今日のkawauso63「まさにドナドナ」

2020年11月13日

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

献帝

 

あくまでも伝承に過ぎないが、元々、馬車に乗っていた漢族の貴族が、牛車に乗り始めた切っ掛けとして、西暦196年に長安から洛陽に逃げる途中の献帝が移動の途中に馬車を失い、やむなく農夫が持っていた牛車で、洛陽まで移動した故事があるらしい。

 

しかし、洛陽から曹操に迎えられ許で操り人形になる献帝の運命を考えると、農夫の牛車に揺られて洛陽に向かう様は、まさにドナドナじゃないかと思う。

 

献帝を傀儡化する曹操

 

ドナドナドーナードーナー

天子を乗せてー

ドナドナドーナードーナー

牛車がゆーれーるー

 

李傕・郭汜祭り

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-今日のkawauso