曹操孟徳特集
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

kawauso編集長ぼやき

kawauso編集長のぼやきVol.14「三国志冬の時代」

この記事の所要時間: 34




kawauso

 

あー、皆さんこんばんは編集長です。

今回は「三国志冬の時代」について考えてみます。

話の性質上、小難しい事を言うので注意です。

 

はじ三編集長のすねすね愚痴記事

前回記事:kawauso編集長のぼやきVol.13「好きな漫画家」

関連記事:kawauso編集長のぼやきVol.12「三国志演義は凄い」

 

 

今は三国志冬の時代

冬と曹操

 

普段あまり意識しませんが、現在は三国志冬の時代です。

それは書籍の流れを見ているとよく分かります。

現在はテーマを日本史にとったものが多いかと思います。

 

日本の戦国時代は鉄板です、何より分かりやすい、

全国の大名が日本の支配者を目指して血みどろの戦いを繰り広げる

日本全体を使ったバトルロワイヤルです。

 

大陸と違い、外からの圧力がないので分かりやすいです。

日本全国ですから、外の世界だった北海道と沖縄以外では

すべての土地に戦国大名がいますしね、熱くなる筈です。

 

人気というのは、25%ずつ四等分とはいかないもので、

日本の戦国が強い時は、それ以外のジャンルは縮小します。

1位のジャンルは過半を取るので、三国志はその他のカテゴリと

残りのシェアを分け合うわけです。

 

そうなるとコンテンツ制作者の人材は戦国ジャンルに偏り、

それが拡大再生産を続けます。

ほかのジャンルは人があまり割かれないので発信力が低下し

ファン層がとぼしくなり冬の時代を迎えるのです。

 

 

浮上が上昇に繋がらないのは何故か?

レッドクリフ

 

三国志自体は、小刻みに浮上を続けているという事もあります。

主に中国ですが、三国志の大作映画が製作公開されると、

それにより、一時的に三国志人気が急上昇する事があります。

 

しかし、それもしばらくの間の話であり、

一定期間が過ぎると、やはり縮小してしまう事になるのです。

どうしてそうなるのか?

やはり、映画の人気によりかかり消費するだけで

新しく何かを産み出すというリスクを取らないからでしょう。

 

柳の下にどじょうがいるぞと聞くと、

資本は、ワーーっと集まり、こぞって川を浚いますが

新しくどじょうを養殖したり、新規にどじょうを探したりは

しないわけです。

それは、新規になにかするのはリスクがいるからです。

ろうそく

 

三国志コンテンツの拡大再生産がない以上は

燃え盛る焚火に薪をくべないわけなので、

次第に人気が縮小するのは仕方がない事でしょう。

 

日々の生活を工夫で楽しくする『三国志式ライフハック

三国志式ライフハック  

三国志を定着させるには

三国志のモブ

 

人気には、にわかファンが関係しています。

多くの場合、何かが爆発的に売れる時には、

そこへにわかファンが大勢出現しシェアを拡大します。

そのにわかファンの大半はブームが過ぎると他所に行き

一部はどどまり、本当のファンになります。

 

このコアファンが一番重要です。

にわかファンが大事じゃないわけではないですが、

コアファンは、それ以上に重要です。

 

どうして、本当のファンが重要か?

それは、この層が三国志を新しく解釈して

拡大再生産し、さらにコンテンツを購入して

三国志人気を下支えする基礎になるからです。

 

はじ三はにわかからコア層まで網羅したい

はじめての三国志運営メンバー

 

はじめての三国志は、当初三国志初心者をターゲットに

始めたのですが、やっている間に三国志には

にわかファンからコア層に移行するまでに

大きな断絶がある事が分かりました。

 

三国志世界には入口となる三国志無双のようなゲームか

ある程度の基礎知識がないと理解できないような敷居が高いブログしかなく、

超初心者を普通のファンに引き上げる中間層が不足しています。

 

その為に、にわかファンはにわかで終ってしまい、

さらに三国志知識を向上させる事が難しい仕組み

これだと三国志人気はますますやせ細ってしまうでしょう。

曹操

 

学校だって、六、三、三、四の段階を踏んで、

社会全体の知識人の量を確保しているのに、

三国志は、六→四のような急激なステップを踏むので

「もう知らなくていいや、、と挫折してしまうのです」

 

そこで、はじ三は、にわかから三国志知識をつけられる所までの

ナビゲーションを受け持つ事になりました。

 

ある歴史ジャンルが発展する為には、

流動的な、にわかファンや三国志オタクだけでなく、

その中間層を多く造る必要があります。

 

この層が一定いれば、段階的に上を目指し、やがて楽しむ側から

楽しませる側に移行する大勢の表現者が出てきて、

また三国志人気が上昇する事もあろうと思うのです。

 

 

柄にもなく難しい事を言いましたので中和!

ウンコチーンチン!!

 

それじゃあ、また来週~~

 

※次回の編集長のぼやきは7月18日の予定です

 

関連記事:kawauso編集長のぼやきVol.10「クロスワード」

関連記事:kawauso編集長のぼやきVol.8「専門家には敬意を持つ」

 

転職活動に役立つ特集記事 三国志と転職

 

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. kawauso編集長のぼやきVol.7「記事では書けないネタ」
  2. kawauso編集長のぼやきVol.3「諦めるとは」
  3. kawauso編集長のぼやきVol.12「三国志演義は凄い」
  4. kawauso編集長のぼやきVol.11「食いあわせ」
  5. kawauso編集長のぼやきVol.1「情報受け身社会」
  6. kawauso編集長のぼやきVol.8「専門家には敬意を持つ」
  7. kawauso編集長のぼやきVol.2「サービス精神」
  8. kawauso編集長のぼやきVol.10「クロスワード」

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【新事実】三国志演義の孔明!実は絶大な人気を誇った天才軍師をモデルとしていた!?
  2. 曹操に仕える前の龐徳って何してたの?地方の役人として後漢王朝に仕えていた男の人生
  3. 【曹操死す】卞皇后の一番辛くて長い日々
  4. 【軍師特集】三国志、中国史、日本史にみる君主を支えた敏腕軍師たち
  5. 陸遜はイケメンだった?三國無双でも人気武将にランクインされてる理由
  6. 大改名!?中東でも放送されたアニメ『三国志』

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

まだまだいた三国志の名外交官たち5選 鍾毓(しょういく)の進言が的確すぎる!曹叡や曹爽に撤退の進言をした魏の臣 【はじめての三国志】配信スケジュール一覧 赤壁の戦いに曹操軍が敗北した原因って実は火計じゃなかった!? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース24記事【6/19〜6/25】 老荘思想(道家)ってどんな思想?|ありのままに? 53話:体制を立てなおした劉備に曹操が襲いかかる 徐晃(じょこう)ってどんな人?魏において、もっとも功績を挙げた無敗将軍

おすすめ記事

  1. 司馬懿は大軍を率いていながら孔明にビビって逃走したってほんと?
  2. 田斉に時代最高の名君である威王の逸話【春秋戦国時代の斉の名君】
  3. 絶対ダメ!三国時代に流行していたドラッグ!?漢方薬を違法ドラッグにした何晏
  4. 三国志 Three Kingdomsのここがすごい!スリーキングダムズを楽しむ3つのポイント
  5. 劉備の養子・劉封(りゅうほう)はなぜ殺されねばならなかったの?
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【12/11〜12/17】
  7. 袁術は実はベトナムに逃げ延びていた!?【歴史ミステリー】
  8. 【キングダム名物】将軍同士の一騎打ち、印象に残る名勝負は?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP