三国志平話
はじめての三国志コミュニティ




はじめての三国志

menu

はじめての変

お酌上手になって株を上げよう!古代中国のお酒のマナーを紹介!

この記事の所要時間: 359

劉備 桃園

 

酒。それは我々の生活に欠かせない嗜好品であり、人類共通の文化です。

しかもその製造工程の複雑さにもかかわらず、中国ではなんと4千年以上前の新石器時代からすでに酒が造られていました。

 

まだ冷蔵庫などない時代ですから、常温で放置された食べ物が自然発酵して、

その独特の味わいと「酔い」という不思議な現象が発見されたのだと考えられています。

 

 

魏の文帝・曹丕はワイン好き

曹丕皇帝

 

果物の多い土地では、果物が自然に腐って発酵したところから果物酒が発明されたのでしょう。

 

ワインの発明も早く、シルクロードにあった康居という国では「蒲萄酒(ブドウ酒)」が名産でしたし(『後漢書』西域伝)

また魏の文帝・曹丕(そうひ)のワイン好きも有名な話です(『酉陽雑俎』)。

 

関連記事:実は冷血を演じたツンデレ曹丕、その理由とは?

関連記事:そうだったのか!?曹丕はスイーツ男子。詩にスイーツの想いを込めちゃったよ!

関連記事:曹丕(そうひ)得意の詩で蜀の調理法を斬る

 

酒は理性を失わせる魔力

張飛にお酒 だめだよ

 

そして穀物が主食だった中国大陸では、穀物酒がメジャーでした。

 

「酒」という漢字は、酉の月(旧暦八月)に成ったキビから酒を造ったことが成り立ちといわれています。

しかしその字の意味は、「人の本性を善にも悪にもし、吉にも凶にもなるもの」(『説文解字』)。

酒には気分を盛り上げる反面、理性を失わせる魔力があることを、当時の人は認識していたのです。

 

このように酒に関して慎重であった古代の中国では、飲み方にルールがつくられました。

酒の席だからといって無礼講は許されず、むしろ無礼を働けばお手討ちになりかねませんでした。

 

 

関連記事:三国時代のお酒は発泡酒レベルだった?

関連記事:びっくり!三国時代の文化は日本に近かった?

 

春秋時代のお酒のマナー

王騎 キングダム

 

春秋時代、君主主催の宴では酒は三爵(三杯)までで、それ以上は慎まなければなりませんでした(『春秋左氏伝』宣公伝二年)。

基準は不明ですが、三杯が適量ラインだったようです。

 

しかし爵は片手で包める湯呑みほどのサイズ。

当時の酒造技術ではアルコール度数はそれほど高くなかったという話がありますが、四杯以上で酔っ払い認定を受けたということは、

当時の人は酒に弱い体質だったのでしょうか。

 

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

関連記事:王騎将軍は二人いた!キングダムのカリスマの真実

 

【次のページに続きます】

 

ページ:

1

2

関連記事

  1. 【出身州別】三国志キャラの性格診断 第三回:青州(せいしゅう)、…
  2. えっ?三蔵法師にも、猪八戒にも沙悟浄にも前世があった!?
  3. 【ビジネス三国志】便利な人で終わらない重んじられる技術
  4. 実子劉禅(りゅうぜん)と養子劉封(りゅうほう)の明暗
  5. 山海経(せんがいきょう)って何?|中国古代の神話世界
  6. 【ネオ三国志】第7話:皇帝に就任した袁術と荀彧の秘策【蒼天航路】…
  7. 大発明!耕しながら戦う曹操のフロンティアスピリット
  8. 【能力高すぎワロタ】仕事のできる蜀の三代目トップ費禕(ひい)エピ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 夏侯惇は本当に自分の目玉を食べたの?
  2. 王騎将軍は二人いた!キングダムのカリスマの真実
  3. 賈詡のせいで董卓死後、中華が戦乱に陥った!?
  4. よりぶりんって、何者?
  5. 三国志のゲームの未来を「はじめての三国志」が考えてみる
  6. 蜀に入れば生き返る!?桃源郷とよみがえりの話

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

99話:荊州を餌に孫権に合肥を攻めさせる劉備 授業や教科書では教えてくれない長篠の戦いをセンゴクから見てみよう 何皇后はなぜ宦官の味方をしたのか? 【シミルボン】びっくり!三国志の時代の役人は役所に五日間缶詰だった? 将軍ハンニバルとはどんな人?韓信と同時代にローマを震撼させた漫画みたいなスゴイ奴 明の時代の墓から出土した腕時計型の指輪は、後漢時代のダ・ヴィンチが作ったものだった!?(HMR) 袁紹が得意とした坑道戦とは? 曹操の誤解を解く!荀彧を殺したのは本当に曹操なの?

おすすめ記事

  1. 始皇帝・政が甘々な性格であった事が原因で秦が滅びた?
  2. 安保法案ってなに?三国志で理解する安保法案【今さら聞けない】
  3. 【三国志の分岐点】最大のチャンスを見逃してしまった曹操のミス
  4. 【三国志のエチケット】口臭は人間関係もビジネスも台無しにする?
  5. 三国志の時代にもいた遊侠(ゆうきょう)とはどんな人達のこと?
  6. 愛されすぎてことわざになった人・諸葛亮(しょかつりょう)編
  7. 范蠡(はんれい)とはどんな人?越王勾践を助けた謎の天才軍略家
  8. 【キングダム時代考証】漫画の描写は嘘?ホント?キングダムの史実による歴史考証

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP