広告募集
北伐

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

裴潜(はいせん)とはどんな人?鳥丸の反乱を抑え、様々な政策を生み出した裴松之の先祖

この記事の所要時間: 432




 

宋の文帝劉義隆(りゅうぎりゅう)は裴松之(はいしょうし)

「陳寿が作った三国志をより詳細にせよ」と命じられます。

その後裴松之は「三国志・注」を完成させ、宋の文帝に上奏します。

今回はこの裴松之の先祖に当たる三国志時代の裴潜(はいせん)

紹介したいと思います。

 

関連記事:裴松之(はいしょうし)の神編集!異論反論ブチ込みまくりで三国志が激アツに!

関連記事:【衝撃の事実】三国志演義はゴーストライターによって書かれた小説だった!?羅貫中じゃないの?

関連記事:赤壁の戦いにモデルがあった?八陽湖の戦い

関連記事:え、そうだったの?蜀の五虎将軍、実は存在しなかった?五虎大将軍の真実!




劉表から賓客として厚遇されるも…

 

裴潜(はいせん)は河東の人です。

彼は戦乱を避け荊州へ避難します。

荊州の刺史である劉表は彼を賓客して迎え厚遇。

しかし彼は親しくなった王粲(おうさん)や司馬芝(しばし)に

「劉表は王者でも覇者でもないのに、周の文王のようにふるまっている。

彼は近いうちに大失敗を犯すであろう」と予言。

周の文王とは多くの賢人を集め、仁政を敷いた古代の王です。

劉表は彼のようにふるまっているから、近いうちに失敗すると裴潜は予見し、

長沙へ向かいます。




予見が的中

曹操 真田丸

 

曹操は河北を統一した後、荊州へ侵攻を開始します。

劉表は曹操が南下を開始した時、病に倒れていました。

彼は自分の後継者を長男の劉奇(りゅうき)ではなく、

次男の劉琮(りゅうそう)を指名した後、亡くなります。

しかし後継者の指名が遅すぎた事が原因で荊州は混乱し、

後を継いだ劉琮は一戦もしないで、降伏。

こうして劉表が築いた荊州は歴史に何も残さず無くなり、

裴潜の予見は的中します。

 

曹操に仕える

曹操

 

裴潜は曹操(そうそう)が荊州を平定した後、仕えます。

曹操は裴潜を倉曹属(そうそうぞく=穀物などを貯蓄する倉を管理する職)に任命。

この時曹操は劉備の事が気にかかり、裴潜に「あなたは以前劉備と共に荊州に居たが、

彼をどう思う」と尋ねます。

すると裴潜は「彼は中華を乱すことはできますが、戦乱を平定する事は出来ないでしょう。

もし彼が要害の地を得れば、一国の主となる事が出来る器量があると見受けました。」と

答えます。

 

関連記事:頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

関連記事:曹操も劉備もこれで学んだ?漢の時代の教科書と学校

関連記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

関連記事:【意外と知らない?】孫子の兵法を読んだ偉人達!曹操やビルゲイツも愛読、人生や経営に役立つ名言が詰まった兵法書

 

鳥丸族の対処について

烏桓

 

赤壁の戦いが終わってから数年後、幽州が乱れます。

この乱れに乗じて幽州北部にいる異民族・鳥丸が暴れまわります。

曹操は幽州の乱れを元に戻し、鳥丸を抑え込むため裴潜を幽州太守に任命。

曹操は彼が任地に赴く前に「鳥丸がいう事を聞かないようなら、討伐せよ」と命じます。

しかし彼は「兵で討伐するよりも、謀略を用いて鳥丸を抑えます。」と

言い任地へ赴きます。

 

関連記事:曹操、生涯最大の苦戦 白狼山の戦い|烏桓討伐編

関連記事:曹操 生涯最大の苦戦 烏桓討伐|完結編

関連記事:羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介

関連記事:曹操の詩の世界を体験してみよう

 

見事鳥丸を抑え込む

 

裴潜は一台の車で幽州の代郡へ赴きます。

鳥丸達は討伐されると思い込んで恐れていたが、

新しい太守が兵を率いていない事に安心し、

今まで奪ってきた財宝や婦女子らをすべて返還します。

裴潜は在任三年間と短い期間でしたが、

彼が幽州太守となってからは一度も鳥丸は反乱を起こさず、

幽州は平穏に包まれておりました。

その後裴潜は中央に呼び戻され、丞相理曹属(じょうしょうりそうぞく)に

任命されます。

 

関連記事:【初心者向け】本田圭佑が憧れている曹操(そうそう)という人はどんな人だったの?

関連記事:曹操のお屋敷はガラスでキラキラだった?西域趣味の曹操が金髪美女とアモーレ・ミ―オ!

関連記事:意外!?金持ちの息子の曹操は貧乏症だった?

関連記事:三国一のヨイショ男、曹操の部下の褒め方が半端ない

 

優れた予見が冴えわたる

表情 曹操03

 

裴潜は中央に戻ると曹操に「次の幽州太守は私のやり方を真似て、必ず寛大な統治を

行いますが、この統治が長く続くと鳥丸は再度暴徒化し、幽州は乱れる事に

なると思います。」と忠告します。

そして彼が幽州から離れて数十日後鳥丸が再度暴徒化し、

幽州各地を暴れまわります。

曹操は裴潜を戻すのが早かったと悔やみます。

曹操は鳥丸を討伐する事を決意し、曹彰を鳥丸討伐の総大将に任命し、

鳥丸討伐に赴かせます。

こうして裴潜の予見が再度冴えわたる事になります。

【次のページに続きます】



ページ:

1

2

関連記事

  1. 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.1
  2. 袁紹に殺された2000人以外にも歴代の皆殺しに注目してみた。ちょ…
  3. 【はじめての孫子】第8回:夫れ兵の形は水に象(かたど)る。
  4. 始皇帝は不老不死を求めて何で水銀を飲んだの?
  5. 馬超(ばちょう)蜀に入った時にはピークを過ぎていた?
  6. 五禽戯(ごきんぎ)とは何?華陀が生み出した元祖ラジオ体操が凄すぎ…
  7. 悲しみの巨人、兀突骨(ごつとつこつ)は実在してた?
  8. 諸葛恪(しょかつ かく)ってどんな人?|頭が良すぎて諸葛一族を滅…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 呂蒙(りょもう)ってどんな人?男子三日会わざれば刮目して見よ
  2. 周舒(しゅうじょ)とはどんな人?預言書に記されていた「漢に代わる者は当塗高」の見解を示した蜀の学者達
  3. 司馬懿が三国志演義に初登場するのはどのタイミングなの?
  4. 【劉邦暗殺計画】劉邦の態度のでかさに激怒した家臣達
  5. 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付けた合従論者 Part.2
  6. 張紘(ちょうこう)とはどんな人?張昭と共に孫策・孫権を支えた補佐役

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【諸葛亮孔明に学ぶ学習方法】夏休みの宿題にも応用できる? 蜀漢の外戚・呉懿(ごい)は有能なのに地味で実は孔明に敬遠されていた? 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を及ぼした戦国四君【成人編】 ゴルゴ13もびっくり!三国志のスナイパー武将・龐徳・太史慈・呂布 三国志時代の兵士の給料と戦死した場合、遺族はどうなってたの? アゴと信長にあだ名を付けられた柴田勝家の秀吉包囲網がスッゲー 孫堅が伝国の玉璽を手に入れたわけ なんで三国志の時代には封禅の儀式が行われなかったの?

おすすめ記事

  1. 【衝撃の事実】赤壁の戦いに色をつける!袁術の音楽隊が大活躍していた!?
  2. 決して褒められぬ悪の華!三国志に登場する暗殺者6選
  3. 姜維は北伐の失敗で衛将軍に降格したのに何で大将軍に復帰出来たの?【前半】
  4. 龐統(ほうとう)ってどんな人?|孔明とは頭脳以外全て正反対
  5. 忠義の士・陸遜に迫る!陸遜は呉でクーデターを起こすことはできたの?
  6. 劉禅に忠誠を尽くした武人・張嶷の最後に心が震える
  7. 三国志演義の一騎打ちは爽快極まりない個人と個人のぶつかり合いだった!
  8. スーパーDr華佗が曹操に殺された意外な理由に涙・・

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP