よかミカンの三国志入門
三顧の礼




はじめての三国志

menu

西郷どん

橋本左内の啓発録は将来の自分へ書いた「~手紙拝啓十五の君へ~」だった

この記事の所要時間: 46

 

 

 

幕末時代、井伊直弼(いいなおすけ)の行った安政の大獄(あんせいのたいごく)

残材となった越前藩の天才、英傑と呼ばれた橋本佐内(はしもとさない

亡くなったのは26歳のときでした。

橋本佐内は15歳のときに「啓発録(けいはつろく)」という決意書のようなものを書いています。

15歳といえば、現代では丁度高校受験生。

中学校を卒業する年齢でもありますね。

そして卒業といえば卒業式の定番ソングとなったアンジェラ・アキの

「手紙 〜拝啓 十五の君へ〜」が有名ですよね。

実は、橋本佐内の「啓発録」はまさに幕末の「手紙 〜拝啓 十五の君へ〜」

ともいうべきものでした。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:橋本左内には写真が存在するの?

関連記事:橋本左内とはどんな人?西郷どんが生涯尊敬した越前の天才

 

 

橋本左内が15歳で書いた啓発録どんな事が書いてある?

 

橋本佐内が15歳のときに書いた「啓発録」は「自分はこう生きるのだ」と

言う志を書いたものです。

 

世の中には「中二病」というものがあり、このあたりの年代では自意識が過剰になって

「黒歴史」になりかねない何かを書いてしまうこともあります。

橋本佐内の「啓発録」も幾分その気が有るのか無いのか。

まずは、「啓発録」に記された内容を見ていきましょう。

その言葉は福井県福井市の佐内公園内に設置されたモニュメントに刻まれ、

福井市内の小中学校の読本になっています。

 

一.稚心(ちしん)を去る

一.氣を振う

一.志を立てる

一.学に務める

一.交友を選ぶ

 

この五つが自分自身のために大切な事であるとしました。

15歳の年齢でこの志を立て、それぞれ詳細も書いています。

橋本佐内は「啓発録」でこのような人間にならねばならぬと決意したわけです。

 

表題だけ見るとさほどのことはありませんが、

例えば「稚心を去る」では15歳の少年が「源平の時代」に思いを馳せ

「15歳で武士となり戦うことのできぬ奴は腰抜けではないか?」

というような読み方次第では「気負い過ぎ」と感じるものもあります。

 

「天下の大豪傑」という言葉もでてきます。

自分に対する要求水準が高すぎではないでしょうか。

 

 

衝撃!本当の啓発録はかなりゴーマンかましていた?

 

橋本佐内は「啓発録」の詳細は当時の武士に対しかなり辛辣なことも書かれています。

まさに「ゴーマンかましてよかですか?」レベルの尖った内容です。

「氣を振う」と言う志の詳細では、当時の武士に対しボロクソな批判を浴びせます。

 

侍は「士気」をもっているから、他の者が尊敬し、

敬意を払うのであり二本差しで武装しているからではないと断じます。

そして、橋本佐内は当時の侍を女遊びはするわ、銭勘定ばかりで、

しかも権力者にすり寄って、己の「士気」を磨くことをしないというのです。

15歳の橋本佐内はこのような腐った侍ではない本物の侍を目指すという志を

「啓発録」で記したのです。

 

【西洋文明に遭遇した日本の開国秘話に迫る!】
こんにちは西洋

 

啓発録意外!啓発録はアンジェラ・アキの「手紙~拝啓十五の君へ~」だった

 

橋本佐内は15歳で「啓発録」を記し5つの志を立てました。

そして偶然にも24歳の橋本佐内がそれを発見します。

橋本佐内が24歳で「啓発録」を読んだときの感想も今に残っています。

橋本佐内は15歳で書いた「啓発録」の内容をやはり「浅薄(せんぱく)さ」と断じます。

 

※浅薄:考えが浅く深く考えていない

 

しかし24歳と橋本佐内は15歳の橋本佐内の言葉を受けとり、

今の自分よりも反抗性、気概は上ではないかと思うと書き記しました。

そして「啓発録」を友人、弟子に見せ当時の自分の気持ちがこうであったと示すのです。

 

さらに、24歳の橋本佐内は10年前の15歳の橋本佐内に語りかけるかのような文を残しています。

まさにアンジェラ・アキの「手紙~拝啓十五の君へ~」にような状況ですね。

 

啓発録で自分で自分を啓発した橋本左内

 

「啓発録」はかなり強烈な言葉で書かれた「自己啓発書」です。

言葉が強烈で、他者に対する批判も強く、自分の目指す高みは異常なまで高いのです。

天下の大豪傑を目指すつもりであるようにしか読み取れません。

しかし、それは15歳の橋本佐内の弱さや迷いが生み出したものです。

 

15歳のときから、彼が傑物で何の迷いも弱さもなくそれ故に

「啓発録」という志を立てたわけではありません。

むしろ、逆なのです。

 

当時15歳の橋本佐内は自分の弱さに悩み苦しみ、そのあがきの中で「啓発録」を書き、

志を刻み込むことで、己自身を啓発しようとしたのです。

彼は「啓発録」を書く以前の自分のダメさ加減を後に周囲に語っています。

己のダメさに何度も枕を濡らしたと語っているのです。

15歳の橋本佐内は、情けないダメな自分を啓発するために、

尖った強烈な志を打ち立てる「啓発録」を書いたのでしょう。

 

啓発録の最期に書かれた左内の言葉にグッと来る

 

24歳の橋本佐内は15歳のときの自分の書いた「啓発録」を読み、

最後に印象的な言葉を書き記しています。

今から10年後に、15歳の橋本佐内の書いた「啓発録」対し赤面せぬ人物になれば幸いであると――

彼はそう書いたのです。24歳の橋本佐内から見ての10年後です。

 

しかし、その10年後は永遠にやってくることはありませんでした。

雄藩連合(ゆうはんれんごう)を目指し、幕政に深く関わりすぎた橋本佐内は、

大老となった井伊直弼に目を付けられます。

井伊直弼と橋本佐内は次期将軍の擁立問題で意見が対立していました。

そして、井伊直弼は幕府の権威を回復させるため、

幕政や将軍後継問題に口を出した者たちの処罰を始めます。

それが安政の大獄です。

その弾圧の対象は大名にまで及びます。

 

橋本佐内を側近として重用した福井藩主の松平春嶽(まつだいらしゅんがく)にまで弾圧は及ぶのです。

そして、24歳の橋本佐内の10年後はやってくることはなかったのです。

橋本佐内は安政の大獄により斬首となります。

彼が15歳で書いた「啓発録」を見つけ読んだ2年後――

26歳ときでした。

 

今でも立志式で学ばれる啓発録の精神

 

福井県内は中学校で「立志式」と呼ばれる式典が実施されます。

侍の元服にちなみ数え年の15歳で福井県内の中学生は「立志式」を体験します。

このときに、福井県内の中学生は橋本佐内の「啓発録」を学ぶのです。

「啓発録」の読本も作られています。

橋本佐内が15歳で記した「啓発録」の5つの志は、福井県の中学生の中に引きつがれています。

 

また、福井県福井市の佐内公園内には「啓発録」の5か条が刻まれた石碑が建っています。

幕末の英傑のひとりであり、志半ばで刑死した橋本佐内――

しかし、その15歳のときの思いはまだ現代に引き継がれています。

 

幕末ライター夜食の独り言

 

橋本佐内は15歳のときに書いた「啓発録」の言葉を26歳のとき読み、

それに恥じない人物になっているかと10年後の自分に思いを馳せます。

その点だけで、やはり橋本佐内が凄い人物ではないかと思います。

 

実際、中学校の文集ですら、大人になってから読むのは精神的にキツイ「黒歴史」と

なっている人が多いのではないかと思います。

それは、15歳のときに持っていた熱い思いに対し、

今の自分が後ろめたいというところもあるかもしれませんし、

橋本佐内と同じく15歳の自分の「浅薄さ」を感じるのかもしれません。

 

ただ、15歳のときに感じた思いは、誰であれその時感じたリアルであって、

時を経てその思いが変質してしまったとしても、

一度真正面から向き合ってみる価値があるのかもしれません。

それは、逆に今の自分をはっきりと浮き上がらせることになるかもしれないのです。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:島津斉興はどんな人?祖父への憎しみを子にぶつけた頑固で有能な藩主

関連記事:徳川慶喜は静岡で余生を過ごした?知られざる逸話とゆかりの地を紹介

 

【攘夷魂!テロに走ったサムライ達】
俺達尊攘派

 

夜食

夜食

投稿者の記事一覧

歴史大好き。特に江戸時代から幕末、太平洋戦争にかけては好きすぎるくらいです。戦史が好きですので、時代を超えて「戦いの歴史」が好きという者です。よろしくお願いします!!

好きな歴史人物:田沼意次

何か一言:歴史小説もWEBで公開しています。

関連記事

  1. 【西郷どん】実は大久保利通は囲碁が下手だった?
  2. 江藤新平と佐賀の乱について語り佐賀を観光しよう!
  3. 島津斉彬は辞世の句を残しているの?
  4. もし大政奉還が成功していたら日本はどうなった?
  5. 島津斉彬と天璋院篤姫は実際どんな関係だったの?
  6. 篤姫の本当の魅力って?後世にも評価される生き方を考えよう!
  7. 有馬新七の壮絶な最期についてもっと知ろう!
  8. 島津斉彬の急死は暗殺だったの?弟の久光が黒幕?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 鄧芝(とうし)ってどんな人?|敵国孫権に愛された蜀の名使者
  2. くまモンだけじゃない!三国志の時代にもあった着ぐるみ
  3. 偽撃転殺の計VS虚誘掩殺の計
  4. 皇甫嵩(こうほすう)とはどんな人?後漢最後の名将と言われた将軍
  5. どうやったら郭嘉は長生きできたの?過労死で亡くなった天才軍師を救う方法を考えてみる
  6. 楊貴妃と玄宗が愛を育んだ温泉地華清池によかミカンが行ってみた

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

司馬懿討伐をもくろんだ王陵の反乱はなぜ失敗に終わったの? 【衝撃の事実】赤壁の戦いに色をつける!袁術の音楽隊が大活躍していた!? 【荀彧の日記念】荀彧の妻は宦官の娘?曹操とのシンクロが半端ない kawauso編集長のぼやきVol.28「ラヂオの時間」 桓騎(かんき)だけではない古今東西の残虐な戦術 長州藩はどうしてああなってしまったのか?3つの理由 袁術が天下を統一するためにみんなで考えよう【第1回】 豊臣秀吉亡き後の天才軍師・黒田官兵衛の決断

おすすめ記事

  1. 【徹底解析】天下統一するはずだったのは蜀だった?
  2. 【マニアック読解】諸葛亮が倒れた場所は床かベッドか
  3. 三国志に出てくる鮮卑族ってどんな民族?
  4. 【魏の五虎将】俺たちだって五虎将だ!張遼編
  5. 曹操の塩対応に張松ブチ切れ!曹操が冷たく扱ったのは傲慢ではなく驚くべき理由が隠されていた!
  6. 【感謝】シミルボンにて総合ランキング1位を「はじめての三国志」が獲得しました!
  7. 豊臣秀吉の天下統一に向けて「四国征伐」が開戦!どんな戦いになったの?
  8. 九州制覇へ向けて驀進するぜ!島津家棟梁・島津義久の九州制覇戦

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP