曹操孟徳特集
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国志の時代には誘拐が大流行していた?その驚きの理由とは

この記事の所要時間: 320




三国志大学

 

三国志の直前である後漢の時代は、商業が空前の発展を見せ教育が盛んになり、

富裕な庶民でさえ学校に通うなど識字率(しきじりつ)が向上した時代でした。

しかし、光ある所影ありで、同時にこの時代は身代金目当ての誘拐(ゆうかい)

大ブームになっていたのです。

今回は誘拐が大流行した理由と、その対処法について解説します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志の時代は農民に至るまで腰に剣を佩いていた

関連記事:三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる

 

 

曹操夏侯惇が嫌い?どうして韓浩を讃えたのか

曹操と夏侯惇

 

曹操(そうそう)の懐刀である夏侯惇(かこうとん)は魏軍の中では珍しく人質になった経験があります。

兗州を呂布(りょふ)が陥れた時に、夏侯惇は軽装兵で濮陽城を出撃し呂布と戦いますが

呂布の偽の退却に引っ掛かり、占拠した濮陽城をガラ空きにして迎撃に出た所を

城を奪われた上に補給部隊を失いました。

おまけに呂布の部下の嘘投降に引っ掛かり人質にされ金品を要求されたのです。

夏侯惇

 

曹操が徐州に出払っていて不在の時に留守を守る夏侯惇が

まさかの人質という、とんでもない状態、、

曹操軍には戦慄(せんりつ)が走りますが、副官の韓浩(かんこう)は夏侯惇もろとも呂布の降将を

皆殺しにする事も止む無しと決意し、諸将を糾合して敵将の本陣に突入!

まさか攻めてくるとは思わない呂布の将は、狼狽(ろうばい)し夏侯惇を解放して逃げ

ことごとく殺されてしまいます。

曹操

 

曹操は、韓浩の行為を激賞して

「韓浩の行為は後世の手本とすべき事だ!以後誘拐犯は、

人質もろとも打ち殺し要求を聞いてはならない」と宣言して

以来、世間から誘拐事件(ゆうかいじけん)は消滅したと言われています。

 

え?でも、ちょっと待って、一歩間違えば惇兄(とんあに)ィが死ぬ所だよ

それを激賞って、曹操は夏侯惇を何とも思っていないの?

ちょっと曹操と惇兄ィの友情を疑いますが、実はこの話には

深ーい、いきさつが存在するのです。

 

 

曹操以前から誘拐犯は人質もろとも皆殺しが国法だった

血しぶき

 

実は、曹操が改めて宣言するまでもなく後漢の法では、

誘拐犯の身代金要求には決して応じてはならない決まりでした。

しかも、誘拐犯ばかりではなく人質もろとも殺せとしているのです。

 

その理由は、交渉が決裂すれば誘拐犯は人質を盾に逃げようとするからで、

ここで手加減すると誘拐犯を取り逃がすので人質を巻き添えにしても

正義を実行せよ、それでも罪には問わないという意味でした。

 

実際に韓浩も夏侯惇に対して、泣きながら

「国法なので助けられません、お許しください」と言っています。

夏侯惇も韓浩も、そういう後漢の法律は知っていたので納得づくの処置でした。

「人質を救うな」とは、曹操が初めて言い出したのではなく

国法に従った態度だから曹操は韓浩を褒めただけなのです。

 

よかった曹操が惇兄ィを嫌いなわけじゃ

なかったんですね。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの  

人質もろとも皆殺しを実行した陰皇后の母弟誘拐事件

陰皇后

 

後漢の時代、人質もろとも誘拐犯を殺害したケースには、

西暦33年に起きた光武帝の皇后、陰麗華(いんれいか)母弟(ぼてい)誘拐事件があります。

この時に役人は身代金を要求する誘拐犯に構わず、

人質ごと犯人を殺した事が後漢書の陰皇后伝に書かれています。

 

この時、皇后の母の弟を巻き添えに殺した役人達は

何ら罪に問われていないので、この処置は正当だったようです。

捕まった人質の生命より卑劣な誘拐という犯罪の撲滅(ぼくめつ)が先という方針が

この頃からあった事が分かります。

 

なかなか守られなかった国法

黒山賊

 

しかし、後漢の法律が誘拐犯に厳しい措置を決めているのに、

どうして誘拐事件が盛んに起きていたのか疑問が残りますね?

実は、このような法律が取り決められると、身内を誘拐された人は

役人に事件を届けなくなったのです。

 

「役人に事件を届けて誘拐犯ごと身内が殺されてはたまらない

それならお金を払ったほうがいい」

 

こうして、内密に誘拐犯にお金を払うのが一般化した為に

誘拐事件は顕在化せず、逆に犯罪者にとっては

なかなか捕まらない割のよい商売として大流行する事になりました。

 

法律より人情を優先してしまう、そんな人々の身内可愛さが

逆に誘拐事件を潜在化させ大流行させてしまったとは

皮肉な話ですね。

 

三国志ライターkawausoの独り言

三国志ライターkawausoの独り言

 

法治主義者の曹操は、そういう身内優先で誘拐犯に(おもね)る世間が嫌いでした。

だって法よりも身内が第一、人情が第一というのは、まんま儒教だからです。

 

「悪人をつけあがらせおって、愚民どもめ」とイラついていた時に、

たまたま部下の韓浩が勇気を奮い

「国法だから曲げられない!惇兄ィ、頼むから死んでくれ」とやったので

「あっぱれ!それでこそワシの部下じゃ」となったのでしょう。

 

別に夏侯惇が死んでも、そんなに困らないとは思っていないと思いますよ

たぶん・・・

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:曹操も劉備もこれで学んだ?漢の時代の教科書と学校

関連記事:【シミルボン】本当は凄い!黄巾賊を滅ぼし後漢を支えた三将軍とは?

 

【漢のマイナー武将列伝】
漢のマイナー武将列伝

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 三国時代のお酒は発泡酒レベルだった?
  2. 中国四大美女のひとり貂蝉
  3. 中国だけじゃない? 世界の三国時代・古代琉球・朝鮮半島・ブリテン…
  4. 勝負下着の参考に!三国時代の下着ってどんなのだったの?
  5. 大喬・小喬は袁術の側室だった可能性が高い!その驚くべき理由とは!…
  6. 諸葛恪(しょかつ かく)ってどんな人?|頭が良すぎて諸葛一族を滅…
  7. 涙なしには語れない桃園の結義
  8. 知らないと貴方も騙される!龐統の心の誘導テクニックが使えるのでこ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【キングダム】用心深い男、王翦の幸せな最期を大胆予想
  2. 【夷陵の戦い】なぜ劉備は陸遜にフルボッコされたの?大敗北を考察
  3. 【キングダム】転職によって人生を劇的に変えた李斯(りし)
  4. 【後漢王朝はこうしてダメになった】外戚VS宦官の争いってどうして起きたの?
  5. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十四話「徳政令の行方」の見どころ紹介
  6. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第13部

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

天才軍師・黒田官兵衛の最後の戦いまで神ってる 末っ子は努力が足りない!?馬謖の素性を探る 島津斉彬の性格のダークサイドを紹介!贋金作りで軍資金を造る裏斉彬 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【12/4〜12/10】 まったく安心できない三国志の全裸男、禰衡(でいこう) 秦の『外交』を分析!どうして秦が中華統一することができたのか? 【孔明涙目】パイセンの命令は絶対!『劉備軍』が想像以上に体育会系だった 68話:劉表死す、そして偽の遺言書で劉琮が後継者に

おすすめ記事

  1. 【シミルボン】兵士達の心のオアシス、軍市とはどんなモノだったの?
  2. キングダムで活躍している名将・李牧は実は臆病者だった!?
  3. オルド将軍は実在するの?やっぱり最期は龐煖にバッサリ?
  4. 悪女か?恩義に生きた美女か貂蝉の生涯とは?
  5. 11話:パンドラの箱を開けた漢王朝
  6. 116話:劉備、失意の中白帝城に没す!
  7. 「キングダム」に学ぶ成功哲学!先んずれば人を制すって何?
  8. ストーンヘンジを5分で理解!世界遺産ストーンヘンジの謎に迫る

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP