はじめての列子
はじめての漢王朝




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【潼関の戦い】どうすれば馬超は曹操に勝てたの?

蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超




馬超

 

西暦211年の潼関(どうかん)の戦いは、曹操(そうそう)が敗北していれば苦労して成し遂げた

涼州の平定が全てご破算になるシビアな戦いでした。

一般には曹操の目線から語られる事が多い潼関の戦いですが、逆に、

馬超(ばちょう)はどのようにすれば、曹操に勝てたのでしょうか?

有名だけど以外に知られていない潼関の戦いについて分かりやすく解説します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:馬超にも逸話はあるの?蜀の五虎大将軍・馬超孟起の逸話

関連記事:錦馬超には仲間と呼べる人達がいたの?

 

 

潼関勝利要件1 曹操に黄河を渡らせない

潼関勝利要件1 曹操に黄河を渡らせないの地図

 

馬超韓遂(かんすい)にとっての勝利条件は黄河以西を領土として認めさせる事です。

その上で一番大事なのは、曹操を潼関に封じ込めて黄河を渡河させない事

そもそも、黄河の西には馮翊(ひょうよく)のように郡レベルで関中連合軍に屈していない

曹操サイドの都市もあり、渡河させてしまえばメリットはありません。

 

実は馬超は曹操に決して渡河させず補給を脅かせば、

二十日と持たずに曹操は退却すると見抜いていました。

一度、引き返してしまえば、関中の軍閥は、さらに暴れまわる事が出来

これに呼応して従う兵力もさらに増えて鎮圧はより困難になったでしょう。

 

この馬超のプランを聞いた曹操は顔色を変えて戦慄し

馬騰(ばとう)(せがれ)を殺さなければ、わしは墓の中で安眠できぬ」

必ず馬超を殺すと決意しています。

 

しかし、馬超のプランは韓遂に反対され実行されませんでした。

韓遂は渡河させて、騎兵の機動力で曹操軍の補給を寸断すれば、

曹操は引き上げると考えていたようです。

 

ところが渡河した曹操は、黄河に沿って南下する甬道を築いて

騎兵の突撃を無効化し補給を安定させてしまいます。

結局は、黄河を渡した時点で馬超は勝機を逃がしていたのです。

 

 

潼関勝利要件2 一つに固まらず各地に散らばる

潼関勝利要件2 一つに固まらず各地に散らばるの地図

 

仮に曹操に渡河を許しても、戦争を長期化させれば状況の変化で

曹操が引き上げないといけない事件が起きる可能性は高い状態でした。

そこで、曹操が渡河した場合には、馬超と韓遂は関中の軍閥を解散させ

それぞれの拠点に戻って持久戦に転じる方法があります。

 

ところが馬超にも韓遂にも臨機応変(りんきおうへん)の策がなく、

曹操が潼関に大軍を終結させた事から、自分達も兵力を集結させます。

彼らはここから散らばるという事はせず、結果、一網打尽(いちもうだじん)にされたのです。

曹操

 

武帝記には、潼関に関中軍閥の部隊が到着する度に

曹操が喜んだという逸話があり、後に部下が

「どうして、敵が増えた事を喜んだのですか?」と問うと

 

「関中はだだっぴろく、賊の連中が銘々の陣地に引きこもれば、

それを掃討するのに、一、二年ではきかんだろう、それを賊の方から

やってきて一塊になった喜ばずにいられようか」と答えました。

 

曹操は、その為に渡河しなくても安全に涼州に出られる河東ルートを採用せず、

あえて潼関に大軍を結集して、関中軍閥が南に集まるよう誘導したのです。

 

人に話したくなる三国志の一騎打ち特集
一騎打ち

 

自分達の強みを捨てた事が敗北の原因

龐徳

 

潼関の戦いにおいては、関中連合軍は騎兵の強みである機動力と

遊牧民の特徴である守備ポイントをもたずに各地に散らばるという

二つのメリットを活かす機会に恵まれませんでした。

 

元々、馬超は追い詰められて蜂起したわけで、

そこまで考えるゆとりはなかったわけですが、

逆に曹操は、関中軍閥の特徴をよく知り抜いていて、

その長所を発揮させないように注意深い戦術で臨んでいました。

 

この潼関の戦いは、曹操の頭で想像した通りに物事が推移し

武帝紀からは、その得意満面のドヤ顔が見えるようです。

 

三国志ライターkawausoの独り言

三国志ライターkawausoの独り言

 

以上、潼関の戦いについて、馬超の目線から勝利する方法を探りました。

馬超は決して猪武者ではなく、曹操が遠征によって

補給に難を抱えている事を察知するなど、戦略的に一定の眼力を持っています。

しかし、臨機応変の能力には乏しいので、ここは何としても、

曹操の渡河を阻止するべきでした。

 

馬超は、一度は曹操が渡河する時に騎兵で突撃し、あわやという所まで

追い詰めましたが、見るとそれは馬超の直属の部隊だけのようなので

もし、関中軍閥の総力を挙げて襲いかかっていれば、

曹操の首を取れていたかも知れませんね。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:馬超は悪人なのか、それとも義に生きる英雄なのか?

関連記事:馬超の死因は何か?病死?隠居?暗殺?自害?

 

世界よ、これが黄巾賊だ
黄巾賊

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. やり過ぎー!!!元祖、曹操オタクは陸遜の孫だった!?陸雲(りくう…
  2. 【トラブル続発】後漢の時代の塾は色々面倒くさかった?
  3. 黄巾の乱に巻き込まれる若し頃の程昱(ていいく) 程昱(ていいく)は曹操の軍師となる前は一体何をやっていたの?
  4. 【保存版】これだけ見れば万事OK!アニメ版「三国志」7選
  5. 周瑜 周郎 周瑜は絶対音感を持つミュージシャンだった!?
  6. 曹操の弱点(蟻) 曹操には弱点はないの?
  7. 司馬懿は雨がラッキーアイテムだった!?
  8. 【荊州獲ったどー!】諸葛亮&愉快な仲間の州乗っ取り計画…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹操から逃げ回る劉備
  2. 明智光秀 麒麟がくる
  3. 野望が膨らむ鍾会
  4. 白馬寺(城)
  5. 呂蒙が病気になり心配する孫権

おすすめ記事

  1. はじめての三国志チャンネル 第2回目 – 赤兎馬を飲む 【001】
  2. 曹操が洛陽北部尉時代にやった売名行為とは? 怒る曹操
  3. 蜀と孔明を最大限称えよ!三国志演義 諸葛孔明019
  4. ここを押さえれば大丈夫!NHK大河ドラマ『真田丸』を100倍楽しむ方法!
  5. 三國無双では女性が戦闘しているが本当に史実でも戦っていたの?
  6. 李豊(りほう)とはどんな人?才能ある人物なのかそれともただのポンコツなのか

三國志雑学

  1. 趙姫
  2. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超
  3. 法正と張松
  4. 楽進の矢でが命を落とす成廉
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 呉の小覇王・孫策
  2. 老荘思想(ろうそうしそう)
  3. 劉禅 韓非子
  4. 劉備

おすすめ記事

小早川秀秋は関ヶ原の戦いでなんで西軍を裏切ったのか? 【三国志作家】伴野朗のとんだ災難、事実は小説より奇なり? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース34記事【2/27〜3/5】 大政奉還した徳川慶喜 徳川慶喜の大政奉還は日本国大統領の布石だった!? 三国夢幻演義バナー 龍の少年 【三国夢幻演義 龍の少年】深いい解説その5「別離の日」 曹操が発明した酒、剣、兵書の数々が凄い!孔明も思わず嫉妬? 成廉(せいれん)と魏越(ぎえつ)とはどんな人?呂布が強いのは俺達がいてこそ! 孫堅が伝国の玉璽を手に入れたわけ

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP