三国志平話
はじめての漢王朝




はじめての三国志

menu

春秋時代

【孔門十哲】顔回(がんかい)とはどんな人?孔子が最も愛した弟子




儒教

 

漢文にしても歴史にしても思想にしても、

中国にまつわることを勉強しようと思ったら

誰もがその名を知ることになるのが孔子(こうし)ですよね。

 

孔子は儒教(じゅきょう)の祖として知る人ぞ知る存在です。

 

彼にはたくさんの弟子がいたのですが、

その中でも愛すべき10人の弟子たちがいました。

 

彼らは「孔門十哲」と称され、

儒教を信奉する人々に崇められました。

 

今回は、そんな「孔門十哲(こうもんじってつ)」にも数えられる

孔子の最愛の弟子・顔回(がんかい)について紹介します。

 

関連記事:【春秋戦国時代の名言】俺は卑怯な真似はしない by 宋襄の仁

関連記事:田斉に時代最高の名君である威王の逸話【春秋戦国時代の斉の名君】

 

 

あの毒舌家・孔子も両手放しでほめちぎった

顔回(がんかい)

 

孔子語録ともいえる『論語』を紐解いていくと、

「孔子って結構毒舌だったんだ…」

と思わされることが多々あります。

 

全体的に皮肉っぽい言い回しが多く、

弟子に対しても容赦がありません。

 

そんな孔子も顔回だけは

両手放しでほめちぎりまくっています。

 

孔子が顔回と話してみると

顔回の頭の回転の速さに驚かされるばかり。

 

まさに「一を聞いて十を知る」を体現するかのような

彼の頭脳に驚嘆していたと言います。

 

しかし、やっぱり皮肉屋な孔子。

最初は彼の物分かりの良さを訝しんでいたらしく、

「顔回は私と1日中言葉を交わしてもひたすら肯定し続けるから、

ちょっとおつむが弱い子なのかな?と思った」

と吐露しています(『論語(ろんご)為政篇(いせいへん))。

 

しかし、首振り人形のような顔回が孔子と話し終わった後に

随分満たされた様子でくつろいでいる様子を見ると

どうやら本当に自分の言葉をよく理解しているようだと孔子は感心したそうです。

 

 

これぞ清貧!ストイックすぎる仁徳者

これぞ清貧!ストイックすぎる仁徳者

 

顔回は生涯どこかの国に仕えるようなこともなく、

小汚い路地裏で必要最低限の食事をとって暮らしていました。

 

普通の人なら耐えられない浮浪者同然の生活をしていながらそれを不幸とも思わず、

むしろ楽しんでいるかのようにさえ見える彼の暮らしぶりを見て、

孔子は「これこそが清貧(せいひん)だ…!」と感動(『論語』雍也(ようや)篇)。

 

また、顔回は同じく「孔門十哲」に数えられる子路と一緒にいたときに

孔子から「お前たちがどのような人になりたいかを聞かせておくれ」と尋ねられた際、

子路(しろ)が「私が大切にしている車や馬、着物やコートを友だちに貸して

それらの物が傷つけられてしまっても

ウジウジと気にしないようになりたい」と答えたのに対し、

顔回は「善い行いをしたからといってそれをむやみやたらに自慢せず、

人が自分のために辛い思いをすることのないようにありたいです」と答えました

(『論語』公冶長(こうじちょう)篇)。

 

両者とも他人と共に生きていく上で大切な「仁」について述べているのですが、

子路は友人との関係性の中での「仁」について述べているのに対し、

顔回は友人に限らず世間一般に生きる人との関係の中での「仁」を述べています。

 

顔回は人を友人・他人と区別することなく、

その全てにおもいやりを持って接したいと考えていたのでしょう。

 

そんな清貧を貫く仁徳者・顔回のストイックな姿勢が

後に老荘思想(ろうそうしそう)を生み出す元となったとも言われています。

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代  

あまりに早すぎる死に孔子も絶望

あまりに早すぎる死に孔子も絶望

 

孔子からは何かあれば褒めちぎられ、

他の高名な弟子たちからも一目置かれていた顔回でしたが、

あまりにも早くこの世を去ってしまいました。

 

『論語』ではその死を悼む

孔子の悲痛な叫びや慟哭(どうこく)の様子が多く描かれています。

 

その中でも強烈なインパクトを与えるのがこの言葉。

 

「噫天喪予、天喪予!(あぁ、天()れを(ほろ)ぼせり、天予れを喪ぼせり!)」

(『論語』先進篇)

 

顔回を失ったことで自分の命運さえ、

いえ、仁徳の道の命運さえ尽きてしまったと感じたのでしょう。

 

そして、取り乱して声を上げて泣きじゃくる様は

いつも冷静な孔子しか知らない弟子たちを驚かせたと言います。

 

孔子が顔回にどれほど期待をかけていたかが窺えますね。

 

孔子はその後も度々

我が子のようにかわいがっていた顔回に思いをはせ、

「顔回ほど学問を好んだ者はいなかった…」

などと漏らしていたようです。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

故人というのは美化されがちですが、

孔子の顔回への想いは思い出補正によるものなどではなく、

心から彼の仁徳を愛したが故にあふれ出たものだったのでしょう。

 

関連記事:『鼎の軽重を問う』とは誰の言葉?五分でわかる春秋戦国時代のことわざ

関連記事:春秋戦国時代初期の名軍師・范蠡の名言:狡兎死して走狗煮らる

 

孔子の愉快な弟子たち『はじめての孔門十哲』
孔門十哲

 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 孔子の弟子であり文学が得意な子夏 【孔門十哲】子夏(しか)のどのあたりが文学に長けていたの?
  2. 『論語』は日本の偉人に大きな影響を与えていたって知ってた?
  3. 城濮の戦いとはどんな戦い?晋の文公が覇者たる地位を手に入れること…
  4. 孔子に一番叱られたペラペラが仇になった宰我 宰我、孔子 【孔門十哲】宰我(さいが)とはどんな人?孔子に一番叱られた弟子
  5. 関羽に無視される孫権 【春秋左氏伝】横恋慕から旦那と主君を殺し人妻をゲットした華父督
  6. 【孔門十哲】子貢(しこう)とはどんな人?弁舌なら孔子にも負けない…
  7. 孔子と儒教 孔子の幼少期から青年期はどんな人だったの?
  8. 三国志ライター よかミカンさん 【東周英雄伝】古代中国好きの方にオススメのど迫力漫画

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
  2. 曹丕に進言をする劉曄
  3. 関羽 神様

おすすめ記事

  1. 明智光秀の出世の糸口「本圀寺の変」って何? 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる
  2. 【衝撃の事実】鳥巣襲撃戦後にとった曹操の行動が結構エグかった
  3. 曹操が皇帝に即位していたら三国志はどうなったの?
  4. 西郷糸子はどんな人?西郷どんの3番目の妻は冗談好きのしっかり者 幕末 西郷糸子
  5. 【横山光輝三国志】イリュージョンで世を去る諸葛亮
  6. 荀彧がもらった空箱には一体どんな意味があったのか!?

三國志雑学

  1. 悪来と呼ばれた典韋
  2. 織田信長
  3. 亡くなる劉備に遺言を聞く諸葛亮と趙雲
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛

おすすめ記事

アンゴルモア 元寇合戦記ネタバレ 第29話 Part.2 高麗の栄光の為、父を裏切れ 三国志ライター黒田レン 戦国最強の同盟を成立させた名軍師・太原雪斎(たいげんせっさい)の活躍 陸抗の子孫達も歴史に名を残した素晴らしい人材だった!? 徐庶と出会う劉備 59話:文武両道、義侠心に厚い漢 徐庶(じょ しょ)は劉備と出逢う 三國クロスサーガ~蒼天の絆~とはどんなアプリゲーム? 始皇帝が求めた不老不死は現代科学ではどれだけ進展したの?権力者が追い求めたアンチエイジングに迫る! 城銅雀台 【長江三峡】劉備が逃げ込んだ白帝城によかミカンが突撃 曹操&袁紹花嫁泥棒 白馬の王子がいっぱい?三国志女さらい列伝

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP