広告

近藤勇の墓は?新選組局長の最期の地をめぐる

2018年4月30日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

新選組の土方歳三

 

2004年に大河ドラマ『新選組!』が放送されました。2004年の大河ドラマは主人公の近藤勇(こんどう いさみ)が処刑されるところで終わりました。その後、2006年1月に『新選組!! 土方歳三(ひじかた としぞう) 最期の一日』が放送されました。大河ドラマ以外でも新選組に関するドラマは放送されていて、歴史ファンの間で人気があります。今回の記事では、近藤勇の略歴とゆかりの地について取り上げます。

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



近藤勇とは

近藤勇

 

近藤勇は1834年に現在の東京都調布市に生まれました。百姓の宮川家の3男として生まれ、勝五郎(かつごろう)と名乗っていました。幼馴染に新選組の副隊長となる土方歳三がいます。大河ドラマ『新選組!』で、近藤勇のことを「かっちゃん」と言っているのは、かつては勝五郎と名乗っていたからです。天然理心流剣術道場・試衛場に入門し、剣術の腕を磨きます。その後、近藤家の養子となり、近藤勇と名乗りました

 

 

 

近藤は14代将軍徳川家茂(とくがわ いえもち)を警護する浪士組を募集していることを知ります。浪士組には近藤勇を含む試衛館8人が応募しました。浪士組は新選組の前身とされています。近藤勇らが率いる新選組は、会津藩松平容保(まつだいら かたもり)のもとで、京都の討幕派の動きを取り締まる役割を果たします。新選組は長州藩が集まっていた池田屋を急襲したことで有名になりました

 

 

近藤勇の最期

 

新選組は大政奉還後、戊辰戦争で旧幕府軍とともに戦います。戊辰戦争の最初の戦争である鳥羽伏見の戦いでは、近藤勇は前年に京都で右肩を負傷したため参加していません。

 

 

 

鳥羽伏見の戦い後、徳川慶喜(とくがわ よしのぶ)の後の船で大坂城から江戸城に向かいました。新選組は甲州勝沼の戦いで敗れ、近藤勇は捕らわれて処刑されました。近藤勇を尋問したのは土佐藩の香川敬三(かがわ けいぞう)らで、京都で苦しめられたことに対する報復として処刑することになりました。

 

関連記事:関羽に憧れていた新選組局長の近藤勇

関連記事:新選組は誤解だらけ!本当はこんな組織だ!

 

新選組

 

 

会津ゆかりの地

斎藤一 新選組

 

近藤勇は処刑されました。京都の三条河原で首がさらされたという記録が残っていますが、その後行方不明になっています。新選組の斎藤一(さいとう はじめ)が奪い返したともいわれています。では近藤の墓はどこにあるのか。それは会津に近藤勇の墓があります。会津藩の藩主は松平容保で、新選組は会津藩のもとで働いていたので接点があります。

 

1422年、会津の大名蘆名盛信(あしな もりのぶ)によって天寧寺が建立されましたが、のちに伊達氏(だて し)の侵攻によりわずかに残りました。その裏手に、近藤勇の墓があります。土方歳三が遺髪などを持って来て、仮埋葬しました。現在、近藤勇の墓として残っています。

 

 

東京都内のゆかりの地

 

近藤勇の墓は会津以外では、東京都内で2か所かあります。東京都北区滝野川にある寿徳寺は近藤の胴体を埋葬したと言われています。

 

永倉新八(新選組)

 

この近藤の墓地は1876年に新選組の隊士だった永倉新八(ながくら しんぱち)が発起人となり建てられました。近藤以外の土方歳三や他の隊士の墓も寿徳寺にあります。アクセスはJR板橋駅の近くにあります。もう1カ所は東京都の三鷹市にある龍源寺です。近藤勇の生家は調布市にありましたが、飛行場で飛行機の接触の恐れがあったため昭和18年に取り壊され別の場所に移転したようです。近藤勇の甥の近藤勇五郎(こんどう ゆうごろう)が遺体を引き取って埋葬しました。龍源寺には近藤勇の銅像と近藤家と近藤勇の生家の宮川家の墓があります。アクセスは西武鉄道多摩線の多摩駅から徒歩10分の場所にあります。

 

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

三国志ライター オフィス樋口

 

大政奉還後の新選組について取り上げます。近藤勇は板橋で処刑されたことについては既に取り上げましたが、その他の隊士について取り上げます。

 

新選組の土方歳三

 

土方歳三は戊辰戦争の最後の戦いである五稜郭の戦いで榎本武揚(えのもと たけあき)と戦いましたが、戦死しました。沖田総司(おきた そうじ)は江戸で肺結核のため病死しました。甲州勝沼の戦いで敗退後、方針の違いから離隊する人も出ました。

 

関連記事:三国志好きでも楽しめる新撰組マンガ3選!「燃えよ剣」「北走新選組」「だんだらごはん」

関連記事:井伊直弼の安政の大獄はいつから始まった?時系列で解説

 

ガンバレ徳川

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
オフィス樋口

オフィス樋口

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。 歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。 センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。 好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

-西郷どん
-, ,