法正特集
if三国志




はじめての三国志

menu

はじめての変

お酌上手になって株を上げよう!古代中国のお酒のマナーを紹介!

劉備と関羽と張飛の桃園三兄弟

劉備 桃園

 

酒。それは我々の生活に欠かせない嗜好品であり、人類共通の文化です。

しかもその製造工程の複雑さにもかかわらず、中国ではなんと4千年以上前の新石器時代からすでに酒が造られていました。

 

まだ冷蔵庫などない時代ですから、常温で放置された食べ物が自然発酵して、

その独特の味わいと「酔い」という不思議な現象が発見されたのだと考えられています。

 

 

魏の文帝・曹丕はワイン好き

曹丕皇帝

 

果物の多い土地では、果物が自然に腐って発酵したところから果物酒が発明されたのでしょう。

 

ワインの発明も早く、シルクロードにあった康居という国では「蒲萄酒(ブドウ酒)」が名産でしたし(『後漢書』西域伝)

また魏の文帝・曹丕(そうひ)のワイン好きも有名な話です(『酉陽雑俎』)。

 

関連記事:実は冷血を演じたツンデレ曹丕、その理由とは?

関連記事:そうだったのか!?曹丕はスイーツ男子。詩にスイーツの想いを込めちゃったよ!

関連記事:曹丕(そうひ)得意の詩で蜀の調理法を斬る

 

酒は理性を失わせる魔力

張飛にお酒 だめだよ

 

そして穀物が主食だった中国大陸では、穀物酒がメジャーでした。

 

「酒」という漢字は、酉の月(旧暦八月)に成ったキビから酒を造ったことが成り立ちといわれています。

しかしその字の意味は、「人の本性を善にも悪にもし、吉にも凶にもなるもの」(『説文解字』)。

酒には気分を盛り上げる反面、理性を失わせる魔力があることを、当時の人は認識していたのです。

 

このように酒に関して慎重であった古代の中国では、飲み方にルールがつくられました。

酒の席だからといって無礼講は許されず、むしろ無礼を働けばお手討ちになりかねませんでした。

 

 

関連記事:三国時代のお酒は発泡酒レベルだった?

関連記事:びっくり!三国時代の文化は日本に近かった?

 

春秋時代のお酒のマナー

王騎 キングダム

 

春秋時代、君主主催の宴では酒は三爵(三杯)までで、それ以上は慎まなければなりませんでした(『春秋左氏伝』宣公伝二年)。

基準は不明ですが、三杯が適量ラインだったようです。

 

しかし爵は片手で包める湯呑みほどのサイズ。

当時の酒造技術ではアルコール度数はそれほど高くなかったという話がありますが、四杯以上で酔っ払い認定を受けたということは、

当時の人は酒に弱い体質だったのでしょうか。

 

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

関連記事:王騎将軍は二人いた!キングダムのカリスマの真実

 

【次のページに続きます】

 

ページ:

1

2

関連記事

  1. 周瑜と孫策 孫策と周瑜ってそういう関係だったの!?清代に囁かれた禁断のBL説…
  2. 孔明もコペルニクスに似ていた 古代中国のコペルニクスは孔明だった?彼はなぜ天文学を学んだの?
  3. ホウ徳 ホウ徳の叩き上げ人生録!関羽に降伏せず忠義の人と讃えられた関中の…
  4. 兀突骨 兀突骨(ごつとつこつ)は実在したの?悲しみの巨人に迫る
  5. 孔明による出師の表 【パチ感満載】後出師の表を堂々パクった諸葛恪!
  6. 呂布VS劉備三兄弟 よく考えてみると劉備は反董卓連合に参加していないのでは!?
  7. 曹操 曹操の後継者問題で判断に迷ったのは儒教と文学に原因があった?
  8. 最弱武将と対峙する張飛 張飛が長坂橋を落とした時、曹操はどうして攻撃しなかったの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志 画像準備中
  2. 関羽が殺されキレる劉備
  3. 郭嘉
  4. 皇帝いっぱい
  5. 南蛮胴を身に着けた織田信長
  6. 三国志 まんがで読破
  7. 問題を解決する楊脩
  8. はじめての三国志 画像準備中

おすすめ記事

  1. 戦国策【楚策】女心を利用して窮地を切り抜けるの巻 楚の旗と兵士
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【7/11〜7/17】
  3. 武田観柳斎とはどんな人?武田観柳祭から読み取る新選組の武田観柳斎 幕末大勢で一人に襲いかかる新選組
  4. 孔明の北伐はノープランだった!?北伐の意図は何だったの? 北伐を結構する孔明
  5. 5/2 はじめての三国志 Ustream番組「はじさんチャンネル」生配信決定
  6. 屈原(くつげん)とはどんな人?楚のために命を尽くす有能な政治家

三國志雑学

  1. 五虎大将軍の趙雲
  2. 黄巾賊を退治する曹操
  3. 孔明
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹操
  2. 大喬
  3. キングダム
  4. 魏と国号を決める曹丕
  5. 曹操の使者を斬り捨てる武闘派の孔明
  6. 嬴政(始皇帝)

おすすめ記事

島津斉彬は幕末の天才藩主だった3つの理由 蜀の劉備 夷陵の戦いで勝つには?呉に対してどうするべきだったのか? 山頂に陣を敷いた馬謖 登山家・馬謖の山登りにはちゃんと意味があった! 田中角栄 【政界の怪物】田中角栄が日本に残した功績って何? 曹操と機密保持 【目からウロコ】魏武註孫子は○○○として編纂された 城 銅雀台 まさかのまさか?いや、当然?漢王朝が2回も滅亡したワケ 司馬懿対孔明 【軍師連盟】諸葛孔明の北伐は司馬仲達がいなければ成功していたの? 曹丕にバカにされて嫌な気分な王忠 曹丕は陰湿な性格じゃない!実は優しくて兄弟想いの皇帝だった

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP