よかミカンの三国志入門
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

西郷どん

吉田松陰と久坂玄瑞の手紙、「長州白熱教室」君ならどう考える?



 

 

この記事の読者のほとんどが、学校の授業について

先生の行ったことを覚えるだけの受け身の授業で、

意見を言うことが難しい雰囲気だったと感じるかもしれません。

 

大学入試まで、公式や知識を一問一答形式や文章の穴埋め問題などで

答えがある問題を解いていました。

国公立大学の二次試験や小論文を除けば、

自分の意見を記述する機会はほとんどありませんでした。

受験勉強や学校の授業の弊害で大学のゼミや講義などで

日本の学生はほとんど意見を言わないと言われています。

 

海外の大学の講義についてはマイケル・サンデル教授の「白熱教室」が挙げられます。

NHKで放送されていましたが、教授と学生が議論する形式です。

日本で過去にサンデル教授のような授業があったのか気になると思います。

 

答えは次の通りで、白熱教室が過去にありました。

白熱教室の舞台は江戸時代の松下村塾(しょうかそんじゅく)です。

2015年の大河ドラマ『花燃ゆ』でも白熱教室の光景が再現されていました。

この記事では、久坂玄瑞(くさかげんずい)吉田松陰(よしだしょういん)との出会いと

松下村塾の講義の様子を取り上げます。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:吉田松陰の「草莽崛起論」とはどんなもの?分かりやすく解説

関連記事:橋本左内と吉田松陰、二人の天才が残した功績とは?

 

 

久坂玄瑞から、吉田松陰への最初の手紙

 

久坂玄瑞と吉田松陰との最初の出会いは文通でした。

元寇(げんこう)の時の北条時宗(ほうじょうときむね)を例に出して、外国の使節を斬るべしと、

久坂は1回目の吉田松陰への手紙で書きました。

この久坂の手紙に対して、吉田松陰は時勢を知らず、稚拙(ちせつ)であると批判しました。

手紙でのやり取りを繰り返して激論を交わしました。

この久坂の手紙を通して、吉田松陰は久坂玄瑞を高く評価していたと考えられます。

この文通がきっかけで久坂は吉田松陰に会うことになりました。

 

 

「共に学ぶ、松下村塾。松陰曰く、『君はなぜ勉強したいの?』」

 

塾長の吉田松陰から松下村塾の入塾希望者に必ず

「なぜ学問がしたいのか?」と尋ねました。

ほとんどの入塾希望者は書物が読めないので読めるようになりたいと回答しました。

この入塾希望者の回答に対して、吉田松陰は実務を覚えるようになったら読めると答えました。

習うより慣れろという実践的な人であるかもしれません。

 

吉田松陰の教育は長所を伸ばして自覚を促すやり方です。

具体的な例として高杉晋作(たかすぎしんさく)のケースを取り上げます。

高杉晋作の性格を高く評価する一方で、学問に弱点があることを見極めました。

吉田松陰は、幼馴染(おさななじみ)の久坂玄瑞をライバルに仕立て、

学問に取り組ませることで高杉晋作の才能を開花させました。

 

松下村塾の講義について、

講師が学生に一方的に話す講義形式ではなくディベート形式でした。

ディベートだけでなく「対策」という吉田松陰からのレポート課題も出されました。

松下村塾では、師匠と門下生のような徒弟関係ではなく、

塾長と学生は共に対等な立場で学びました。

 

【西洋文明に遭遇した日本の開国秘話に迫る!】
こんにちは西洋

 

久坂宛への手紙「日下実甫(くさかじっぽ)の東行を送る(じょ)」を見てみよう

 

吉田松陰が久坂玄瑞に宛てた手紙です。

手紙のタイトルにある日下実甫(くさかじっぽ)とは久坂玄瑞のことを指します。

送る(じょ)とは久坂玄瑞が江戸に向かうときに送ったはなむけの言葉です。

当時、久坂玄瑞は吉田松陰の妹・(あや)(美和)と結婚することになり、

吉田松陰がこの手紙で久坂玄瑞に日本の進むべき方向を模索するよう

激励していることが分かります。

 

たまには、メールじゃなくって手紙を書いてみようか。

 

メールでやり取りをすることが多くなっていますが、

あえて手書きで手紙を書くことによって、文字に気持ちが入ります。

吉田松陰は筆まめで、江戸時代にパソコンがない点を考慮したとしても、

代筆させることなく、自ら手紙を書いていました。

塾生宛の手紙に吉田松陰の気持ちが入っていたのかもしれません。

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

 

今回は吉田松陰の松下村塾について講義形式ではなく

ディベート形式であることを取り上げました。

大学だけでなく、中学校や高校などでも生徒が主体的に学習する

アクティブラーニングを導入する傾向にあります。

日本のアクティブラーニングの原点が松下村塾にあるかもしれません。

アクティブラーニングと松下村塾との関係について注目したいと思います。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:坂本龍馬の評価は高すぎ?実際の業績を検証

関連記事:井伊直弼最後の言葉に震える死を覚悟した孤独な独裁者

 

【攘夷魂!テロに走ったサムライ達】
俺達尊攘派

 

 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 井伊直弼と直虎の関係性は?直虎は先祖なの?
  2. 阿部正弘は本当にイケメン?本当の事を教えます!
  3. 吉田松陰の弟子と松下村塾の教育方針を紹介
  4. ペリーとはどんな人?日本開国の動機は有名過ぎる兄を超える為だった…
  5. 幕末 帝国議会 江藤新平VS井上馨 汚職政治家と清廉な改革者の戦いの行方
  6. 小松帯刀、西郷どんでの役割について考えてみよう!
  7. 吉田松陰留魂録はどんな内容?いつ書かれたの?
  8. 【悲報】天皇に振られた長州藩、八・一八の政変はどうして起きた?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三国志演義が今どき嫌われる理由
  2. 劉備も茶を求めた?中国茶の歴史
  3. 范蠡(はんれい)とはどんな人?越王勾践を助けた謎の天才軍略家
  4. 孝明天皇はどんな人?毒殺されたって本当なの?
  5. 淳于瓊(じゅんうけい)はどんな人?実は無能ではなかった袁紹軍の都督
  6. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第12部

三國志雑学

  1. 周瑜と孫策
  2. 蜀の劉琦
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 五虎大将軍の馬超

おすすめ記事

司馬家の皇帝殺害を正当化するための故事が存在した!?晋国を安定に導く文言 魏の皇帝になった曹丕 109話:曹丕が献帝を廃し魏を建国 ボロボロになった馬超 曹操に敗れすべてを失った馬超の性格を考える【後半】 五虎大将軍の馬超 馬超の死後、一族はどうなったの?漢族の国家に仕えながら死ぬ寸前まで遊牧民のプライドと一族を守ろうとした馬超 これはひどい。曹操の短歌行にパクリ疑惑が!? 楽進と李典はどっちがスゴイ?kawausoと黒田レンが熱い思いを語る Vol.1 【シミルボン】孔明も騙した?蜀に似合わないテキトー人間 何祇の人生 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース24記事【12/19〜12/25】

おすすめ記事

  1. アンゴルモア元寇合戦記一巻ネタバレレビュー
  2. 安保法案ってなに?三国志で理解する安保法案【今さら聞けない】
  3. プチャーチンの世界史、日本来航に隠された理由
  4. 王翦(おうせん)とはどんな人?キングダムでは謎多き将軍だが史実では秦の天下統一に貢献した人物
  5. 橋本左内の書籍にはどんなものがあるの?
  6. 趙娥(ちょうが)とはどんな人?復讐者兼暗殺者であった烈女・龐蛾親(ほうがしん)
  7. 趙雲(ちょううん)ってどんな人?蜀の五虎将軍の中で寿命を全うした猛将
  8. 【三国志の英雄】曹操の恐ろしいエピソードをご紹介

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP