ログイン | 無料ユーザー登録


麒麟がきた
ぐっすり眠れるながら三国志


はじめての三国志

menu

春秋時代

【東周英雄伝】古代中国好きの方にオススメのど迫力漫画

三国志ライター よかミカンさん


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

よかミカン

 

三国志ファンの皆様。

中国史は好きなんだけど時々文化的によく分からないところがあるな、とお感じになったことはありませんでしょうか。

例えば、劉備(りゅうび)劉安(りゅうあん)という人から人肉を振る舞われて感激した話とか……。

ちょっと、三国志を読んだだけでは分からない文化的なあれこれがあるのではないかという気がします。

そこで本日は、三国志よりももっとワイルドだった春秋戦国時代を扱った漫画「東周英雄伝(とうしゅうえいゆうでん)」のご紹介です。

古代中国人のびっくりエピソード満載ですよ!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:張飛が『春秋左氏伝』を読んでいた!?中国発インテリ伝説

関連記事:春秋と史記に隠された意味がダヴィンチコードレベル

 


 

春秋戦国時代とは

春秋戦国時代とは?

(画像:春秋时代地图Wikipedia)

 

紀元前十一世紀頃にできた周王朝は紀元前771年に東西に分裂しましたが、

その紀元前771年が春秋戦国時代の始まりとされています。

この時代は周王朝の権威がすたれ、各国の諸侯が覇を競う状態でした。

紀元前5世紀に、諸侯国のうちの一つの晋が、晋の有力な大夫たちによって三分割されましたが、

その出来事の前が春秋時代、それ以後が戦国時代、まとめて春秋戦国時代と呼びます。

春秋戦国時代は紀元前221年の秦の天下統一までです。

群雄割拠のサバイバル時代だったんですね。

 


 

三国時代よりも過激!

三国時代よりも過激!

 

春秋戦国時代と比べると、三国志の時代はずいぶん現代的な感じがします。

春秋時代は行政と祭祀がとても密接に結びついていましたし、人を罰する際の刑罰として、鼻そぎや足きりなどの肉刑がありました。

三国志の時代には、祭祀なんて気休めでしょ? という感覚が常識でしたし、肉刑はありませんでした。

三国志を読み慣れていると、春秋戦国時代は刺激的に見えるはずです。

三国志の中で文化的に分からないような部分も、春秋戦国時代の様子を見ると“なるほど、こういう発想だったのね”と納得できると思います。

というわけで、春秋戦国時代のイメージがつかめる漫画「東周英雄伝」はオススメです!

 

孔子の愉快な弟子たち『はじめての孔門十哲』
孔門十哲

 

びっくり人間の宝庫

 

「東周英雄伝」には極端な生き方をする人物が目白押しです。

ペットの鶴を可愛がりすぎて人心を失い戦死した君主(衛の懿公(いこう))とか、秦に援軍を要請するために七日七晩飲まず食わずで

泣き続けた人(申包胥(しんほうしょ))とか。

ふつう、そこまではやらないわー。引くわー。と思ってしまうくらい極端なのですが、そういうカルチャーショックが面白いです。

へえー、古代中国人ってこんなふうなの? って、イメージがわいてきます!


 

迫力のある描写

迫力のある描写が多い東周英雄伝

 

古代中国人のびっくり話なら『春秋左氏伝』や『史記』を読んでも仕入れることができるのですが、文字情報だけだと、

ちょっとぴんとこない時があります。

「東周英雄伝」は迫力のある絵と、登場人物の心情が伝わってくるような表情やモノローグで、生々しい印象とともに

古代のびっくり話を仕入れることができます。

春秋時代の戦車戦の描写も迫力があり、こんなふうに戦っていたのかとイメージできます。

武具や建物や女性のメイクなども、三国志の時代のものとは少しずつ違っていて、見ていて面白いです!


  

 

 

話題や人物が絞り込まれていて分かりやすい

馬騰

 

『史記』や『春秋左氏伝』だと、背景なども含めて全面的に書かれているので、出来事や人物のイメージがぼんやりしてしまうことがあります。

「東周英雄伝」は、一つの話で一つの出来事とか一人の人物とかに的を絞って書いてあるので、一点に集中しながらストーリーを追うことができます。

このため、読んだあとに残る印象も鮮烈です。

古代中国にはああいう名物人間がいたんだっけ、というように心に残るので、知識として理解するのとは違った魂レベルでの理解ができます!

 

三国志ライター よかミカンの独り言

三国志ライター よかミカンの独り言

 

古代中国に興味があっても、ぶ厚い歴史書はちょっととっつきづらかったりしないでしょうか。

「東周英雄伝」ではそのエッセンスを魅力的な漫画で紹介してくれているので、ちょっと古代中国のイメージをつかみたい場合には最適だと思います。

そこで興味を持った部分だけを歴史書から拾い読みしてみるなんていうのも面白いと思います。

三国志と並行して春秋戦国もかじるとおいしさ倍増ですので、未体験の方はぜひご賞味下さいませ!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【春秋時代の覇者から学ぶ】桓公・勾践・呉起から学ぶ!明日から使えるリーダー力

関連記事:関羽も丸暗記した春秋左氏伝はどうして人気があるの?

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代  

 


 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. はじめての三国志 画像準備中 要離(ようり)とはどんな人?呉王・闔廬の為に身命をとした刺客
  2. 孔子と儒教 春秋と史記に隠された意味がダヴィンチコードレベル
  3. 『論語』は日本の偉人に大きな影響を与えていたって知ってた?
  4. 孔子と儒教 孔子の幼少期から青年期はどんな人だったの?
  5. ストイックすぎる仁徳者・顔回 顔回 【孔門十哲】顔回(がんかい)とはどんな人?孔子が最も愛した弟子
  6. 孔子に一番叱られたペラペラが仇になった宰我 宰我、孔子 【孔門十哲】宰我(さいが)とはどんな人?孔子に一番叱られた弟子
  7. 川島永嗣並みのどや顔がうざい子游 【孔門十哲】子游(しゆう)とはどんな人?ドヤ顔といえばやっぱりこ…
  8. 孔子の弟子であり文学が得意な子夏 【孔門十哲】子夏(しか)のどのあたりが文学に長けていたの?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 上杉謙信
  2. 負けた魏延
  3. 鬼道を使う卑弥呼
  4. 銅雀台の建造記念パーティーを行う曹操
  5. 水魚の交わり
  6. 北宋末の政治家・童貫(どうかん)

おすすめ記事

  1. 毛利家を守るために小早川隆景の苦渋の決断とは?
  2. 【もう一つの三国志】司馬師暗殺計画の裏側
  3. 【時代の先導者】父に嫌われていた孟嘗君・田文は○○がきっかけで父の跡を継ぐことになった 孟嘗君
  4. 子供のままでいい!世界の超痛い成人式 毒アリに手をわざと咬ませグローブみたいに手が腫れ上がるシーン
  5. 元祖そこまで言って委員会!孔融と禰衡の議論がカオス 孔融と禰衡
  6. 三国志の時代に流行した超クールなスポーツ撃壌

三國志雑学

  1. 環夫人
  2. 曹操は関羽をGET
  3. 曹操丞相えらいねんで!
  4. 孔明
  5. 呂壱と孫権


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “読者の声" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"
“はじめての三国志読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孔子と儒教
  2. 徒歩の献帝を保護する楊奉
  3. 読者の声バナー(はじめての三国志)
  4. 苦肉の策(笑)
  5. 海上での戦い11 田豫
  6. 孫権に攻められ戦死する黄祖
“朝の仕度にながら三国志ver3"

おすすめ記事

鉄甲船 ガッカリ!信長の鉄甲船は村上水軍を殲滅させていない 周瑜に憧れる袁術 袁術が軍師を欲しがってたってホント?人の意見を聞かない袁術の本音とは? 三国志に出てくる海賊達と甘寧 甘寧の経歴は「地元の無頼者のリーダー」!それを喜んで迎え入れた「呉」のあたたかさが見えてくる 曹植を暗殺しようとした曹丕を止める卞皇后 陳寿は曹丕をどんな評価していたの?プラスもあればマイナスあり!? 袁術 第11話:袁術くん「ミスコミュニケーション」の対策を劉表から学ぶ 岩倉具視 岩倉具視の性格や出身は?ヤモリと呼ばれた男の生涯 三国志の英雄(魏 呉 蜀) 衝撃の事実!三国時代に魏・呉・蜀なんて『国』は存在しなかった!? 魯粛、周瑜、袁術 袁術が天下を統一するためにみんなで考えよう【第2回】

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “はじめての三国志企画特集" “つながるはじめての三国志" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
“歯痛の歴史"
“三国志読み放題サービス"
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論
ビジネス三国志
ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“はじめての三国志Youtubeチャンネル"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP