コメント機能リリース
馬超


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

裴松之が注をつけていなかったら『三国志演義』は生まれなかった!?

幕末 魏呉蜀 書物




書物

 

我々が親しむ『三国志』にまつわるゲームや漫画のほとんどは

明代に編まれた小説『三国志演義』を下敷きにしています。

 

そんな小説『三国志演義』もまた、

三国時代が終わってすぐの西晋時代に陳寿(ちんじゅ)によって編まれた

正史『三国志』をベースにしているわけですが、

おそらく陳寿の『三国志』が「そのまま」だったら、

三国志演義』が生み出されることはなかったでしょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:裴松之(はいしょうし)の神編集!異論反論ブチ込みまくりで三国志が激アツに!

関連記事:【二人の歴史家】姜維の評価をした孫盛と裴松之が下した剣閣戦の評価

 

 

本文と注の分量がほぼ同じ

 

え?なんで?

頭の中に疑問符がたくさん浮かんだ人もいるでしょう。

そんなあなたは一度正史『三国志』を手に取って

さらっとでもいいので目を通してみるといいでしょう。

 

おそらくあなたはあることに気づきます。

「…なんかこの本、本文よりも注釈の方が多いのでは?」

そう、この陳寿による正史『三国志』、

実はほぼ半分もしくはそれ以上が注で構成されているのです。

 

そして、その注には「~曰」といった調子で

あらゆる書物の記述が引かれています。

では、この膨大な量の注は、一体誰が何のために付けたのでしょうか?

 

 

文帝、陳寿『三国志』にご不満

陳寿『三国志』にご不満

 

陳寿が仕えた西晋王朝も八王の乱によって弱体化した挙句、

隙を見て襲い掛かってきた匈奴によって滅ぼされ、今度は南の方で東晋王朝が建ったと思ったら、

ギラついた部下・劉裕(りゅうゆう)に無理矢理禅譲させられて劉氏による南朝宋が興ります。

 

そんな六朝時代は、王朝の移り変わりこそ目まぐるしかったものの、

後に漢民族の誇りともなる詩文や書を愛する文化が根付いた時代でもありました

というわけで、南朝宋の文帝(ぶんてい)も読書を愛していたのですが、

彼は陳寿が編んだ『三国志』を読んでそのつまらなさに絶句。

 

歴史の教科書ばりに、いや、それ以上に簡素な内容の陳寿の『三国志』は

おそらく先に『史記』や『漢書』を読んだであろう文帝にとっては

とてつもなくつまらなく感じたことでしょう…。

 

この『三国志』を何とかして面白くしてほしい…。

そう思った文帝は歴史に明るいと専ら評判だった裴松之(はいしょうし)

『三国志』の注をつくるよう命じます。

 

かくして、文帝を喜ばせるべく、裴松之の『三国志』注執筆作業がはじまったのでした

はじめての三国志メモリーズ

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

とりあえず、あらゆる文献を引用

あらゆる文献を引用

 

裴松之は『三国志』に注をつける作業にとりかかるべく、

まずは三国それぞれの国にまつわる出来事が著された文献を片っ端から集めて読み漁りました。

 

その文献はそれぞれの国の賢人たちが著した自国伝であったり、

その地方独自の地方史であったり、かと思えば出所が怪しい上に

内容も信用できない俗っぽい書物であったりと様々でした。

 

普通、注を付ける際にはそれらの文献を読んで正誤を判断し、

正しいものを選び抜いて注に引用するものですが、裴松之は一味違う注釈者でした

ありとあらゆる文献を片っ端から引用しまくり、正誤の判断を読者にゆだねたのです。

 

それが歴史的事実かどうかはさておき、

裴松之注によって三国時代のあらゆる人物や戦にまつわる

様々な伝説を一度に読み比べられるようになったということで

簡略なことで有名だった陳寿『三国志』はガラリと趣を変え、

読み応えのある面白い作品になったのでした。

 

裴松之注の意外な功績

 

仕上がった注を受け取った文帝は、一通り読んでその面白さに感嘆。

これは後世に残る不朽の名作だ!

