東京国立博物館の特別展「始皇帝と大兵馬俑」を楽しむ!秦の時代の武器(兵器)を徹底紹介!

photo credit: Warrior via photopin (license)

photo credit: Warrior via photopin (license)

 

現在、東京国立博物館でも展示中の「始皇帝と大兵馬俑」

 

8000体という等身大の兵士や馬、それに160輌の戦車が埋められた

兵馬俑は圧巻の迫力を持っています。

 

兵馬俑 kawauso

 

もちろん、リアル志向の始皇帝は土で造った兵士達に丸腰ではなく

様々な武器を持たせて立っていました。

 

その武器の総数は4万とも言われますが、地下の兵士達の腕を飾った

秦の時代の武器とはどのようなものだったのでしょうか?

 

 

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

 

 [adsense]

始皇帝の時代の武器 ① 鉾(ほこ)

鉾とは秦の時代にもっとも一般的だった武器で、突くという機能を持ちます。

突くという機能自体は槍にもありますが、鉾は中が中空でそこに木の柄を

差し込むようになっているのが槍とは違います。

 

※槍は反対に、金属の穂先を木製の柄に差し込む形になっています。

 

 [adsense]

始皇帝の時代の武器 ② 鈹(ひ・ながほこ)

鈹とは剣に似ている長さ30センチの武器ですが

その根元に木の柄を差し込むのが剣とは違います。

武器の部分の長さばかりではなく、柄も長く4m近くありますから

全体では4m30センチという事になります。

 

誰が、こんな長い武器を振りまわしていたのでしょうか?

その剛力ぶりが偲ばれます。

 

始皇帝の時代の武器 ③戟(げき)

呂布 三国志

 

戟は方天画戟(ほうてんかげき)という呂布(りょふ)の得物としても

名前が残っています。

武器の形は、T字をしていて柄も長く遠心力を利用して敵に打ちおろします。

破壊力抜群ですが、柄が長く重く、扱うのは技術が必要です。

 

関連記事:1800年前に呂布がビーフバーガーを食べていた?気になる漢時代の食生活

関連記事:人を信じられなかった豪傑呂布、戦場に散る

関連記事:6人の英傑を裏切り最後を迎えた呂布

 

始皇帝の時代の武器 ④殳 (しゅ・つえぼこ)

竹竿の先に8本のささらを束ねて造る武器とありますが具体的な形は不明

槍の一種のようで、先端の金属部分が発掘されています。

使い方としては、兵車の上から、下の敵兵をなぎ払うのに使用したようです。

 

【次のページに続きます】

 

 [adsense] 

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 旅馬 三国志
  2. 塩が途切れて白旗を挙げるイギリス海軍の帆船
  3. 蜀の劉琦

    デザイン担当:よりぶりん

    72話:劉琦の恩返し、劉備江夏城へ入る

    曹操(そうそう)の50万の大軍に押され、…

  4. 袁術と孫策

    デザイン担当:よりぶりん

    孫策を自分の息子にしたいと思っていた袁術

    孫堅(そんけん)の子の孫策(そんさく)が、父の死後、袁…

  5. 曹操 詩

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP