三国時代のトレンドファッションは?

2018年6月13日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

大喬と小喬

 

毎日のようにメディアを賑わせるファッションの話題。女性たちはシーズンごとに洋服選びに浮足立つもの。短いスパンでコロコロと変わっていくファッションですが、数百年単位で見ていくと、服装というものはさらに大きく変化していることがわかりますよね。

 

国も時代も違う三国時代の人々の服装は、当然私たちが来ている服とは全然違います。今回は、三国時代のトレンドファッションはどのようなものだったのかをさらってみたいと思います。

 

 

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



昔から中国ではドレスコードに厳しかった

劉備

 

五経の1つとして数えられる『礼記』には、喪服に関する記述がずらずらと記されています。その他の経典にも、服に関する記述は散見されます。身分ごとにどのような服を着るか。季節ごとにどのような素材の服を着るか。何色の服を着るのか。

 

中国では周代からドレスコードがガチガチに厳しかったのですね。

 

関連記事:勝負下着の参考に!三国時代の下着ってどんなのだったの?

関連記事:思ったよりエロい?…三国志時代の女性の下着

 

 

 

三国時代の皇帝ファッション

皇帝・劉備のファッション

 

ガチガチのドレスコードは皇帝にも適用されていました。それは時代が下り、三国時代に至っても変わらず。まず、皇帝といえば前後にすだれのようなものが垂れている特徴的なあの冠。あれは「冕冠(べんかん)」というのだそうです。皇帝がかぶる冕冠は前後に12本ずつ、合計24本のすだれのようなものが垂れています。冠の側面から簪をさし、髪の毛にしっかり冠を固定。その簪の両端に「充耳」という玉がつるされた紐をかけます。

 

「充耳」はつまらない言葉には耳を傾けないという意志をあらわすのだとか。そして、あご紐を結んで装備完了。秦の始皇帝は大の儒教嫌いで、この冕冠をかぶらなかったそう。以後、冕冠は姿を消しますが、後漢の明帝(めいてい)以後は復活したそうです。

 

  はじめての三国志メモリーズ

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

 

皇帝の衣装コード

皇帝の衣装

 

皇帝の衣服は「冕服」と総称されますが、その色や模様によってどのようなときに身につける衣装かが決められています。最も格式が高いとされているのは「袞衣(こんえ)」と呼ばれるもので、黒の衣いわゆるトップスと赤い(しょう)いわゆるスカートを合わせたもの。衣には龍・山・華虫(キジのヒナ)・火・宗彝(宗廟にまつる酒器)の5種類の刺繍が施されています。

 

法正

 

 

裳には藻・粉米・黼(斧)・黻(「亜」の模様)の4種類の刺繍が施されています。これらの模様にはそれぞれ意味が込められており、天への敬意を示すためのメッセージとなっています。模様は全部で12種類あり、そのすべてをあしらった天帝に謁見するための最上級の衣装「大裘冕(だいきゅうべん)」というものもあるそうです。

 

ふんどし

 

そして、帯を締め、「蔽膝(へいしつ)」を身につけます。「蔽膝」は元々股間を隠す下着のようなものでしたが、礼服として必ず身につけなければならないものとなりました。更に時代が下ると、その「蔽膝」で身分を区別するようになっていったのです。

 

皇帝の靴は「(せき)」とよばれるものでした。この「舄」は、今でいう厚底靴で、泥道を歩くこともできた優れもの。色は裳と同じ色で、赤が多かったようですね。赤は天子・諸侯だけが履くことを許された最上級の色でした。

 

 

三国時代の武将ファッション

荀彧

 

武将たちは「皮弁(ひべん)」と呼ばれる革製の帽子をかぶるのが常でしたが、曹操は戦乱による物資不足に鑑みて武将たちにも布製の帽子である「(こう)」をかぶることを命じます。そして、その階級によって色を分けたそうです。主君に謁見する際に身につける礼服は「長袍」と呼ばれるものでした。これもやはり、階級によってある程度色が定められていたようですね。袖がゆったりしていて、襟や袖口には刺繍があしらわれています。

 

郭嘉

 

 

この「長袍」には「曲裾袍(きょくきょほう)」と「直裾袍」の2種類があり、三国時代は日本の浴衣のようにすそが真っ直ぐである「直裾袍」が大流行していたそうです。靴は、祭祀に出るときには皇帝と同じ「舄」を、君主に謁見する際は「()」という糸で編み上げたものを履いていたようです。

 

孔明と劉備

 

 

そんな武将たちもリラックスタイムのときは「(きん)」という簡素な帽子をかぶって上下がつながった浴衣のような楽な服を着て、靴も下駄のようなものを履いていたそうですよ。いわゆる「外」と「内」とで服装を使い分ける習慣は、私たち日本人と通ずるものがありますね。

 

※この記事は、はじめての三国志に投稿された記事を再構成したものです。

 

元記事:三国時代のファッションはどんなのだったの?

 

関連記事:禰衡大喜び?刑罰はフンドシ一丁で受ける決まりだった魏

関連記事:お酌上手になって株を上げよう!古代中国のお酒のマナーを紹介!

 

転職活動に役立つ特集記事 三国志と転職

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
はじめての三国志 編集部

はじめての三国志

三国志の世界観や登場人物を『楽しく・ゆるく・わかりやすく』をモットーに紹介するプラットフォームメディアです。

-三国志の雑学
-,