と裴松之の功績を褒め称えました。

 

そんな裴松之注はやはり文帝の言葉通り後世の人々にも読み継がれ、

軍談によって日銭を稼ぐ講釈師たちの格好の話のネタとなり、

ついには『三国志演義』が生み出されるに至ったのでした。

 

史書の中でもつまらなかった陳寿の『三国志』を

後に四大奇書と称される小説『三国志演義』のベースとなるまでに叩き上げたことだけでも

十分に素晴らしい裴松之注ですが、その功績は他にもあるのです。

 

それは、今は散逸してしまった書物も引用しているということ

 

今のように印刷技術が発達していなかった時代の書物は

人の手で書き写されることによって複製されていました。

人力ですから、当然写し間違えることもありました。

 

その間違いがそのまま書き写され、更に別の箇所が写し間違えられ、

そして更に書き写され、別の箇所を映し間違え…

という具合に間違いがどんどんどんどん増えていき、

書物は時代が下るにつれて元の姿を失っていきました

 

しかし、伝わっているだけましと考えるべきでしょう。

なぜならほとんどの書物は誰にも書き写されることなく、

戦争やら火事やらで失われてしまっているのですから。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

消えてしまった書物は見られませんが、諦めるのは時期尚早です。

散逸してしまった書物も、その書物を引用している文献を通して部分的に読むことができます。

そんな大切な文献の1つとされているものこそが、裴松之の『三国志』注。

裴松之注は、散逸した書物を読み解くための大切な手がかりなのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:裴潜(はいせん)とはどんな人?鳥丸の反乱を抑え、様々な政策を生み出した裴松之の先祖

関連記事:【なんだそりゃ?】注さらに注!ラビリンスな注釈の歴史

 

【魏のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 蜀の姜維 姜維は五丈原で何をしたのか?諸葛亮死す!愛弟子の姜維が取った行動…
  2. 異民族に好かれる董卓 新事実!悪逆非道の代名詞・董卓は実は、かなりいい人だった
  3. 司馬懿 【軍師連盟】司馬懿が起こしたクーデターは博打だったの?
  4. 城の前を掃除する孔明 諸葛亮の逸話ってなに?司馬懿も恐れた孔明の逸話を紹介
  5. 英雄たちの宴(三国志) 三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる
  6. 曹操軍の輸送車を襲う趙雲 趙雲の一騎駆けとは?曹操軍のエリート部隊・虎豹騎をかわした漢
  7. 曹操を好きになってはいけない6つの理由
  8. 費禕 費禕(ひい)ってどんな人?諸葛亮亡き後の蜀を支えた四相の1人

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孫権 劉備 対立
  2. おんな城主 直虎
  3. 悪い顔をしている諸葛亮孔明
  4. 九品官人法を作った陳羣
  5. 陸遜
  6. 陸遜と孫権
  7. 女と金

おすすめ記事

  1. 神は関羽だけではない!魏の曹植の天才ぶりを作詩と共に紹介 曹植
  2. 【徹底解析】天下統一するはずだったのは蜀だった?
  3. 人心を得られなかった小覇王孫策の無残な最期 張昭、孫権、孫策、周瑜
  4. 実在した仙人?史実でも孫策に殺されてしまう于吉(うきつ)
  5. キングダム563話「族王カタリ死す」ネタバレ&レビュー
  6. 馬謖の能力を数値化してみたらこうなりました 山頂に陣を敷いた馬謖

三國志雑学

  1. 魏延と姜維
  2. 孔明
  3. 三国志大学を目指す曹操
  4. 皇帝に就任した曹丕


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 亡くなる周瑜
  2. 曹昂(曹昴)
  3. 鮮卑賊
  4. 徐晃と夏侯淵
  5. 「燕」の旗を持った兵士
  6. 曹操と機密保持

おすすめ記事

司馬懿 司馬懿の遺言はどのような内容だったの?司馬懿は曹丕が大好きだった? 女真族は辮髪 女真族とはどんな人たち?金を建国した女真族を分かりやすく解説 張飛の男気人生 張飛の身長は何センチ?2mを超える大柄な武将だったの? 西施(せいし)とはどんな人?中国四大美女の一人であり復讐の道具として生きることになった美女 曹操と荀彧 【2016年】年末年始にまとめ読み!これを読めば三国志が丸わかり30選【総集編】 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース12記事【10/23〜10/29】 しっかりと仕事をこなす華歆(華キン) 司徒とはどんな役割?具体的に何をする?チベットでは今も存在する司徒 関羽 樊城の戦いで起こった関羽の水攻め!そこには計り知れないダメージがあった?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP