魏延
馬超




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

公孫瓚の易京城はどんな城?

三国志大学で勉強する公孫サン(公孫瓚)




公孫瓚

 

北方の雄、公孫瓚(こうそんさん)、一時は河北を支配した彼ですが鮑丘(ほうきゅう)の戦いで袁紹に敗れて以来

次第に勢力を縮小していき、最期には易京(えきけい)城に籠城(ろうじょう)して五年の後に敗れて自害しました。

これはよく知られている話ですが、易京城とはどんな城だったのでしょうか?

今回は、公孫瓚最期の地、易京城について解説します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:公孫瓚の息子って残念な最後を迎えてたってマジ?

関連記事:英雄記から見た河北の覇者を決める公孫瓚VS袁紹

 

 

易京城とは、土壁と濠で造られた城

土壁と濠で造られた城

 

公孫瓚が築いた易京城とはどんな城だったのでしょうか?

魏志の公孫瓚伝には、以下のような記述があります。

 

塹壕(ざんごう)を十重にして、塹の裏には(きょう)(土の丘)を築き、その高さは皆な

五・六丈(15~18メートル)、その上にさらに(ろう)(やぐら))を建てた。

塹壕の中心の京は特に高さ十丈(30メートル)で、自らの居所とし

食糧三百万石を積んだ。

 

これを見ると、易京城は京(土の丘)と塹壕が十重に巻かれた土の城です。

土の城というと貧弱なイメージですが、当時の城は大半土城でした。

黄土高原は目の細かいシルトと呼ばれる砂で出来ていて、

版築(はんちく)工法で踏み固めればどんどん堅くなり、容易に破壊できなくなります。

おまけに乾燥した華北では、降雨量も少ないので土城でも十分な強度を

得る事が出来たのです。

 

こうして、突き固めた京にさらに楼を組んで、敵が攻めてくれば、

雨あられと矢を射かけたのですから、それは難攻不落でした。

 

 

後漢書では屯田もしていた公孫瓚

貧しい農民

 

正史三国志で読むと、ただ兵糧を運び込んで食いつぶすだけに見える公孫瓚ですが

後漢書には、公孫瓚が屯田(とんでん)していたと書かれています。

それが本当であれば、10年どころか、それ以上に公孫瓚は籠城できたかも知れません。

 

後漢書の記述では、公孫瓚は豊富な食糧を拠り所に包囲している側の麴義(きくぎ)

兵糧切れで退却すると打って出て、数千人を斬る戦果を挙げています。

こうして、見ると公孫瓚は決して自暴自棄(じぼうじき)では無かったようです。

 

覇を競う乱世に新たな秩序を打ち立てた曹操の生涯
曹操孟徳

 

味方を救援しなかったは嘘?籠城する将兵の心の拠り所だった公孫瓚

公孫瓚

 

易京の包囲戦では、公孫瓚は援軍を送れば癖になり必死で戦わないとして

敢えて援軍を送らなくなったので、バカ臭くなった将兵は次々に降伏して

公孫瓚は、自分の首を絞めたとありますが、それは、三国志の本伝ではなく、

英雄記にある記述です。

 

逆に本伝には、公孫瓚が黒山賊と呼応して、袁紹軍を挟み撃ちにしようと

城を出ようとすると長史の関靖(せきせい)が止めて、こう言っています。

黒山賊

 

「すでに土山は崩壊して守備力は大きく減退し、兵の士気も低下しました。

しかし、それでも将兵が頑張っているのは砦の内部の老幼を愛するが為と

将軍が心の支えになっているからです。

 

ここは将軍が動かずに、守りの中心になれば、いずれ袁紹軍の兵糧が尽きて

退却しましょう、そうすれば、離れた将兵も再び戻ります。

もし、ここで将軍が城を捨てれば、軍から求心力がなくなってしまい、

易京は、ただ砂の上に棒が立っているだけの危うきに陥ります。

そうなってから、公はどうやって再起するおつもりか?」

 

 

こう言われて公孫瓚は自ら出撃するのを思い止まります。

これが事実なら公孫瓚は人心を得られないどころか、

守備軍の心の支えだったという事になります。

 

袁紹は地味な坑道を掘り続けて、ようやく公孫瓚の本陣を潰した

袁紹穴を掘る

 

5年に及ぶ籠城戦で、袁紹は地道に十重の塹壕と京と楼を破壊します。

それでも、最期にそびえる高さ30メートルの土壁は攻めあぐね、

ここから、坑道(こうどう)を掘っていく事になりました。

 

英雄記の記述では、袁紹は重さがある楼に目をつけて、

攻撃部隊を二つに分けて、一つに坑道を掘らせて、楼の真下まで掘り進み

そこを木材で押し上げてから、柱に火を放って焼き捨てると、

楼は自重で崩壊したと書かれています。

 

後漢書の記述では、袁紹の攻めはもっと苛烈でした。

公孫瓚は、息子の公孫続を黒山賊に派遣する時に以下のように言いました。

 

半端ないって、袁紹ホンマ半端ないって!

周滅亡の頃の混乱では死体で地が覆われたみたいやけど

ワシ、内心ではそんな事あらへん大袈裟(おおげさ)や思てたんや!

せやけど袁氏の攻撃はオーガやったやん、マジ範馬勇次郎(はんばゆうじろう)やん

雲梯車(うんていしゃ)衝車(しょうしゃ)も城壁に舞い上がるし、太鼓と角笛は地中までドンドコ!

昼間も夜も攻められて精神的に追い詰められて何も言えへん

死体は放置されて、鳥に食われて泥水はだんだん増えてきてるんやで

こんなん袁紹以外に出来る?

出来るなら連れてきてみて!

袁紹ホンマ半端ないって!!!

少々、意訳が入っていますが、袁紹の攻めは鬼のようで

公孫瓚は精神的に追い込まれていたのです。

公孫瓚

 

公孫瓚は、黒山賊との連携が失敗し、本丸に敵軍が迫ると

袁紹に敗れた事を悟り妻子を殺して自殺します。

ここでも正史には、英雄記に見られるような人間不信になり、

男子を遠ざけ妾に伝言をさせるというような老害全開の公孫瓚はいません。

先に出て来た長史の関靖は公孫瓚の死後に

自分だけ生き残る事を拒否して袁紹軍に突撃して戦死しています。

こうして見ると、公孫瓚には生きて虜囚(りょしゅう)になる事を潔しとせず、

従容(しょうよう)と死を選ぶ立派な英雄の生きざまがあるのです。

 

三国志ライターkawausoの独り言

三国志ライターkawausoの独り言

 

こうして見ると、易京の戦いは公孫瓚の失点で負けたというより

袁紹が粘り強く5年もかけて攻め続けた効果により、

力尽きて敗れたという方が正確でしょう。

 

不幸にして袁紹には公孫瓚以外には敵がなく、曹操(そうそう)も子分のような扱いで

頼みの黒山賊もほぼ崩壊してしまっては、起死回生(きしかいせい)を図る方法も

無かったという事になります。

 

ちなみに易京は、この後も北の重要拠点として存続し続けましたが、

五胡十六国時代に、後趙(こうちょう)石虎(せきこ)によって取り壊されました。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:袁紹が得意とした坑道戦とは?

関連記事:三国志演義と正史で大違い?劉備の恩人、公孫瓚

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの  

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 劉備の黒歴史 劉備は黄巾の乱の時に何をしていたの?どうやって軍資金を調達したの…
  2. 三国志と水滸伝の違い、あなたは説明できますか?
  3. 袁術と袁紹の喧嘩 あれほど豪華なメンツが揃っていた反董卓連合軍が董卓に負けた理由
  4. 旧約聖書の創世記に出てくるノアの方舟の元ネタは古代中国にあった?…
  5. 嬴政(始皇帝) 秦の始皇帝ってどんな人だったの?青年期編
  6. 郭嘉 司馬懿は仮病!もしも郭嘉が赤壁の戦いまで生きていたら?
  7. ただの女好きじゃない!?最期の時まで妻達に愛情を見せた曹操
  8. 董太后、王族ボンビーから一転セレブ 献帝の祖母の波瀾人生

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 3000人の配下で孔明の庵を包囲する武闘派な劉備
  2. 幕末 魏呉蜀 書物
  3. 劉備の黒歴史
  4. 孔明 vs 司馬懿
  5. 坂本龍馬の臨終(暗殺)

おすすめ記事

  1. 【笑林】食文化の違いネタで呉の人のコンプレックスが分かる! 法正と劉備
  2. 戦国策(燕策)他人の名声で自分を利するの巻 「燕」の旗を持った兵士
  3. 馬超の死後、一族はどうなったの?漢族の国家に仕えながら死ぬ寸前まで遊牧民のプライドと一族を守ろうとした馬超 五虎大将軍の馬超
  4. 張飛の武器は蛇矛じゃなかった?蛇矛は三国志の時代の武器だった? 張飛が使う蛇矛
  5. 第3話:袁術くん、自分の幸せを見つけるため「他人とすぐ比較する癖」を直す 袁術、曹操、袁紹(他人とすぐ比較する癖を直す)
  6. 史実の于禁はどんな評価されていたの?現代に通じる于禁の話 于禁、曹操、青州兵

三國志雑学

  1. 唐周(とうしゅう)
  2. 馬に乗って単身荊州へ赴く劉表
  3. 城の前を掃除する孔明
  4. ホウ徳(龐徳)
  5. 曹操に降伏する教祖・張魯
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 亡くなる劉備に遺言を聞く諸葛亮と趙雲
  2. 孔子と儒教
  3. 郭嘉
  4. 関羽が好きすぎる曹操
  5. 徳川慶喜(幕末)
  6. 法正
  7. 幕末 帝国議会

おすすめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース33記事【5/7〜5/14】 なぜ司馬遷は腐刑を受けることになったの?驚きの理由とは!? もうやってられない! 三国志の時代ではどのような理由で主を変えてたの? はじめての三国志 画像準備中 張儀(ちょうぎ)とはどんな人?合従策に対抗した外交策を立て歴史に名を残した遊説家 Part.2 賈逵(かき) 賈充の父・賈逵は息子と違い軍事に優れた人物だった!? 三国志時代の兵士の給料と戦死した場合、遺族はどうなってたの? 始皇帝 始皇帝の偉大な業績!漢字を統一し意思疎通を容易にした中国の産みの親 小早川秀秋は関ヶ原の戦いでなんで西軍を裏切ったのか?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP