ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
徐庶


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

誇りを失ってもなお『史記』を書いた司馬遷の執念

司馬遷(しばせん)


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

曹操 耳で聞いて覚える三国志

 

三国志』は、『二十四史』と呼ばれる中国の正史(主に王朝が編さんする歴史書)

のひとつに数えられています。

 

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志

 

読まれたことのある方であればご存知かと思いますが、

正史『三国志』は人物毎に情報をまとめて記述する、

いわゆる紀伝体(きでんたい)で書かれています。

しかし、中国で歴史書が書かれるようになった当初、

一般的に用いられていたのは編年体(へんねんたい)と呼ばれる、

年代順にできごとを記す書式でした。

 

キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)

 

三国志』が紀伝体で書かれたきっかけとなったとされる正史、それが『史記』です。

『史記』を書いた司馬遷とは、一体どのような人物だったのでしょうか?


父の遺志を継いで歴史書の編さんを志す

 

三国志関係で“司馬”の姓のつく人物と言えば、多くの方はまず司馬懿を思い出すかと思います。

“司馬”とは本来、軍事を司る官職の名前であり、

その官職についていた家系が“司馬”の姓を名乗ったと考えられます。

そのことから、大本をたどってけば二人の間に血の繋がりがあるのかもしれませんが、

直接的な血縁ではないことは確かです。

 

水滸伝って何? 書類や本

 

司馬遷の父、司馬談の遺言によれば、

彼の家系は古くから歴史や天文を司る一族であったと言います。

古くは堯(ぎょう)や舜(しゅん)といった中国の神話上の存在とされる王に仕え、

始皇帝の時代には鉄鋼を管理する役職にあったと言います。

 

司馬談は歴史書編さんを志していましたが、

その夢を果たすことなく病没、司馬遷は父の遺志を引き継いて、

自ら歴史書の執筆を志すことになります。

 

関連記事:古代中国のコペルニクスは孔明だった?彼はなぜ天文学を学んだの?

関連記事:旧約聖書の創世記に出てくるノアの方舟の元ネタは古代中国にあった?


友人の罪に連座させられ死刑を迫られるが……。

 

父の遺志を継いで歴史書の執筆にとりかかった司馬遷でしたが、

思わぬ災難に見舞われることになります。

 

呉南蛮異民族をボコボコにする潘濬(はんしゅん)

 

当時、漢王朝にとって西域の異民族対策は重要な課題となっていました。

司馬遷の友人であった将軍の李陵は当時の皇帝である武帝に願い出て、

自ら異民族の匈奴を討伐する任に就きます。

当初は善戦した李陵でしたが、自軍の五倍の敵に包囲され、やむなく降伏します。

 

関連記事:三国志に出てくる鮮卑族ってどんな民族?

関連記事:羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介

関連記事:三国志に出てくる羌族ってどんな民族?


友人の李陵を弁護した司馬遷

武帝は前漢の第7代皇帝

 

李陵降伏の報は武帝を激怒させ、臣下たちもこれに迎合しましたが、

ただ一人、司馬遷は李陵の勇戦を主張し、彼を弁護しました。

しかし、そのことが武帝の逆鱗に触れてしまい、司馬遷は投獄されます。

さらに、寝返った李陵が匈奴の兵に軍事訓練を行っているという報告が届くに至り、

武帝は李陵の一族ことごとくを処刑し、司馬遷にも死刑を命じます。

 

しかしこの時、司馬遷にひとつの選択肢が与えられます。

それは、死罪を免れたければ金を払うか、それとも宮刑(きゅうけい)を選べというものでした。

 

関連記事:三国志の生みの親であり歴史家の矜持を悩ます歴史書編纂の裏事情

関連記事:伝説が歴史となる!近年の発掘調査で発見された曹操の陵墓


宦官になっても『史記』を完成させようとした執念

 

宮刑(きゅうけい)とは別名腐刑(ふけい)とも呼ばれる刑罰で、

罪人の性器を切り取るというモノでした。

この時代、宮刑は死罪に次ぐ重罪であり、

宮刑にされた者はその後宦官として宮中に仕えるという恥辱を与えられました。

 

選択肢を与えられた司馬遷は宮刑を選びました。

宦官に身を落とすという屈辱に耐え、彼は父から託された歴史書の完成を志したのです。

 

牢獄から釈放されてから6年後、司馬遷の『太史公書』……

後世『史記』と呼ばれる事となる歴史書は完成しました。

その後、司馬遷がどのような余生を送ったのかは、現代には伝えられていません。

 

関連記事:人々の鑑になった良い宦官達

関連記事:後漢を滅ぼす原因にもなった宦官(かんがん)って誰?

 

『三国志』に記された『史記』執筆の真実とは?

劉備読書

 

『三国志』に、司馬遷の『史記』執筆にまつわる話が書かれています。

魏の二代目の皇帝であった明帝(曹丕の長男の曹叡)は臣下の王粛に

「司馬遷は自分を宦官にした武帝を恨んでおり、

『史記』で武帝を非難したと聞くが」と訊ねました。

これに対し、王粛は次のように答えたと言います。

 

「司馬遷は恨みで事実を捻じ曲げるような真似はしていません。

彼が投獄されるより前、武帝は書きかけの『史記』のうち、

自分とその父である景帝の章を取り寄せて読んでいますが、

その内容に激怒して捨ててしまいました。

恨みの感情を持っていたのは司馬遷ではなく、武帝の方だったのです」

 

武帝が司馬遷を恨んでいたのだとすれば、

なぜ司馬遷が死罪か宮刑のいずれかを選択するよう迫られたのか、

その理由がわかるような気もします。

 

波瀾万丈の生涯を送った司馬遷。

彼の歴史書に対する情熱と執念が『史記』という形で身を結び、

『三国志』にも影響を与えたことを思うと、感慨深いものを感じますね。

 

関連記事:三国志の生みの親であり歴史家の矜持を悩ます歴史書編纂の裏事情

関連記事:三国志は2つある!正史と演義二つの三国志の違いとは?

 

石川克世

石川克世

投稿者の記事一覧

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

好きな歴史人物:

曹操孟徳
織田信長

何か一言:

温故知新。
過去を知ることは、個人や国家の別なく、
現在を知り、そして未来を知ることであると思います。

関連記事

  1. 呂布と袁術 呂布の武力100以上あっても天下は取れなかった理由
  2. 関羽が現在に転生したら適職は何になる?
  3. 周瑜と陸遜 陳寿は三国志正史で陸遜をどのように評価したの?
  4. 黄蓋、赤壁の戦いでうっかり河ポチャ 【赤壁の戦いの結末】劉備・曹操・孫権はどんな事があったの?
  5. 孔明と司馬懿 司馬懿はよく考えると主人公レベルにかっこいい!?孔明との戦い「以…
  6. 張角は歴史の表舞台に登場 黄巾賊の組織体制はどうなっていたの?太平道を布教させた宗教団体を…
  7. 【新社会人必見】諸葛恪と孫権、上司に気に入られる技術
  8. 蜀の劉琦 劉琦と劉琮の仲が悪くなったのは一体どうして!?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 司馬徽
  2. 関羽
  3. 織田信長
  4. 曹操から逃げ回る劉備
  5. 呉懿と孔明
  6. 田中角栄
  7. キングダム54巻amazon

おすすめ記事

  1. 【真田丸特集】なんと戦国武将の兜の前立てには意味があった!
  2. 三国志の時代も「人は見た目が100パーセント」だった!?
  3. 何皇后はなぜ宦官の味方をしたのか? 何皇后(毒蛇) 何進
  4. 6/14 はじめての三国志 Ustream番組「はじさんチャンネル」生配信決定
  5. 高柔(こうじゅう)とはどんな人?魏で起こった不可解な事件を解決へ導いた法律の番人
  6. 魏の初代皇帝・曹丕はいったいどんな仕事をしていたの?

三國志雑学

  1. 沮授
  2. 城の前を掃除する孔明
  3. 晋の陳寿
  4. 曹植を暗殺しようとした曹丕を止める卞皇后


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 玄宗皇帝
  2. お互いに歌を交わす趙雲と劉備
  3. キングダム
  4. 新選組の土方歳三
  5. 弩(ど)を発射させる蜀兵士達
  6. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超
  7. 董卓紙幣

おすすめ記事

孟獲 祝融と孟獲三国志最強仲良し夫婦の面白エピソードとは 王烈(おうれつ)を知っていたら三国志マニア?名声をもっていながら民衆として生きた名士 曹操 詩 【はじビアの泉】現在の漢詩は曹操が造った?文化人曹操の功積 孫呉討伐戦の総大将に就任した杜預 孫呉を滅亡させた晋の将軍は誰だったの?杜預それとも王濬? 劉邦と項羽 漢と楚、軍配が上がるのはどっち?色々な面で両者を比べてみた 諸葛誕 諸葛誕(しょかつたん)ってどんな人?魏の「狗」も名声を得ていた魏の諸葛一族 裏切りイメージが悪影響か?魏延の墓は破壊されてしまった? 張飛にお酒はだめだよ 【三国志酒盛り決戦】張郃VS張飛 勝つのはどっち?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP