魏延
姜維特集




はじめての三国志

menu

西郷どん

小松帯刀は篤姫に好意を持っていた?真相に迫れ!

篤姫




篤姫

 

2008年の大河ドラマ『篤姫(あつひめ)』では

小松帯刀(こまつたてわき)篤姫に好意を持っていたシーンがありました。

当時、大河ドラマを見た人の中には違和感があるかもしれません。

 

この記事では小松帯刀と篤姫との関係について真相に迫りたいと思います。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:偉人たちの名前を冠した「小松帯刀」を飲んでみよう!

関連記事: 小松帯刀の死因は結核!若くして死んだ総理候補の素顔

 

 

小松帯刀と篤姫、恋愛をしていた?

小松帯刀と篤姫、恋愛をしていた?

 

大河ドラマ『篤姫』では、

小松帯刀と篤姫の間に何かしら行為があったかのようなシーンが見られましたが、

実際に関係はあったのでしょうか。

 

小松帯刀と篤姫との間には関係を示す史料はありません

小松帯刀は当時肝付(きもつき)家の三男で、

篤姫とは身分差があり、

交流すること自体ありませんでした。

 

大河ドラマ『篤姫』の原作である宮尾登美子(みやおとみこ)氏の小説においても

小松帯刀と篤姫との関係については何も触れられていません。

 

結論を言えば、

小松帯刀と篤姫の関係は大河ドラマのオリジナルと言えます

女性ファンを獲得するために作ったオリジナルのシーンであると言えると思います。

 

 

西郷隆盛と篤姫、恋愛をしていた?

西郷隆盛と篤姫、恋愛をしていた?

 

では、2018年の大河ドラマ『西郷どん』では西郷隆盛(さいごうたかもり)と篤姫の関係が気になります。

西郷隆盛は下級武士でしたが、

島津斉彬(しまづなりあきら)に取り立てられます。

後に御庭方役として薩摩藩江戸屋敷に勤めました。

 

『西郷どん』によれば、

西郷と篤姫との接点は江戸屋敷にありました。

西郷が江戸屋敷で勤めていたときに安政の大地震が起こりました。

西郷は篤姫の安否を確認のため駆けつけました。

 

そこから親交を深め、

恋愛につながるようなシーンがありましたが、

2人には身分差があり、

恋愛自体はなかったと考えられます

 

【維新を阻止しようとした男たちの秘話】
ガンバレ徳川

 

創作とエピソード?なぜ、こんな話が創作される?

西郷隆盛とパソコン

 

2008年の大河ドラマ『篤姫』については、

小松帯刀と篤姫との関係のように創作が多かったと言われています。

原作は宮尾登美子氏の小説ですが、

宮尾氏の小説にもありませんでした。

 

なぜ、大河ドラマ『篤姫』では創作が多かったのでしょうか。

考えられる原因として、

女性に関する記録など史料がほとんど残されていないことが挙げられます

 

具体的には、大河ドラマが取り上げる歴史は主に戦国時代や江戸時代で、

男性中心の記録が残されています。

一方で、女性についてはほとんど記録が残されておらず、

大河ドラマで女性を題材にしたドラマを放送するには

創作に頼らざるを得ないと言われています。

 

江戸時代の不倫に処罰はあったの?

 

現代では不倫そのものは犯罪ではありませんが、

道義的に問題のある行為とされ、

その代償は非常に大きいです。

 

家庭や友人関係を崩壊させるだけでなく、

相手方に経済的・精神的に深刻な損害を与えます。

現代と異なり、

江戸時代において不倫すると処罰されました

 

江戸時代の不倫に対する処罰については

『江戸時代の犯罪はどう裁かれた?今では罪にならないことも罪になる?』

を基に紹介します。

 

江戸時代において、

不倫は姦通または不義密通と呼ばれていました。

不倫は現代と異なり犯罪行為です

 

姦通(不倫)の場合、

男女ともに死罪になりました。

主人の妻との姦通した場合は獄門で、

既婚者の女を強姦した場合は死罪などかなり厳しい刑罰でした。

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライターオフィス樋口の独り言

 

今回は、大河ドラマ『篤姫』で、

小松帯刀が篤姫に好意を持っていたことについて真実かどうか真相に迫りました。

同様に、2018年の大河ドラマ『西郷どん』で、

西郷隆盛が篤姫に好意を持っていたことについて真実かどうかについて取り上げました。

 

この点について、

関係を示す史料がないことや原作となった小説にも載っていないことから

創作であると結論づけました。

 

史料がないことが大河ドラマで創作される要因であると指摘しました。

女性が歴史上の表舞台に出てこないことから、

女性が主人公の大河ドラマについては創作されやすいと考えられます。

 

今後、女性の主人公の大河ドラマについて創作の有無に注目したいと思います。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:篤姫の役割とは? 江戸時代の将軍の正室の役割を考える!

関連記事:篤姫の江戸城無血開城における役割とは?

 

激動の幕末維新を分かりやすく解説「はじめての幕末はじめての幕末

 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 長州藩はどうしてああなってしまったのか?3つの理由
  2. 前原一誠 前原一誠は超がつく真面目人間だった!
  3. 【悲報】天皇に振られた長州藩、八・一八の政変はどうして起きた?
  4. 大久保利通の政策は何?維新の十傑の思想に迫る
  5. 前原一誠 前原一誠が越後で行ったびっくりの善政とは?
  6. 【伊達宗城と宇和島藩】10万石の小藩が持ちえた熱意と行動力とは?…
  7. 岩倉具視 岩倉具視の性格や出身は?ヤモリと呼ばれた男の生涯
  8. 徳川慶喜(幕末) 徳川慶喜ってどんな人!?評価が定まらない最後の将軍

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 蜀軍に勝利する木鹿大王(南蛮族)
  2. 玉璽
  3. はじめての三国志編集長 kawauso
  4. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍

おすすめ記事

  1. 【三国志の民話】情けない顔で帰ってくる周瑜に小喬ブチ切れ!
  2. 孔明とは違うのだよ!天才姜維の斜め上北伐とは?両者の徹底比較 魏延からの提案を却下する孔明
  3. 関羽がもらった爵位「漢寿亭侯」の深イイ話 関羽が好きすぎる曹操
  4. 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(3/3) 劉邦と陳平と張良
  5. 高漸離(こうぜんり)が始皇帝に復讐を行う、荊軻の親友の始皇帝暗殺計画
  6. 袁盎(えんおう)とはどんな人?国家の為にあえて諫言を発し続けた政治家 Part.1 はじめての三国志 画像準備中

三國志雑学

  1. 株式会社三国志で働く劉備と孔明
  2. 孔明 司馬懿 陸遜
  3. 徐庶
  4. 曹操軍
  5. 愛妻家の魏の将軍、郭淮
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹休
  2. 曹丕
  3. 徳川斉昭

おすすめ記事

公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その1 劉備軍 曹操軍 54話:劉備、再び曹操に敗れる 鄧艾 【軍師連盟】司馬懿は何で身分の低い鄧艾を重用したの? 高順が呂布に疎んじられた理由 【陥陣営】高順が呂布に疎んじられた理由は性格の不一致だった おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十四話「徳政令の行方」の見どころ紹介 孔明 【後出師の表】は味方の士気を下げるダメダメ偽造文書だ 典韋にボコボコにされる成廉 典韋は「悪来」って曹操に呼ばれたけど褒め言葉なの? 三国志では教えてくれない洛陽と長安の秘密

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集郭嘉"
PAGE TOP