ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
徐庶


はじめての三国志

menu

西郷どん

吉田松陰と久坂玄瑞の手紙、「長州白熱教室」君ならどう考える?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

この記事の読者のほとんどが、学校の授業について

先生の行ったことを覚えるだけの受け身の授業で、

意見を言うことが難しい雰囲気だったと感じるかもしれません。

 

大学入試まで、公式や知識を一問一答形式や文章の穴埋め問題などで

答えがある問題を解いていました。

国公立大学の二次試験や小論文を除けば、

自分の意見を記述する機会はほとんどありませんでした。

受験勉強や学校の授業の弊害で大学のゼミや講義などで

日本の学生はほとんど意見を言わないと言われています。

 

海外の大学の講義についてはマイケル・サンデル教授の「白熱教室」が挙げられます。

NHKで放送されていましたが、教授と学生が議論する形式です。

日本で過去にサンデル教授のような授業があったのか気になると思います。

 

答えは次の通りで、白熱教室が過去にありました。

白熱教室の舞台は江戸時代の松下村塾(しょうかそんじゅく)です。

2015年の大河ドラマ『花燃ゆ』でも白熱教室の光景が再現されていました。

この記事では、久坂玄瑞(くさかげんずい)吉田松陰(よしだしょういん)との出会いと

松下村塾の講義の様子を取り上げます。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:吉田松陰の「草莽崛起論」とはどんなもの?分かりやすく解説

関連記事:橋本左内と吉田松陰、二人の天才が残した功績とは?


久坂玄瑞から、吉田松陰への最初の手紙

 

久坂玄瑞と吉田松陰との最初の出会いは文通でした。

元寇(げんこう)の時の北条時宗(ほうじょうときむね)を例に出して、外国の使節を斬るべしと、

久坂は1回目の吉田松陰への手紙で書きました。

この久坂の手紙に対して、吉田松陰は時勢を知らず、稚拙(ちせつ)であると批判しました。

手紙でのやり取りを繰り返して激論を交わしました。

この久坂の手紙を通して、吉田松陰は久坂玄瑞を高く評価していたと考えられます。

この文通がきっかけで久坂は吉田松陰に会うことになりました。


「共に学ぶ、松下村塾。松陰曰く、『君はなぜ勉強したいの?』」

 

塾長の吉田松陰から松下村塾の入塾希望者に必ず

「なぜ学問がしたいのか?」と尋ねました。

ほとんどの入塾希望者は書物が読めないので読めるようになりたいと回答しました。

この入塾希望者の回答に対して、吉田松陰は実務を覚えるようになったら読めると答えました。

習うより慣れろという実践的な人であるかもしれません。

 

吉田松陰の教育は長所を伸ばして自覚を促すやり方です。

具体的な例として高杉晋作(たかすぎしんさく)のケースを取り上げます。

高杉晋作の性格を高く評価する一方で、学問に弱点があることを見極めました。

吉田松陰は、幼馴染(おさななじみ)の久坂玄瑞をライバルに仕立て、

学問に取り組ませることで高杉晋作の才能を開花させました。

 

松下村塾の講義について、

講師が学生に一方的に話す講義形式ではなくディベート形式でした。

ディベートだけでなく「対策」という吉田松陰からのレポート課題も出されました。

松下村塾では、師匠と門下生のような徒弟関係ではなく、

塾長と学生は共に対等な立場で学びました。

 

【西洋文明に遭遇した日本の開国秘話に迫る!】
こんにちは西洋

 

久坂宛への手紙「日下実甫(くさかじっぽ)の東行を送る(じょ)」を見てみよう

 

吉田松陰が久坂玄瑞に宛てた手紙です。

手紙のタイトルにある日下実甫(くさかじっぽ)とは久坂玄瑞のことを指します。

送る(じょ)とは久坂玄瑞が江戸に向かうときに送ったはなむけの言葉です。

当時、久坂玄瑞は吉田松陰の妹・(あや)(美和)と結婚することになり、

吉田松陰がこの手紙で久坂玄瑞に日本の進むべき方向を模索するよう

激励していることが分かります。


たまには、メールじゃなくって手紙を書いてみようか。

 

メールでやり取りをすることが多くなっていますが、

あえて手書きで手紙を書くことによって、文字に気持ちが入ります。

吉田松陰は筆まめで、江戸時代にパソコンがない点を考慮したとしても、

代筆させることなく、自ら手紙を書いていました。

塾生宛の手紙に吉田松陰の気持ちが入っていたのかもしれません。


  

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

 

今回は吉田松陰の松下村塾について講義形式ではなく

ディベート形式であることを取り上げました。

大学だけでなく、中学校や高校などでも生徒が主体的に学習する

アクティブラーニングを導入する傾向にあります。

日本のアクティブラーニングの原点が松下村塾にあるかもしれません。

アクティブラーニングと松下村塾との関係について注目したいと思います。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:坂本龍馬の評価は高すぎ?実際の業績を検証

関連記事:井伊直弼最後の言葉に震える死を覚悟した孤独な独裁者

 

【攘夷魂!テロに走ったサムライ達】
俺達尊攘派


 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 上野彦馬とはどんな人?偉人を撮り続けた写真家
  2. 吉田松陰(極悪顔) 吉田松陰はテロリストなの?それってホント?
  3. 井伊直弼とは何者?英雄・冷酷な独裁者?
  4. 島津斉彬の死因は?島津斉興に暗殺されたのか?
  5. 大村益次郎 幕末 徴兵制度とはどんな制度?富国強兵を目指した徴兵制度導入の目的とは…
  6. 河上彦斎 河上彦斎はどんな人?るろうに剣心のモデルになった人斬り四天王
  7. 坂本龍馬チビ説 坂本龍馬の身長は?本当は大きくないの?
  8. 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組 鈴木三樹三郎とはどんな人?実は剣術が下手な新選組だった?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 過労死する諸葛孔明
  2. 皇帝いっぱい
  3. 孔明もコペルニクスに似ていた
  4. 南蛮胴を身に着けた織田信長
  5. 呉夫人
  6. 袁術
  7. 韓非子を読む劉禅
  8. 関羽
  9. 暴れまわる異民族に困る梁習

おすすめ記事

  1. 三国志はなぜ日本で人気なの?中国人も驚く日本国民のヒーロー論に迫る 袁術と曹操と黄巾賊
  2. 董卓の軍師・李儒はどれだけ凄かったの?革新的な進言を続けた謎の軍師 李儒
  3. あれほど豪華なメンツが揃っていた反董卓連合軍が董卓に負けた理由 袁術と袁紹の喧嘩
  4. 趙雲ってどんな人?投票ランキング1位の理由 趙雲が人気の理由
  5. まさかのまさか?いや、当然?漢王朝が2回も滅亡したワケ 城 銅雀台
  6. 【新企画】「袁術の成長」を通じて貴方も前向きな思考を身につけよう

三國志雑学

  1. 孔明のテントがある野外のシーン
  2. 朝まで三国志201 観客2 モブでブーイング
  3. 孟達を討伐する司馬懿
  4. 劉禅に気に入られる黄皓
  5. 費禕


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 幕末 魏呉蜀 書物
  2. 曹操の墓
  3. 曹操
  4. 残忍な曹丕
  5. 陸遜
  6. 陸遜

おすすめ記事

蜀滅亡後、安楽公として余生を楽しんだ劉禅の最期と心情 孔明と司馬懿 【衝撃の事実】死せる孔明、生ける仲達を走らせるは司馬懿の芝居だった!?英雄の波瀾万丈な人生に迫る! 陸遜 陸遜の功績とは?荊州奪取のキーマンである陸遜の出世街道も紹介 ゾンビ化した孟獲 七縦七擒とは何?孟獲は不死の術を使って諸葛亮と対決した? kawauso kawauso編集長のぼやきVol.10「クロスワード」 kawauso編集長のぼやきVol.30「環境マネジメント」 【さんすま】三国大戦スマッシュ! 第1回 初体験のひっぱりゲーム攻略に挑戦です! kawauso編集長 キングダム最新610話ネタバレ予想「藺相如の遺言内容が判明!」

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP