西郷どんの恩返し奄美大島貿易拠点構想

2018年6月1日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

西郷隆盛像

NHK大河ドラマ、西郷(せご)どん、現在舞台は奄美大島(あまみおおしま)に移行しています。

ここでの3年間は、西郷隆盛(さいごうたかもり)の生涯に大きな影響を与えるのですが、

奄美大島から薩摩に帰った後、西郷どんが奄美大島を貿易拠点として、

発展させようという構想があった事はあまり知られていません。

 

今回は、貧しい奄美大島の人々を経済的に豊かにしたいと願ったかも知れない

幻の西郷どんの貿易構想を紹介します。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:流刑生活は意外に快適?奄美大島を満喫西郷どんを巡る旅

関連記事:愛加那(あいかな)とはどんな人?西郷どんの島妻と西郷隆盛の人生を変えた女房

 

西郷どんは経済に疎いとは大きな誤解

実は経済に強い西郷どん

 

社会一般には、西郷隆盛は道義と仁愛の人であり経済には(うと)い人という

イメージが大半ではないかと思います。

研究者の中にも、西郷は農本主義者で資本主義を理解していないとか

商人を毛嫌いしているとか、そんな主張をしている人がいます。

 

しかし、それは、大きな誤解というものです。

それというのも、西郷どんはそのキャリアの最初を郡方書役助(こおりかたかきやくじょ)という

道路や堤防を修理したり、新しく造るという仕事から始めます。

もちろん、それには見積書を出す必要があり算盤(そろばん)の技量も必要でした。

そろばん

 

西郷どんの息子の西郷午次郎(さいごううまじろう)の回想では、西郷どんは、

算盤に巧みで14歳から15歳頃には大変な評判だったと言うのです。

計算に巧みな人が経済に疎いという事があるとは考えにくいでしょう。

 

商人が大嫌いというのは事実ではない

島津久光と西郷隆盛

 

また、西郷どんが、大蔵卿の井上馨(いのうえかおる)五代友厚(ごだいともあつ)市来四郎(いちきしろう)のような

経済に精通した人々を毛嫌いしていたという逸話から、

西郷は経済に理解がなく商人を嫌ったのだとする話もあります。

嫌儲け主義

 

しかし、西郷隆盛が嫌ったのは無節操な儲け主義でした。

井上馨を「三井の番頭どん」と蔑んだのは、その癒着(ゆちゃく)を嫌ったのです。

つまり暴利をむさぼり、政官で結託するような汚職役人が嫌いだっただけであり

商人、ないし商取引そのものを理解しなかったわけではないのです。

 

西郷どん

 

西郷どんが私淑した島津斉彬は稀代の経済家

島津斉彬

 

そもそも、農本主義で金儲けが嫌いで農業だけでやっていくべきと

西郷どんが考えていたなら、

どうして島津斉彬(しまづなりあきら)に登用されたのかという疑問があります。

もし、西郷隆盛がゴリゴリの農本主義者なら

日本は開国して商業を盛んにするという斉彬の考えとは、

正反対になってしまう筈です。

西郷隆盛

 

西郷どんは斉彬の命令だからで、唯々諾々(いいだくだく)と従うような人ではなく

苛烈な反論を試みたりして、斉彬に(たしな)められています。

それは、島津久光(しまづひさみつ)の上洛計画に対して意見を求められ、遠慮なく

「ジゴロウ(田舎者)に何が出来るものか」と発言して、

久光の心証を悪くした点からも分かる事です。

斉彬の集成館事業

 

斉彬は集成館事業を通して製造した大砲や鉄砲を日本各地の大名や

太平天国の乱の最中の清に売りさばこうとする構想もあり、

儲けるという事に躊躇(ちゅうちょ)がない人ですから、

その斉彬に認められたという事は西郷どんに経済への理解があったか

素質があったと考えるべきではないでしょうか?

 

おいは商売をやりたい!大久保への手紙

大久保利通に手紙を送る西郷隆盛

 

西郷どんが商売を嫌っていなかった、

その証拠は盟友の大久保利通(おおくぼとしみち)への書簡にも現れています。

1864年9月16日、大久保への手紙で西郷隆盛は、

もう少し暇が出来たらと前置きした上で

 

私面(しづら)を突き出し、商法をやりたきものと相考え申し候」と書き

人任せではなく自分が前面に立ってビジネスをやりたいとの希望を述べます。

それも、「のるか反るかの大商売をやりたい」と書いているのです。

 

どうやら、奄美大島、徳之島、沖永良部(おきのえらぶ)への足掛け5年の歳月を西郷どんは、

漫然と過ごしていたわけではなく、これらの島々の特産である黒砂糖の

販売の仕組みなどを実際に見る事により、俺ならこうやるという

ビジネス構想がむくむくと湧いてきたようなのです。

 

この書簡を見る限り、西郷どんは農本主義者どころか、

積極的に商売をやりたいという商人そのものに見えます。

   

長崎と横浜を開港し、雄藩の大名と自由貿易を構想

雄藩の大名と自由貿易を構想

 

では、西郷隆盛のビジネスプランとは、どんなものでしょうか?

それは、大久保への手紙によると雄藩の大名で協力して、

長崎と横浜の二港を開いて海外と貿易をするのがベスト、

その許可が得られないなら、仕方がないので雄藩それぞれで、

自藩の港を開いて銘々で富国強兵策を取るしかないとしています。

 

そして具体的な富国強兵の方策としては、

 

「蒸気船を使用して、砂糖や中国漢方薬・煙草・鰹節(かつおぶし)様の物産を

海外で売りさばき、初年度は儲けはあまり考えずに信用を得て、

その資金で銅(大砲や銃弾の原料)または生糸(きいと)等の品を輸入しては

いかがでしょうか?」としています。

闇討ち

 

1864年と言えば、攘夷(じょうい)の嵐が吹き荒れた時期で積極的に海外と

貿易するなど内心では思っても、とても口には出来ませんでした。

しかし、西郷どんがそのように考えていたという事は、

商売嫌いの経済音痴という西郷隆盛のイメージを覆すには、

十分な証拠ではないでしょうか?

 

暴利を貪ってはいけない、西郷どんの経済倫理

号泣する西郷隆盛

 

西郷どんが蒸気船で商いたいとする砂糖や漢方薬、煙草、鰹節は、

奄美大島や琉球、鹿児島の物産です。

それらを世界相手に手広く扱い、富国強兵を実現して

倒幕資金を得るのが西郷隆盛の構想でした。

 

しかし、同時に西郷の構想の中の初年度は儲けはあまり考えない

という所にも注目すべきです。

これは、対外的にも暴利を得るべからずだけでなく、

国内的にも過酷な搾取(さくしゅ)をしないという事にも繋がります。

 

それは、西郷どんが奄美大島で目撃した砂糖地獄、

あまりにも酷い搾取についての戒めだと言えるでしょう。

西郷は琉球、奄美、鹿児島を貿易の拠点にする事で、

そこに暮らしている貧しい人々にも貿易の恩恵が落ちて豊かになる

この事を考えて、初年度は儲けは余り考えないという

一文を入れたのではないでしょうか?

 

奄美大島の人々を豊かにしたい西郷どんの恩返し

西郷どんの恩返し

 

薩摩藩のあまりにも酷い搾取(さくしゅ)に憤りを隠さなかった西郷どんですが

それだけでは現実は何も変化しません。

島で大量に取れる砂糖を島人がなめるだけで処罰される理不尽

それを無くして貿易の恩恵が奄美の人々にも行きわたるように、

自分が貿易を主導して島の人々を経済的に豊かにする。

 

「そいが、おいを受け入れてくれた島人への恩返しじゃっど」

西郷どんは、そのように考え、沖永良部から鹿児島に帰還した当初から

のるか反るかの貿易構想を考えたのではないかと思うのです。

kawauso

 

「そんな弱者に都合がよい立派な人間などいるか?

西郷の頭には、ただ富国強兵だけがあり奄美大島や沖永良部の人々への

思いなどは、多忙の中で遠くに追いやられたのではないか?」

 

そうかも知れません、しかし、このような積極的な貿易構想が、

沖永良部から帰還して、10か月の間にたて続けに出されている点に西郷どんの

「なんとか島の人々を豊かにしてやりたい」という焦りにも似た感情を

掬い取るのは、そこまで無理な事ではないと思います。

 

西郷は、一度こうと思い込むと呆れる程に信じやすい一面もあり、

紀州出身で明治政府に先んじて、廃藩置県と軍制改革を断行した津田出(つだいづる)

政府の首相に担ごうと熱心に運動するも、大勢の反対を受けて失敗、

弟の西郷従道(さいごうつぐみち)を津田に遣わして謝罪した逸話があります。

(画像:津田出Wikipedia)

 

明治に入ってでさえそうなのですから、幕末の頃の西郷どんが、

理念に先走り、何とか島の人々の貧しさを救おうと必死に考えたのは

有り得た事ではないでしょうか?

 

その人間的な魅力が重宝され経済から遠ざかる西郷どん

遠ざかる西郷どん

 

しかし、その後、西郷どんが経済に関わる事はありませんでした。

当時の薩摩藩が西郷に求めたのは、巨大な人間的魅力で藩論を統一し

倒幕へと引っ張っていくエネルギーの牽引者(けんいんしゃ)の役割だったからです。

 

明治維新後の西郷どんは、陸軍大将、参議として大勢の部下を抱え、

なおの事、商売に自ら乗り出すには難しくなり、ボスとして、

現場に必要な援助とアドバイスを行う存在になります。

演説する人

 

西郷について、経済音痴だという評価を下している伊藤博文(いとうひろぶみ)や、

大隈重信(おおくましげのぶ)は官軍の総大将としての西郷しか見ていません。

それ以前に海外貿易に意欲を示し、細々とした計算にも長けた

経済官僚としての西郷隆盛も、もちろん知らないのです。

 

確かに実際に西郷どんが貿易に関わり、五代友厚や市来四郎のような

業績を上げたかどうかは分かりません。

ですが、西郷隆盛が資本主義に理解がない、経済に疎い朴念仁(ぼくねんじん)だったとは

必ずしも言えないという事は十分証明できると思います。

 

幕末ライターkawausoの独り言

幕末ライターkawausoの独り言

 

本当は経済に暗くなかった西郷どんについて解説しました。

大河ドラマでは、ここまで突っ込んで描く事はないでしょうが、

西郷どんが、貿易を通じて奄美大島の人々の暮らしを豊かにし、

貧しさを抜け出させようと考えていたかも知れない

その事を想像すると、ドラマがより楽しく見れるのではないでしょうか?

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:【西郷どん】奄美大島に流された西郷隆盛は本当に荒れていたの?

関連記事:西郷隆盛は大家族!幕末ビッグダディを解説

 

新選組

 
 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso編集長

kawauso編集長

kawauso編集長です。 はじ三の中の人です。 様々なトピックを立てますが 盛り上がらない時には ごめんね。 大体、咬まないので 気軽にからんでもらえると 嬉しいです。

-西郷どん
-, , , ,