ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
Youtube


はじめての三国志

menu

西郷どん

【西郷どん】さらば斉彬!幻の上洛計画に迫る


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

島津斉彬

 

4月22日の西郷どん、15話では物語を引っ張ってきた島津斉彬(しまづなりあきら)が急死します。

はじめての三国志では、島津斉彬について、様々に解説してきましたが、

その総決算として、成功すれば10年早く明治維新を迎えるかも知れなかった

島津斉彬幻の上洛計画を紹介します。

幕末の牽引者、島津斉彬の上洛計画はどんなものだったのでしょう。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:島津斉彬の性格のダークサイドを紹介!贋金作りで軍資金を造る裏斉彬

関連記事:島津斉彬は日本最初のカメラ小僧だった!幕末カメラ事情


将軍後継者は慶福に決定、もはやこれまでと決意した斉彬

 

島津斉彬の政治構想は、雄藩連合(ゆうはんれんごう)というものでした。

江戸開府以来、一握りの譜代大名(ふだいだいみょう)(井伊、酒井、水野等)に握られた政治を

天皇の下に返還する事で、徳川のみならず力がある雄藩が政治に関わり、

西洋帝国主義に対処していこうという大きな大義があるものです。

徳川慶喜

 

斉彬は、この考えを穏便(おんびん)に実行する為に、尊王(そんのう)の藩であった水戸出身の

一橋慶喜(ひとつばしよしのぶ)を14代将軍に据え、その功績を元にして、譜代の独占物だった

幕府の政治を諸大名にまで解放しようと考えたのでした。

 

しかし、構想は頓挫しました、一つは保守的な大奥が血縁を重視して、

12歳の紀州藩主、徳川慶福(とくがわよしとみ)を養子に望んだ事であり、もう一つは一橋慶喜

実父である徳川斉昭(とくがわなりあき)が、セクハラとパワハラで大奥の評判が最悪という事でした。

頼みの綱であった盟友のイケメン老中、阿部正弘(あべまさひろ)も病気で急死していて

後任の大老には、譜代大名筆頭の井伊直弼(いいなおすけ)が立っていました。

井伊直弼

 

井伊は独断で天皇の許可を得られないまま日米修好通商条約を締結し

これに抗議して登城した水戸派の大名に謹慎処分(きんしんしょぶん)を食らわします。

もはや穏便な幕府改革は不可能と斉彬は判断、武力を背景にした

もう一つの幕政改革案を密かに決意します。


琉球使節の江戸上りを利用し軍勢を京都に結集させる

(画像:琉球江戸上りWikipedia)

 

斉彬公史料によると、この時に島津斉彬は家臣に対して、

 

「一大策アリ、三四千ノ兵ヲ引テ上洛イ夕シ後幕府ニ其意ヲ堅フシテ

勅詫ヲ以テ処分スルノ心得」と語ったと言います。

 

つまり、3~4千人の兵を率いて京都に上洛し天皇を擁した上で

幕府に対して譴責(けんせき)(ちょく)を出させて強圧的に幕政改革を迫るというのです。

また、「安政紀事紗」では、斉彬が井伊直弼が独裁によって

親藩の大名を幽閉した事に触れ、井伊大老は本気で尊王派を撲滅(ぼくめつ)する気であり

もう文字の上でどうこうする事態ではないと断定した事が書かれています。

キレる井伊直弼

 

戊午の密勅(ぼごのみっちょく)以後の井伊大老の弾圧ぶりを見ると、

斉彬の洞察力は井伊大老の内心を(えぐ)っている事が分かります。

島津斉彬は武力衝突を恐れない、恐ろしく行動的な大名だったのです。

 

そして、13代将軍の就任を祝う琉球使節の江戸上りの行列にかこつけ

その護衛の為として、

「小銃の近代式のものを二千丁、野戦砲も十門、蒸気船を一二隻」

長崎で都合するようにと命じているというのです。

 

愛と勇気で時代を切り開いた西郷どんを100倍楽しむ
西郷どん

 

琉球使節のコースを変更して京都に滞在させる予定だった斉彬

天皇のシルエット

 

それまで、琉球使節の江戸上りは、東海道を通り京都は素通りでしたが

斉彬が一八五八年に作成した計画では、京都に滞在する事になっています。

琉球使節の江戸上りを武力上洛の隠れ(みの)にしようとしていたのです。

 

また、一八五七年、五月、斉彬は薩摩に帰る途中に京都に立ち寄り、

左大臣、近衛忠煕(このえただひろ)邸で、三条実万(さんじょうさねつむ)中山忠能(なかやまただよし)らの公家と密談していて、

兵庫開港と、大坂開市における不測の事態が起きた場合に関する、

御所の護衛について意見を取り交わしていますが、

その際に琉球使節を京都に滞在させる計画も手配されたようです。

 

つまり、斉彬は思い付きで上洛計画を立てたのではなく、

井伊直弼が大老に就任する前から、もう一つの幕政改革計画について

周到に根回しをしていたのです。

 

この二重、三重の根回しこそが島津斉彬の(すご)みであり、

一度、兵を発してしまえば江戸上りを隠れ蓑にした薩摩藩兵は、

容易(たやす)く京都に到着してしまったでしょう。


島津斉彬の武力上京は成功したのか?

島津斉彬

 

では、島津斉彬の武力上洛は成功したのでしょうか?

kawausoは成功した可能性はかなり高いと考えています。

 

それというのも、当時の幕府は諸大名の意見をまとめる事も出来ず

グロッキー寸前に追い込まれていたからです。

 

アメリカ総領事として日米修好通商条約(にちべいしゅうこうつうしょうじょうやく)の締結に功績のあった

タウンゼントハリスの「日本滞在記」には、幕府外交官の井上清直(いのうえなおきよ)の言葉として

十八ある雄藩の中で幕府の政治に従っているのは、僅か四藩に過ぎない事、

そして、中小の潘でも幕府に従うのは三割程で、後の七割は反対であると書いています。

だからこそ、井上清直はハリスに天皇の勅許(ちょっきょ)が必要だとしたのでしょう。

 

斉彬が藩兵三、四千人と蒸気船12隻を率いて京都を取ってしまえば

孝明天皇が攘夷である事を考えても

幕府が軍を起こして斉彬を討伐するのは、まず不可能であり

決行したとしても、周辺の諸藩は幕府に味方しなかったでしょう。

ショックを受ける孝明天皇

 

また、孝明天皇は倒幕には反対ですが、幕府の独裁には不安がありました。

西郷どんは、当時、斉彬のプランで奔走し薩摩藩兵を率いて彦根城を攻め落とし

井伊が隠居せざるを得ないように持っていこうとしていたようです。

 

斉彬の意図が倒幕ではなく、大老井伊直弼の処分である以上は、

幕府は追い詰められたわけではなく、井伊を処分すれば話は済むので

朝廷の命令を受け入れた可能性は高いでしょう。

 

こうして、文久の改革を待たず井伊直弼は失脚し島津久光(しまづひさみつ)が藩兵七百名を率いて

京都にやってくる五年前に幕政改革は実現していたと考えます。


  

 

幕末ライターkawausoの独り言

kawauso

 

ここまで具体的に上洛計画を立てていた以上、隠居した島津斉興(しまづなりおき)が、

斉彬を本気で毒殺しようとした可能性は高いように思えます。

計画を察知していたとはいえ、全てを把握していない斉興は、

失敗すれば藩が滅亡する上洛計画を本気で阻止したかったでしょう。

斉彬の上洛計画は、同時に自身の暗殺を招いたのです。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:島津斉彬(しまづなりあきら)はどんな人?西郷隆盛と大久保利通を育てた名君

関連記事:島津斉興はどんな人?祖父への憎しみを子にぶつけた頑固で有能な藩主

 

【あなたの知らない新選組の姿がここにある!】
新選組


 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 大久保利通と麻生太郎は血縁だった?家系図から読み取る意外な関係性…
  2. 西郷隆盛は大家族!幕末ビッグダディを解説
  3. 幕末 大砲発射 河井継之助とはどんな人?近代日本を進めた改革者
  4. 江戸城オフィスを大公開!大名の争いは部屋取りゲーム?
  5. 幕末 西郷糸子 西郷糸子はどんな人?西郷どんの3番目の妻は冗談好きのしっかり者
  6. 阿部正弘 阿部正弘の墓はどこにある?イケメン老中の眠る谷中墓地を紹介
  7. 徳川家茂の家系図はすごい?朝廷との融和を実現した家茂の功績とは?…
  8. 【伊達宗城と宇和島藩】10万石の小藩が持ちえた熱意と行動力とは?…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “読者の声" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"
“はじめての三国志読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 于禁
  2. 虎士(黒豹)
  3. 明智光秀が剣を持って戦っているシーン
  4. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  5. ダムが完成した蜀
  6. 殺害される姜維と鍾会
  7. 殷の大様
“ぐっすり眠ってならが三国志"

おすすめ記事

蜀の厳顔 【衝撃の事実】厳顔は老将なんかじゃなかった!? 関羽 【9月の見どころ】9/23公開予定:【三国志平話】関羽が昔の恩義で 曹操を見逃す名シーンがない!? 寧宗 寧宗とはどんな人?南宋4代目皇帝の波乱万丈の生涯 三国志平話 『三国志演義』の原典?『三国志平話』とは? 羌族 三国志に出てくる羌族ってどんな民族? 吉田松陰 吉田松陰の「草莽崛起論」とはどんなもの?分かりやすく解説 【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 Part.2 楊脩(ようしゅう) 楊脩の性格は『三国志演義』と正史では全然違う?性格を考察してみた

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “はじめての三国志企画特集" “つながるはじめての三国志" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
“歯痛の歴史"
“三国志読み放題サービス"
まだ漢王朝で消耗してるの?
君主論
ビジネス三国志
ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“はじめての三国志Youtubeチャンネル"

“ながら三国志音声コンテンツver2"
PAGE TOP