曹植に死んで欲しくなかった正史から見える曹丕の配慮とは?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

曹丕

 

「お前、俺が七歩歩くうちに詩を作れなかったら殺すから」

と言って実の弟・曹植(そうしょく)を殺そうとしたことで有名な曹丕(そうひ)

 

このようなエピソードが世に伝えられていることも相俟って、

「曹丕は曹植を殺したいくらい嫌いだったんだな…」

と思っている人は多いでしょう。

 

しかし、そんな曹丕ですが、

「実は曹植に死んでほしいなんていうことは

思っていなかったのでは…?」

と思えるエピソードも残されているのです。

 

今回は、そんな曹丕と曹植の

ほっこり(?)エピソードをご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【シミルボン】自分を褒めまくり、曹丕の自叙伝が意識高い系でウザい

関連記事:【シミルボン】意外!あの曹丕は大の甘党、スイーツ男子だった

 


 

意外や意外、正史に見える曹丕の配慮

酒に溺れる曹植

 

実は、陳寿(ちんじゅ)が著した正史『三国志』における

陳思王植伝、すなわち曹植の伝においては、

曹丕の曹植に対する思いやりが

垣間見えるエピソードが描かれています。

 

曹丕は父の後を継いで魏王となった際、

自分が父の後を継ぐことを散々邪魔してくれた

丁儀(ていぎ)丁廙(ていよく)兄弟とその一族の男子を処刑。

そして、権力を争った弟・曹植を地方の国に飛ばします。

 

しかし曹丕が皇帝に即位して間もなく、

監国謁者から次のような知らせが舞い込んできたのです。

 

曹植は酒に酔うと粗暴になるわ傲慢に振る舞うわ、

その上曹丕様の使者まで脅迫する始末。

どうか曹植を処刑してください。

 

これを聞いて曹丕は困ってしまいます。

というのも、

曹植を処刑してしまっては

母が悲しんでしまうに違いないからです。

 

曹丕は母に配慮して、

曹植の位を格下げして

小さな国に封ずるにとどめて置いたのでした。

 

母のことを配慮してとのことですが、

それだけではなく、

弟・曹植への配慮も感じられはしませんか?

 


 

裴松之が引く『魏略』に見える「弟だから許す」の言葉

裴松之が引く『魏略』に見える「弟だから許す」の言葉と曹丕

 

実は先ほど紹介したエピソードには

裴松之(はいしょうし)による注が付されています。

裴松之は『魏略』という書物に見える

曹丕の詔勅を引用しています。

 

曹植は同じ母から生まれた弟である。

私は皇帝であり、天下の万物を抱擁する者である。

ましてや実の弟である曹植のこと。

骨肉の親を処刑することなどできない。

そのため、曹植については国を移らせることによって許す。

 

やはり実の弟ということで

特別な感情を抱いていたらしい曹丕。

何度も国を移らせて嫌がらせをしていたことで有名な曹丕ですが、

実は処刑ものの困ったことをやらかす弟を

なんとかかばってやりたいと思っていたのかもしれませんね。

 

はじめての三国志メモリーズ

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 


これまた正史と『魏略』に見える弟を想う曹丕の姿

『魏略』に見える弟を想う曹丕の姿

 

その後も何があったのか、

国を移らされた曹植。

 

曹植はこの仕打ちに耐えかねて

曹丕に得意の詩を織り交ぜた上奏文を献上します。

陳寿が著した『三国志』の本文によれば、

曹丕はこれに思いやりあふれる言葉で返答し、

曹植を励ましたとのこと。

 

なんだか曹丕が

めちゃくちゃ良いお兄ちゃんに思えませんか?

 

ちなみに、この部分にも裴松之は注を付し、

『魏略』に見えるエピソードを引用しています。

どうやら予想通り何かをやらかしたらしい曹植。

 

曹植は曹丕に直接謝りに行こうと考えて

数人のお供を連れて関所を通ります。

曹植は関所で曹丕との間を

姉に取り持ってもらうために姉の元に行くと告げました。

 

この知らせは曹丕のもとにすぐに届き、

曹丕は迎えの使者をその姉の元に送り出します。

ところが、待てど暮らせど曹植は現れません。

母とマウス曹操

 

このことに母は

「曹植が自殺したのでは!?」

と取り乱し、

「あんたが弟を追い詰めるから!」

と曹丕を責めながらおいおい泣き出します。

と、ちょうどその時、

なんと曹植が宮殿の門に現れたとの知らせが!

 

曹植は冠もかぶらず、

自分の首を斬ってくれと言わんばかりに

斧と処刑台を持って登場。

これに母は大喜びしたのですが、

なんと曹丕も大喜び!

やっぱり曹植の安否が心配だったのですね。

 

ところが、

曹丕は曹植と面会した際には全く笑顔を見せず、

厳しい態度で臨んだのだそう。

この曹丕の態度を見た母は、

不機嫌になってしまったそうです。

 

きっと母は兄と弟が仲直りしてくれることを望んでいたのでしょうね。

ともかく、曹植は泣きながら土下座で謝り、

曹丕はこれを許してハッピーエンド(?)となったのでした。


  

 

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

悲劇の王子と意地悪な兄という

対立構造で描かれる2人の関係ですが、

そう単純なものではなかったようですね。

 

実は曹丕は弟を許したかったのに、

弟の素行不良がそれを許さなかったということが

多かったのではないでしょうか。

 

自分を信じてくれている臣下の手前

身内びいきをしてはいけないという強すぎる思いが

曹丕にはあったのかもしれません。

 

とはいえ、

魏の末路を考えれば、

「もう少し曹丕が曹植に優しくしていれば…」

と思ってしまいます。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし曹植が魏の初代皇帝になったらどうなったの?【if三国志】

関連記事:曹植は軟弱ではなかった?皇帝の弟の悲しくも華麗な生涯

 

日々の生活を工夫で楽しくする『三国志式ライフハック

三国志式ライフハック  

 


 

関連記事

  1. 蒼天航路
  2. 陸遜
  3. 諸葛瑾と幼い頃の孔明
  4. 北伐を結構する孔明
  5. 孔明
  6. 袁術の最後

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA



はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

“つながるはじめての三国志"

“赤壁の戦い"

袁術祭り

春秋戦国時代

PAGE TOP