ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
三国志の死因


はじめての三国志

menu

三国志夢幻演義 龍の少年

【三国夢幻演義 龍の少年】深いい解説その1

三国夢幻演義バナー 龍の少年

 

はじめまして。光月ユリシです。

拙著「三国夢幻演義 龍の少年」に関心を持ってくださり、ありがとうございます。

ここでは、より深く小説の世界に親しんでいただくために、

作中で説明できなかった様々な設定について補足・解説したいと思います。

 

登場人物の設定について

 

「三国夢幻演義」では、極力史実から乖離させないためにできるだけ架空の人物を設定せず、

史実に名が見える人物を多く登場させ、彼らを深く掘り下げて描くことで、

臨場感アップとリアリティの追求を試みています。

 

当然彼らのキャラ設定は残された資料を素にイメージを損なわないよう設定してい

るつもりですが、はるか昔の人物たち。中には生没年さえわからない人もいます。

 

わからないことは推定するしかないのですが・・・

 

孔明のお父さんは何歳で亡くなった?

 

資料によると、孔明の父・諸葛珪には187年(188年)死亡説(孔明8歳時)と

192年死亡説(孔明12歳時)があるようです。

 

孔明が幼い時に若くして亡くなったと史書に見えるので、187年死亡説を採っても

よいかもしれませんが、孔明の弟の諸葛均が189年生まれという資料が存在する上、

物語の都合上、192年死亡説を採用させてもらいました。

 

問題は年齢ですが、孔明の兄の諸葛瑾が174年生まれなので、

諸葛珪はその頃成人していたはず。

 

そこで153年生まれと設定してみました。曹操らとほぼ同世代です。

 

死亡時は40歳。当時でも若死にと言えるでしょう。

 

孔明の叔父さんの字(あざな)は何?

 

字というのは、成人時に付けるもう一つの名前です。名前と連動したものや兄弟順を

意識したものが多く見受けられます。

 

例えば、諸葛亮の場合、名前の「亮」の字義は“明るい”。それに対する字の「孔明」

の字義は“はなはだ明るい”。曹操の字「孟徳」の「孟」は長男で側室の子を意味し

ます。劉備の字「玄徳」の「玄」にも、長男の意味があります。

 

当時、士人たちの間では、相手を字で呼ぶのが礼儀とされていました。ですから、こ

の作中でも、リアリティ追求のために字で呼ぶシーンが数多く出てきます。

著者としては、字がわからない人物は困るのです。

 

諸葛玄は孔明の叔父で、主要人物の一人です。しかし、史書には字が記録されていま

せん。超有名人の孔明の叔父さんにもかかわらず、字も生まれ年もわからない・・・

 

さすがに勝手に創作するのは憚られるので、何とかわからないものかと中国のウェブ

サイトで調べてみたところ、「胤誼(いんぎ)」というのを見つけました。

 

ところが、説明が孔明の次子となっていて、虚構の人物のもののようです。ただし、

ソースが陳寿の「三国志諸葛亮伝」とあり、完全に無視するわけにはいきません。

 

ただの偶然?

いや、実際の諸葛玄の字が胤誼で、その名をそのまま孔明次子として

流用して書いた可能性も無きにしも非ずなわけです。

 

・・・なんてことを妄想しつつ、「諸葛玄、字胤誼」

をそのまま採用することにしました。

 

光月ユリシの独り言

 

今回の解説は以上です。

最初ですから、私個人の考えも少し解説いたします。

 

私は十代で三国志に関心を持って以来、漫画・小説・ゲームといったアイテムから、

史書や文献に至るまで、造詣を広げながら様々な形の三国志に接してきました。

 

その度にいつも感嘆して思うのは、

二千年近く前の記録がしっかりと残っていることの素晴らしさです。

それによって、私たちは国も時も超えて想像を膨らませ、

遠い過去に思いを馳せることができるのですから。

 

一方で、残された資料にも限界があります。

知れば知るほど新しい刺激を得ることが

少なくなっていき、未知の情報に飢えている自分を自覚するようになりました。

 

三国志の世界にもっと新鮮さが欲しい。

この欲求こそが「三国夢幻演義」誕生のきっかけです。

 

「論語」に有名な言葉があります。

温故知新――――故(ふる)きを温(たず)ねて、新しきを知る。

 

史書に遺る記録をかき集めて分析し、自ら「新しい三国志」を想像、創造する。

 

それを皆さんと一緒に創っていけたら・・・。

 

これからも「三国夢幻演義」をどうぞよろしくお願い致します。

 

 

三国夢幻演義 龍の少年 第1話:「命の山」

 

本作品は、いかがでしたか?
励みになりますので、アンケートにご協力いただきますと幸いです。

 

■「龍の少年」の感想を送る
https://bit.ly/2k2RW27

 

※ツイッターはハッシュタグ #三国志夢幻演義 で感想をお待ちしています。

光月ユリシ

光月ユリシ

投稿者の記事一覧

九州某県某市出身。いつの頃からか「三国夢幻演義」の執筆をライフワークとし、ついにはロケハンを兼ねて中国で働くことに決めたという筋金入りサンゴクサー。休みがあれば、三国遺跡や自然美を求めて中国を遠征する旅人系サンゴクサー。またある時は現地中国人との交流を深め、一人外交に従事する日中友好サンゴクサー。夢見がちだが、割合いい人との評判。

関連記事

  1. 三国夢幻演義バナー 龍の少年 【三国夢幻演義 龍の少年】深いい解説その12「歓びと哀しみと」
  2. 三国夢幻演義バナー 龍の少年 第5話:三国夢幻演義 龍の少年「別離の日」配信中
  3. 三国夢幻演義バナー 龍の少年 三国夢幻演義 龍の少年 第8話「運命の攻防」配信日が決定しました…
  4. 三国夢幻演義バナー 龍の少年 【PR】あなたと旅する三国志
  5. 三国夢幻演義バナー 龍の少年 第9話:三国夢幻演義 龍の少年「江南動乱」配信中
  6. 三国夢幻演義バナー 龍の少年 第6話:三国夢幻演義 龍の少年「変遷」配信中
  7. 三国夢幻演義バナー 龍の少年 【PR】地理で読み解く三国志
  8. 三国夢幻演義バナー 龍の少年 【三国夢幻演義 龍の少年】深いい解説その8「運命の攻防」

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 薩摩藩の島津義弘
  2. 劉邦をなだめる陳平と張良
  3. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  4. 王賁
  5. 孔子
  6. 盤古 中国神話
  7. スキッパーキ犬
  8. 袁術

おすすめ記事

  1. 蔡琰(サイエン)とはどんな人?翻弄された運命をたどった詩人 蔡琰
  2. 呂布だけじゃない!こんなにいる董卓の優秀な側近4選 曹茂
  3. 三国志をテーマとした美少女簡単ストラテジーRPG『三国志炎舞~王様の物語~』8月25日より配信をスタート
  4. 魏延への嫌がらせ人事に込められた諸葛亮の愛 不満が溜まる魏延
  5. 知ってた?桜田門外の変は超お粗末な事件だった
  6. 韓玄(かんげん)とはどんな人?劉備に降伏した長沙太守 韓玄(かんげん)

三國志雑学

  1. 君たちはどう生きるか?劉禅
  2. 周瑜と陸遜
  3. 鍾会を説得する姜維


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 司馬徽と劉表
  2. 曹操と虎豹騎
  3. 宦官の趙高
  4. 姜維の地位を落とす文官

おすすめ記事

曹沖が亡くなり悲しむ曹操 周不疑(しゅうふぎ)ってどんな人?曹沖と並び立つ天才少年の悲劇 赤井直正 明智光秀に死を覚悟させた丹波の赤鬼赤井直正 「燕」の旗を持った兵士 戦国策(燕策)他人の名声で自分を利するの巻 赤壁の戦いで敗北する曹操 【萌えキャラ三国志】萌えな3武将を選んでみたよ 袁術が評価される日も近い?スーパー袁術の凄い所7連発!! 劉備 結婚 劉備暗殺計画|甘露寺の婚儀と錦嚢の計 その2 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース30記事【6/12〜6/19】 蜀の姜維 【孔明の戦術】戦いには旗が決め手!諸葛亮のフラッグフォーメーション

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP