法正特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

西郷どん

江藤新平VS井上馨 汚職政治家と清廉な改革者の戦いの行方

幕末 帝国議会



 

江藤新平(えとうしんぺい)は近代司法制度を確立した人物として有名です。

明治六年政変で下野した後、不平士族の反乱の1つである佐賀(さが)の乱に加わり処刑されました。

江藤新平について、近代司法制度を確立しただけでなく、クリーンな政治を目指していました。

この記事では、江藤新平が長州藩出身の井上馨(いのうえかおる)山県有朋(やまがたありとも)の汚職事件を

追及したことについて取り上げます。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:高杉晋作の奇兵隊はどんな組織だった?

関連記事:坂本龍馬の評価は高すぎ?実際の業績を検証

 

 

今清盛(いまきよもり)」井上馨の権勢やいかに!?

 

井上馨は岩倉使節団に加わらず、留守政府のメンバーの1人でした。

岩倉使節団が帰国するまで、大蔵省の長官が留守のため事実上の長官として権勢をふるっていました。

当時、井上馨は「今清盛」と呼ばれていました。

 

井上馨はアメリカで外債募集をかけ、資金を調達しようと試みました。

外債募集がうまくいかなかったため、明治政府の財政は困窮します。

財政が困窮したため緊縮財政(きんしゅくざいせい)の方針を取りました。

明治6年になると江藤新平から予算問題や尾去沢(おさりざわ)銅山汚職事件を追及されました。

結果、井上は山県有朋ともに辞職しました。

 

井上と山形が辞職後、岩倉使節団が帰国しました。

岩倉使節団が帰国した頃、国内では征韓論(せいかんろん)が高まっていました。

岩倉使節団は国内政治の整備を優先したため、

武力による朝鮮の開国は取りやめになりました。

その後、明治六年政変で西郷隆盛(さいごうたかもり)・江藤新平・板垣退助(いたがきたいすけ)らが下野(げや)しました。

 

 

薩長の権力集中を防げ!江藤新平の戦い

 

 

江藤新平はなぜ薩長の汚職事件の追及したのでしょうか。

江藤新平は民権論者として近代司法制度を整備しました。

江藤が司法卿(しほうきょう)に就任したとき、身分に関係なく

政治家の不正を訴えることができる制度を作りました。

 

政治家による不正の被害者が司法省に訴えました。

訴えた相手の政治家は井上馨と山県有朋で、

江藤は井上と山形の汚職体質を厳しく追及し、辞職に追い込みました。

 

江藤は政治家の汚職を追及し、辞職に追い込むことに成功しましたが、

新政府の大久保利通(おおくぼとしみち)は自分も失脚させられるかもしれないと考え、

不平士族の反乱で排除しようと意識したのかもしれません。

 

激動の幕末維新を分かりやすく解説「はじめての幕末はじめての幕末

 

政治家の汚職を摘発せよ!

 

江藤新平は司法省達第46号による被害者からの訴えで井上馨の汚職事件摘発(てきはつ)に踏み切りました。

井上馨の汚職事件は尾去沢鉱山事件と言います。この汚職事件の経緯は次の通りです。

戊辰戦争(ぼしんせんそう)で南部藩は負け、賠償金(ばいしょうきん)を御用商人村井茂兵衛(むらいもへい)が立替えました。

 

村井は廃藩置県を経て大蔵省に返済を願い出ましたが、

当時井上の独裁だった大蔵省は言いがかりをつけて

尾去沢鉱山を含む村井の財産没収という暴挙に出ました。

 

没収された村井の財産のうち尾去沢鉱山は競売にかけられ、安値で長州の政商が落札しました。

その落札した政商は実質井上馨の個人所有であることが明らかになりました。

江藤は太政官会議で井上の逮捕を主張しますが、薩長の軍事力が支えている明治政府の現状では

逮捕は無理と言われました。井上は辞職することになりました。

山県有朋も別の汚職事件で辞職することになりました。

 

最終的に勝てる人には法則があるか?

 

ジェフリー・フェファーは自らの著書

『「権力」を握る人の法則』の中で権力者の資質を取り上げています。

資質として、決意・エネルギー・集中・自己省察(じこしょうさつ)・自信・共感力・闘争心を挙げています。

江藤新平については7つの資質のうち汚職事件を摘発する決意と

薩長閥への闘争心があったから摘発できたのかもしれません。

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

 

江藤新平は井上馨と山県有朋の汚職事件の摘発に成功しました。

この汚職事件の摘発がかえって恨みを買うことになり、

佐賀の乱後、裁判で梟首(きょうしゅ)の刑を科せられたことにつながったのかもしれません。

この記事の読者の中には戦後の田中角栄の後、

首相になった三木武夫を思い出した人がいるかもしれません。

ロッキード事件の摘発で、三木武夫のクリーンな政治と

江藤新平が一致するかもしれません。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:近藤勇の池田屋事件での活躍とは?

関連記事:井伊直弼は倒れても像は倒れず!!震災と戦争を耐えた銅像ヒストリー

 

史上最大の軍事衝突 帝政ローマvs三国志
帝政ローマvs三国志

 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 大政奉還した徳川慶喜 徳川慶喜の功績って一体何があるの!?
  2. 島津久光はどうして寺田屋事件で薩摩藩士を粛清したの?
  3. 幾島が大奥から日本の歴史を大変化させた!?
  4. 西郷隆盛の政治思想はどんなもの?
  5. 西郷隆盛 西郷隆盛は子供の頃、剣士になりたかったって本当?
  6. 榎本武揚 函館戦争とは?戊辰戦争最後の戦争を分かりやすく解説
  7. 小栗忠順の最期!なぜ小栗は明治政府に殺されたのか?
  8. 【戊辰戦争を振り返る】明治新政府軍 vs 旧幕府軍

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 五斗米道の教祖・張魯
  2. キングダム53巻
  3. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  4. 城 銅雀台
  5. 魏の夏侯淵
  6. 劉邦と張良と陳平

おすすめ記事

  1. 姜維が北伐をしなかったら、あるいは北伐を成功させていたら蜀漢は長続きした? 蜀の姜維
  2. キングダム休載スペシャル!楊端和完全勝利シナリオを解説
  3. 王充(おうじゅう)とはどんな人?曹操にも影響を与えた合理的な人物
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース26記事【2/20〜2/26】
  5. 張儀(ちょうぎ)とはどんな人?合従策に対抗した外交策を立て歴史に名を残した遊説家 Part.3【完】
  6. 【はじめての孫子】第5回:戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる者なり 南蛮一の軍師・孟節(兵士を裏切る)

三國志雑学

  1. 正妃 卞夫人
  2. 陳宮
  3. 合肥の戦いで痛い目にあった孫権
  4. 曹操50万の兵
  5. 陸遜
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 英雄曹操とナポレオンを比較
  2. 斎藤一 新選組
  3. 郭嘉が亡くなり悲しむ曹操

おすすめ記事

魯粛 魯粛が孫権を煽ったから○○の戦いを決断することができた 【大三国志 攻略1】ついに始まった中国韓国で大ヒットしている戦略RPGの三国志 ええっ?蒙驁(もうごう)将軍は史実では秦の六大将軍に並ぶ超名将だった 袁紹の評価は名君?凡君?徹底紹介 読者の声バナー(はじめての三国志) 読者の声(10月7日~10月13日) 始皇帝が求めた不老不死は現代科学ではどれだけ進展したの?権力者が追い求めたアンチエイジングに迫る! 【素朴な疑問】馬謖って失敗ばかり強調されるけど手柄とかないの? 李牧 【キングダム】李牧を死に追いやる佞臣、郭開(かくかい)とはどんな人?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP