三国志平話
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

曹操も思わずツイート!三国志の時代に造られた精巧な地図

旅 バイク




孫権

 

人が見知らぬ土地に移動する時、必要になるのがガイドです。

もしガイドがいないなら、せめて地図は必要でしょう。

 

地図やガイドがない旅行を想像すれば、スケジュールは立てられず

行き当たりばったりの散々な内容になる事は間違いありません。

ましてや、行く手に敵が待っている戦争では、地図が無ければ

全滅を回避する事も難しいでしょう。

そんなわけで、戦乱の連続だった中国では地図が発達する事になります。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事: 三国志の時代は農民に至るまで腰に剣を佩いていた

関連記事:こんなの絶対に入りたくない!三国志の時代の牢獄は酷すぎた…当時の刑罰も合わせて紹介

 

 

管子にも銘記された地図の重要性

馬王堆から出土した駐軍図を簡単に写したイラスト

(画像:馬王堆から出土した駐軍図を簡単に写したイラスト)

 

中国では春秋戦国(しゅんじゅうせんごく)時代の遺跡から軍隊の陣地、地形の高低や重要な拠点などを

描いた実物の地図が出土しています。

当初は木簡や絹布に描かれ、時代が下ると絹布と紙に描かれました。

 

前漢末に編纂された政治や軍事についての記述のある管子(かんし)には、

「軍司令官は必ず地図を熟知する必要がある」と前置きし

 

「地図を見る事で、険しい道や車輪を浸すような水、名山、溪谷、

河川、山岳、丘陵の位置、水草、森林、(がま)(あし)繁茂(はんも)の状態、

道路の距離、城郭の規模、有名な都市、放棄された都市、

土地が耕作に適しているかどうか、全て知る事が出来

複雑な地形を事前に把握する事が出来れば、

すべて事前に行動して敵を襲撃でき、地の利を失う事もない」

 

地図を作製する効能について力説しています。

 

少なくとも2000年前には、軍事用の地図が盛んに作られていた

証拠だと考えられます。

 

ちなみに現在、中国で最古とされている地図は、紀元前310年に

中山王国から出土した陵墓の平面図だそうで墓の間取り図です。

 

 

地震感知器を発明した張衡が地図を改革した

張衡

 

地図はあったとはいえ、後漢の中頃までの地図は縮尺も方格もありません。

つまり、当時は見た目のイメージに頼った地図を書いていたのです。

私達が小学校の社会科で造る自宅の周辺のような地図が当時のレベルでした。

 

しかし、地震感知器を発明した事で知られる張衡(ちょうこう)(78~139年)が登場した事で

中国の地図は劇的に進歩する事になります。

張衡は地図投影法の一つである、正距円筒図法(せいきょえんとうずほう)を確立しました。

ザックリ言うと、小学校などにあるメルカトル図法に連なる地図です。

 

この図法は地図の緯度と経度をそれぞれ地図の縦・横にそのまま読み替えた

円筒図法で、標準緯線上と縦方向に関して正しい距離です。

形としては、地球の球体に円筒形の紙を被せて書かれているので

標準緯線から外れると歪みが生じ面積や角度は不正確です。

 

ただ、歪みは世界規模なら大きくなるものの、国内を移動する分には、

その歪みは大きくなく、十分実用に耐えます。

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

HMR  

 

曹操も思わずツイート当時の地図

 

地図の効用については、曹操も魏武註孫子形編で力説しています。

 

正しい測量法によって、正確な地形の立体的な全体像をつかんでおけば

距離の遠近や面積の広さ敵軍の規模などを即座に判定する事ができる。

 

ここには、曹操が正確な地図の効用を理解し、

その必要性を理解していた様子がうかがえます。

曹操が現代にいれば、いかに地図が有用かを思わず

ツイートしたのではないでしょうか?

 

中国の地図を確立した晋の裴秀

指揮官をしている劉備

 

張衡が確立した正距円筒図法は、西晋に仕えた裴秀(はいしゅう)により確立されました。

彼は、西晋建国時の必要性から、禹貢地域図(うこうちいきず)十八編を作成して

西晋の領土の視覚的な把握に努めると同時に、序文に地図作製の準則六体(じゅんそくろくたい)

分率、準望、道里、高下、方邪、迂直(うちょく)を示し、方丈図を作成しています。

これは、記里鼓車(きりこしゃ)という走行メーター付きの車で大地を測量して

作成された地図で、一寸が百里と決められています。

 

以後、中国では17世紀に欧州から新しい地図の知識が伝来するまで

裴秀の準則六体に則った地図を作り続ける事になります。

 

三国志の時代には、正確な地図で戦った

軍略中の郭嘉

 

張衡から、裴秀まで100年近くありますが、

その間、地図の作成が止まったとも思えず戦乱の時代でもあるので

盛んに地図は造られた事であろうと考えられます。

 

それは、張衡の正距円筒図法に則った地図であり、縮尺や方尺を持つ

本格的な精度を持ったものだったと考えられるのです。

 

三国志ライターkawausoの独り言

三国志ライターkawausoの独り言

 

当時の地図は、今のように単色ではなく、

平面的な表現をカバーする名目で様々な色使いで描かれたようです。

例えば、戦略上のポイントである城郭や都市は、黒や朱色で縁どりして

見落とす事がないように工夫されていました。

 

もしかすると、河は水色、葦や蒲は緑で塗られていたのかも知れません

だとすると、今よりもずっとカラフルな地図で、三国志の将軍たちは

戦略を練っていたのかも知れませんね。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代の楽しい農村!当時の農業とはどんなのがあったの?

関連記事:三国志時代に奴隷や奴婢はいたの?三国志の暗部に迫る

 

【漢のマイナー武将列伝】
漢のマイナー武将列伝

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 曹操 曹操ファンは見ないでください!彼は本当に乱世の英雄だったの?
  2. 劉備に降伏する劉璋 全中が泣いた!益州のボス・劉璋の最後は実に感動的だった!
  3. 【第二次濡須口の戦い】曹操軍オールスターが登場する大会戦
  4. 賈詡 賈詡と陸遜を徹底比較!あなたはどっちの天才軍師を起用する?
  5. 曹丕 【火鼠の皮衣】曹丕、とんだ赤っ恥!燃えない布などあり得ない(キ…
  6. なんじゃこりゃ?とツッコみたくなる三国志時代の職業別ユニフォーム…
  7. 三国志時代の離婚や再婚問題はどうなっていたの?曹文叔の妻を紹介
  8. 孫策涙目になるほどのフルボッコ!?小覇王をコテンパにした陳登

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 魯粛と周瑜
  2. 孟達に猛烈なラブコールを送る曹丕

おすすめ記事

  1. キングダム李信は最後には悲惨な死を迎えるって事実?
  2. 永倉新八とはどんな人?新選組への加入から剣術の逸話まで解説 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組
  3. 知ってた?三国志由来のことばBest5
  4. 本能寺の変に黒幕はいなかった!衝撃の明智光秀単独犯説 燃える本能寺
  5. 愛されすぎてことわざになった人・張飛(ちょうひ)編
  6. 【初心者向け】反董卓連合軍はどこに布陣していたの? 呂布VS劉備三兄弟

三國志雑学

  1. 孫権 弔い出陣
  2. 張飛益徳参上
  3. 費禕
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 関帝廟 関羽
  2. 幕末大勢で一人に襲いかかる新選組

おすすめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース12記事【11/6〜11/12】 狗奴国の王・卑弥弓呼 卑弥弓呼とはどんな人?狗奴国の王であり邪馬台国の抵抗勢力を解説 老黄忠に迫る!黄忠が夏侯淵を討ち取ったのは本当に法正のおかげ? 村田新八 村田新八とはどんな人?「西郷どん」でアコーディオンを弾いた薩摩藩士 【蜀軍キラー】劉備・孔明を恐れさせた張郃の対蜀戦での戦歴 一騎打ちをする太史慈と孫策 三国志時代には馬に乗りながら一騎打ちができなかった!?その理由とは? 張飛のヨメ 張飛の娘はサラブレッド?夏侯月姫と張飛の恋愛事情 益州に侵攻した劉備にとって最も強敵だったのは誰?

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP