よかミカンの三国志入門




はじめての三国志

menu

西郷どん

大奥には入れ替えがあった?意外に知らない大奥

この記事の所要時間: 336



篤姫

 

大奥(おおおく)のドラマや映画が放映されてきましたが、女性同士の権力争いや

愛憎渦巻(あいぞううずま)く女の(その)というイメージが先行していたという印象を受けた人がいると思います。

大奥について知られていないことが多いと考えられます。

 

これまでに大奥について取り上げた記事の中で

『大奥の規模はどの位あったの?』では、大奥で働いていた女中の数や経費など

幕府の財政面を中心に取り上げました。

大奥で働いていた女中は700人程度で、

幕末の時が最も多く1000人いたと言われています。

 

読者の中には大奥で働いていた女中はどのくらいの期間働いていたのか

気になっている人がいると思いますが、『大奥の規模はどの位あったの?』では

経費節約でリストラがあったケースを取り上げただけで、

リストラ以外でやめた女中の話を取り上げていません。

ここでは、最初に大奥に秘密が多いことや大奥の内部について取り上げます。

その後にリストラ以外で大奥の入れ替えがある場合を取り上げます。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:本寿院とはどんな人?実は篤姫と家定の最大の理解者!

関連記事:和宮とはどんな人結構頑固で家茂ラブな皇女

 

 

どうして大奥のことは秘密が多いのか?

江戸城

 

大奥に入ると、女中たちは内部情報を漏らさないという誓詞血判(せいしけっぱん)をしました。

誓詞血判をしているため、内部の記録を残すことができなかったと考えられます。

 

大奥の内部情報が残っていない要因として、

職制が複雑で大奥の規模が大きいことから

一人の女中が大奥全体を知ることが不可能であると考えられます。

 

まず、職制について、大きく分けて将軍や御台所に謁見できるお目見え以上、

将軍や御台所(みだいどころ)謁見(えっけん)できないお目見え以下、お目見え以上の女中に

私的に雇われている部屋方の3つがあります。

それぞれの職制の中で細かく身分が分かれているため複雑でした。

 

大奥にいる女中は700人ぐらいでした。女中の部屋の数があまりにも多く、

全体を把握することが不可能でした。秘密を漏らすことができないだけでなく

物理的に把握することもできなかったと考えられます。

 

 

将軍死後の大奥女中の身の振り方

 

将軍の死後、女中(じょちゅう)はどうなるのか気になっている読者がいると思います。

まず、将軍から寵愛(ちょうあい)を受けた正室や側室の場合、

一生江戸城から出ることがありませんでした。

将軍の死後、江戸城内の桜田の御用屋敷に移り、

位牌をいただいて将軍の冥福を祈っていました。

中には出家した女中がいたと言われています。

 

愛と勇気で時代を切り開いた西郷どんを100倍楽しむ
西郷どん

 

大奥をやめた女中の待遇(たいぐう)は?

 

江戸時代、女性は独自に身を立てるのが難しい時代でした。

女性が唯一キャリアアップできたのが大奥での奉公(ほうこう)で、

女性が出世できる唯一の場所でした。

 

大奥の女中が出世できるのは次の通りです。

将軍の正室または側室になって子を産み、その子が将軍になれば、

自分だけでなく親元にも恩恵が及びました。

 

正室・側室に慣れなかった場合でも御年寄(おとしより)の地位にまで出世できれば

権勢を手に入れることができました。

 

大奥で出世できず、途中で大奥をやめたとしても

江戸時代の社会の中では評価が高かったようです。

当時、大奥奉公が女性の花嫁修業の一環として考えられていたため、

結婚に有利になっていました。

 

上臈年寄には、何世代もの将軍に仕えたケースも

 

将軍の死去などで代替わりがあった場合、大奥での奉公をやめる女中はいますが、

必ずしも全員というわけではありません。

大奥の最高職の上臈年寄(じょうろうとしより)は二・三代の将軍に仕えたケースは珍しくありません。

幕末の大奥の実力者と言われていた滝山(たきやま)については四代の将軍に仕えていました。

 

財政難の時にはリストラもあった大奥

 

江戸幕府が財政難になったことがあります。財政難の原因として、

大奥の女中が贅沢をしていたため相当経費がかかっていました。

経費節約のために大奥のリストラをしたケースがあります。

 

まず、徳川吉宗(とくがわよしむね)の享保の改革について取り上げます。

『大奥の規模はどの位あったの?』では

徳川吉宗による大奥のリストラについて取り上げました。

 

美人の場合、他に貰い手があるからということで、美人をリストラしました。

ブスの場合、貰い手がないことから引き取ったと言われています。

また、このリストラは経費節約のためですが、

尾張藩寄りの女中を排除する狙いがあったともいわれています。

 

他に、享保(きょうほう)の改革の後、寛政(かんせい)の改革の松平定信(まつだいらさだのぶ)が大奥に倹約(けんやく)を命令しました。

倹約を命令したものの、大奥に嫌われました。

松平定信は寛政の改革に行き詰まり、失脚しました。

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

 

今回は大奥の入れ替えについて取り上げました。

大奥に入ると一生出られないと言われていましたが、

将軍から寵愛を受けない限り、やめるのもやめないのも自由だったと考えられます。

女中の一日の仕事内容や勤務時間から

ブラック企業になるかならないか気になるところです。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:篤姫の実家今和泉島津氏はどんな家柄?今和泉家に里帰りした事がある?

関連記事:孝明天皇はどんな人?毒殺されたって本当なの?

 

【維新を阻止しようとした男たちの秘話】
ガンバレ徳川

 

 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 勝海舟の名言に感動!時代が変わっても心にしみる名言の数々!
  2. 島津斉彬の人柄とは?誰もが納得する名君の心構え
  3. プチャーチンはどんな人?幕末の日本人に敬愛された騎士道の人
  4. 桂小五郎が新選組から逃げる方便「ウンコしたい!」がいっそ清々しい…
  5. 勝海舟は犬が苦手?犬のせいで命を失いそうになった勝海舟?
  6. 川口雪蓬(せっぽう)とはどんな人?西郷家の最強居候
  7. 大久保利通の死後、子供たちはどうなったの?八男一女を紹介
  8. 井伊直弼の首はどうなった?消えてしまった首の不思議

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 張飛はどんな性格をしてたの?豪傑の性格に迫る
  2. 赤兎馬ってどんなウマ?呂布も関羽も愛した名馬
  3. 諸葛瞻(しょかつせん)ってどんな人?孔明が親バカになるほど可愛がった愛息子
  4. 【ネタバレ注意】キングダム541話 預言の地 レビュー&今後予想
  5. 【三国志平話】俺って凄いだろ?赤壁の戦いで諸葛亮が嫌な人に変身
  6. KOEI 三國志の産みの親!襟川陽一はココが凄い!シブサワ・コウの意外な側面6連発

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

徐晃(じょこう)ってどんな人?魏において、もっとも功績を挙げた無敗将軍 【孔明死後の三国志に詳しくなろう】司馬師打倒の兵をあげた毌丘倹の反乱はなぜ失敗したの? 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.1 涙なしには語れない桃園の結義 飛信隊はどのような構成だったの?史実をもとに強さも考察 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【9/18〜9/24】 孫策の独立理由に疑問!袁術は孫策に対して本当にケチだったの? 劉備も関羽もイスラム教徒?中東シリアで流れる三国志アニメ

おすすめ記事

  1. 【祝】月間150万PV達成!はじめての三国志より感謝の言葉
  2. 愛加那(あいかな)とはどんな人?西郷どんの島妻と西郷隆盛の人生を変えた女房
  3. 【マニアック読解】諸葛亮が倒れた場所は床かベッドか
  4. 対蜀戦を任される前の曹真はどんな活躍していたの?
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【10/16〜10/22】
  6. 信じる信じないはあなた次第!?歴代王朝の興亡の秘密は五行にあり!
  7. 【有料記事】三国志の軍隊のマニアックな規律を紹介
  8. 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに3名の猛将を追加しました

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP