ログイン | 無料ユーザー登録


呂布特集
三国志の死因


はじめての三国志

menu

戦国時代 (日本)

明智光秀の遺体は本物ではないって本当?

燃える本能寺




明智光秀

 


美濃国の牢人として身を起こした明智光秀(あけちみつひで)斎藤道三(さいとうどうさん)に見いだされ、次に足利義昭(あしかがよしあき)の知遇を受けて活躍し、さらに美濃を攻略して

天下布武に乗り出した織田信長(おだのぶなが)に大抜擢を受ける事になります。

しかし、その信長をも光秀は、様々な経緯から本能寺で討つ事になりました。

その後、山崎の合戦で羽柴秀吉(はしばひでよし)に敗れて落ち武者狩りの土民に殺害される末路を迎えますが首も遺体も本物ではないという説があるのです。

 

関連記事:本能寺の変に黒幕はいなかった!衝撃の明智光秀単独犯説

関連記事:【織田信長が明智光秀に殺害される】謎に包まれた本能寺の変:黒幕は誰だ?

 

 

織田信長の家臣として出世した明智光秀

織田信長の家臣として出世した明智光秀

 

明智光秀は室町幕府滅亡後、坂本城の城主となり、織田信長の家臣として京都の市政を担当しました。

石山本願寺などの一向一揆との戦いや丹波国への侵攻などで活躍します。

丹波国への侵攻については波多野秀治(はたのひではる)が抵抗したことにより長期化しました。

最初に亀山城(現在、京都府亀岡市にある亀岡城)を落とし、丹波攻めの拠点としました。

1579年に八上城を落とし、同じ年に黒井城を落としました。

丹波国を平定したことで、信長から丹波国1国を所領として与えられました。

丹波国1国を与えられただけでなく、1581年に光秀は京都御馬揃(おうまそろ)えの運営を任されました。

1582年に天目山の戦いで武田勝頼を討伐するために信長の嫡男織田信忠とともに出陣しています。

光秀は信長から信頼されていた家臣だったと考えられます。

 

 

なぜ、明智光秀は織田信長を裏切ったのか?

本能寺の変

 

明智光秀は織田信長を裏切った動機について、直接書かれた史料がないため推測として考えられることを取り上げます。

1つめは徳川家康(とくがわいえやす)饗応役(きょうおうやく)を解かれ、坂本城と丹波国を取り上げられたことです。

代わりに、石見国などが与えられましたが、石見などは毛利の所領であり、戦いで奪い取れという内容でした。

これが本能寺の変の直接的な動機といわれています。

 

大河ドラマなどでは、徳川家康が安土城を訪れたとき、饗応役だった光秀が足蹴りされるシーンを見たことがあると思います。

2つめは丹波国平定にあると考えられます。波多野秀治に光秀の母親を人質として出していました。

人質として出していた母親が波多野秀治に殺されたことが本能寺の変の動機となっていると考えられます。

他に、豊臣秀吉(とよとみひでよし)または秀吉の家臣だった黒田官兵衛(くろだかんべい)が光秀に本能寺の変を決行させたという説もあります。

 

明智光秀の首も胴体も偽物だった!

 

 

首尾よく信長を討った明智光秀ですが、幸運もここまででした。

味方に付くと算段していた細川藤孝(ほそかわふじたか)忠興(ただおき)の親子はだんまりを決め込み他の大名も日和見を決め込んだのです。

味方が少なく不安な時に、羽柴秀吉(はしばひでよし)が中国大がえしで想定外の速さで帰還した事で明智勢は動揺して総崩れになり、光秀も落ち武者狩りの土民に

殺害されて人生の幕を下ろします。

 

しかし、首実験に出された明智光秀の首は3つもあったと言われています。

当時は写真などが存在しないので、光秀の顔を知る兵は少なく、それらしい大将首を光秀として持ってきた可能性も否定できません。

おまけに時は夏で光秀の首は腐敗し原型を留めていなかったと言われます。

ところが秀吉は、3つすべてを光秀の首と認定してしまいました。

一刻も早く光秀を殺した事にし信長の仇を討った形にしたかったのです。

 

光秀の遺体は土民の竹槍で刺殺された場所から近い、京都市山科区の勧修寺御所内町に埋葬され胴塚と呼ばれていました。

ですが、首が3つあるなら遺体も3つあるわけで遺体も本物ではない可能性があります。

このような事から、光秀は死んでいないという噂が広まっていったのです。

 

戦国時代ライターオフィス樋口の独り言

戦国時代ライターオフィス樋口の独り言

 

今回は明智光秀が本能寺の変を決意するまでの経緯と動機について取り上げました。

明智光秀は織田信長を裏切った動機については直接書かれた史料がないため、「なぜ、明智光秀は織田信長を裏切ったのか?」では

これまでに可能性の高い有力な説を取り上げました。

司馬遼太郎の著書では、織田信長を新しい発想を取り入れるという点で革新派、明智光秀を旧来からの朝廷の慣習を守るという点で保守派として

それぞれ取り上げています。

信長と光秀の考えの違いが潜在的な対立となり、本能寺の変に至ったのかもしれません。

2020年の大河ドラマ『麒麟(きりん)がくる』では、本能寺の変を決意する動機としてどの説を中心に話を展開するのか気になります。

 

関連記事:【センゴク】信長の仇討ちで秀吉についたのは、神戸、丹羽、掘、蒲生 いずれも名将で明智オワコンに・・

関連記事:山崎の戦いってどんな戦いだったの?明智光秀VS羽柴秀吉が激突した戦

 

リアリズムと悪の教科書
君主論

 




 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 燃える本能寺 【応仁の乱】 もっとも激しい戦であった相国寺の戦い!
  2. 裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀 【山崎の戦い敗因】明智光秀は長雨の為に秀吉に敗北した!
  3. 播磨の豪族から出現した自信家・黒田孝高の誕生と初陣
  4. おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十二話「おんな城主直虎」…
  5. 火縄銃を気に入る織田信長 織田信長はいつから種子島銃を戦で使ったの?種子島銃の出現から導入…
  6. 三国志ライター黒田レン 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第八話「赤ちゃんはまだか」…
  7. 豊臣秀吉 戦国時代2 豊臣秀吉の小田原征伐はギリギリの勝利だった?
  8. 南蛮胴を身に着けた織田信長 織田信長はポルトガルを意識していた?世界情勢に魅了された第六天魔…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 李儒と三国志
  2. 烏丸族も裴潜(はいせん)に従っているシーン
  3. おんな城主 直虎
  4. 対立する西郷隆盛と大久保利通
  5. 辮髪(べんぱつ)
  6. 三顧の礼 ゆるキャラ 孔明
  7. 董卓
  8. 劉備と曹操

おすすめ記事

  1. 孫権の髭はどんな髭?なんと孫権は異民族でもあった? 孫権の髭
  2. はじめての三国志 2018年歳末のご挨拶 2018年末のご挨拶 はじさんスタッフ 石川 おとぼけ kawauso 黒田 みおやま
  3. 神道国教化とは?廃仏毀釈による影響とは?
  4. 陸遜の生涯を年齢で追ってみよう! 陸遜
  5. 曹操の徐州大虐殺 ―きっかけは曹操の父親だった。その父親とは?- ブチ切れる曹操
  6. スーパーマンも驚き!三国志時代の仙人はびゅんびゅん空を飛んでいた!【古代中国の仙人事情】

三國志雑学

  1. 袁紹と曹操
  2. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超
  3. 王昭儀


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孔明 vs 司馬懿
  2. 大久保利通 幕末
  3. 病に倒れる始皇帝
  4. 三国志に出てくる海賊達 張伯路
  5. 劉備とサンタクロース

おすすめ記事

愛馬に乗る張遼 夏侯惇の部下だった張遼ってどんな性格だったの? 織田信長 織田信長は非常に騙されやすいお人好しだった。 城の前を掃除する孔明 三国志の時代の城の機能について図解解説 キングダムネタバレ予想 バジオウが戦死する6つの理由 三国志を統一した司馬炎 司馬炎と劉禅は似た者同士?その理由とは? 戦う金環三結 三洞元帥(南蛮討伐) 金環三結とはどんな人?三洞元帥の語源は古代インド神話だった? 陸抗 陸抗(りくこう)ってどんな人?父の無念を晴らした孫呉最後の名将 高麗(こうらい)ってどんな国?アンゴルモア元寇合戦記が100倍面白くなる

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP