よかミカンの三国志入門




はじめての三国志

menu

西郷どん

小栗忠順とレオンロッシュ。フランスが幕府を支援していた理由は?

この記事の所要時間: 241




フランス

 

 

幕末(ばくまつ)の日本は、イギリスが薩長(さっちょう)側を支援する一方で、フランスは幕府を支援しました。

この記事ではフランスが幕府を支援した経緯と理由について取り上げます。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:徳川慶喜は会津藩をポイ捨てにした?

関連記事:徳川慶喜とナポレオン三世の知られざる日仏交流史

 

 

フランスが幕府を支援した理由とは?

 

フランスが幕府を支援し始めたころ、

小栗忠順(おぐりただまさ)が幕府の財政立て直しを指揮していました。

小栗は駐日フランス公使ロッシュの通訳と親しかった

旧知の栗本鋤雲(くりもとじょうん)を通じて、フランスとのつながりを持ちました。

 

製鉄所を建設する予定で、当初アメリカ人の技術者を招聘することを考えましたが、

当時アメリカは南北戦争で余裕がありませんでした。

結果としてアメリカ人は減りフランス人技術者中心の招聘となりました

 

小栗はフランスの支援を得られたので、財政再建と軍事力強化に力を入れます。

具体的には、海軍力強化のため44隻の艦船を購入しました。

艦船以外では大砲や銃を大量に購入しています。

黒船

 

この幕府の購入について、ロッシュはフランス政府に報告書を送りました。

報告書の内容は次の通りです。フランスが幕府の支援を拒絶すると、

貿易上で不利になり損害は大きいと政府に報告しています。

また、日本の炭鉱は豊富であることから、

フランス人技師の手で開発されれば優位に立てる可能性があることも指摘しています。

 

 

幕府が強くなる前に、薩長が早急な武力倒幕を目指した理由

西郷隆盛

 

幕府の財政再建を担当していた小栗忠順はフランスの支援を得られたことにより、

製鉄所の建設と軍事力を強化しました。

幕府はフランスの支援を得られたので、44隻の艦船と大量の大砲や銃の購入などで

急速に強くなり始めていました。

当時、幕府は短期間で東洋一の艦隊を作り上げることに成功しました。

 

短期間で東洋一の艦隊を作った小栗の手腕について、

薩長は認めざるを得ない状況になりました。

薩長はこの小栗の手腕を警戒し、倒幕を急ぐことになりました。

 

【維新を阻止しようとした男たちの秘話】
ガンバレ徳川

 

富国強兵を進める小栗 その時ロッシュは

ロッシュ

 

小栗忠順はフランスの支援を得て横須賀製鉄所の建設と

株式会社兵庫商社の設立に力を入れました。

兵庫商社は大阪の有力商人から100万両という資金出資を受け設立された会社で、

当時の設立資金としては別格でした。

日本初の本格的ホテルである築地ホテル館の建設も始めます。

 

当時、小栗はロッシュとともに日本各地を旅しています。

1868年1月1日にアメリカ・イギリス・オランダ・フランス・ロシアと結んだ

修好通商条約(しゅうこうつうしょうじょうやく)で開港することになった神戸港を視察しています。

 

そして幕府崩壊フランスが最後までこだわった「蝦夷地」の真実

フランスと江戸幕府

 

幕府はなぜフランスから大量の借金という形で資金援助を得ることができたのか。

なぜフランスは幕府の支援を続けたのか。ここではこれらの疑問について考えます。

小栗忠順は富国強兵に600万ドルにものぼる借款契約をしました。

 

なぜ借款契約ができたのか。理由として蝦夷地(えぞち)を担保としていたことが挙げられます。

当時、蝦夷地は間宮林蔵らが探検したことがあるだけで、幕府の直轄領は函館辺りまででした。

蝦夷地は開発されていなかったことから、小栗とロッシュは

今後の経済発展が見込めると考えたのかもしれません。

 

対日貿易について、アメリカは南北戦争で貿易をする余裕がなかったため、

イギリスが対日貿易でほぼ独占していました。

フランスは対日貿易で特に生糸の貿易で独占することを狙っていたと考えられます。

ロッシュは幕府に国政改革案も提案しています。

 

その改革案は内閣組織の採用で、重要国務は閣議で決定します。

人材の抜擢(ばってき)もすすめたので、優秀であれば大名はいうまでもなく

旗本の中からも登用されました。

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライターオフィス樋口の独り言

 

今回は小栗忠順の富国強兵政策について取り上げました。

小栗の政策は後の明治維新につながるものであることが分かりました。

この記事では、大政奉還(たいせいほうかん)後の小栗忠順について

取り上げることができなかったので、別の記事で取り上げたいと思います。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:徳川慶喜の逸話を紹介!先生が教えない最後の将軍の素顔

関連記事:徳川慶喜の大政奉還は日本国大統領の布石だった!?

 

愛と勇気で時代を切り開いた西郷どんを100倍楽しむ
西郷どん

 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 幾島vs本寿院勝敗を決めたのは徳川斉昭のスケベだった
  2. 愛加那(あいかな)と西郷どんの子供達の人生とは?
  3. 西郷隆盛は子供の頃、剣士になりたかったって本当?
  4. 大奥には入れ替えがあった?意外に知らない大奥
  5. 篤姫の本当の魅力って?後世にも評価される生き方を考えよう!
  6. 勝海舟はホラ吹き?そのホラは実際にどうなったのか?
  7. 近藤勇の好物「たまごふわふわ」とは? 新選組局長も食べた卵料理レ…
  8. 大久保利通は何で暗殺されたの?紀尾井坂の変(大久保利通暗殺事件)…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【シミルボン】これは意外!モノマネが大好きだった三国志の人々
  2. 竹林の七賢とは何をしている人たちなの?成り立ちなどをわかりやすく解説
  3. 119話:孔明君のジャングル探検?南蛮討伐本戦
  4. 秦を滅ぼし暴走した劉邦を止めた天才軍師・張良の必殺の言葉って何?
  5. 反信長包囲網に参加した諸将の動きを徹底紹介!
  6. 【宦官の逆襲】後漢が滅んだのは本当に宦官のせい?悪いのは俺達だけじゃない!!

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第36話「井伊家最後の日」の見どころ紹介 え?劉備は意外にも経済に明るい人物だった?孔明の北伐が継続できたのは劉備のおかげ!? ネタバレ注意!政の配下となった李斯の最期が残念すぎる キングダム ネタバレ予想535話「急成長 イケメン蒙恬とポンコツ信」 【キングダム】「信の強さはホンモノ?」休載スペシャル 日本の外交官も参考にすべき?三国志の外交交渉能力ベスト10 于禁と共に関羽に降伏した浩周と東里袞のその後とは? 『とちぎの三国志「山車人形」まつり』が開催。三国志の登場人物を載せた山車を展示

おすすめ記事

  1. 孔子が理想とした王朝・周はどんな王朝だったの?
  2. 【これはひどい】孫皓が天下統一できると勘違いした占いとは?
  3. 李陵(りりょう)とはどんな人?キングダムの李信を先祖に持つ悲運の将軍【前半】
  4. 三国志は2つある!正史と演義二つの三国志の違いとは?
  5. 曹操が皇帝に即位していたら三国志はどうなったの?
  6. 篤姫の役割とは? 江戸時代の将軍の正室の役割を考える!
  7. 合肥の戦いで張遼が孫権を討ち取っていたら三国志はどうなった?
  8. 曹操軍の食料担当にはなりたくない!!その理由とは?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP