春秋戦国時代

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

誇りを失ってもなお『史記』を書いた司馬遷の執念

この記事の所要時間: 334




曹操 耳で聞いて覚える三国志

 

『三国志』は、『二十四史』と呼ばれる中国の正史(主に王朝が編さんする歴史書)のひとつに数えられています。

 

読まれたことのある方であればご存知かと思いますが、正史『三国志』は人物毎に情報をまとめて記述する、いわゆる紀伝体(きでんたい)で書かれています。

しかし、中国で歴史書が書かれるようになった当初、一般的に用いられていたのは編年体(へんねんたい)と呼ばれる、年代順にできごとを記す書式でした。

 

『三国志』が紀伝体で書かれたきっかけとなったとされる正史、それが『史記』です。

『史記』を書いた司馬遷とは、一体どのような人物だったのでしょうか?




父の遺志を継いで歴史書の編さんを志す

司馬イ仲達

 

三国志関係で“司馬”の姓のつく人物と言えば、多くの方はまず司馬懿を思い出すかと思います。

“司馬”とは本来、軍事を司る官職の名前であり、その官職についていた家系が“司馬”の姓を名乗ったと考えられます。

そのことから、大本をたどってけば二人の間に血の繋がりがあるのかもしれませんが、直接的な血縁ではないことは確かです。

 

司馬遷の父、司馬談の遺言によれば、彼の家系は古くから歴史や天文を司る一族であったと言います。

古くは堯(ぎょう)や舜(しゅん)といった中国の神話上の存在とされる王に仕え、始皇帝の時代には鉄鋼を管理する役職にあったと言います。

 

司馬談は歴史書編さんを志していましたが、その夢を果たすことなく病没、司馬遷は父の遺志を引き継いて、自ら歴史書の執筆を志すことになります。

 

関連記事:古代中国のコペルニクスは孔明だった?彼はなぜ天文学を学んだの?

関連記事:旧約聖書の創世記に出てくるノアの方舟の元ネタは古代中国にあった?




友人の罪に連座させられ死刑を迫られるが……。

あざな 三国志 習字

 

父の遺志を継いで歴史書の執筆にとりかかった司馬遷でしたが、思わぬ災難に見舞われることになります。

 

当時、漢王朝にとって西域の異民族対策は重要な課題となっていました。

司馬遷の友人であった将軍の李陵は当時の皇帝である武帝に願い出て、自ら異民族の匈奴を討伐する任に就きます。

当初は善戦した李陵でしたが、自軍の五倍の敵に包囲され、やむなく降伏します。

 

関連記事:三国志に出てくる鮮卑族ってどんな民族?

関連記事:羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介

関連記事:三国志に出てくる羌族ってどんな民族?

 

友人の李陵を弁護した司馬遷

漢王朝 腐敗

 

李陵降伏の報は武帝を激怒させ、臣下たちもこれに迎合しましたが、ただ一人、司馬遷は李陵の勇戦を主張し、彼を弁護しました。

しかし、そのことが武帝の逆鱗に触れてしまい、司馬遷は投獄されます。

さらに、寝返った李陵が匈奴の兵に軍事訓練を行っているという報告が届くに至り、武帝は李陵の一族ことごとくを処刑し、司馬遷にも死刑を命じます。

 

しかしこの時、司馬遷にひとつの選択肢が与えられます。

それは、死罪を免れたければ金を払うか、それとも宮刑(きゅうけい)を選べというものでした。

【次のページに続きます】

 

関連記事:三国志の生みの親であり歴史家の矜持を悩ます歴史書編纂の裏事情

関連記事:伝説が歴史となる!近年の発掘調査で発見された曹操の陵墓




ページ:

1

2

関連記事

  1. 幻の皇帝?曹操が最も愛した息子……曹沖について
  2. 【キングダムネタバレ】ちょ~先読み!桓騎(かんき)李牧(りぼく)…
  3. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第3部
  4. 袁渙(えんかん)とはどんな人?正史「三国志」に登場し曹操が涙を見…
  5. あるポンコツのせいで崔琰は死刑になってしまったってほんと!?
  6. 三国志ライターkawausoが魏を斬る!蜀が中華統一をする方法
  7. 諸葛孔明が目指した軍師・管仲は、結構性格が悪い
  8. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第7部

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【軍師特集】三国志、中国史、日本史にみる君主を支えた敏腕軍師たち
  2. 【蜀の建国~滅亡まで】蜀の国を背負って戦い続けた丞相【孔明編】
  3. 馬岱(ばたい)ってどんな人?実は記録がほとんどない馬超のイトコ
  4. 簫何(しょうか)とはどんな人?内政なら私にお任せ!影で劉邦を支え続けた漢の三傑の一人
  5. 曹操の北伐~袁氏の滅亡~
  6. 101話:曹操魏王に、そして劉備は漢中奪回を目指す

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part1 関羽、曹操に取りあいをされた人妻 杜夫人 呂不韋の出世のきっかけはここから始まる! 項翼(こうよく)は実在した?彼は項羽の父なのか?【キングダム考察】 秦の丞相・李斯が秦を救った!逐客令を認めさせるな とっても皇帝になりたかった袁術 馬騰(ばとう)とはどんな人?馬超のパパで知られる荒れ地の猛将 はじ三の生き字引!kawausoが読者の疑問に答えます

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース37記事【1/30〜2/5】
  2. 村上義清(むらかみよしきよ)とはどんな人?武田家キラーとしてその名を馳せた戦国武将
  3. 信濃守護職就任と武田晴信の出家
  4. 後漢の時代のお金の常識に迫る!当時の金融はどんなモノだったの?
  5. 三国志の英傑達は正月に何を食べていたの?呉の人々の正月料理がまるで某有名ボクシング映画
  6. 曹操が董卓に歌をプレゼント?イミシンな董卓歌
  7. キングダムの史上最悪の宦官、趙高(ちょうこう)はどうやって浮き上がる?
  8. 項燕(こうえん)とはどんな人?信と蒙恬を撃破する王騎レベルの名将!

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP