はじめての列子
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

西郷どん

徳川慶喜の逸話を紹介!先生が教えない最後の将軍の素顔

酒乱の徳川慶喜




 

徳川慶喜(とくがわ よしのぶ)と言えば、ほとんどの人が歴史の授業で大政奉還をした最後の将軍と勉強したと思います。

大政奉還(たいせいほうかん)後の徳川慶喜と言えばどのような人ですかと質問されると、

潤沢な隠居資金で趣味に没頭していた人と答えられる人はほとんどいないと思います。

学校の教科書は歴史の表舞台に登場する人のみ取り上げるので、

隠居した人や趣味に没頭した人についてはほとんど取り上げられません。

学校や予備校の授業において、雑学で聞いた人がある人ならいるかもしれませんが、

あまり時間を取らないと思います。

ここでは、大政奉還後の徳川慶喜を中心に学校や予備校で

ほとんど教えない最後の将軍について取り上げます。

最初に、幼少期のエピソードを紹介します。

それから酒にまつわるエピソード、趣味の話、女性関係に関するエピソードを取り上げます。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:徳川慶喜とはどんな人?英雄・ヘタレ徳川最後の将軍に迫る

関連記事:徳川慶喜の墓はどこにあるの?谷中霊園の行き方とアクセス方法

 

 

徳川慶喜のプロフィール

 

1837年10月28日に水戸藩で生まれました。

父は水戸藩主の徳川斉昭(とくがわ なりあき)で、母は吉子女王(よしこじょおう)です。

吉子女王は皇族の有栖川宮家の出身で、

徳川御三家の中で水戸藩は天皇家との結びつきが強い環境のもとで育ちました。

14代将軍家茂の補佐役として将軍後見職に就任してから15代将軍に就任しました。

15代将軍になると1年足らずで政権を朝廷に返上し、

以降謹慎生活をして朝廷に恭順の意思を示しました。

この謹慎の態度が評価され、徳川宗家が残ることになり、家督を譲ります。

家督を譲ってから静岡で20年間の隠居生活を始めます。

東京に戻り、貴族院議員を務めますが、引退後は隠居生活を再開しました。

1913年に77歳で死去しました。

 

激動の幕末維新を分かりやすく解説「はじめての幕末

 

徳川慶喜の幼少期のエピソード

 

徳川慶喜は寝相が悪いという問題がありました。

父斉昭は寝相の悪さを改善するために枕の両側や体の四隅にかみそりの刃を立てていました。

この習慣を続けることで寝相は良くなったそうですが、

成人してからも就寝中の緊張感を保つために刃を立てていたという記録が残っています。

 

徳川慶喜の将軍時代のエピソード

 

徳川慶喜は14代将軍家茂の死去後、将軍就任を固辞しましたが、

当時の孝明天皇の指名により将軍に就任しました。

江戸幕府の将軍はほとんど江戸城にいますが、

慶喜の場合、将軍に就任してから大政奉還までの間、江戸城に入らず、二条城にいました。

これまでの将軍とは異なる点です。

徳川慶喜は将軍になると何をしようとしていたのか。

朝廷を中心とした新しい政権を模索していたと言われています。

当時の朝廷には政治経験がなかったことから徳川慶喜自らが政権の中心となることを模索していました。

短い将軍の間に、横須賀では製鉄所や造船所の建設、

幕臣の海外留学など西洋の文化を積極的に取り入れようとしていた記録が残っています。

学校や予備校の授業では、製鉄所や造船所の建設は取り上げられますが、

幕臣の海外留学はほとんど取り上げられません。

徳川慶喜は鳥羽伏見の戦いで悪い評価をする人がいるかもしれませんが、

将軍の短い間に改革を推し進めた人という見方ができるかもしれません。

 

徳川慶喜の酒にまつわるエピソード

 

徳川慶喜は酒にまつわるエピソードもあります。

実際に、土佐藩士の雑記の中に慶喜の酒にまつわるエピソードが発見されたようです。

ここではその史料を紹介します。

酒にまつわるエピソードが載っているのは、

土佐藩士の樋口真吉が中岡慎太郎の書状から書き写したとみられる雑記です。

その雑記によると、茶わん5杯の酒を飲んで当時の親王を一喝しました。

当時の朝廷と幕府の政治の折衝の様子が分かる貴重な史料として注目されています。

 

徳川慶喜の隠居後のエピソード

 

徳川慶喜は静岡での謹慎生活が解かれ、潤沢な資金を元手に趣味に没頭しましたが、

上手いというわけではなかったようです。

 

『徳川慶喜は静岡で余生を過ごした!―知られざる逸話とゆかりの地を紹介―』で取り上げていますが、

鉄道の写真を撮っていたことから撮り鉄の元祖ではないかと思われます。

写真雑誌に写真を投稿していました。

様々な作品を投稿していましたが、評価は散々だったようです。

トリビアの泉で大政奉還後の隠居生活で撮った写真が紹介されていましたが、

プロカメラマンの加納典明氏が写真としてダメと酷評でした。

自転車について取り上げます。

当時、自転車は西洋から輸入された珍しい乗り物でした。

慶喜は自転車が好きで乗り回していたようですが、あまり上手とは言えず、

溝に落ちたり、壁に激突したりしていたという記録が残っています。

下手であるため家臣が慶喜についてきたというエピソードが残っています。

 

徳川慶喜の女性関係のエピソード

 

徳川慶喜は将軍後見職として将軍を補佐するようになると、

暗殺を恐れて妾2人を川の字かYの字の形に寝かせていました。

刺客が来たときに早く気付けるようにしたようです。

隠居後も妾の女性と同居していました。

妾同士が仲良しだったことや子供と分け隔てなく接していたという記録が残っています。

妾の子どもだけでなく、静岡の近所の子どもとも仲良く過ごしていたことから地元の人から

「ケイキ様」と慕われていました。

 

最後に:徳川慶喜の人柄が分かるエピソード

 

今回は徳川慶喜の逸話を紹介しました。

徳川慶喜と言えば最後の将軍とか鳥羽伏見の戦いで会津藩を見捨てた人など悪い評価がほとんどですが、

4の酒にまつわるエピソードで取り上げた内容は、

酒乱ではあるものの本気で政治改革を迫る姿勢が見られたと思います。

隠居後のエピソードでは、徳川慶喜が人々から尊敬されたり、

「ケイキ様」と慕われたりしていたことから人柄が分かるかもしれません。

徳川慶喜の逸話を通して見方が変わればと思います。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜の身長は何センチあったの?

関連記事:徳川慶喜ってどんな人!?評価が定まらない最後の将軍

 

愛と勇気で時代を切り開いた西郷どんを100倍楽しむ

関連記事

  1. 大政奉還した徳川慶喜 徳川慶喜の大政奉還は日本国大統領の布石だった!?
  2. 前原一誠は超がつく真面目人間だった!
  3. 藤田東湖が「せごどん」を生み出した?水戸学のカリスマの生涯
  4. 幕末 帝国議会 【伊藤博文のイギリス】英語が出来たから総理大臣になれたってホント…
  5. 小栗忠順とレオンロッシュ。フランスが幕府を支援していた理由は?
  6. 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組 近藤勇の池田屋事件での活躍とは?
  7. どうして一橋慶喜と島津久光の仲は悪くなった?
  8. プチャーチンと川路聖謨二人の外交官の友情と打算

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 周瑜 周郎
  2. 冒頓単于と劉邦
  3. 明智光秀と煕子(麒麟がくる)

おすすめ記事

  1. ゴールデンカムイネタバレ予想 125話『実りの季節』
  2. 【感想・ネタバレ】劉備徳子は静かに暮らしたい 1巻 三国志の武将たちが現代の高校生に転生!?
  3. 三国志の時代にも可愛い巫女が存在した!?李傕や劉禅もハマった巫女事情
  4. 山県昌景(やまがたまさかげ)とはどんな人?武田家四名臣の一人・赤備えを率いた戦国武将
  5. 小松帯刀、西郷どんでの役割について考えてみよう! 小松帯刀
  6. 【マニアック向け三国志】捕まったことで運命の君主と出会った王朗(おうろう)

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 王莽

おすすめ記事

ホウ徳 魏の夏侯惇・許褚・龐徳の息子達は優秀だった?気になる将軍たちの息子事情 アンゴルモア 元寇合戦記ネタバレ 第29話 高麗がモンゴルと組んだ理由 【キングダム】かわいいと話題の楊端和(ようたんわ)の強さは異常!男を惑わす小悪魔に迫る! 劉備の養子・劉封(りゅうほう)はなぜ殺されねばならなかったの? 新選組の土方歳三 土方歳三、新選組副長の刀はどんなモノ? 【はじめてのセンゴク】毛利家の暗躍と荒木村重の反乱 47話:曹操軍、新兵器 発石車で石弓隊を撃破! キングダム53巻 キングダム594話最新ネタバレ「楔」レビュー

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP