呂布特集
馬超




はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

鳥羽伏見の戦い影の功労者ウィリアム・ウィリス【はじ三ヒストリア】

 




 

日本の運命を決定した戊辰戦争(ぼしんせんそう)の前哨戦である鳥羽伏見(とばふしみ)の戦い、この時15000と薩摩軍の3倍の兵力を有していた筈の徳川幕府は惨敗し

明治維新への流れは引き戻し不可になりました。

その本編はNHK歴史秘話ヒストリアを見て頂くとして、はじさんヒストリアでは、鳥羽伏見の戦いの裏で起きた日本の外科手術の始まりを

紹介します。

 

※この記事は、11月21日、午後10時25分放送のNHK歴史秘話ヒストリア鳥羽伏見の戦い明治維新150年目の真実を

もっと楽しく鑑賞する為のトリビア記事です。

 

関連記事: 象さんが最初に日本に来たのはいつ?【はじ三ヒストリア】

関連記事:日本刀はどこがどう凄いの?【はじ三ヒストリア】

 

 

未曽有の戦傷者を出した鳥羽伏見の戦い

 

鳥羽伏見の戦いは、最新式の小銃と大砲による西洋式軍隊同士の激突でした。

銃創や砲弾による負傷は、それまでの刀や槍傷による負傷とは全く違い出血ばかりでなく創口からの感染症や壊死など、それまでの日本の医師が

経験した事がない病状が多く出現しました。

また、銃弾の摘出には、外科手術が必要でしたが、そもそも漢方医ばかりか蘭方医でさえ外科手術に習熟した人材がいなかったので負傷兵たちは、

出血多量や感染症で続々と命を落としていきました。

 

この危機的な状況に手を打ったのが、大山巌でした。

江川英龍の塾で銃術を学んでいた大山は、銃創の治療は英国医学が進んでいる事を知っていて当時、兵庫沖に停泊していた英艦隊に

援助を求めたのです。

ここで薩摩藩に派遣されたのが英国人医師、ウィリアム・ウィリスでした。

 

 

イギリス人医師ウィリス京都で外科手術を行う

ウィリアム・ウィリス

 

英国駐日公使パークスは、人道上の立場から病気見舞いという事で、医師ウィリアム・ウィリスと通訳官のアーネスト・サトウを派遣します。

当時の日本では尊皇攘夷(そんのうじょういねつ)が最高潮に達しており、西洋人というだけでも出歩くのは危険でしたが鳥羽伏見の戦いの薩摩藩の病院は、

京都相国寺内に存在していました。

本来なら汚らわしい西洋人を天皇の居る京都に入れる等とんでもないという状況でしたが、事情が事情なので西郷隆盛(さいごうたかもり)

藩主の島津忠義しまづただよし)を仲介し天皇から許可を取っています。

こうして、ウィリスとサトウは、西洋人で初めて京都に入った人物という事になります。

余談はともかく、ウィリスは京都相国寺内の薩摩藩野戦病院に2週間滞在し、薩摩藩の医師を助手に100名を数えた負傷兵の治療に当たります。

 

ウィリスは石炭酸を使用した手術室の消毒、外科手術に関してはクロロホルムを使い痛みを和らげるなど最新の外科手術を駆使して

多くの負傷兵を回復させました。

この相国寺でウィリスは首を貫通する銃創を負った西郷隆盛の弟、西郷従道(さいごうつぐみち)を治療して回復させています。

また、酒豪で肝臓を病み大量の血を吐いた山内容堂の治療も行い、以後容堂は終生ウィリスを贔屓(ひいき)にするようになりました。

 

【西洋文明に遭遇した日本の開国秘話に迫る!】
こんにちは西洋

 

戊辰戦争でもウィリスは従軍し敵味方なく治療を行う

 

ウィリスの外科手術は、薩摩にセンセーションを与え外科手術は大きな関心事になります。

その後、戊辰戦争が江戸から北陸へ展開する中でもウィリスは請われて軍医として従軍。

新政府軍は横浜に軍陣病院を開設、ウィリスは病院長として多くの医師を指導します。

 

東北戦争では、ウィリスは北越戦線病院に出動しますが、そこでウィリスは戦国時代さながらに敵の負傷兵を放置したり、

憎しみから虐殺したりする兵士の蛮行に遭遇しました。

ウィリスは博愛精神に基づき、敵味方の区別なく治療すべきと主張し官軍兵士のみならず、旧幕府軍から会津藩兵に至る全ての負傷者の治療に当たっています。

ウィリスの活動は、日本に赤十字が発足する契機にもなりました。

 

数奇な運命の末に鹿児島で後進を育てる

 

戊辰戦争の多大な貢献で、明治天皇に謁見し感謝状と記念品を贈られるなど影響力を強めたウィリスですが社会的地位を奪われた蘭方医や

一部政治家の思惑で、日本はイギリスからドイツ医学に方針転換し、東京医学校兼病院院長だったウィリスも立場が弱くなり辞職する事になりました。

 

1870年、ウィリスは西郷隆盛や医師石神良策の招きで鹿児島に渡り鹿児島医学校の校長兼医師として勤務します。

西郷はウィリスを呼ぶのに900ドルの破格の月給を提示しましたが、これは、当時の総理大臣クラスの大久保利通の500ドルよりずっと高額でした。

戊辰戦争で発揮されたイギリスの臨床医学を西郷は高く評価していたようです。

西郷隆盛

 

ただし鹿児島は、日本一頑迷で頑固な薩摩武士が支配する土地で英国嫌いも薩英戦争(さつえいせんそう)以来根強いものでした

ウィリスは鹿児島武士の無理解に苦しみ、かなりの激論を繰り返したそうですがやがて、鹿児島で結婚し子供にも恵まれると次第に環境にも

慣れていきます。

そして臨床医学ばかりでなく、公衆医学、予防医学を生徒に伝授していきました。

鹿児島は西日本における医学の中心地になり他県からも生徒が集まり、その生徒数は、600人に到達したそうです。

ウィリスの教え子には、英国留学して海軍軍医になり日露戦争で日本兵を苦しめた脚気(かっけ)を予防医学に根差した麦飯によって予防した

高木兼寛(たかぎかねひろ)等がいます。

 

kawauso編集長の独り言

 

武器が近代化した幕末維新期においても、それに対応した外科手術については鳥羽伏見の戦いの頃でも十分に認識されていなかったんですね。

もし、その時、英国艦隊にウィリスがいなかったら、鳥羽伏見の戦いや、その後の戊辰戦争の戦没者は、さらに増加したかも知れません。

ウィリスは、アーネスト・サトウがこんなに人情味のある人物を私は見たことがないと賞賛する程に理想的な医師であり

戦闘の最中に銃弾で負傷した平民の老婆を士族の誰も顧りみようとしないのを率先して治療したり、

会津戦争では、700人の負傷者を看る傍らで、困窮した会津の人々の為に出来る限り物資を回すよう手配をしています。

医師ばかりではなく、患者の傷のレベルにより看護人をつけ身の回りの世話をさせるなど患者の負担を取り除く努力もしていました。

彼こそは、鳥羽伏見の戦いでの影の功労者と言えるでしょう。

このあたり、歴史秘話ヒストリアに紹介されるかどうか分かりませんが、覚えておいて、損はないと思います。

 

関連記事:幻のノーベル賞、山極勝三郎とはどんな人?【はじ三ヒストリア】

関連記事:前原一誠が越後で行ったびっくりの善政とは?

 

【幕末のエンジニア達】
幕末のエンジニア達




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 沖縄そばを食べる関羽 時空を超える関羽、琉球の民話に登場
  2. 【キングダム】趙峩龍(ちょう・がりゅう)って本当に強いの?
  3. 趙雲 今まで有難う趙雲!劉禅や姜維の感謝の言葉に感涙
  4. 劉禅と孔明 【シミルボン】孔明も騙した?蜀に似合わないテキトー人間 何祇の人…
  5. 幕末 西郷糸子 西郷糸子はどんな人?西郷どんの3番目の妻は冗談好きのしっかり者
  6. 徐庶の初陣 60話:徐庶、劉備軍の軍師として曹操と対峙する!
  7. 張飛のヨメ 夏候夫人|張飛の妻は、夏候淵の姪だった?
  8. 小さい曹操が持っていた巨大な戦車についての考察

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 織田信長
  2. ピストルを乱射する坂本龍馬
  3. 袁紹、袁尚、袁譚
  4. 孔明 司馬懿 陸遜
  5. 織田信長
  6. 南蛮胴を身に着けた織田信長
  7. 徐邈(じょばく)は曹操の禁酒令を破った

おすすめ記事

  1. 戦犯・馬謖!もしも街亭の戦いをラーメン店に例えたらこうなりました 山頂に陣を敷いた馬謖
  2. 劉備と劉邦 劉邦と劉備
  3. 明智光秀はどんな武器を使っていたの?戦国無双から武器を考察してみる 明智光秀が剣を持って戦っているシーン
  4. オルド将軍は実在するの?やっぱり最期は龐煖にバッサリ? キングダム45
  5. 三国志地図|中国にも九州があった?州について分かりやすく解説 三国志の地図(州)
  6. 【キングダムに描かれない】秦の時代の貧困のリアルを追ってみる 疫病が蔓延している村と民人

三國志雑学

  1. 孔明と司馬懿
  2. 司馬朗と司馬防
  3. 張燕
  4. 袁紹VS公孫瓚
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 太平道の祖・張角(黄巾賊)
  2. 陶謙
  3. 信陵君
  4. 蔡琰

おすすめ記事

光武帝(劉秀)陰麗華 【リアルチート】光武帝・劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?優れた政策と逸話 Part.3 三国夢幻演義バナー 龍の少年 三国夢幻演義 龍の少年 第1話「命の山」見逃し配信開始! 幕末 大砲発射 前原一誠、萩の乱その戦いとは? 【特別企画】kawausoがあなたの夢を叶えます!三国志にタイムスリップしたら何したい? 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.1 これはひどい・・関羽は深刻な方向音痴だった?迷走する関羽の千里行 野望が膨らむ鍾会 野心家・鍾会の生涯を追ってみよう 劉琦はどうして毒殺されなかったのか!?【素朴な三国志疑問】

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP