今日のkawauso63「まさにドナドナ」

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

献帝

 

あくまでも伝承に過ぎないが、元々、馬車に乗っていた漢族の貴族が、牛車に乗り始めた切っ掛けとして、西暦196年に長安から洛陽に逃げる途中の献帝が移動の途中に馬車を失い、やむなく農夫が持っていた牛車で、洛陽まで移動した故事があるらしい。

 

しかし、洛陽から曹操に迎えられ許で操り人形になる献帝の運命を考えると、農夫の牛車に揺られて洛陽に向かう様は、まさにドナドナじゃないかと思う。

 

献帝を傀儡化する曹操

 

ドナドナドーナードーナー

天子を乗せてー

ドナドナドーナードーナー

牛車がゆーれーるー

 

登場人物全員が悪!悪人のお祭り騒ぎ!
李傕・郭汜祭り

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 碁をうつ関羽
  2. 牢獄に入れられる賈逵(かき)
  3. 凌統
  4. 朱治

    今日のkawauso

    今日のkawauso51「地元就職」

    朱治は孫権にとっては、…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP