ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
馬超


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【空海KU-KAI】空海が修行した長安青龍寺によかミカンが行ってみた

 

 

 

映画「空海−KU-KAI− 美しき王妃の謎」の公開で大いに注目を浴びている、中国・西安(せいあん)

空海が渡った(とう)の時代には長安(ちょうあん)と呼ばれていました。

私ことよかミカン、西安に行ったことがありますので、空海が修行した「青龍寺(せいりゅうじ)」が

どんな場所だったかご紹介させて頂きます!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:劉備が宴会していた襄陽(じょうよう)ってこんな街!よかミカンが行ってみた

関連記事:映画「空海−KU-KAI− 美しき王妃の謎」レビュー

 

 

青龍寺はどういうお寺?

※イラストもイメージです

 

西安の青龍寺は、(ずい)開皇(かいこう)2年(西暦582年)、

霊感寺(れいかんじ)という名前で創建されました。

青龍寺と改称されたのは唐の景雲(けいうん)2年(711年)です。

唐の武徳(ぶとく)4年(621年)にいったん廃寺となり、翌年再建しましたが、

会昌(かいしょう)5年(845年)、会昌の廃仏(武宗(ぶそう)皇帝によって採られた

仏教弾圧政策)によって廃寺になりました。

 

唐末からの動乱ですっかり埋もれてしまっていましたが、1973年に塔の土台と殿堂が

発掘され、以後少しずつ建物が再建され、今ではピカピカの建造物が建ち並ぶ

大きなお寺になっています。

1986年には日本から桜の木1000株が贈られ、毎年花を咲かせているそうです。

 

空海は唐の貞元(ていげん)21年(805年)に青龍寺を訪れ、

恵果(けいか)和尚に弟子入りし、密教の教義を学びました。

日本に帰国後、空海は高野山(こうやさん)金剛峯寺(こんごうぶじ)を建立し、

真言宗(しんごんしゅう)を開きました。

 

現在ちょくちょく耳にする「四国お遍路(へんろ)」は空海の足跡をたどり

八十八ヶ所の霊場を巡拝することですが、四国の一番札所(ふだしょ)~八十八番札所の他に、

西安の青龍寺が「0番札所」となっているそうです。

所在地は、西安の城壁の外、3kmほどの地点です。

 

 

青龍寺に行った経緯

 

ここから先は私のろくでもない個人的な体験談ですが、現地の雰囲気を感じて頂くには

案外そういうのもいいかもしれません。

 

私は西安へは出張で行きました。仕事が終わって帰国便までに一日半の余裕が

あったので、一緒に出張に行った年配の男性社員の方と一日半タクシーを借り切って

観光するはずだったのですが、一日目の観光を終え翌日になると相棒が

「あのさあ、タクシー、キャンセルしてくれる?ぼくは中国の国産車の乗り心地がどうもね」

と言うので、二日目は私一人が初日に仲良くなった運ちゃんに乗っけてもらって

西安観光しました。

 

相棒はホテルでゆっくりして売店でお土産でも買って過ごすとのことで。それで満足なんですと。

そもそも、仕事で中国に来ただけで、西安にとりたてて思い入れもない方だったので。

初日に兵馬俑(へいばよう)を見たらもう満足されたようです。

 

で、私は運ちゃんにおすすめスポットを案内してくれるようお願いしたら、

「じゃあチンロンスーはどうですか?」と言われました。

「なにそれ?」

「え、知らないんですか? チンロンスーですよ。日本とたいへんゆかりの深い。

日本の偉いお坊さんのコンハイが修行をしたところです!」

「さあ、ぴんときませんなぁ…」

「じゃあアーペイチョンマーリーは?」

「あ、阿倍仲麻呂(アーペイチョンマーリー)? 知ってます、

日本から中国に留学して中国で官僚になったゴッツ賢い人!」

 

「そうそう、そのアーペイ先生の書いた詩が石に刻んであるものが

回廊に展示してありますから行きましょう!」

 

 

コンハイが空海のことであったというのは、帰国してから気付きました。

 

時代を超えて愛される中国四大奇書「はじめての西遊記

 

青龍寺の印象

※写真はイメージです。

 

広々として、なだらかなアップダウンのある敷地に、池があったり円盤状の石がしいてある

遊歩道があったりと、散策していて気持ちの良い場所でした。所々に建物があり、

回廊の壁に詩の刻んである石版が並んで貼られているような場所もありました。

いろんな有名な方の詩句があり、いくつかは阿倍仲麻呂(あべのなかまろ)のものでした。

 

 

運ちゃん:「読めますか?」

「う~ん、漢字の意味は見てなんとなく分るんですが、詩の内容は分ったような分らないような。

運転手さんは読めますか?」

「あははは、私もおんなじ感じですよ」

「なんか素敵な詩っぽいですねぇ」

「そうですねえ、美しい詩っぽいですねぇ」

 

若くて素朴で礼儀正しく可愛い顔立ちの運ちゃんと並んで歩きながら

分ったような分らないような美しげな詩を眺めて散策するのはなかなか素敵な時間でした。

たぶん先方も《大和撫子(やまとなでしこ)とデート…》と思っていたことでしょう。

デートじゃありませんけど。

 

お堂の中では何か法会(ほうえ)が行われている様子で、30人くらいの信者の方々が

盆踊りのように輪になりながら歩きつつ、トランスミュージックのようなものを

声をそろえてえんえんと歌っていました。お経でしょうかね。

よく分りませんが、密教っぽい雰囲気を感じました。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

 

碑とか展示室とかいろいろあったようなのですが、

なんの予備知識もなく行ったもので、

感じのいいお寺を散策しただけとなってしまいました。

 

予習してから行っていれば、この場所で1200年以上前に空海さんが修行したんだなぁとか

廃仏運動以後ずっと埋もれていたのかぁとか、感慨にふけることもできたと思います。

とは言え、行ってみればいいこともあるもので、不思議な雰囲気のトランスミュージックが

聞けたのはよかったです!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【長江三峡】劉備が逃げ込んだ白帝城によかミカンが突撃

関連記事:【よかミカン紀行】甘寧がブイブイいわせてた重慶ってこんな街!

 

日本古代史を分かりやすく解説「邪馬台国入門

 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 魏王の曹操 権力に執着した曹操が魏王になるまでに荀彧と荀攸との間に亀裂が生じ…
  2. 山頂に陣を敷いた馬謖 戦犯・馬謖!もしも街亭の戦いをラーメン店に例えたらこうなりました…
  3. 衝撃の真実!なんと韓遂は、劉備に降ろうとしていた
  4. 華雄と呂布 華雄は関羽のかませドッグだった!?
  5. 曹操丞相えらいねんで! 宰相とはどんな役職なの?古代中国から清の時代まで続いた役職・宰相…
  6. 戦死 霊柩車 槥 三国志時代では戦死した遺体はどうしてたの?亡骸を運んだ霊柩車 槥…
  7. 袁術をからかう呂布 呂布を文官として使ってみたら?小国の君主が過酷な三国時代を生きの…
  8. 魏延 周泰と魏延ってどっちが強いの!?呉と蜀の英雄を比較してみた

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 株式会社三国志で働く劉備と孔明
  2. 周瑜
  3. 騎馬兵にあこがれる歩兵
  4. 織田信長
  5. 賈詡
  6. 孔明

おすすめ記事

  1. 吉田松陰の弟子と松下村塾の教育方針を紹介
  2. 曹沖(そうちゅう)とはどんな人?曹操が最も愛した幻の皇帝 曹沖
  3. 女真族は強かったの?条約の裏に隠された完顔阿骨打の頭脳プレイとは? 女真族は辮髪
  4. 本多忠勝と島津義弘のどちらが強い?最強武将対決 薩摩藩の島津義弘
  5. 篤姫の本当の魅力って?後世にも評価される生き方を考えよう! お酒が強い篤姫
  6. 毛利家に敗北して浪人となった山中鹿之助の修行

三國志雑学

  1. 諸葛瑾と幼い頃の孔明
  2. 周瑜と孫策
  3. 呉民衆の意見に耳を傾ける顧雍(こよう)
  4. 孟獲キャッチコピー
  5. 兵士 朝まで三国志


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 劉備
  2. 楊奉
  3. キングダム54巻amazon
  4. 袁家をイジメる董卓

おすすめ記事

蜀の劉備 夷陵の戦いで勝つには?呉に対してどうするべきだったのか? 新制度導入はこんなに大変!胡服騎射を導入するために苦労を重ねた武霊王 【第四回 放置少女】伏龍参戦の新イベントと公孫瓚に挑んでくるぜ!! 袁術が皇帝になることを辞めさせようとする閻象 閻象とはどんな人?袁術の暴挙を止めようとした恐れを知らない人物 策士・参謀・軍師の役割の違いって何? 始皇帝 始皇帝はどんな人?不老不死を求めた中国史上初の皇帝の人生を解説 あまりにも短命すぎた後漢の皇帝達14選 合肥の戦いの満寵 村上義清(むらかみよしきよ)とはどんな人?武田家キラーとしてその名を馳せた戦国武将

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP