編集長日記
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

お酌上手になって株を上げよう!古代中国のお酒のマナーを紹介!

この記事の所要時間: 359

劉備 桃園

 

酒。それは我々の生活に欠かせない嗜好品であり、人類共通の文化です。

しかもその製造工程の複雑さにもかかわらず、中国ではなんと4千年以上前の新石器時代からすでに酒が造られていました。

 

まだ冷蔵庫などない時代ですから、常温で放置された食べ物が自然発酵して、

その独特の味わいと「酔い」という不思議な現象が発見されたのだと考えられています。

 

 

魏の文帝・曹丕はワイン好き

曹丕皇帝

 

果物の多い土地では、果物が自然に腐って発酵したところから果物酒が発明されたのでしょう。

 

ワインの発明も早く、シルクロードにあった康居という国では「蒲萄酒(ブドウ酒)」が名産でしたし(『後漢書』西域伝)

また魏の文帝・曹丕(そうひ)のワイン好きも有名な話です(『酉陽雑俎』)。

 

関連記事:実は冷血を演じたツンデレ曹丕、その理由とは?

関連記事:そうだったのか!?曹丕はスイーツ男子。詩にスイーツの想いを込めちゃったよ!

関連記事:曹丕(そうひ)得意の詩で蜀の調理法を斬る

 

酒は理性を失わせる魔力

張飛にお酒 だめだよ

 

そして穀物が主食だった中国大陸では、穀物酒がメジャーでした。

 

「酒」という漢字は、酉の月(旧暦八月)に成ったキビから酒を造ったことが成り立ちといわれています。

しかしその字の意味は、「人の本性を善にも悪にもし、吉にも凶にもなるもの」(『説文解字』)。

酒には気分を盛り上げる反面、理性を失わせる魔力があることを、当時の人は認識していたのです。

 

このように酒に関して慎重であった古代の中国では、飲み方にルールがつくられました。

酒の席だからといって無礼講は許されず、むしろ無礼を働けばお手討ちになりかねませんでした。

 

 

関連記事:三国時代のお酒は発泡酒レベルだった?

関連記事:びっくり!三国時代の文化は日本に近かった?

 

春秋時代のお酒のマナー

王騎 キングダム

 

春秋時代、君主主催の宴では酒は三爵(三杯)までで、それ以上は慎まなければなりませんでした(『春秋左氏伝』宣公伝二年)。

基準は不明ですが、三杯が適量ラインだったようです。

 

しかし爵は片手で包める湯呑みほどのサイズ。

当時の酒造技術ではアルコール度数はそれほど高くなかったという話がありますが、四杯以上で酔っ払い認定を受けたということは、

当時の人は酒に弱い体質だったのでしょうか。

 

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

関連記事:王騎将軍は二人いた!キングダムのカリスマの真実

 

【次のページに続きます】

 

ページ:

1

2

関連記事

  1. 袁術祭り秘話|袁術をkawausoが取り上げた理由
  2. 沢山の人材を発掘した呉の孫権
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース23記事【3/13〜3/2…
  4. 【徹底分析】キングダムを書いた原泰久はココが凄い!原先生の意外な…
  5. 呆れた!油断も隙もない!孔明にもつばをつけていた曹操?
  6. 程昱(ていいく)ってどんな人?気性の荒いおじいちゃん
  7. レッドクリフ超え!魯粛(ろしゅく)の知られざる逸話
  8. 官渡の戦いを終戦に導いた許攸(きょゆう)は偉大なの!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【真田丸】幸村だけじゃない!曹操、孔明も使った赤備え!ザクとは違うのだよザクとは…
  2. もし司馬懿が赤壁の戦いに参加していたら魏はどうなった?
  3. 崔琰(さいえん)は曹操に仕える前はいったい何をしていたの?
  4. 劉備と西郷隆盛の共通点って何?
  5. 実は鐘会はマザコンだった!人生を狂わせた母の愛
  6. 孔明の北伐が成功したら三国志どうなったの?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

キングダムの秦王・政がドハマリした韓非子(かんぴし)ってなに? 曹操の同化推進政策がマイノリティ人口問題を引き起こした!? キミとボクの三国志とはどんなアプリゲーム? 袁紹本初(えんしょう・ほんしょ)とはどんな人?曹操の最大のライバル 袁術が天下を獲るためにみんなで考えよう【第4回】 冊封(さくほう)とはどういう意味?分かりやすく解説 五分でわかる蜀の名将達の現代にまで残る名言・逸話【三国志逸話列伝】 【キングダム ネタバレ】王翦の部下は麻紘と亜光ではなかった?

おすすめ記事

  1. 【李傕・郭汜祭り 7日目】最期の勝者?仲間達を蹴落し勝ち残った董承(とうしょう)
  2. 【シミルボン】不老不死の為なら死んでもいい!寿命を縮めた曹操のデタラメ健康
  3. 蓋勲(がいくん)とはどんな人?霊帝に信頼され董卓が恐れた硬骨漢
  4. 廖化(りょうか)ってどんな人?蜀漢成立~滅亡まで戦い続けた蜀の将軍
  5. 黒田官兵衛は本当に息子の活躍を苦々しく思っていたの?
  6. 古代中国のコペルニクスは孔明だった?彼はなぜ天文学を学んだの?
  7. 公孫康(こうそんこう)とはどんな人?虚を捨て、実を取り遼東に安寧をもたらした男【遼東三代記】
  8. はじめての三国志チャンネル 第2回目 – 赤兎馬を飲む 【001】

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP