よかミカンの三国志入門
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

羌族は何者?何度も反乱を起こし漢王朝のHPを削ったヒャッハー集団




異民族

 

後漢王朝が滅んだ理由としてよく語られるのは

外戚と宦官による権力争いですよね。

しかし、実はもっと別のところにも

滅亡の原因があったと言われています。

 

それは、異民族による度重なる反乱。

辺境の地で日々ヒャッハーしている異民族たちは

漢民族の言葉や常識が通じない上にやたらと屈強。

 

そして、謎のタフさで

漢王朝を度々苦しめました。

(なだ)めてもすかしても

嫌な意味でへこたれない異民族たち。

 

中でも、後漢時代に最も漢王朝を苦しめたのは

(きょう)族であると言われています。

一体羌族とはどのような民族だったのでしょうか?

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志に出てくる羌族ってどんな民族?

関連記事:韓遂と王国の反乱が後漢王朝の基盤を揺るがした

 

 

強い奴にくっついて歩く世渡り上手な民族

強い奴にくっついて歩く世渡り上手な民族

 

羌族は紀元前5世紀頃に

中国の西北部に現れたと言われています。

しかし、羌族は漢民族にとって

それほど害が無かったのか

小さな民族だったために歯牙(しが)にもかけられなかったのか

正史では『後漢書』に至るまで

まともに取り扱われることはありませんでした

 

羌族は前漢代には

北方でブイブイ言わせていた匈奴(きょうど)にくっついて

一緒に漢に侵入してみたり、

武帝(ぶてい)によって匈奴がけちょんけちょんにやられた後は

漢にくっついて静かに生活したりしていました。

羌族はけっこう世渡り上手な民族だったみたいですね。

 

 

王莽による簒奪の後大暴れ

王莽による簒奪の後大暴れ

 

前漢末期、

とち狂った王莽(おうもう)が「摂皇帝」だの「仮皇帝」だのと名乗りだし、

ついには「高祖・劉邦(りゅうほう)の霊が俺に帝位をくれた!」とかなんとか言って

帝位を簒奪してちゃっかり新を建国すると、

国内だけではなく異民族にも動揺が起こりました。

 

漢王朝が絶対的存在ではないということが

異民族に知れ渡って色めき立ったというわけです。

しかも、新は十数年で

「やっぱり漢が良かった!」

と眉毛を赤く染めた輩たちに

大暴れされた結果あっさり転覆。

 

そんなわけで

漢王朝は再び返り咲いたのですが、

この一連の動乱は

俺らもワンチャンあるんじゃね?

と異民族たちを更にワクワクさせてしまうことになりました。

 

その中でも特別ワクワクしてしまったのが羌族だったようです。

それまで地味だったのに

漢の領土に度々侵入してヒャッハーしまくる羌族。

漢王朝もその度に国の威信をかけて

羌族を討伐しに出かけるわけですが、

あまりにしつこい羌族に辟易…。

 

「こいつら、何とかならんのかな…」

と悩みに悩んだ漢王朝は

戦う度に羌族を捕まえて漢の領内に住まわせて

飼いならすことにしたのでした。

 

北伐の真実に迫る

北伐  

何度も反乱を起こして漢王朝のHPを削りまくる

異民族を絞める董卓

 

しばらくは黙って飼いならされていた羌族。

漢王朝の方も

羌族は敵というよりも仲間

…というより犬と思うようになっていき、

うまいこと羌族を使ってやろうと考え始めます。

 

そんなわけで

漢王朝は羌族に西域征伐を命じました。

元気よく「OK!」の返事をして

勇んで出かけて行った羌族。

 

しかし、西域に向かう途中で

「これ以上遠くに行っちゃったら、

家族の元に帰れなくなっちゃうんじゃね…?

俺ら、漢民族に騙されてるんじゃね?」

という恐怖心や猜疑心が彼らの中に芽生え始めます。

この恐怖心や猜疑心は仲間の中に次々と伝播していき、

途中で逃げ帰ろうとする者が続出

 

ところが、

彼らの前に「そんなことは許さん」

と故郷への道に立ち塞がる漢民族たち。

「もう辛抱ならん!」とブチギレた羌族は

ついに大反乱を起こして西域への道を塞いでしまいます

 

その際羌族を取りまとめていた

滇零(てんれい)は「我こそは天子である!」

と皇帝を僭称。

ついには長安に攻め入って来るまでになり、

漢王朝は十数年にわたって苦戦を強いられることになりました。

 

滇零の死後、

漢王朝はようやく羌族の反乱を鎮圧できたのですが、

それまでにかかった膨大な軍費によって財政が圧迫され、

再び滅亡への道を歩み始めることになってしまったのです。

 

馬騰馬超韓遂と結んで大暴れ

韓遂

 

反乱を鎮圧された後は

しばらくは鳴りを潜めていた羌族でしたが、

黄巾の乱が起こると再びヒャッハーし始めます。

 

羌族の血を引く馬騰(ばとう)馬超(ばちょう)親子と共に魏に仕えて戦ったり

馬超曹操(そうそう)と仲が悪くなると韓遂(かんすい)と共に反乱を起こしたり。

結局馬超が劉備(りゅうび)に帰順すると、

羌族も蜀に仕えるようになったのでした

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

その後も

五胡十六国時代に

五胡の一員として暴れまくり、

後秦王朝を立てる羌族ですが、

結局その王朝も東晋によって滅ぼされてしまいます。

 

その後目立った活動をすることは無い羌族ですが、

彼らの子孫は現代でも

中国の西域で暮らしているみたいですよ。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:ゾトアオとはどんな人?人間を超越している異民族の首領【後編】

関連記事:ゾトアオとはどんな人?人間を超越している異民族の首領【前編】

 

【漢のマイナー武将列伝】
漢のマイナー武将列伝

 




chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 横浜中華街の関帝廟はどうやって誕生したの?
  2. 【曹操を支えた賢才】卞氏がいたからこそ後ろを省みることなく曹操は…
  3. 病気の呂蒙を穴から見守る孫権
  4. 【三国志群雄列伝】3分でわかる:三国志の群雄達の名言
  5. 実は馬超は漢民族じゃなく異民族だった?
  6. 菫卓が死んだ後、長安はどうなったの?
  7. 曹操も劉備もこれで学んだ?漢の時代の教科書と学校
  8. 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.1

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 大政奉還した徳川慶喜

おすすめ記事

  1. 夏侯淵が滅ぼした宋建は韓遂を上回る長生き群雄だった
  2. 【目からウロコ】魏武註孫子は○○○として編纂された
  3. 【キングダム】呂不韋の一字千金とはどんな名言なの?
  4. 【ビジネス三国志】みんな真似で天下を取った!群雄に学ぶ生き残り戦術
  5. 三国志に学ぶ国家絶滅危機:もし日本(国家)がなくなったら、日本人はどうなるの?
  6. 思わず「やりすぎだろ」と声が出る!脳筋・呂布が袁術にたかる方法が現代でも使える【ビジネス三国志】

三國志雑学

  1. 騎馬兵にあこがれる歩兵
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

幕末大勢で一人に襲いかかる新選組 山南敬助とはどんな人?新選組から脱走した理由は? 【転職で悩んだら】転職の不安は呂布マインドで吹き飛ばせ! 蒙恬(もうてん)はどんな性格なの?真面目さの照れ隠しの軽い性格 【保存版】西遊記に登場する武器を一挙公開!! 陸遜の逸話を紹介!さらに陸遜のことが好きになる! え?そうだったの!?西遊記の目的はお経を取る事では無かった? 【諸葛亮の北伐】精鋭部隊をミエル化 えっ?三蔵法師にも、猪八戒にも沙悟浄にも前世があった!?

おすすめ記事

  1. キングダム581話最新ネタバレ「見える景色」レビュー紹介
  2. キングダム ネタバレ予想535話「急成長 イケメン蒙恬とポンコツ信」
  3. 三国時代の経済ってどうなってたの? まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札
  4. 三国時代に乱立した皇帝…そもそも皇帝ってどんな人?
  5. 軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識>
  6. 三国志時代の兵士はどうやったら憧れの騎馬兵になれたの?当時の馬事情を徹底紹介! 騎馬兵にあこがれる歩兵
  7. 孫登(そんとう)とはどんな人?超絶優しい孫権の長男
  8. 張遼の墓は存在するの?中国の三国志観光スポット旅行

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP