日常生活

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる

この記事の所要時間: 240




三国志 英雄たちの宴

三国志演義』には、たびたび酒宴の場面が描かれています。

劉備曹操関羽呂布……

 

三国志の英雄たちがどのような料理を食し、

どんなお酒を飲んでいたか、気になったことはありませんか?




冬場にも野菜(ニラ)を作っていた

三国志時代の野菜

 

三国時代に先んじる漢の時代には、土に穴を掘って作った温室で冬場に野菜(ニラ)を作っていたという記録が残されています。

現代の私たちと同じように、季節ものではない野菜を料理に使うことができていたようです。




漢の時代以前の家屋では調理をすると火事ばっかり

関羽 呪い 反骨心

 

漢の時代以前、中国の家屋の煙突はかまどから屋根にまっすぐ抜ける構造をしていました。

 

火力を上げると煙突を炎が昇ってしまい、屋根を焼いて火事なるということがしばしば起きたといいます。

その為、かまどの火力を上げることが出来ず、料理も弱い火力で作れるものしかなかったと考えられます。

 

 

三国時代は強い火力で調理が可能になった

三国時代 火力

 

しかし、漢の時代以降、三国時代には直角に曲げた煙突が普及しており、強い火力を利用することができるようになっていました。

ですからこの時代、料理の技術は大きく進歩し、作られる料理のバリエーションも相当増えていったと考えられます。

 

三国時代に確立していた調理方法を紹介

三国志 料理 なす

 

三国時代より後の南北朝時代にまとめられた農業の専門書である『斉民要術』には、

三国時代に確立していた基本的な料理方法についての記述があります。

 

・炙る(あぶる)。強火で炒める。

・羹(あつもの)。肉や野菜を入れて作った濃厚な熱いスープ。

・油で炒める

・煮る

・蒸す

・干し肉

・酢と醤油で味付けをする

 

ざっと見た限りでも、この時代には現代の中華料理の基本はすでに完成していたようですね。

豪華な料理が酒宴の場に並んだことが想像できます。

 

料理のことは分かりましたが、ではお酒についてはどうだったのでしょうか?

 

三国時代のお酒は薄くて粗悪だった

お酒 三国志 曹操

 

三国時代、一般的に作られていたお酒は薄くて粗悪なものが多かったと考えられています。

『ウマのように飲まないと酔うことも出来ない』とも言われていたとか。

 

古代中国の英雄たちは『斗酒なお辞せず』……

とにかく酒豪であるというイメージが強いですが、

実際にはそれだけ飲まないとロクに酔えなかったということかもしれません。

 

関連記事:お酌上手になって株を上げよう!古代中国のお酒のマナーを紹介!

 

曹操が皇帝に上奏した酒の製造方法

関羽 酒

 

曹操が皇帝に「九醞春酒法」(きゅううんしゅんしゅほう)と呼ばれる酒の製法について上奏した記録が残っています。

 

この上奏文によれば、曹操の出身地の県令であった郭芝という人物が麹を九回加えて醸造する

「九醞春酒法」を紹介し、この方法で作った酒は上質で甘みがあるとしています。

 

この「九醞春酒法」は現代の日本酒の製法にもつながるものとされており、

中国の酒の製法が大きく進化した時代と考えられているようです。

 

上流階級や権力者の食卓には「九醞春酒法」で醸造された上質の酒が並ぶことも少なくなかったかもしれません。

三国志の英雄たちが、現代に勝るとも劣らない豪華な料理や上質な酒を楽しんでいた……そんな光景が想像できませんか?

 

関連記事:三国志時代の軍備・軍事ってどんなのがあるの?

関連記事:勝負下着の参考に!三国時代の下着ってどんなのだったの?

関連記事:三国志時代の兵士の給料と戦死した場合、遺族はどうなってたの?

関連記事:1800年前に呂布がビーフバーガーを食べていた?気になる漢時代の食生活

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 

耳で聞いて覚える三国志




こちらの記事もよく読まれています

驪妃 晋

 

よく読まれてる記事:三国時代の経済ってどうなってたの?

 

鉄 s

 

よく読まれてる記事:三国時代の鉄の生産と専売制度はどうだったの?

 

大喬 小喬 三国志当時のファッションとは!

 

よく読まれてる記事:三国時代のファッションはどんなのだったの?

 

 

この記事を書いた人:石川克世

石川

自己紹介:

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。
最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。
三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

関連記事

  1. 裴潜(はいせん)とはどんな人?鳥丸の反乱を抑え、様々な政策を生み…
  2. 史上最高の天才将軍 韓信(かんしん)は性格にかなり問題あり?
  3. 霍弋(かくよく)とはどんな人?蜀の滅亡まで司馬昭に屈しなかった隠…
  4. 「楚」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介
  5. 洛陽の最速王は誰だ!意外に速い!三国時代の馬車ってどんなの?
  6. 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 P…
  7. 三国時代の鉄の生産と専売制度はどうだったの?
  8. 三曹七子にも並ぶ女流詩人、蔡文姫の数奇な人生

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. まだまだあるよ!諸子百家シリーズ 陰陽家・農家・小説家
  2. 「豎子に名を成せり」とはどのような意味なの?龐涓(ほうけん)の名言
  3. 信陵君(しんりょうくん)はどんな人?生まれ故郷を救うために舞い戻ってきた戦国四君
  4. 【意外と知らない?】孫子の兵法を読んだ偉人達!曹操やビルゲイツも愛読、人生や経営に役立つ名言が詰まった兵法書
  5. 【秦の最強武将・白起】無敵の白起将軍の残念な最後
  6. 羅憲(らけん)とはどんな人?蜀のラストサムライ!奇跡の逆転勝利で蜀の意地を見せる

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

劉備も関羽もイスラム教徒?中東シリアで流れる三国志アニメ 諸葛亮孔明と戦略勝負を繰り広げた司馬懿仲達はどんな人だったの? 董襲(とうしゅう)とはどんな人?孫家の仇敵・黄祖討伐戦で活躍した武勇の士 【シミルボン】衝撃!司馬懿の首は本当に180度回った? 袁紹に殺された2000人以外にも歴代の皆殺しに注目してみた。ちょっぴり不謹慎 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【10/31〜11/6】 2分で分かる合肥の戦い その3 曹操の秘策と張遼・李典・楽進 81話:赤壁の戦い後の劉備と孫権の関係はどうなったの?

おすすめ記事

  1. 韓玄(かんげん)とはどんな人?劉備に降伏した長沙太守
  2. 【5分で分かる】意外と知らない孫呉滅亡のきっかけ
  3. 【不仲説】三国志で一番不仲武将をランキング形式で紹介!
  4. 【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎
  5. 【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 Part.2
  6. 【三国志ミステリー】劉備はなぜ奥さんを何度も捨てて逃げたの?
  7. 村上義清(むらかみよしきよ)とはどんな人?武田家キラーとしてその名を馳せた戦国武将
  8. 【三国志の疑問】どうして宦官は消滅しなかったの?

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP