ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【三顧の礼】均ちゃんの野望ホントは劉備に仕官したかった諸葛均


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

諸葛均

 

劉備(りゅうび)が高名な隠士・諸葛亮(しょかつりょう)の庵を三度も訪問し、自らの配下に加えたという三顧の礼。

三国志演義では、一度目の訪問時にはお留守。

二度目の訪問時には諸葛亮の弟の諸葛均(しょかつきん)が在宅しており、

劉備が彼を諸葛亮だと勘違いするシーンがあります。

 

このとき、劉備は “なぁんだ人違いか”とばかりに諸葛均には一顧だにせず帰ってしまいますが、

諸葛均のほうは劉備に自分を売り込む気まんまんだったようです。

劉備さん、アピールに気づかず帰ってしまうなんて、罪な人!

※本稿で扱うのは三国志演義の内容です

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:諸葛亮の弟・諸葛均はどのような人物だったのか

関連記事:諸葛均(しょかつきん)とはどんな人?諸葛孔明の弟に迫る!

 


 

二度目の訪問時の状況

桃園三兄弟

 

劉備が初めて諸葛亮の庵を訪れた時は、門番の童子に「先生にお目にかかりに来た」と告げて、

外出中ですという返事だったため、劉備は引き返しました。

二度目の訪問時には、劉備は「先生はご在宅か」と尋ね、門番は「部屋で読書中です」と答えました。

劉備はここを諸葛亮の庵だとばかり思っていますから、

「先生」と言えば諸葛亮のことだと思い込んでおり、

先生ご在宅=諸葛亮に会える! と思っています。

 

しかしこの時、諸葛亮は留守で、弟の諸葛均だけが在宅していました。

門番の童子から見ればどちらも先生なので

諸葛均が部屋にいるため「部屋で読書中です」と答えたのでしょう

(うがった見方をすれば、諸葛亮も在宅していたけれども劉備来訪と聞いてどこかに隠れて

居留守を使ったとも考えられます。弟に応対させておき、劉備を観察する魂胆(こんたん)

 

 

諸葛均のコマーシャルソング

 

劉備が童子に案内されて門内に入って行くと、炉の前で一人の少年が膝を抱えて歌っています。

(漢文の「少年」はチビッ子のことではなく、とても若い男という意味)

 

(おおとり)千仞(せんじん)翱翔(こうしょう)して (きり)にあらざれば()まず

士は一方に伏処して 主にあらざれば依らず

隴亩(ろうほ)躬耕(きゅうこう)するを楽しみ (われ)()()を愛す

(いささか)かに(ごう)を琴書に寄せ 以て天の時を待たん

 

この歌の意味は、こんなところでしょう↓

 

仕えるべき主があらわれるまで、ボクはここで隠棲(いんせい)しているんだ。

すてきなめぐり合わせがあれば世に出る気まんまんだけれどね。

 

なんと物欲しげな歌でしょう!

門番の坊やが

「劉将軍、ささ、こちらでございます」

とでも言いながら来客を案内している気配を察して、

すかさずこんな歌をうたって聞かせるとは、劉備に自分を売り込む気まんまんですね

劉備が接近していることに気づいてないってことはないと思います。

 

庵がある隆中は人の出入りの少ない山の上なので、

見慣れない人がうろついていたら土地の住人はすぐに気づいて

土地の名士である諸葛さんに報告を入れるはずです。

 

先日留守にしていた時に劉備が来たということは知っていますから、

今日のこの客も劉備だろうと見当がつくはずです。

そろそろ劉備が到着する頃だと分かって待ち構えていたのではないでしょうか

 

関羽の弔い合戦「夷陵の戦い」を分析
夷陵の戦い

 

なぁんだ、類似品か

劉備

 

劉備はこの少年を諸葛亮だと思い込み、あいさつをします。

 

劉備「わたくし久しく先生のことをお(した)いしておりました。お目にかかれて光栄です」

少年「将軍は劉予州(りゅうよしゅう)どのではあられませんか。兄をおたずねですか?」

劉備「先生も臥龍(がりょう)先生ではないのですか?」※これまでさんざん人違いをしてきた

少年「私は臥龍の弟の諸葛均です」

劉備「臥龍先生はご在宅でしょうか?」

 

……諸葛均の渾身のコマーシャルソングを無視して、

さらっと本命の諸葛亮を探しにかかっていますね。

 

諸葛均「友人の崔州平(さいしゅうへい)と遊びに行っています」

劉備「どこへ行かれたのですか」

諸葛均「江湖に小舟を浮かべることもあれば、山嶺に僧や道士を訪ねることもあり、

村落の友人をおとなうこともあれば、洞窟で琴棋(きんき)を楽しむこともあり、

往来ははかりがたく、どこへ行くとも知れません」

 

諸葛均のこの返事。諸葛亮の俗人離れした様子を表現する描写のように見えますが、

うがった見方をすれば、劉備に腹を立ててわざと不親切な返事をしたとも解釈できます。

兄さんがどこへ行ったかなんて知らないよ!

ボクのことを相手にする気がないんならあんたのことなんかもう知らないんだから!


 

諸葛均のそっけない返事

 

劉備のお供をしてきた張飛(ちょうひ)が、諸葛亮がいないならもう帰ろうと言いますが、

劉備はせっかく来たのだから話の一つでもして帰ろうと答え、諸葛均に質問します。

 

劉備「ご令兄は六鞱(ろくとう)三略(さんりゃく)に精通され、日々兵法書を見ておられるとか」

諸葛均「知りません」

張飛「むだなおしゃべりじゃないか。吹雪いてきたぜ。さっさと帰ろう」

劉備が張飛を叱りつけていると、諸葛均はこう言いました。

「兄が不在ですので、お引き留めしませんよ」

 

諸葛亮の兵法の知識については「知りません」とそっけない返事、

張飛を叱りつけてまで居座ろうとする劉備に「お引き留めしません」と追い返すような発言。

諸葛均のこんな本音が聞こえるような気がしませんか↓

“兄さんにしか興味がないならもう帰ってよ!”


  

 

 

三国志ライター よかミカンの独り言

三国志ライター よかミカンの独り言

 

劉備の眼中には諸葛亮しかなく、諸葛均のアピールには気づかなかったのでしょうか。

諸葛均は、劉備に相手にされなくて怒ってしまったように見えます。

 

後日、劉備が三度目の訪問で諸葛亮に会い、諸葛亮が庵を出て劉備に仕えることになった時、

諸葛亮は諸葛均にこう言っています。

 

「お前はここで畑を耕し、農地を荒らさないようにしておくれ。

私も功が成った暁にはまたここへ戻って隠棲(いんせい)するから」

諸葛均は劉備に仕えたかったのに、留守番してろとは酷な言いつけですね。

 

三国志演義の諸葛均は、どうしてこんなに地味な扱いになってしまったのでしょうか。

正史では蜀に仕えて長水校尉(ちょうすいこうい)にまでなっているのですが、

長水校尉は重鎮の子弟の出世コースの途中にあるような役職で、

ゴールとしてはあまりに地味です。

 

若くして亡くなったのでしょうか。生没年も不明です。

正史の記録がこれしかないから、演義でも地味にならざるを得なかったのでしょうか。

諸葛均。

出番は少ないですが、地味に印象に残る登場人物です。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志平話】三顧の礼の諸葛亮が仙人で居留守

関連記事:【衝撃の事実】日本の戦国時代にも三顧の礼があった!

 

【昔の人の二次創作 民話の中の三国志】
民間伝承の三国志

 


 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 太行山に入り山賊になる劉備三兄弟 【三国志平話】まるで水滸伝!山賊になった劉備
  2. 不合格になる張角 張角(ちょうかく)ってどんな人?太平道を創始した男の悲しい人生
  3. 関羽の呪いで殺される呂蒙 呉の呂蒙は死の原因は病気だった?関羽の呪いは関与してない?
  4. 司馬懿 もしも、曹爽が司馬懿に勝っていたら三国志はどうなった?
  5. 呂布 【三国志の素朴な疑問】呂布は何歳だったの?
  6. 孫権と張昭 キレる息子孫権と頑固オヤジ張昭のケンカが激しすぎる
  7. 甘寧と呂蒙と凌統 超短気の甘寧、凌統・呂蒙との珍エピソード
  8. 袁紹VS公孫瓚 英雄記から見た河北の覇者を決める公孫瓚VS袁紹

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 李儒と三国志
  2. 袁紹(はじめての三国志)
  3. チェストと叫ぶ西郷隆盛
  4. ヤンキー曹操
  5. ゾンビ化した孟獲
  6. バジオウ
  7. はじめての三国志 画像準備中
  8. 亡くなる上杉謙信

おすすめ記事

  1. BOOK☆WALKERにて『#君主論』の販売を開始しました。
  2. 【2018年】はじめての三国志 年頭の御挨拶
  3. 月刊はじめての三国志2018年2月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました
  4. 呉の名将・陸遜の栄光と悲劇の生涯がドラマチックすぎる件 陸遜
  5. 蜀ファンに衝撃!実は関羽は劉備の部下ではなく群雄(同盟主)だった!? 関羽と関索
  6. 【潼関の戦い】二度目の韓遂との会見が曹操の独壇場だったらしい 赤鎧を身に着けた曹操

三國志雑学

  1. 陸遜
  2. 幕末 魏呉蜀 書物
  3. 法正
  4. 劉邦
  5. 魏延と孔明


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 祁山、街亭
  2. 曹彰
  3. 孫策、陸遜、顧邵、他
  4. 曹操を裏切る陳宮
  5. 武田騎馬軍団 馬場信春
  6. 司馬昭

おすすめ記事

楚の英雄・項羽と三国志一の強さを誇った呂布には共通点が盛りだくさん 【真田丸特集】バツイチ女性が好きだった曹操と家康! 始皇帝 マジですか?始皇帝が半両銭に込めたメッセージに震える・・ ボロボロになった馬超 馬超の活躍は蜀に来るまでがピーク?晩年の錦馬超の抱えていた悩み 騎馬兵にあこがれる歩兵 三国志の時代に活躍した兵士の逸話 豊臣秀吉 戦国時代2 【センゴク】鳥取城の飢え殺しはどんな戦略だったの?兵士の死亡率を最小限に済ませる戦術とは? 豊臣秀吉 戦国時代2 取次制度って何?違った角度から戦国時代を見てみよう! 劉備と関平たち 関平には兄弟がいた!?正史三国志と『演義』とで異なる兄弟構成

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP