ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
姜維特集


はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

諸葛均(しょかつきん)とはどんな人?諸葛孔明の弟に迫る!

諸葛均 孔明の弟 ゆるキャラ

三顧の礼 ゆるキャラ 孔明

三顧の礼によって劉備に仕えることになった諸葛亮孔明は三兄弟でした。

長男の諸葛謹(しょかつきん)字は子瑜、呉の孫家に仕えた武将です。

 

次男の諸葛亮(しょかつりょう)字は孔明

言わずもがな蜀の劉備のもとで軍師として大活躍し、『三国志演義』後半の主人公です。

 

ですが三男の諸葛均(しょかつきん)については、字さえも伝わっていません。

諸葛均の活躍については全力でスルーされているのです。

 

 

 

三顧の礼で劉備らの応対役

諸葛均 孔明の弟 ゆるキャラ

 

劉備らが諸葛孔明を自軍の軍師に迎えるべく草盧へ赴いた際、

応対に登場したのが諸葛均(しょかつきん)です。

 

この時初対面の劉備に諸葛均は孔明先生ですか」と間違えられます。

 

二度目、三度目の訪問に対して、兄の留守を告げる諸葛均に、

張飛などは面と向かってイライラをぶつけます。

 

諸葛均は困った顔ですみません……としょげるだけ。

これでは孔明のクレーム対応係りですね。

 

三度目に至っては、「兄は昼寝をしています」と伝える正直者。

なんだか憎めません。

 

話は脱線しますが、孔明の昼寝について補足します。

 

 

日本と中国の文化の違い「昼寝」について

日本と中国の文化の違い

 

孔明は当時晴耕雨読の生活を送っていましたが、

昼間っから大の大人がゴロゴロと昼寝というとぐうたらなイメージが浮かんでしまいます。

 

ですがこの辺りには少し日本と中国の文化の違いがあるような気がします。

 

日本では小中学校のときから、昼食の時間は短く「急げ」と言われて育ちますし

社会に出ても仕事が忙しく、なかなか昼食の時間が取れない方も

たくさんいらっしゃることでしょう。

 

 

忙しい日本人、それじゃ中国人は?

三国志 英雄たちの宴

ですが中国では、昼食後のゆったり時間がとても大切にされています。

大学などのお昼休み時間はガッツリ二時間はありますし、

 

昼過ぎにはオフィスや店のカウンター内などで昼寝をしている方がたくさんいます。

また、ツアー旅行などに参加すると、

日本人には「昼時間が長すぎる! その分観光したいわ!」と思うほど

しっかりとお昼休憩のタイムスケジュールが組まれています。

 

……もちろんその分、朝は早朝から働き、夜も遅くまで働いているということを忘れてはなりませんが。

すみません、だいぶ脱線してしまいました。

 

関連記事:東方明珠のへなちょこ洛陽旅行記 その1 

関連記事:何で日本人は三国志が好きなの?

 

兄より弟への言葉

孔明 劉備の剣とハンコ

 

さて、孔明は劉備について行くことになりました。

草盧を出るとき、弟の諸葛均にこんな話をして言い聞かせます。

「おまえはここで農耕を続けて、手柄を立てて戻ってくる僕を待っていなさい」

 

えっ。

 

 

僕の生活が落ち着いたら呼び寄せるから、ではないのですね。

 

 

諸葛謹と諸葛亮の二人の会話

空城も計 孔明

 

のちに諸葛謹と諸葛亮の二人が膝を突き合わせて語り合うシーンがあります。

諸葛謹:「おまえ最近はどうなんだ?」

諸葛亮:「僕の方はぼちぼちだよ」

そんな兄弟の近況を伝えあう会話の中にも、弟均の話は出てきません。

 

関連記事:えぇぇ~!?あの孔明が劉備に対して怒りの仮病!?

関連記事:諸葛孔明と黄月英の間に生まれた子供達を一挙紹介!

関連記事:諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの? 

 

実際の諸葛均はどうしてたの?

劉備読書

正史では、諸葛均は次男の孔明と共に劉備に仕え、

長水校尉に出世しましたと書かれていますが、妻子に関する記述などはありません。

 

校尉というのは将軍が治める「部」の長官で、高位の役職です。

 

それでもほとんど記述がないところを見ると、この諸葛均、

兄孔明から言われたとおり、田舎で農作業をしている方が性に合っていた

純朴な人物だったのかもしれません。

 

関連記事:諸葛恪(しょかつ かく)ってどんな人?|頭が良すぎて諸葛一族を滅ぼす

関連記事:魏や呉にもいた諸葛一族の話

 

 

 

こちらの記事もよく読まれています

蒟蒻問答 孔明と張飛

 

よく読まれてる記事:まるで蒟蒻問答?(こんにゃくもんどう) 孔明と張飛の知恵くらべ

 

諸葛孔明

よく読まれてる記事:肉まんから紙芝居まで? 諸葛孔明の発明伝説

 

 

孔明 軍師

よく読まれてる記事:蜀と孔明を最大限称えよ!三国志演義

 

三顧の礼 ゆるキャラ 孔明

よく読まれてる記事:劉備はどうやって三国志界の天才軍師・諸葛孔明を手に入れたの?

 

 

 

 

この記事を書いた人:東方明珠

東方明珠 三国志

こんにちは。とうほう めいしゅです。

中国は上海の雰囲気が好きなので、テレビ塔の「トンファンミンジュ」を名乗っています。

もともと『水滸伝』の大ファンで、『三国志』に興味を持ったのは、アーケードゲーム「三国志大戦」がきっかけです。

当時はゲームセンターに通いつめました!

まだまだ中国史について勉強中ですが、精いっぱい面白いことを探してお伝えしたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 劉備を警戒する陳羣 【徹底追及】劉備はどうしてあんないい加減な性格なのか?
  2. 女と金 後漢の時代のお金の常識に迫る!当時の金融はどんなモノだったの?
  3. 孔明 【三国志星座占い】諸葛亮は双子座?
  4. 悩む司馬炎 司馬炎は武帝・曹操に匹敵するほどの功績を残せなかった?
  5. 三国志時代のセキュリティはどうなっていたの?何でもかんでも機密保…
  6. 韓非子を読む劉禅 劉禅が読んだ韓非子ってどんな本?
  7. 曹操 孔明をチェック 曹操は諸葛亮を自身に仕官するよう勧誘していた!
  8. 【戦国時代と三国時代の類似点】権力者に抵抗して戦い抜いた曹髦と織…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  2. 劉備の臨終に立ち会う孔明
  3. 賈詡
  4. 徐福
  5. 馬謖に地理を伝える諸葛亮孔明
  6. 李儒と三国志
  7. 孔融と禰衡
  8. 阿部正弘

おすすめ記事

  1. 【司馬の八達】超厳しい父親に育てられた俊英・司馬朗の提案を聞かなかったばっかりに・・・・ 司馬朗と司馬防
  2. 始皇帝が求めた不老不死は現代科学ではどれだけ進展したの?権力者が追い求めたアンチエイジングに迫る!
  3. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第16部 はじめての三国志編集長 kawauso
  4. 武神と恐れられていた関羽は結婚していたの?
  5. 月刊はじめての三国志2018年1月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました
  6. 三国志で映画にしてほしいシーンベスト10 羅憲

三國志雑学

  1. 曹休
  2. 曹操に仕えることを検討する荀彧
  3. 司馬懿
  4. 張飛


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 許攸 兵糧のありか教えますひひひ
  2. 織田信長
  3. 孔子
  4. 顎のちからが凄い関羽が乗るカバ(赤兎馬)
  5. 張飛

おすすめ記事

史上最高の天才将軍 韓信(かんしん)は性格にかなり問題あり? 呉と倭は外交交渉をしていたの?日本を目指した衛温と諸葛直 魏曹操と魏軍と呉軍 赤壁の戦いに曹操軍が敗北した原因って実は火計じゃなかった!? 辛毗(しんぴ)とはどんな人?曹丕が泣き言を言うほど厳しく反対意見を述べた政治家 【井伊直虎の細腕城主一代記】婚期を逃した戦国女の意地とプライド 李意其(りいき)とはどんな人?「劉備は夷陵の戦いに敗れて亡くなる」と予言していた仙人 源氏と平氏はいつ歴史にデビューしたの? 読者の声バナー(はじめての三国志) 読者の声(2018年10月28日〜11月5日)

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP