キングダム




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

曹操も思わずツイート!三国志の時代に造られた精巧な地図

この記事の所要時間: 332




孫権

 

人が見知らぬ土地に移動する時、必要になるのがガイドです。

もしガイドがいないなら、せめて地図は必要でしょう。

 

地図やガイドがない旅行を想像すれば、スケジュールは立てられず

行き当たりばったりの散々な内容になる事は間違いありません。

ましてや、行く手に敵が待っている戦争では、地図が無ければ

全滅を回避する事も難しいでしょう。

そんなわけで、戦乱の連続だった中国では地図が発達する事になります。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事: 三国志の時代は農民に至るまで腰に剣を佩いていた

関連記事:こんなの絶対に入りたくない!三国志の時代の牢獄は酷すぎた…当時の刑罰も合わせて紹介

 

 

管子にも銘記された地図の重要性

馬王堆から出土した駐軍図を簡単に写したイラスト

(画像:馬王堆から出土した駐軍図を簡単に写したイラスト)

 

中国では春秋戦国(しゅんじゅうせんごく)時代の遺跡から軍隊の陣地、地形の高低や重要な拠点などを

描いた実物の地図が出土しています。

当初は木簡や絹布に描かれ、時代が下ると絹布と紙に描かれました。

 

前漢末に編纂された政治や軍事についての記述のある管子(かんし)には、

「軍司令官は必ず地図を熟知する必要がある」と前置きし

 

「地図を見る事で、険しい道や車輪を浸すような水、名山、溪谷、

河川、山岳、丘陵の位置、水草、森林、(がま)(あし)繁茂(はんも)の状態、

道路の距離、城郭の規模、有名な都市、放棄された都市、

土地が耕作に適しているかどうか、全て知る事が出来

複雑な地形を事前に把握する事が出来れば、

すべて事前に行動して敵を襲撃でき、地の利を失う事もない」

 

地図を作製する効能について力説しています。

 

少なくとも2000年前には、軍事用の地図が盛んに作られていた

証拠だと考えられます。

 

ちなみに現在、中国で最古とされている地図は、紀元前310年に

中山王国から出土した陵墓の平面図だそうで墓の間取り図です。

 

 

地震感知器を発明した張衡が地図を改革した

張衡

 

地図はあったとはいえ、後漢の中頃までの地図は縮尺も方格もありません。

つまり、当時は見た目のイメージに頼った地図を書いていたのです。

私達が小学校の社会科で造る自宅の周辺のような地図が当時のレベルでした。

 

しかし、地震感知器を発明した事で知られる張衡(ちょうこう)(78~139年)が登場した事で

中国の地図は劇的に進歩する事になります。

張衡は地図投影法の一つである、正距円筒図法(せいきょえんとうずほう)を確立しました。

ザックリ言うと、小学校などにあるメルカトル図法に連なる地図です。

 

この図法は地図の緯度と経度をそれぞれ地図の縦・横にそのまま読み替えた

円筒図法で、標準緯線上と縦方向に関して正しい距離です。

形としては、地球の球体に円筒形の紙を被せて書かれているので

標準緯線から外れると歪みが生じ面積や角度は不正確です。

 

ただ、歪みは世界規模なら大きくなるものの、国内を移動する分には、

その歪みは大きくなく、十分実用に耐えます。

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

HMR  

 

曹操も思わずツイート当時の地図

 

地図の効用については、曹操も魏武註孫子形編で力説しています。

 

正しい測量法によって、正確な地形の立体的な全体像をつかんでおけば

距離の遠近や面積の広さ敵軍の規模などを即座に判定する事ができる。

 

ここには、曹操が正確な地図の効用を理解し、

その必要性を理解していた様子がうかがえます。

曹操が現代にいれば、いかに地図が有用かを思わず

ツイートしたのではないでしょうか?

 

中国の地図を確立した晋の裴秀

指揮官をしている劉備

 

張衡が確立した正距円筒図法は、西晋に仕えた裴秀(はいしゅう)により確立されました。

彼は、西晋建国時の必要性から、禹貢地域図(うこうちいきず)十八編を作成して

西晋の領土の視覚的な把握に努めると同時に、序文に地図作製の準則六体(じゅんそくろくたい)

分率、準望、道里、高下、方邪、迂直(うちょく)を示し、方丈図を作成しています。

これは、記里鼓車(きりこしゃ)という走行メーター付きの車で大地を測量して

作成された地図で、一寸が百里と決められています。

 

以後、中国では17世紀に欧州から新しい地図の知識が伝来するまで

裴秀の準則六体に則った地図を作り続ける事になります。

 

三国志の時代には、正確な地図で戦った

軍略中の郭嘉

 

張衡から、裴秀まで100年近くありますが、

その間、地図の作成が止まったとも思えず戦乱の時代でもあるので

盛んに地図は造られた事であろうと考えられます。

 

それは、張衡の正距円筒図法に則った地図であり、縮尺や方尺を持つ

本格的な精度を持ったものだったと考えられるのです。

 

三国志ライターkawausoの独り言

三国志ライターkawausoの独り言

 

当時の地図は、今のように単色ではなく、

平面的な表現をカバーする名目で様々な色使いで描かれたようです。

例えば、戦略上のポイントである城郭や都市は、黒や朱色で縁どりして

見落とす事がないように工夫されていました。

 

もしかすると、河は水色、葦や蒲は緑で塗られていたのかも知れません

だとすると、今よりもずっとカラフルな地図で、三国志の将軍たちは

戦略を練っていたのかも知れませんね。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代の楽しい農村!当時の農業とはどんなのがあったの?

関連記事:三国志時代に奴隷や奴婢はいたの?三国志の暗部に迫る

 

【漢のマイナー武将列伝】
漢のマイナー武将列伝

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【軍師連盟】司馬懿は曹操の仕官の誘いを何で断わったの?
  2. はじさんが劉備を丸裸に!素顔は?身長は?劉備を徹底追及!
  3. 曹操が行った大改革って何?|パイを奪うより自分で焼け!
  4. 悪女か?恩義に生きた美女か貂蝉の生涯とは?
  5. 孫策の独立理由に疑問!袁術は孫策に対して本当にケチだったの?
  6. 走れ、李福!五丈原への神速メッセンジャー
  7. 趙雲は五丈原ではどんな役割だった?趙雲の北伐と最期
  8. 正史『三国志』と言うけれど、正史って、なに?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 五代友厚は大阪再生の立役者だった!
  2. どうやったら郭嘉は長生きできたの?過労死で亡くなった天才軍師を救う方法を考えてみる
  3. 【ポスト五虎大将軍】蜀の四龍将が生きていれば蜀は魏を倒せた?
  4. はにゃ?これ名詩なの?三国時代の詩が難解すぎる件
  5. 潼関の戦いの原因と目的と経緯について簡単に解説するよ
  6. 43話:孫策、後事を孫権に託して病没する

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

お勧めしません!部下をダメにする諸葛孔明の管理術 邪馬台国滅亡の謎に迫る!なぜ滅びたの? 【徹底解析】天下統一するはずだったのは蜀だった? 【袁術のちょっとイイ話】袁術(えんじゅつ)と蜜柑のお話 郝昭(かくしょう)ってどんな人?陳倉城で孔明を撃退した「孔明キラー」 劉邦の配下は悪党ばかりで最悪な軍だった?【前半】 111話:関羽と張飛の死に劉備は仇討ちの決意を固める キングダム 524話 ネタバレ予想:朱海決戦はどのように推移する?

おすすめ記事

  1. 【キングダム】春申君を殺った李園は本当にキレ者だったの?
  2. 【軍師連盟】司馬懿は軍師?それとも将軍?司馬懿は武将として出世したの?
  3. 39話:桃園三兄弟、バラバラに、、関羽は曹操に捕らわれる
  4. 洛陽に続き、長安でも好き放題をした董卓
  5. 三国志時代の楽しい農村!当時の農業とはどんなのがあったの?
  6. 張飛の武勇って一万人と一緒だったってマジ!?
  7. iOS向けゲームアプリ『みんなの三国志@ボーシム研』が配信開始! 簡単操作の本格シミュレーション
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース34記事【2/6〜2/12】

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP