ログイン | 無料ユーザー登録


麒麟がきた
Youtube


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる

英雄たちの宴(三国志)


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

三国志 英雄たちの宴

三国志演義』には、たびたび酒宴の場面が描かれています。

劉備曹操関羽呂布……

 

三国志の英雄たちがどのような料理を食し、どんなお酒を飲んでいたか、気になったことはありませんか?


冬場にも野菜(ニラ)を作っていた

村人

 

三国時代に先んじる漢の時代には、土に穴を掘って作った温室で冬場に野菜(ニラ)を作っていたという記録が残されています。現代の私たちと同じように、季節ものではない野菜を料理に使うことができていたようです。


漢の時代以前の家屋では調理をすると火事ばっかり

庶民、村人の家

 

漢の時代以前、中国の家屋の煙突はかまどから屋根にまっすぐ抜ける構造をしていました。火力を上げると煙突を炎が昇ってしまい、屋根を焼いて火事なるということがしばしば起きたといいます。その為、かまどの火力を上げることが出来ず、料理も弱い火力で作れるものしかなかったと考えられます。


三国時代は強い火力で調理が可能になった

伊尹 料理人

 

しかし、漢の時代以降、三国時代には直角に曲げた煙突が普及しており、強い火力を利用することができるようになっていました。ですからこの時代、料理の技術は大きく進歩し、作られる料理のバリエーションも相当増えていったと考えられます。


三国時代に確立していた調理方法を紹介

料理人

 

三国時代より後の南北朝時代にまとめられた農業の専門書である『斉民要術』には、

三国時代に確立していた基本的な料理方法についての記述があります。

 

肉を食べる曹操

 

・炙る(あぶる)。強火で炒める。

・羹(あつもの)。肉や野菜を入れて作った濃厚な熱いスープ。

・油で炒める

・煮る

・蒸す

・干し肉

・酢と醤油で味付けをする

 

肉屋

 

ざっと見た限りでも、この時代には現代の中華料理の基本はすでに完成していたようですね。

豪華な料理が酒宴の場に並んだことが想像できます。

 

料理のことは分かりましたが、ではお酒についてはどうだったのでしょうか?

 

三国時代のお酒は薄くて粗悪だった

お酒 三国志 曹操

 

三国時代、一般的に作られていたお酒は薄くて粗悪なものが多かったと考えられています。

『ウマのように飲まないと酔うことも出来ない』とも言われていたとか。

 

劉寛 酒

 

古代中国の英雄たちは『斗酒なお辞せず』……

とにかく酒豪であるというイメージが強いですが、

実際にはそれだけ飲まないとロクに酔えなかったということかもしれません。

 

関連記事:お酌上手になって株を上げよう!古代中国のお酒のマナーを紹介!

 

曹操が皇帝に上奏した酒の製造方法

酒におぼれてしまった曹植

 

曹操が皇帝に「九醞春酒法」(きゅううんしゅんしゅほう)と呼ばれる酒の製法について上奏した記録が残っています。

 

この上奏文によれば、曹操の出身地の県令であった郭芝という人物が麹を九回加えて醸造する

「九醞春酒法」を紹介し、この方法で作った酒は上質で甘みがあるとしています。

 

酒を飲む曹操と劉備

 

この「九醞春酒法」は現代の日本酒の製法にもつながるものとされており、

中国の酒の製法が大きく進化した時代と考えられているようです。

 

上流階級や権力者の食卓には「九醞春酒法」で醸造された上質の酒が並ぶことも少なくなかったかもしれません。

三国志の英雄たちが、現代に勝るとも劣らない豪華な料理や上質な酒を楽しんでいた……そんな光景が想像できませんか?

 

石川克世

石川克世

投稿者の記事一覧

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

好きな歴史人物:

曹操孟徳
織田信長

何か一言:

温故知新。
過去を知ることは、個人や国家の別なく、
現在を知り、そして未来を知ることであると思います。

関連記事

  1. 公孫サン(公孫瓚) そうだったのか!武器の特徴を知ると三国志の時代の戦い方が分かる!…
  2. 夏侯淵 今と変わらない?三国志の時代の勤務評価表を紹介
  3. 万里の長城 匈奴に備えて作った万里の長城のセキュリティって万全だったの?
  4. 貨幣を量産してハイパーインフレを起こす董卓 董卓の長安遷都の経済基盤はどこから来ていた?
  5. 夷陵の戦いで負ける劉備 【新事実】夷陵の敗戦は荊州出身者への忖度の結果だった!
  6. 五虎大将軍の趙雲 もし荊州を趙雲に任せたらどうなったの?【ろひもと理穂if考察】
  7. 魏みんなで魏志倭人伝(夏侯惇、典偉、夏侯淵、許長、張遼、曹操) 魏志倭人伝とは何?陳寿に感謝!三国志時代の日本がわかる
  8. 孔明君のジャングル探検 【地図付き】地味だけど結構重要だった!諸葛亮の南中遠征

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “読者の声" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"
“はじめての三国志企画特集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 公孫淵
  2. 許靖
  3. 曹操は褒め上手
  4. 問題を解決する楊脩
  5. 華佗(華陀)
  6. 責められる陸遜
  7. 真田丸 武田信玄
  8. 結婚を喜ぶ孫策
“夜のひとときながら三国志ver3"

おすすめ記事

関羽の死 糜芳(びほう)とはどんな人?古参の武将でありながら関羽を裏切り呉へ寝返った男 辛毗(しんぴ)とはどんな人?曹丕が泣き言を言うほど厳しく反対意見を述べた政治家 月刊はじめての三国志2018年11月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました 項羽 項羽(こうう)ってどんな人?史上最強の孤独な戦術家 Part.1 悩む司馬炎 【司馬炎の晩年苦労話】子孫繁栄出来るかな? 高順が呂布に疎んじられた理由 【陥陣営】高順が呂布に疎んじられた理由は性格の不一致だった 織田信長 織田信長の好物は一体なに?どんな味を好んで食べていたの? 法正 もし徐庶が劉備軍に留まっていたら法正と北伐を行った【if三国志】

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “はじめての三国志企画特集" “つながるはじめての三国志" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
“歯痛の歴史"
“三国志読み放題サービス"
まだ漢王朝で消耗してるの?
君主論
ビジネス三国志
ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“はじめての三国志Youtubeチャンネル"

“ながら三国志音声コンテンツver2"
PAGE TOP