英雄の死因
if三国志




はじめての三国志

menu

西郷どん

篤姫の江戸城無血開城における役割とは?

徳川家を守った篤姫



篤姫

 

江戸城の無血開城と言えば、西郷隆盛(さいごうたかもり)勝海舟(かつかいしゅう)の交渉が有名ですが、

影の立役者として大奥(おおおく)が動いていました。

今回は影の立役者として篤姫(あつひめ)和宮(かずのみや)を中心とする大奥について取り上げます。

 

篤姫幾島(いくしま)の本当の関係は?』によれば、

篤姫の側近・幾島は13代将軍徳川家定(とくがわいえさだ)の死後に江戸城を去りましたが、

徳川家と薩摩藩の間で何か問題があれば江戸城に入って調整役を引き受けていました。

篤姫は江戸での旧幕府軍と新政府軍との衝突を避けるために、

調整役の幾島が病を推して官軍に篤姫の手紙を届けました。

幾島という調整役がいたから篤姫は影の立役者になれました。

 

この記事では、江戸城無血開城について取り上げます。

後半で世界の革命と江戸城無血開城を比較して、

江戸城無血開城が稀有なケースである理由について取り上げます。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:篤姫と幾島の本当の関係は?

関連記事:篤姫の実家今和泉島津氏はどんな家柄?今和泉家に里帰りした事がある?

 

 

江戸城無血開城について知ろう

江戸城無血開城

 

大政奉還後、旧幕府軍と新政府軍が衝突しました。

最初の戦争が鳥羽伏見(とばふしみ)の戦いで、この一連の戦争のことを戊辰戦争(ぼしんせんそう)と言います。

鳥羽伏見の戦いで、徳川慶喜(とくがわよしのぶ)が率いる旧幕府軍は直前に大坂城から江戸に逃亡し、

新政府軍に恭順(きょうじゅん)の意思を示しました。

勝海舟

 

鳥羽伏見の戦い後、陸軍総裁・勝海舟と会計総裁・大久保一翁(おおくぼいちおう)

徳川家の最高指揮官となり、恭順を実行に移します。

一方で、新政府側は徳川家に対して厳しい処分を断行すべきとする意見と、

処分は穏便に済ませるべきという意見が対立していました。

西郷隆盛

 

新政府軍の中では薩摩藩の西郷隆盛らが強硬論者としていました。

西郷は勝海舟との交渉で強硬論が無用な混乱を招くだけだと諭されて、

強硬論を改めて無血開城をすることに決めました。

 

 

女の戦い!

徳川慶喜

 

鳥羽伏見の戦い後、徳川慶喜は朝敵となりました。

救いを求めて江戸城にいた篤姫と和宮を頼りました。

篤姫らは徳川家を残すために戦争を回避するために動きます。

 

篤姫は幾島に託して3m近い嘆願書を西郷隆盛に送りました。

当時西郷は新政府軍の参謀として実権を握っていました。

西郷はこの篤姫の手紙を読んで涙を流したと伝えられています。

和宮

 

同じころ、和宮は幼馴染の公家で新政府軍の先鋒隊総督で公家岩倉具定(いわくらともさだ)に手紙を送り、

江戸を戦火から守るために進軍を止めてほしいと強く訴えます。

大奥の篤姫と和宮による嘆願は江戸を戦火から守ることができ、

江戸城無血開城につながりました。

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

HMR  

大奥の明け渡し

篤姫

 

篤姫は江戸城を開城するにあたって、

幕臣たちに城をきれいにするようにと通達を出しました。

大奥について、篤姫は江戸城明け渡しのとき、大奥の調度品に一切手をつけず、

自分の家具も一切持たずに一橋家に移りました。

 

篤姫は江戸城無血開城後、女中の就職や結婚の世話をしました。

また、徳川家の跡継ぎの徳川家達の養育をしました。

篤姫は御台所(みだいどころ)の頃から面倒見の良い人だったのかもしれません。

 

革命における世界史の常識

 

ここでは世界の革命について取り上げます。

革命と言えば、世界史を勉強した読者にとって、

処刑・戦死など犠牲者が出たという印象を受けると思います。

 

例えば、1917年から1922年にかけて起こったロシア革命によって

ロマノフ王朝の専制政治が終り、社会主義の国ソビエト社会主義連邦が誕生しました。

ロシア革命の際、ニコライ2世一家は処刑されました。

 

次に、1775年から1783年までに起こったアメリカ独立戦争について取り上げます。

アメリカはイギリスの植民地でしたが、イギリス本国からの厳しい税負担で苦しんでいました。

1776年にイギリス植民地だった13州が独立宣言をしました。

 

次に、フランス革命について取り上げます。

1789年にバスティーユ監獄を襲撃したことがきっかけで起こりました。

国王ルイ16世夫妻の処刑により王政が廃止され、第一共和制の樹立を宣言しました。

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

 

今回は江戸城無血開城における篤姫ら大奥の役割について取り上げました。

革命における世界史の常識で取り上げた革命と比べると、江戸城無血開城は稀有なケースと言えます。

明治時代に英語ができた人っていたの?』で、

伊藤博文(いとうひろぶみ)のサンフランシスコでのスピーチ「日の丸演説」において、

数世紀にわたって強固に続いてきた日本の封建制度は一発の銃弾も放たず、

一滴の血も流れず、わずか1年以内に撤廃することができました。

戦争をしないで中世の封建制度を打破できた国はあるのでしょうかと言いました。

無血で革命を成し遂げたケースはほとんどないでしょう。

 

日本史においても江戸城無血開城は稀有なケースかもしれません。

鎌倉幕府に移行するまでの源平合戦、鎌倉幕府から室町幕府に移行するまでの戦争、応仁の乱、

戦国時代から江戸幕府に至るまで多くの犠牲者が出ています。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:天璋院篤姫とはどんな女性?西郷どんの憧れの女性?

関連記事:「篤姫」経済効果はどの位?町おこしのヒントが満載

 

「富国強兵・文明開化」を目指した薩摩藩の藩主・島津斉彬の生涯
島津斉彬

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 大村益次郎 幕末 徴兵制度とはどんな制度?富国強兵を目指した徴兵制度導入の目的とは…
  2. まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札 近代日本の税制改革・地租改正とは?太閤検地から江戸時代まで解説
  3. 西郷隆盛 西郷隆盛は子供の頃、剣士になりたかったって本当?
  4. 幕末 西郷糸子 西郷糸子はどんな人?西郷どんの3番目の妻は冗談好きのしっかり者
  5. 皇帝になった徳川慶喜 西郷どんと最強ライバル徳川慶喜との関係は?
  6. 西郷隆盛と木戸孝允はどんな関係?
  7. 佐久間象山は狂人吉田松陰をどう評価した
  8. 阿部正弘は大奥でモテモテ、それって史実どおりなの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 李靖(りせい)曹操と孔明に憧れる
  2. 関羽を討ち取る陸遜
  3. 黄巾賊を撃退する太史慈

おすすめ記事

  1. 47話:曹操軍、新兵器 発石車で石弓隊を撃破!
  2. 李孚(りふ)とはどんな人?度胸と勇気は三国志一の魏のマイナー文官 魏の文官・李孚(りふ)
  3. 三国志の主人公の劉備の魅力について、これでもかというほど語るよ
  4. 三国志・無双アクションRPGの究極を目指す!『極無双 -GOKUMUSO-』の事前登録が開始!
  5. 魏延がいれば陳倉の戦いは勝てた?それとも負けた?史実の北伐を解説 蜀の魏延
  6. 山本勘助(やまもとかんすけ)は実在したの?今まで架空の人物だとされていた勘助の謎

三國志雑学

  1. 桃園兄弟
  2. 孔子と儒教
  3. 曹操 健康
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 三国志っておいしいの
  2. 司馬懿
  3. 楽進
  4. 周倉とホウ徳
  5. 読者の声バナー(はじめての三国志)

おすすめ記事

秦の宰相として歴史に名を刻んだ名宰相・范雎(はんしょ)【丞相編】 金栗四三 いだてん 金栗四三が箱根駅伝を開催した理由は? 孔明の罠 曹操敗れる|幾重にも張り巡らされる孔明の罠 過労死する諸葛孔明 どうして蜀は人材難に陥ったのか? 袁家をイジメる董卓 三国志の英雄で上司にするなら誰にしたい!? 天に頭はあるの?プライド賭けたトンチ合戦の勝敗は これは意外!最初は漢王朝を庇っていた袁術 三国夢幻演義バナー 龍の少年 【PR】三国志の世界を冒険しよう

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP