ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

はじめての変

お酌上手になって株を上げよう!古代中国のお酒のマナーを紹介!

劉備と関羽と張飛の桃園三兄弟

劉備 桃園

 

酒。それは我々の生活に欠かせない嗜好品であり、人類共通の文化です。

しかもその製造工程の複雑さにもかかわらず、中国ではなんと4千年以上前の新石器時代からすでに酒が造られていました。

 

まだ冷蔵庫などない時代ですから、常温で放置された食べ物が自然発酵して、

その独特の味わいと「酔い」という不思議な現象が発見されたのだと考えられています。

 

 

魏の文帝・曹丕はワイン好き

曹丕皇帝

 

果物の多い土地では、果物が自然に腐って発酵したところから果物酒が発明されたのでしょう。

 

ワインの発明も早く、シルクロードにあった康居という国では「蒲萄酒(ブドウ酒)」が名産でしたし(『後漢書』西域伝)

また魏の文帝・曹丕(そうひ)のワイン好きも有名な話です(『酉陽雑俎』)。

 

関連記事:実は冷血を演じたツンデレ曹丕、その理由とは?

関連記事:そうだったのか!?曹丕はスイーツ男子。詩にスイーツの想いを込めちゃったよ!

関連記事:曹丕(そうひ)得意の詩で蜀の調理法を斬る

 

酒は理性を失わせる魔力

張飛にお酒 だめだよ

 

そして穀物が主食だった中国大陸では、穀物酒がメジャーでした。

 

「酒」という漢字は、酉の月(旧暦八月)に成ったキビから酒を造ったことが成り立ちといわれています。

しかしその字の意味は、「人の本性を善にも悪にもし、吉にも凶にもなるもの」(『説文解字』)。

酒には気分を盛り上げる反面、理性を失わせる魔力があることを、当時の人は認識していたのです。

 

このように酒に関して慎重であった古代の中国では、飲み方にルールがつくられました。

酒の席だからといって無礼講は許されず、むしろ無礼を働けばお手討ちになりかねませんでした。

 

 

関連記事:三国時代のお酒は発泡酒レベルだった?

関連記事:びっくり!三国時代の文化は日本に近かった?

 

春秋時代のお酒のマナー

王騎 キングダム

 

春秋時代、君主主催の宴では酒は三爵(三杯)までで、それ以上は慎まなければなりませんでした(『春秋左氏伝』宣公伝二年)。

基準は不明ですが、三杯が適量ラインだったようです。

 

しかし爵は片手で包める湯呑みほどのサイズ。

当時の酒造技術ではアルコール度数はそれほど高くなかったという話がありますが、四杯以上で酔っ払い認定を受けたということは、

当時の人は酒に弱い体質だったのでしょうか。

 

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

関連記事:王騎将軍は二人いた!キングダムのカリスマの真実

 

【次のページに続きます】

 

ページ:

1

2

関連記事

  1. 魔王曹操 【それは偏見!】偏ってしまった英雄曹操の実像
  2. 三国志は2つある!正史と演義二つの三国志の違いとは?
  3. 呂布を水攻めする曹操 曹操の徐州大虐殺の真相には諸説あり?
  4. 法正 漢中征伐は一人の漆黒の天才軍師・法正の進言によって行われた
  5. 陸遜 陸遜の人柄は地元の民間説話でも高評価!完全無欠の性格の良さが滲み…
  6. 孟嘗君 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を及…
  7. 後継者を決めずにダラダラする袁紹 袁紹は黄巾の乱平定に実は参加していなかった!袁紹は何をしていたの…
  8. 董卓と呂布 うぐ、どうしても董卓と呂布に勝てない……!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 袁術くんリフレ—ミングを学ぶ03 袁術
  2. 敗北する桓騎
  3. 三条実美
  4. 諸葛攀
  5. 岳飛(南宋の軍人)

おすすめ記事

  1. 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その2 曹操女性の敵2 ゆるキャラ
  2. 122話:孟達の心変わり!孔明の失敗と司馬懿の復活 孟達を討伐する司馬懿
  3. 37話:人を信じられなかった豪傑呂布、戦場に散る 呂布 あっけない 最後
  4. 【董卓の逸話】董卓は実はいい人だった? 赤兎馬を可愛がる董卓
  5. 【余裕をみせすぎて大失態】やっちゃった感が否めない曹操のやらかしエピソード 濮陽の戦い編
  6. 【9月の見どころ】9月に公開予定:孔子と10人の弟子 ガサツで野蛮だが武勇もあり孔子に反論しまくる子路 子路、孔子

三國志雑学

  1. 関羽に手紙を送る陸遜
  2. 三国志 居酒屋
  3. 献帝
  4. 魏から蜀に下る姜維


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 幕末 魏呉蜀 書物
  2. 東京五輪のボランティア いだてん
  3. 西郷従道 幕末
  4. 玉璽
  5. 水滸伝の宋江
  6. 忘年会の特集バナー ver.3
  7. 劉禅に気に入られる黄皓

おすすめ記事

馬謖の失敗に嘆く孔明 馬謖は街亭の敗戦の後、何を画策したの?孔明を裏切る行為で憂え悲しむ 豊臣秀吉 戦国時代2 【センゴク】鳥取城の飢え殺しはどんな戦略だったの?兵士の死亡率を最小限に済ませる戦術とは? 嫉妬している明智光秀 明智光秀の織田家での初仕事は上司の不始末の尻ぬぐいだった! 中村半次郎(桐野利秋)はどんな人?本当は冷血な人斬りではなかった! あの光武帝がダジャレ大好き!?初陣で早くもギャグをかます劉秀に萌え 徳川家康 狸(徳川家康)とお猿(豊臣秀吉)の外交合戦が面白い! 紂王 殷の紂王(ちゅうおう)とはどんな人?悪逆非道の限りを尽くした殷朝最後の帝辛 北条早雲 小田原城と「センゴク権兵衛」がコラボ!「黒レンの歴史探訪」

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP