魏延
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

教える事は特権?後漢時代の塾の先生は威張っていた!

三国志大学 曹操




書物

「3月から塾に行くからね」

学校の成績が芳しくないことに業を煮やした親に連れられ

ニコニコと胡散臭い笑顔の塾長と面接し、

分厚いテキストを渡されて無理矢理机に向かわされる…。

 

子供にとってはなんとなくマイナスイメージがつきまとう塾ですが、

後漢時代の中国にも塾があったそうな。

そんな後漢時代の塾とはいったいどんな所だったのでしょうか?

自称・皇帝
当記事は、
「後漢時代 塾」
「後漢王朝 教育」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:曹操も劉備もこれで学んだ?漢の時代の教科書と学校

関連記事:【週刊文春も驚き】後漢時代のメディア事情はどうなっていた?後漢時代の立て札・扁(へん)

 

 

当時の塾=学校

当時の塾=学校

 

現代の私たちにとって塾とは学校の授業では足りない部分を補うために通うところですが、

後漢時代の塾は塾というよりも今でいう学校の役割を果たしていました

 

その当時は今でいう国立大学のような存在である

「太学」という高等教育機関が中央に設置されていましたが、

そこに通えるのは各地から選ばれたほんの一握りの秀才や

家柄の良いボンボンたちだけ。

 

ごく普通の才能とごく普通の家柄に生まれた者は

地方にある地方大学さながらの「郡国学」に通うか

私立大学さながらの「私塾」に通って学問に励んだのでした。

 

ちなみに、現代の小学校にあたる「序」や中学校にあたる「痒」、

高校にあたる「県校」なども整備されていたようです。

 

 

塾で学ぶのは儒教

塾で学ぶのは儒教

 

前漢の武帝(ぶてい)の時代に董仲舒(とうちゅうじょ)の進言によって「太学(たいがく)」が設けられたのですが、

その「太学」の役割は若者たちに儒教の教養を身につけさせることでした。

 

董仲舒は儒教を国教とすることによって

漢王朝の根底を揺るがしかねないその他の思想を排斥しようと考えたのでしょう。

 

そんなわけで中央に仕えたい者にとってはもちろん

地方の役人になるためにも必須科目となった儒教。

 

しかし、1人で経書を読んでその真意を理解するなど到底できません。

そこで、役人を目指す者たちは儒教を学ぶために

「郡国学」や「私塾」の門を叩いたのでした。

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

古代中国の暮らし図鑑

 

塾の先生は元官僚や現役官僚

孔融

 

「太学」や「郡国学」といった公的な教育機関では

本格的に儒学を研究している学者が教鞭をとっていましたが、

「私塾」では中央や地方で官僚としてつとめていた、

もしくは現役でつとめている者が師として教鞭をふるっていたようです。

 

そんなわけで、マジのガチで儒教の勉強がしたい!という人はともかく

役人となって安定した生活を送りたいと考えていた者たちは

実際に役人として活躍した、もしくはしている人を

師として仰ぎたいと考えて私塾の方を選んでいたみたいです。

 

ちなみに、劉備(りゅうび)が若い頃師として仰いでいた

盧植(ろしょく)もやはり元々は中央や地方で官僚として活躍しており、

病で職を辞して故郷の幽州に帰った際に私塾を開いたのでした。

 

私塾に通うために手土産を用意

私塾に通うために手土産を用意

 

よし、役人になるためにも私塾に入るぞ!

と志した場合まずは手土産を用意する必要がありました。

 

その手土産は「束脩(そくしゅう)」と呼ばれます。

「束脩」とは10組の干し肉の束のことです。

 

ちなみに現代でも茶道や華道のような師弟関係を結ぶものでは

「束脩」の文化が息づいているようですね。

ただ、今の時代に茶道の先生に干し肉の束を渡したらびっくりされそうですが…。

 

後漢時代の私塾は干し肉の束さえ用意してくれれば誰でもウェルカムだったようで、

昨今の親が子どもを私立学校に通わせるために

ヒーヒー言っているというような光景もありませんでした。

 

ただ、やはりあまりにも入塾希望者が多すぎてお断りしたり、

あまり良い噂を聞かない者を拒否したりといったことはあったようです。

 

先生が人気過ぎると直接教わることができない

ざわつく教室

 

私塾に入ったはいいけれど、師として選んだ人は御簾の向こうで自分の勉強に励むばかり…。

そんなことは人気の私塾ではよくある光景だったようです。

 

そもそも、塾に入ったばかりの生徒は「門生」と呼ばれ、

儒教の「儒」の字もわかってないようなのばかり。

そんな門生に一から丁寧に学問を教える暇など塾長たる師にはないのです。

 

というわけで、門生に儒教の「いろは」を叩きこんでくれるのが師の「弟子」。

弟子は師から受けた教えを門生に伝授する役割を果たしつつ、

自らも師から直接教えを受けていたのでした。

 

弟子が師の世話をやく?

袁術が部屋の掃除

 

今の学校といえば、授業以外でも先生が何かと世話をやいてくれるイメージがありまよね。

しかし、後漢時代の師は弟子の世話などやきません。

むしろ、弟子に自分の身のまわりのことをやらせていたようです。

弟子も学問を教えてもらっているという恩に報いる気持ちの方が強かったようです。

 

三国志ライターchopsticks

三国志ライター chopsticks

 

現代の学生たちはお金を払っているから勉強を教わる以外にも先生に色々してもらうのは当たり前!

と思っている人が少なくないようですが、

その当時はお金のやりとりなんてありませんでしたし、

むしろ教えてもらうということの方が千金に値するものだったのでしょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【図説】三国志の戦争の基礎になる「隊」について徹底解説

関連記事:後漢の人材難極まる!火薬庫涼州の刺史がボンクラ揃い

 

登場人物全員が悪!悪人のお祭り騒ぎ!
李傕・郭汜祭り

 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 周瑜と孫策 孫策と周瑜ってそういう関係だったの!?清代に囁かれた禁断のBL説…
  2. 水面に弱気な自分が映る周瑜 周瑜はどのような病気で亡くなったのか考えてみた
  3. 三国志の英雄(魏 呉 蜀) どうして魏は最強なのに、天下を統一できなかったの?
  4. 一騎打ちをする太史慈と孫策 三国志時代には馬に乗りながら一騎打ちができなかった!?その理由と…
  5. カイ良、カイ越、蔡瑁に初めて会う劉表 劉表の評価が高いのは三人の名士のおかげだった!荊州経営を支えた名…
  6. 合肥の戦いの満寵 樊城の戦いで活躍した満寵!稀代の孫呉キラーになった満寵を知ってお…
  7. 三国志の時代にも可愛い巫女が存在した!?李傕や劉禅もハマった巫女…
  8. 田豊 田豊(でんほう)とはどんな人?優れた策をいくつも進言するも全てが…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 三国志時代のひざまくら
  2. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
  3. 井伊直政
  4. 西遊記 三国志
  5. 曹操 劉備 アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラVSゲイリー・グッドリッチ
  6. 司馬懿と公孫淵
  7. 井伊直政
  8. 曹操と夏侯惇

おすすめ記事

  1. 【PR】三国志の世界を冒険しよう 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  2. 【シミルボン】ええっ!そうなの?陳寿の三国志が簡潔な本当の理由 李儒と三国志
  3. 終わりが悪かった呉の孫権の惜しさ 呂壱と孫権
  4. 于禁と共に関羽に降伏した浩周と東里袞のその後とは? 于禁を虐める曹丕
  5. キングダム589話最新ネタバレ「夜の出来事」レビュー キングダム53巻
  6. 【祝アニメ化】ゴールデンカムイってどんな漫画なの?

三國志雑学

  1. 韓信
  2. 法正
  3. 孫呉(孫権・黄蓋・陸孫・周瑜・周泰) 
  4. 張遼・楽進・李典
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 織田信長
  2. 大船団を率いて呉を攻める王濬(おうしゅん)
  3. 怒る曹操
  4. 余生をゆっくり過ごす晩年期の徳川慶喜
  5. 曹操軍

おすすめ記事

東京五輪でテロ対策をしている警察や警察犬 いだてん 鎌倉時代の警察の役割を果たした「守護」を分かりやすく解説 蜀の馬超 馬超はどんな性格だったの?謎に満ちた蜀の五虎大将軍【前半】 kawauso編集長のぼやきVol.26「倒れない編集長」 何進に見切りをつける蒯越(カイ越) 蒯越の三国志での名アドバイスを紹介するよ! 楊端和 楊端和(ようたんわ)の最期は壮絶な戦死?キングダムの女将軍の死を大胆予想 劉禅と董允 月刊はじめての三国志2018年9月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました 郭嘉 官渡の戦いのMVPは荀彧ではなく郭嘉に与えるべき理由【ビジネス三国志】 旅馬 三国志 名馬ズラリ!三国志〜日本史と英雄の偉業を支えた名馬たちを徹底紹介!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集郭嘉"
PAGE TOP