キングダム
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

曹植に死んで欲しくなかった正史から見える曹丕の配慮とは?

ツンデレ曹丕




曹丕

 

「お前、俺が七歩歩くうちに詩を作れなかったら殺すから」

と言って実の弟・曹植(そうしょく)を殺そうとしたことで有名な曹丕(そうひ)

 

このようなエピソードが世に伝えられていることも相俟って、

曹丕曹植を殺したいくらい嫌いだったんだな…」

と思っている人は多いでしょう。

 

しかし、そんな曹丕ですが、

「実は曹植に死んでほしいなんていうことは

思っていなかったのでは…?」

と思えるエピソードも残されているのです。

 

今回は、そんな曹丕と曹植の

ほっこり(?)エピソードをご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【シミルボン】自分を褒めまくり、曹丕の自叙伝が意識高い系でウザい

関連記事:【シミルボン】意外!あの曹丕は大の甘党、スイーツ男子だった

 

 

意外や意外、正史に見える曹丕の配慮

酒に溺れる曹植

 

実は、陳寿(ちんじゅ)が著した正史『三国志』における

陳思王植伝、すなわち曹植の伝においては、

曹丕の曹植に対する思いやりが

垣間見えるエピソードが描かれています。

 

曹丕は父の後を継いで魏王となった際、

自分が父の後を継ぐことを散々邪魔してくれた

丁儀(ていぎ)丁廙(ていよく)兄弟とその一族の男子を処刑。

そして、権力を争った弟・曹植を地方の国に飛ばします。

 

しかし曹丕が皇帝に即位して間もなく、

監国謁者から次のような知らせが舞い込んできたのです。

 

曹植は酒に酔うと粗暴になるわ傲慢に振る舞うわ、

その上曹丕様の使者まで脅迫する始末。

どうか曹植を処刑してください。

 

これを聞いて曹丕は困ってしまいます。

というのも、

曹植を処刑してしまっては

母が悲しんでしまうに違いないからです。

 

曹丕は母に配慮して、

曹植の位を格下げして

小さな国に封ずるにとどめて置いたのでした。

 

母のことを配慮してとのことですが、

それだけではなく、

弟・曹植への配慮も感じられはしませんか?

 

 

裴松之が引く『魏略』に見える「弟だから許す」の言葉

裴松之が引く『魏略』に見える「弟だから許す」の言葉と曹丕

 

実は先ほど紹介したエピソードには

裴松之(はいしょうし)による注が付されています。

裴松之は『魏略』という書物に見える

曹丕の詔勅を引用しています。

 

曹植は同じ母から生まれた弟である。

私は皇帝であり、天下の万物を抱擁する者である。

ましてや実の弟である曹植のこと。

骨肉の親を処刑することなどできない。

そのため、曹植については国を移らせることによって許す。

 

やはり実の弟ということで

特別な感情を抱いていたらしい曹丕。

何度も国を移らせて嫌がらせをしていたことで有名な曹丕ですが、

実は処刑ものの困ったことをやらかす弟を

なんとかかばってやりたいと思っていたのかもしれませんね。

 

はじめての三国志メモリーズ

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

これまた正史と『魏略』に見える弟を想う曹丕の姿

『魏略』に見える弟を想う曹丕の姿

 

その後も何があったのか、

国を移らされた曹植。

 

曹植はこの仕打ちに耐えかねて

曹丕に得意の詩を織り交ぜた上奏文を献上します。

陳寿が著した『三国志』の本文によれば、

曹丕はこれに思いやりあふれる言葉で返答し、

曹植を励ましたとのこと。

 

なんだか曹丕が

めちゃくちゃ良いお兄ちゃんに思えませんか?

 

ちなみに、この部分にも裴松之は注を付し、

『魏略』に見えるエピソードを引用しています。

どうやら予想通り何かをやらかしたらしい曹植。

 

曹植は曹丕に直接謝りに行こうと考えて

数人のお供を連れて関所を通ります。

曹植は関所で曹丕との間を

姉に取り持ってもらうために姉の元に行くと告げました。

 

この知らせは曹丕のもとにすぐに届き、

曹丕は迎えの使者をその姉の元に送り出します。

ところが、待てど暮らせど曹植は現れません。

母とマウス曹操

 

このことに母は

「曹植が自殺したのでは!?」

と取り乱し、

「あんたが弟を追い詰めるから!」

と曹丕を責めながらおいおい泣き出します。

と、ちょうどその時、

なんと曹植が宮殿の門に現れたとの知らせが!

 

曹植は冠もかぶらず、

自分の首を斬ってくれと言わんばかりに

斧と処刑台を持って登場。

これに母は大喜びしたのですが、

なんと曹丕も大喜び!

やっぱり曹植の安否が心配だったのですね。

 

ところが、

曹丕は曹植と面会した際には全く笑顔を見せず、

厳しい態度で臨んだのだそう。

この曹丕の態度を見た母は、

不機嫌になってしまったそうです。

 

きっと母は兄と弟が仲直りしてくれることを望んでいたのでしょうね。

ともかく、曹植は泣きながら土下座で謝り、

曹丕はこれを許してハッピーエンド(?)となったのでした。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

悲劇の王子と意地悪な兄という

対立構造で描かれる2人の関係ですが、

そう単純なものではなかったようですね。

 

実は曹丕は弟を許したかったのに、

弟の素行不良がそれを許さなかったということが

多かったのではないでしょうか。

 

自分を信じてくれている臣下の手前

身内びいきをしてはいけないという強すぎる思いが

曹丕にはあったのかもしれません。

 

とはいえ、

魏の末路を考えれば、

「もう少し曹丕が曹植に優しくしていれば…」

と思ってしまいます。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし曹植が魏の初代皇帝になったらどうなったの?【if三国志】

関連記事:曹植は軟弱ではなかった?皇帝の弟の悲しくも華麗な生涯

 

日々の生活を工夫で楽しくする『三国志式ライフハック

三国志式ライフハック  

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 孔子の弟子であり文学が得意な子夏 漢唐訓詁学なんてのがあるけど、漢と唐って似てた?それとも全然違っ…
  2. 三国志の結末(最後)ってどうなるの?
  3. 【三顧の礼】演義に書かれている意味深な詩を読んでみよう!
  4. 呉蜀赤壁の戦い 【知りたくなかった!】本当は書くほどの内容でもない赤壁の戦い
  5. 笑う曹操 実は笑い上戸のちっこいオッサン? 『曹瞞伝』に見る曹操像
  6. 古代ローマ人の末裔が中国のある村に住んでいる!?
  7. 解煩督 呉 【呉vs魏】あんまり知られていない芍陂の役ってどんな戦いだったの…
  8. そうなの!劉備と孔明は故郷について真逆のスタンスだった

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 鎌倉時代の侍
  2. 陸遜
  3. 徳川家康
  4. 玉乗りをしている阿部正弘

おすすめ記事

  1. 呉の名将・陸遜の栄光と悲劇の生涯がドラマチックすぎる件 陸遜
  2. キングダム579話最新ネタバレ予想「飛信隊の覚醒スイッチは○○だ!」
  3. 134話:頑固な忠臣、張昭と孫権の対立がシュール
  4. 眼帯は誰のもの?『一騎当千』で夏侯惇だけでなく呂蒙にも眼帯が付けられている件 一騎当千 Animation Art Works Ⅱ 呂蒙 引用
  5. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第39話「虎松の野望」を振り返ろう
  6. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.5

三國志雑学

  1. 張飛の男気人生
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 劉備妻つかまる
  2. kataru
  3. 東京五輪でテロ対策をしている警察や警察犬 いだてん
  4. 真田丸 武田信玄

おすすめ記事

【素朴な疑問】三国志の時代のお葬式とは、どんなものだった? 明智光秀と煕子(麒麟がくる) 明智光秀の生まれは美濃の国?出身地など生まれた場所など解説 島津久光を好きになってはいけない6つの理由 キングダム53巻 キングダム589話最新ネタバレ予想vol2「河了貂の戦術大予想」 小松帯刀 「小松なくして維新なし」小松帯刀の役割に迫る ホウ徳 龐徳は曹操のみならず子孫代々称えられた忠臣だった かぼちゃ 孫権 本職より美味いカボチャを作った農夫・孫権 kawauso編集長のぼやきVol.10「クロスワード」

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP