よかミカンの三国志入門
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

三国志夢幻演義 龍の少年

【三国夢幻演義 龍の少年】深いい解説その4「地獄の淵で」

この記事の所要時間: 22

 

こんにちは。光月ユリシです。

拙著「三国夢幻演義 龍の少年」に関心を持ってくださり、ありがとうございます。

劉備に続き、ついに曹操の登場です。

彼らは何と言っても、時代の主人公。やっぱり華があります。

私もこの二人を描いていると、楽しくなります。

 

ということで、今回は「三国夢幻演義」における曹操劉備のスタンスを解説します。

 

天=曹操=信長?

 

頭が良く、優雅で、勇敢で、冷静で、冷徹で、改革者で、天に認められた男。

これが私がイメージする曹操の姿です。

もちろん、十分にそれらを考慮して曹操を描いています。

どことなく織田信長にイメージに重なるものがあります。

皆さんの印象はどうでしょうか。

 

「三国夢幻演義」中の曹操は実は誰よりも正義感に厚く、

最初は清流派(正義派官僚)たちに協力して、官界の浄化のために戦います。

そして、その戦いの中、自分に大きな天命が授けられていることを自覚しながら、

混沌とした世界に秘められた謎に近づいていきます。

 

曹操を描く上でのコンセプトは、“天”と“火”。

 

羅貫中の「三国演義」では悪人風に描かれる曹操ですが、私は彼を英雄として描きたい。

もうそれは実現しています。

だから、曹操を描いていて楽しいんですね。

 

人=劉備=秀吉?

 

劉備といえば、やはり仁義あふれる温厚君子のイメージでしょうか。

人に愛され、卑賎の身からのし上がっていく姿は秀吉のようです。

 

劉備を描く上でのコンセプトは、“人”と“水”です。

 

人が天地の間に生きているように、水が天と地を交互に巡るように、

劉備は曹操や孫堅、その他の様々な人物の間を渡り歩き、各地で騒動に巻き込まれていきます。

 

「三国夢幻演義」の劉備は落ち着いていますが、心の内に熱さとしたたかを秘め、

漢朝への忠義心を堂々と打ち出して各地を駆け巡ります。

 

曹操と劉備は漢朝のために共闘したことがあり、お互いを認め合っています。

それは作中の描写からも察することができると思います。

目指すゴールは同じなのですが、やり方に相違があって、二人は協力と対立を繰り返しています。

 

地=孫堅孫策孫権=家康?

 

曹操・劉備と来たら、孫堅を紹介しないわけにはいきません。

ついでなので、孫堅親子についても紹介しておきます。

 

孫堅親子を描く上でのコンセプトは、“地”。

 

「三国夢幻演義」では、孫堅は忠義に厚く、曹操や劉備と協力して、

漢朝のために奮戦・活躍しますが、道半ばにして戦没してしまいます。

 

それが原因で袁術の下に組み込まれ、その命令に従わざるを得ない孫策

そして、孫権の時代に独立独歩を成し遂げるのですが、

これは信長の下で耐え忍び、独立を果たした家康のようです。

 

「龍の少年」の物語の時点では、すでに孫堅は死んでいますが、

忍耐の時を送る青年時代の孫策が登場するほか、ちらほらと孫堅の話題が出てきます。

 

孫堅・孫策と袁術の関係、そして、キーワード“地”。

この後、物語がどう展開してゆくのか注目していてください。

 

光月ユリシの独り言 孔明の人生に大きな影響を与える二人。曹操と劉備。

 

そして、私の人生に大きな影響を与えたのは、中国歴史小説の巨人・陳舜臣先生です。

一番好きな本は何かと聞かれたら、私は陳先生の「諸葛孔明」と答えます。

私は数々の三国志作品を読んできましたが、この作品ほど心にピタッとはまったものはありません。

まさしく時代を切り取る詳細な描写、豊かな知識と温和な表現・・・

巧く表現できませんが、爽やかさと心地よさを感じる三国志でした。

 

当時の私は作家を目指そうなどとは夢にも思っていませんでしたが、

陳先生のような心に残る三国志を書いてみたくなったのは覚えています。

 

それから小説を書き始めて、二十年。

何とか人様に見せられる形となりました。

 

今があるのも、陳先生の「諸葛孔明」を読んだから。

陳先生のご冥福を心からお祈りいたします。

 

光月ユリシ

光月ユリシ

投稿者の記事一覧

九州某県某市出身。いつの頃からか「三国夢幻演義」の執筆をライフワークとし、ついにはロケハンを兼ねて中国で働くことに決めたという筋金入りサンゴクサー。休みがあれば、三国遺跡や自然美を求めて中国を遠征する旅人系サンゴクサー。またある時は現地中国人との交流を深め、一人外交に従事する日中友好サンゴクサー。夢見がちだが、割合いい人との評判。

関連記事

  1. 【三国夢幻演義 龍の少年】深いい解説その2「龍の目覚め」
  2. 三国夢幻演義 龍の少年 第5話「別離の日」配信日が決定しました
  3. 第1話:三国夢幻演義 龍の少年「命の山」配信中
  4. 第5話:三国夢幻演義 龍の少年「別離の日」配信中
  5. 【告知】三国夢幻演義龍の少年 第2話:配信と見所について
  6. 本格三国志小説『三国夢幻演義 龍の少年 第2話』6/24(土)配…
  7. 【三国夢幻演義 龍の少年】深いい解説その5「別離の日」
  8. 【新企画】本格三国志小説『三国夢幻演義 龍の少年』5/19(土)…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 魏 星座大好きな幼少期の管輅
  2. 新選組の土方歳三

おすすめ記事

  1. はじめての三国志公式twitterアカウントの急激なフォロワー増加について
  2. 呂蒙(りょもう)ってどんな人?男子三日会わざれば刮目して見よ
  3. 官渡の戦いで袁紹が勝っていたら三国志はどうなっていたの?
  4. 【第二次濡須口の戦い】曹操軍オールスターが登場する大会戦
  5. 身内以外の意見は聞かない暴れ者・項羽が少年の意見だけは聞いた?
  6. 劉備は旅好きだったのか!?北から南へ大移動の真相

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

趙雲は本当に英雄?趙雲はイケメンでかっこよかったの? 魏延への嫌がらせ人事に込められた諸葛亮の愛 【シミルボン】趙雲の記述は盛られていた!イケメン趙雲を生み出した別伝 なんか意地悪なイメージがあるけど、曹丕って実際どんな人だったの? 能力か血統か?司馬炎VS賈充VS杜預、三つ巴お家騒動 kawauso編集長のぼやきVol.18「はじ三が有料記事出すってよ!」 【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生 6倍の敵に対して一歩も退かずに渡り合った名将・高橋紹運がヤバイ!

おすすめ記事

  1. 106話:関羽 傲慢すぎて魏と呉の秘密同盟のきっかけに
  2. 王粲(おうさん)とはどんな人?建安の七子であるが容貌の貧弱さでは龐統や張松より上
  3. 謎多き登場人物、関索って何者?
  4. 曹嵩(そうすう)はどこの誰なのか?徐州大虐殺の切っ掛けにもなった曹操の父親
  5. 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(1/3)
  6. 【三国志都市伝説】袁術は曹丕より先に禅譲を考えていた?
  7. 周昌(しゅうしょう)とはどんな人?高祖劉邦や配下達から信頼を置かれた古参の臣
  8. 後漢末から三国時代の世界情勢はどうなってたの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP