キングダム




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

呪い!?赤壁の戦いで魏軍を襲った疫病の正体とは?

この記事の所要時間: 344




曹操から逃げる劉備

 

長坂の戦い曹操(そうそう)軍の精鋭部隊にド突き回された劉備(りゅうび)たちは、

命からがら江夏まで逃げ延びました。

 

その頃、呉の孫権(そんけん)曹操について頭を悩ませていました。

日の出の勢いがある曹操に降伏して曹操の配下となるか、

あくまで曹操に盾突いて独立勢力として生き残る道を模索するか…。

 

呉の臣下のほとんどが降伏を勧める中、

魯粛(ろしゅく)周瑜(しゅうゆ)だけが曹操と戦うことを訴えました。

「曹操軍は水上での戦いに慣れておらず、

南の風土に慣れていないので疫病に苦しむことになるでしょう。

必ず勝機はあります!」

この周瑜の言葉通り、

曹操自慢の数十万の大軍勢は疫病に苦しめられます。

 

ところで、曹操軍を苦しめたこの疫病とは一体何だったのでしょうか?

今回はこの疫病の正体に迫っていきたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:赤壁の敗戦の原因は腸チフスだった?多くの魏将の生命を奪った伝染病とは?

関連記事:【まさにヤケクソ】最強の防御兵器はウ○チだった!?

 

 

南にはアブナイ病原菌がいっぱい!?

赤壁の戦いの病原菌

 

曹操軍が疫病に苦しめられたのは、

呉軍が全力で曹操軍に呪いをかけたからではありません。

南に位置する呉は高温多湿で、

アブナイ病原菌が元気に活動できる環境になっています。

 

基本的にカラッと乾燥した気候の北から押し寄せた曹操軍は、

アブナイ病原菌に対する耐性など無く、

コロッとやられてしまったわけです。

 

しかし、世界史を紐解いていくと、

その反対に侵略者が持ち込んだ疫病によって、

原住民に甚大な被害が与えられた事件も起こっています。

 

16世紀頃、ヨーロッパの人々が持ち込んだ天然痘ウイルスによって

その当時南アメリカで栄えていた

インカ帝国やアステカ帝国は滅亡に追い込まれています。

ヨーロッパの人々もその代償としてというべきか、

梅毒なんかを持ち帰ってしまったようですが…。

 

このことに鑑みると、

三国時代にも魏軍によって呉にヤバイ病気が持ち込まれたのでは…?

と考えることもできなくはないですよね。

 

しかし、赤壁の戦いでの魏軍と呉軍は

ヨーロッパ人と南アメリカの原住民たちほど濃厚な接触をする機会はなかったため、

そのような病気の交換は魏軍と呉軍の間では無かったようですね。

 

それどころか、

北方ではなんでもなかった病原菌が南方に来て元気になり、

自分が持ち込んだ病原菌によって自ら苦しむ羽目になった者も魏軍にはいた模様…。

 

 

一族のほとんどを失った張機による『傷寒論』

一族のほとんどを失った張機による傷寒論

 

では、曹操軍を苦しめた疫病とは一体何だったのでしょうか?

そのヒントは、後漢末の動乱を生き抜いた医師・張機(ちょうき)が著した

『傷寒論』から得ることができそうです。

 

『傷寒論』は赤壁の戦いが勃発する建安年間に

数百人いた一族のほとんどを疫病によって失って心を痛めた張機が

その治療法を確立せんと奮起して執筆したものとされています。

 

張機の一族を襲った疫病は、

その書の名として冠されている「傷寒」です。

この「傷寒」という病気は、

現代中国語では「チフス」を指す言葉になっていますが、

その当時は高熱にうなされる病気全般を指していたとされています。

 

「傷寒」という名で一括りにされていましたが、

やはり複数の病原菌やウイルスが猛威を振るっていたらしく、

張機は患者一人ひとりに合った治療法を模索していたことが

『傷寒論』に記されています。

 

三国時代の動乱期には

南から北、北から南に人が入り乱れていたため、

あらゆる疫病が流行していたようですね。

そしておそらく、赤壁の戦いで魏軍を苦しめたのも、

「傷寒」と称される疫病のうちの1つだったと思われます。

 

赤壁の戦いを斬る!赤壁の戦いの真実
赤壁の戦い

 

赤壁の戦いで魏軍を破滅に追い込んだのは腸チフスだった?

ボロボロな兵士

 

「傷寒」と称される疫病のうち、

魏軍を破滅に追い込むことに最も貢献したものは

腸チフスであったと言われています

 

赤壁の戦いは冬に起こっており、

冬に流行する高熱を伴う疫病といえばインフルエンザが思い起こされますが、

インフルエンザのウイルスは温暖湿潤な南ではかえって威力が弱まるため、

その可能性は低いでしょう。

 

また、蚊を媒介するマラリアなどの熱病も考えられますが、

暖かい南方とはいっても冬ですから蚊の数も少なくなっていたはずですし、

それほど流行したとは考えられません。

 

他方、腸チフスは経口感染で、

南方の食べなれない魚を大して下処理もせずに

食べていたであろう兵士たちが感染した可能性は非常に大変高く、

たくさんの兵たちの間で流行することも頷けます。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

腸チフスは不衛生なものを食べることによって感染する病気で、

現代でも何十万人もの命を奪っている疫病です。

 

遠征中で物資も限られていた曹操軍は

衛生面に気を配ることなど当然できなかったでしょうし、

兵たちも慣れない環境に長いこと晒されて、

ただでさえ体が弱っていたことでしょう。

 

結果的に周瑜の言葉通り弱体化してしまった曹操軍でしたが、

もしその当時腸チフスなどの疫病への対策方法が確立されていたら、

魏軍が呉軍を破っていたかもしれませんね。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:袁術は異常気象のせいで天下を握り損ねたってホント?

関連記事:餃子を食べれば耳たぶが生えてくる?中国のお正月を分かりやすく紹介

 

【未来を拓く問題解決策】楽しみながら自分を変える方法
袁術くんの成長日記

 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 集まれ曹操の25人の息子たち・その1
  2. 姜維と魏延性格は真反対だけど似ている所があった!!
  3. 曹操ってもしかしてフェミニストだった?銅雀台の侍妾エピソード
  4. 劉備の黒歴史がまた発見される!?三国志の主人公の消された過去
  5. 司馬昭ってチョー有能?それとも親の七光りだったの!?
  6. なんと○○を食べていた!三国志の驚異の食生活
  7. 【教えて中国朋友!】劉備が阿斗を投げたのはどうして?
  8. 【はじめての孫子】第8回:夫れ兵の形は水に象(かたど)る。

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 第六天魔王・織田信長は本当に天下統一がしたかったの?
  2. 郭淮が夏侯淵の死後に才能を開花させる!!
  3. 知ってた?三国志由来のことばBest5
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【10/24〜10/30】
  5. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第24話「さよならだけが人生か」の見どころ紹介
  6. 呉の太子四友とはどんな人?権力闘争に敗れ失脚していくエリート

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【キングダムをより楽しむ】河了貂と蒙毅が解説「軍師はどうやって誕生したの?」 伏皇后問題が荀彧の死の原因か!我が子房・荀彧の死因に迫る! 【ネタバレ注意】キングダム543話 「主戦場」 レビュー&今後予想 三国志って何?はじめての人向け 三国志で映画にしてほしいシーンベスト10 ギョッ!これも薬?華佗も利用した、ちょいグロな漢方薬の話 【シミルボン】異議ありまくり!三国志の時代の裁判風景 【センゴク】羽柴秀吉の播州攻略と上月城救援戦

おすすめ記事

  1. 俺の膝はお前に預けた!三国時代に大流行男同士のひざまくら
  2. 【魏の忠臣】王基が司馬家兄弟に噛み付いたのは魏の国家のためだった
  3. キングダムネタバレ571話「デッドライン」レビュー解説
  4. モンゴルの漢族支配から生まれた名物料理「刀削麺」
  5. 荀彧は曹操の下でどんな仕事をしていたの?尚書令について超分かりやすく解説
  6. 【9月の見どころ】9/23公開予定:【三国志平話】関羽が昔の恩義で 曹操を見逃す名シーンがない!?
  7. 記録が乏しい孫堅の妻たち
  8. 劉禅の性格は?劉禅は暗愚な皇帝だったの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP