魏延
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

西郷どん

江藤新平VS井上馨 汚職政治家と清廉な改革者の戦いの行方

幕末 帝国議会



 

江藤新平(えとうしんぺい)は近代司法制度を確立した人物として有名です。

明治六年政変で下野した後、不平士族の反乱の1つである佐賀(さが)の乱に加わり処刑されました。

江藤新平について、近代司法制度を確立しただけでなく、クリーンな政治を目指していました。

この記事では、江藤新平が長州藩出身の井上馨(いのうえかおる)山県有朋(やまがたありとも)の汚職事件を

追及したことについて取り上げます。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:高杉晋作の奇兵隊はどんな組織だった?

関連記事:坂本龍馬の評価は高すぎ?実際の業績を検証

 

 

今清盛(いまきよもり)」井上馨の権勢やいかに!?

 

井上馨は岩倉使節団に加わらず、留守政府のメンバーの1人でした。

岩倉使節団が帰国するまで、大蔵省の長官が留守のため事実上の長官として権勢をふるっていました。

当時、井上馨は「今清盛」と呼ばれていました。

 

井上馨はアメリカで外債募集をかけ、資金を調達しようと試みました。

外債募集がうまくいかなかったため、明治政府の財政は困窮します。

財政が困窮したため緊縮財政(きんしゅくざいせい)の方針を取りました。

明治6年になると江藤新平から予算問題や尾去沢(おさりざわ)銅山汚職事件を追及されました。

結果、井上は山県有朋ともに辞職しました。

 

井上と山形が辞職後、岩倉使節団が帰国しました。

岩倉使節団が帰国した頃、国内では征韓論(せいかんろん)が高まっていました。

岩倉使節団は国内政治の整備を優先したため、

武力による朝鮮の開国は取りやめになりました。

その後、明治六年政変で西郷隆盛(さいごうたかもり)・江藤新平・板垣退助(いたがきたいすけ)らが下野(げや)しました。

 

 

薩長の権力集中を防げ!江藤新平の戦い

 

 

江藤新平はなぜ薩長の汚職事件の追及したのでしょうか。

江藤新平は民権論者として近代司法制度を整備しました。

江藤が司法卿(しほうきょう)に就任したとき、身分に関係なく

政治家の不正を訴えることができる制度を作りました。

 

政治家による不正の被害者が司法省に訴えました。

訴えた相手の政治家は井上馨と山県有朋で、

江藤は井上と山形の汚職体質を厳しく追及し、辞職に追い込みました。

 

江藤は政治家の汚職を追及し、辞職に追い込むことに成功しましたが、

新政府の大久保利通(おおくぼとしみち)は自分も失脚させられるかもしれないと考え、

不平士族の反乱で排除しようと意識したのかもしれません。

 

激動の幕末維新を分かりやすく解説「はじめての幕末はじめての幕末

 

政治家の汚職を摘発せよ!

 

江藤新平は司法省達第46号による被害者からの訴えで井上馨の汚職事件摘発(てきはつ)に踏み切りました。

井上馨の汚職事件は尾去沢鉱山事件と言います。この汚職事件の経緯は次の通りです。

戊辰戦争(ぼしんせんそう)で南部藩は負け、賠償金(ばいしょうきん)を御用商人村井茂兵衛(むらいもへい)が立替えました。

 

村井は廃藩置県を経て大蔵省に返済を願い出ましたが、

当時井上の独裁だった大蔵省は言いがかりをつけて

尾去沢鉱山を含む村井の財産没収という暴挙に出ました。

 

没収された村井の財産のうち尾去沢鉱山は競売にかけられ、安値で長州の政商が落札しました。

その落札した政商は実質井上馨の個人所有であることが明らかになりました。

江藤は太政官会議で井上の逮捕を主張しますが、薩長の軍事力が支えている明治政府の現状では

逮捕は無理と言われました。井上は辞職することになりました。

山県有朋も別の汚職事件で辞職することになりました。

 

最終的に勝てる人には法則があるか?

 

ジェフリー・フェファーは自らの著書

『「権力」を握る人の法則』の中で権力者の資質を取り上げています。

資質として、決意・エネルギー・集中・自己省察(じこしょうさつ)・自信・共感力・闘争心を挙げています。

江藤新平については7つの資質のうち汚職事件を摘発する決意と

薩長閥への闘争心があったから摘発できたのかもしれません。

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

 

江藤新平は井上馨と山県有朋の汚職事件の摘発に成功しました。

この汚職事件の摘発がかえって恨みを買うことになり、

佐賀の乱後、裁判で梟首(きょうしゅ)の刑を科せられたことにつながったのかもしれません。

この記事の読者の中には戦後の田中角栄の後、

首相になった三木武夫を思い出した人がいるかもしれません。

ロッキード事件の摘発で、三木武夫のクリーンな政治と

江藤新平が一致するかもしれません。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:近藤勇の池田屋事件での活躍とは?

関連記事:井伊直弼は倒れても像は倒れず!!震災と戦争を耐えた銅像ヒストリー

 

史上最大の軍事衝突 帝政ローマvs三国志
帝政ローマvs三国志

 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 黒船(ミシシッピ号) プチャーチンの世界史、日本来航に隠された理由
  2. 幕末 帝国議会 マリア・ルス号事件とはどんな事件?明治政府最初の国際裁判
  3. 江戸時代の犯罪はどう裁かれた? 今とは違う価値観を紹介
  4. お酒が強い篤姫 篤姫の故郷指宿はどんな所?ファーストレディの故郷を紹介
  5. 幕末の偉人は外国人をどのように思っていたの?
  6. 【伊達宗城と宇和島藩】10万石の小藩が持ちえた熱意と行動力とは?…
  7. 黒船(ミシシッピ号) プチャーチンはどんな人?幕末の日本人に敬愛された騎士道の人
  8. 三条実美 三条実美とはどんな人?尊王攘夷派だが岩倉具視と仲が悪かったエリー…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 許攸 兵糧のありか教えますひひひ
  2. 孫権と三国アヒル
  3. 曹操軍の輸送車を襲う趙雲
  4. 劉邦
  5. 孫権と劉備と曹丕
  6. キングダム54巻amazon
  7. 劉禅

おすすめ記事

  1. 【水滸伝】なっとくできるか!本を捨てたくなるヒドイ結末 李逵(水滸伝)
  2. 陸遜はイケメンだった?三國無双でも人気武将にランクインされてる理由 陸遜
  3. 劉備の黒歴史がまた発見される!?三国志の主人公の消された過去 劉備の黒歴史
  4. 日本古代史上最大規模の帝都「藤原京」の謎。なぜ十六年の寿命だったの? 藤原京
  5. 見た目で比較してもいいですか?曹操とナポレオン ナポレオンと曹操
  6. 蒋琬の政策とは?諸葛孔明とは違う政策を考えていた!? 蒋琬(しょうえん)

三國志雑学

  1. 曹叡
  2. 魏の夏侯淵
  3. 山頂に陣を敷いた馬謖
  4. しっかりと仕事をこなす華歆(華キン)
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 藏覇(臧覇)
  2. はじめての三国志 画像準備中
  3. 韓侂冑
  4. 薩摩藩の島津義弘
  5. はじめての三国志からのお知らせ バナー

おすすめ記事

キングダム577話最新ネタバレ予想王賁は王翦の子じゃないの? 西遊記 【誕生秘話】西遊記は実話だった!?一人の僧侶の苦難の旅を記した記録から始まった 病死した郭嘉 どうやったら郭嘉は長生きできたの?過労死で亡くなった天才軍師を救う方法を考えてみる 事前登録キャンペーン中の『三国志ダイス』が、登録数10万人を突破。報酬内容が確定し、リツイートキャンペーンも実施中! 三国志タクティクスデルタとはどんなアプリゲーム? 三国志ライター よかミカンさん 【東周英雄伝】古代中国好きの方にオススメのど迫力漫画 契丹小字七言絶句銅鏡 wikipedia 契丹文字ってどんな文字?遼の太祖の発案から日本人研究者による解読を紹介 激務をちょっと忘れられるホッと一息の「ユルめ記事」2016年総集編

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP