三国志平話
英雄の墓特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【なんだそりゃ?】注さらに注!ラビリンスな注釈の歴史




陳寿

 

三国志』にドはまりし、

陳寿(ちんじゅ)が著した正史『三国志』の原文を読んで勉強しよう!

と意気込んでみたら、

何とも読みにくい上によくわからない表現が多くて四苦八苦…。

 

そんなあなたの目に飛び込んでくるのが、

裴松之(はいしょうし)が付した「(ちゅう)」。

 

この「注」を読めば、

三国志』の本文の意味がわかるだけではなく、

『三国志』が何倍も楽しめちゃいますよ。

 

そんな「注」は、

現代の私たちが中国古典を理解するために欠かせない存在。

 

今回はその「注」について紹介したいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:誇りを失ってもなお『史記』を書いた司馬遷の執念

関連記事:王朗からの手紙「You降っチャイナ」に諸葛亮ガチギレ

 

 

最初の注は「伝記」

孔子と儒教

 

注の歴史は今から2千年以上も前の

春秋戦国時代(しゅんじゅうせんごくじだい)にまでさかのぼります。

 

春秋戦国時代といえば、

周王朝の力が衰えて諸侯たちが王を名乗り、

小国が乱立して乱れに乱れた動乱の時代です。

 

そんな乱世を憂い、

各地を旅してその考えを説いて回った思想家がありました。

 

その人物こそが孔子(こうし)です。

 

彼の言葉は多くの人の心を震わせ、

その言葉は孔子の没後も弟子たちによって

脈々と受け継がれていったのでした。

 

しかし、時代が下るにつれ、

孔子が書き残した言葉も、

孔子の弟子が語った言葉も

何だか意味がわからなくなっていってしまいました。

 

言葉が古くなってしまったり

語り継がれていくうちに言葉が誤って伝わってしまったり

という事態が起きてしまったのです。

 

そのような中、

孔子の言葉の正しい解釈をすべく

立ち上がった者たちがありました。

 

彼らは孔子やその直弟子たちの言葉を丁寧に研究し、

その言葉の真理を研究し、

孔子の教えが多くの人々に理解されるように注釈をつけたのです。

 

その注釈は「伝」や「記」と呼ばれています。

 

それらの中でも有名なのが、

秦の伏生(ふくせい)が『書経(しょきょう)』に注釈を付した『尚書大伝(しょうしょたいでん)』、

韓の毛亨(もうこう)毛萇(もうちょう)による『詩経(しきょう)』注である『毛詩(もうし)』、

漢の戴聖(たいせい)が著した『礼記(らいき)』と略される『小戴礼記(しょうたいらいき)』、

戴聖の叔父・戴徳(たいとく)が著した『大戴礼記(だたいらいき)』、

そして『春秋』三伝と称される

春秋時代の左丘明(さきゅうめい)による『春秋左氏伝(さしでん)』、

戦国時代の公羊高(くようこう)による『春秋公羊伝(くようでん)』、

同じく戦国時代の穀梁赤(こくりょうせき)による『春秋穀梁伝』でしょう。

 

ちなみに孔子によって『易経(えききょう)』に

直々に伝が付された『易伝』も

「伝記」に分類されるそうです。

 

 

それでも意味がわからなくなってきた結果…

呂布

 

「伝記」が付されてわかりやすくなった書物も、

時代が下っていくにつれて

その内容が人々に理解されにくくなっていってしまいました。

 

そういうわけで、今度は伝記にさらに注が付けられます。

これが、私たちが一般的に注釈と呼んでいるものです。

 

この注は経書だけではなく、

『三国志』のような歴史書や諸子百家、

果ては小説や、文集、詩の一篇一篇にまで

付されるようになっていきます。

禰衡

 

その内容は、

「~は~という意味である」といった具合に

その言葉の意味を説明するものだったり、

ある言葉の出典を示したり、

その文章の内容をどう解釈すべきかを記したりと、

その注釈者によって様々です。

はじめての三国志メンバー

 

経書は特に多くの人によって注釈書が編まれ、

その中で正しい注釈書はどれかという

議論が戦わされるほど。

 

知識人はこぞって筆を振るい、

注釈書の執筆に明け暮れたのでした。

 

よかミカンが贈る「黒三国志入門」
よかミカンのブラック三国志入門

 

ついに注の注が編まれることに

龐徳が亡くなり悲しむ曹操

 

次から次へと生み出されていった経書の注釈書。

 

ところが、その注釈書が増えすぎてどれを信じていいかもわからず、

また、時代がますます下っていったことにより、

その注釈書の解読が難しくなっていってしまいます。

 

また、科挙という官吏登用試験の科目を経書にするということで、

経書の解釈を一つに統一する必要性が生じたのです。

 

この問題を解決すべく、

唐の孔穎()(くようだつ)をはじめとする儒学者たちによって

今度は注の注ともいえる「()」が付されるようになったのです。

レポート求む

 

その疏は唐代から北宋にかけて編まれたものが多く、

その中でも特に権威のあるものは、

これまた権威ある注とともにまとめられ、

唐代には孔穎達による『五経正義(ごきょうせいぎ)』が成立し、

南宋末にはいよいよ『十三経注疏(じゅうさんぎょうちゅうそ)』が大成したのでした。

 

この『十三経注疏』こそが、儒学を学ぶための決定版。

現代でも、儒学を学ぶ学生によって読まれているのです。

 

注のバトルはまだまだ続く…

朱熹

 

漢代頃に編まれた注と

唐代頃に編まれた疏を中心として学ばれた儒教ですが、

その流れに異を唱える者が現れ始めます。

 

その代表ともいえる存在が、

朱子学の祖とされる朱熹(しゅき)です。

 

彼は、漢唐の学者たちが

表面的な文字の解釈にとらわれるあまり

儒教の本質を見失っていることに疑問を抱き、

文字に現れない孔子の教えをくみ取ろうと

経典に新しい注を付したのです。

 

ところがその後、

清代に現れた考証学者たちによって

朱熹のやり方は否定され、

漢唐の学者たちの文字を追う解釈が尊ばれるようになりました。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

その後は欧州の列強による中国侵略や

世界大戦によって経書の解釈云々

言っている場合ではなくなってしまった中国でしたが、

経書の解釈に関する議論はまだまだ繰り広げられていそうですね…。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:秦宓(しんふく)とはどんな人?口先プロフェッショナルの人生

関連記事:はにゃ?これ名詩なの?三国時代の詩が難解すぎる件

 

登場人物全員が悪!悪人のお祭り騒ぎ!
李傕・郭汜祭り

 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 茶を飲む張角(太平道) 劉備も茶を求めた?中国茶の歴史
  2. 【ビジネス三国志】曹操、黄蓋、孫権から学ぶ性格を見抜かれない上司…
  3. 魯粛と周瑜 魯粛に学ぶビジネス三国志!三国志の仕掛け人、魯粛の投資術
  4. 初めてでも大丈夫!楽しい正史 三国志の読み方
  5. 馬超にも逸話はあるの?蜀の五虎大将軍・馬超孟起の逸話
  6. 曹休 五丈原の戦いの裏側で活躍した魏の満寵とは?前編
  7. 孫権の部下に三君有り!孫呉三君とはいったい誰を指すの?
  8. 諸葛亮の住まいはどっち?襄陽古隆中VS南陽臥竜崗

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孔子と儒教
  2. 典韋にボコボコにされる成廉
  3. 異議ありと叫ぶ司馬懿
  4. 担がれる劉邦
  5. 曹操VSかく

おすすめ記事

  1. 中国史における農民反乱についての考察
  2. あの謝安もたじたじ!?謝安の嫁が強すぎる… 幕末 魏呉蜀 書物
  3. 司馬懿は屯田のおかげで曹魏を乗っ取れた?理由に迫る! 司馬懿仲達
  4. 韓信が井陘口の戦いで使ったのは背水の陣だけではなかった!
  5. もうやってられない! 三国志の時代ではどのような理由で主を変えてたの?
  6. インスタグラムはじめました。

三國志雑学

  1. 黄蓋
  2. 孫権に煽られて憤死する陸遜
  3. 孫策、陸遜、顧邵、他
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 小帝の妃
  2. 魏の皇帝になった曹丕
  3. 呉の孫権
  4. 劉備 結婚
  5. 何晏

おすすめ記事

荀彧と曹植はオシャレ男子だった?三国時代の男子は化粧をしていた 【10月の見どころ】10/27 公開予定:諸葛均の野望 黒田官兵衛 天才軍師・黒田官兵衛の最後の戦いまで神ってる 徳川家康 隠れキリシタンはどんな人?明治に入っても迫害された人々 蔣欽(しょうきん)とはどんな人?孫権に『国士』と激賞された呉の十二将の一人 解煩督 呉 【解煩督】呉にだっているぜ!解煩、敢死、無難、様々な特殊部隊 ゾトアオとはどんな人?人間を超越している異民族の首領【後編】 項羽 項羽(こうう)ってどんな人?史上最強の孤独な戦術家 Part.1

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP