に足りない人物って誰の事?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 三国志大学 曹操
  2. 挑発する諸葛亮孔明
  3. ツンデレ曹丕
  4. 三国志ライター よかミカンさん
  5. 夏侯玄
  6. 反乱を起こす郝萌(かくぼう)と曹性
  7. 周瑜 周郎

おすすめ記事

  1. 『三国志』の時代、世界の歴史はどんな感じだったの? 曹操(後漢王朝)とローマ帝国
  2. 【重要なお知らせ】ストライキ決行
  3. 【ビジネス三国志】便利な人で終わらない重んじられる技術 株式会社三国志で働く劉備と孔明
  4. 朱然はどんな性格をしていたの?孫呉の中核を担った忠臣を分かりやすく紹介 朱然
  5. 【はじめての君主論】第1話:君主論ってなに?曹操とkawausoが解説するよ
  6. 廃藩置県とは?中央集権国家を目指した改革を分かりやすく解説 薩長同盟が結ばれるシーン 坂本龍馬と西郷隆盛と桂小五郎

三國志雑学

  1. 関帝廟 関羽
  2. 趙雲 三尖刀
  3. 貂蝉
  4. 水時計
  5. 女と金
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 魯粛、周瑜、劉備
  2. 賈詡
  3. 孔明
  4. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  5. 曹丕
  6. 占いをする卑弥呼(鬼道)

おすすめ記事

【これは悲しすぎる】今や忘れさられた袁術の墓 ネズミで人生を変えた李斯 便所のネズミから蔵のネズミに!李斯の華麗なる転身 孔明 郭嘉 周瑜 【三国志の3大軍師を比較】孔明、周瑜、郭嘉の●●●ランキング! 【項羽との恋愛で起こった悲しい運命】虞美人と虞美人草の悲しいお話 司馬昭 司馬昭ってチョー有能?それとも親の七光りだったの!? 劉邦 【将苑】諸葛亮も認める立派な将軍になろう! キングダムネタバレ予想 バジオウは本当に死んだのか? 徳川家康をボコボコにする武田信玄 上野攻略戦に赴く武田信玄の戦略とは?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP