英雄の死因
英雄の墓特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

蜀の老将・厳顔の年齢は一体いくつだったの??

蜀の厳顔



厳顔(げんがん)

 

蜀の老将と言えばみなさんは多分黄忠(こうちゅう)をイメージするのではないのでしょうか。

黄忠三国志演義によると大体75歳位で亡くなったそうですが、

亡くなるまで前線で活躍していた将軍でした。

 

しかし蜀には黄忠に匹敵する老将軍がいるのをみなさん知っていますか。

その人物の名前は厳顔(げんがん)です。

彼も黄忠と共に老将軍でありながら前線で活躍した人物ですが、一体いくつだったのでしょうか。

今回は厳顔の年齢について紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:黄忠や厳顔のような老兵は実際に戦争では最前線に立っていたの?

関連記事:103話:黄忠・厳顔の老将コンビ大活躍|年寄りをなめるな!

 

 

厳顔の年齢はいくつだったの??

黒田レン

 

蜀の老将・厳顔は一体いくつくらいだったのでしょうか。

三国志演義をちょっと調べてみました。

すると厳顔の年齢についての記載が載っていませんでした。

という事は厳顔がいくつまで戦っていたのか分からなくなってしまいましたが、推測することは出来るでしょう。

 

 

大体60歳~60歳後半まで戦っていたのでは??

厳顔と張飛

 

厳顔の没年がわからないので彼がいつまで戦場で活躍していたのかわからない状況になってしまいました。

しかし推測することはできます。

 

三国志演義によると厳顔は黄忠と共に定軍山での戦いまで一緒に活躍していましたが、その後、黄忠が劉備(りゅうび)に馬鹿にされた夷陵の戦いでは

厳顔の名前は出てきていません。

とすれば厳顔は定軍山の戦い~夷陵の戦いまでの間に高齢で亡くなっている可能性があるのではないのでしょうか。

 

そして黄忠の没年齢が約75歳だと考え(三国志演義で黄忠が亡くなる間際に劉備へ伝えていたそうです)、定軍山の戦い後1年後に亡くなったと

仮定しましょう。

 

更にもう一つ厳顔が黄忠と同い年だった可能性よりも少しくらい年齢差があったと仮定し、黄忠と厳顔の年齢±3歳くらいの差だとしましょう。

上記のように仮定を重ねると厳顔の推定死没年齢は約72~78歳位ではないでしょうか。

この推定死亡年齢の間に厳顔が亡くなったとすれば、彼が戦場の第一線で活躍していたのは約72歳くらいまでではないでしょうか。

72歳まで戦場で活躍していた厳顔がとんでもないジジだったと想像することができると思います

 

もし現代に厳顔くらいの元気なジジ様がいるとすれば、日本の世の中はどうなっていたのか。

現代日本に戦場が無い事を考えると元気なジジ様達が秋葉原でスマホを弄りながら若者とゲームをしたり、ラノベ等を読んでいたりと妄想すると

ちょっとおかしくもあり、不思議な光景だなと思うのはレンだけでしょうか。

 

よかミカンが贈る「黒三国志入門」
よかミカンのブラック三国志入門

 

正史三国志では厳顔が老人とは一言も言っていない!!

 

さて上記は三国志演義をベースに考えてきました。

では正史三国志の厳顔は一体どのような活躍をしてたのでしょうか。

正史三国志の厳顔を調べてみたところ驚きの結末がありました。

 

それは・・・・。

厳顔が老将であるとの記載が一切ないのです

さらに厳顔が活躍していたとの記載も一切ありませんでした。

厳顔の唯一となる活躍が張飛(ちょうひ)との戦いと張飛に降伏した時のセリフだけが記載されていました。

三国志の注をつけている裴松之(はいしょうし)ですら厳顔に対して記載していません。

史実には確かに存在していたと思われる厳顔ですが、張飛に降伏した後はあまり活躍することなく亡くなってしまったのかもしれませんね。

 

三国志ライター黒田レンのひとりごと

三国志ライター黒田レンのひとりごと

 

今回は厳顔の年齢について紹介させていただきました。

三国志演義を元に年齢を予想してみましたが、70歳オーバーで戦場に出て槍や弓を使って敵兵をバタバタと倒していた所を考えると

とんでもない戦場だったんだなと想像してしまいます。

また劉備が老将・厳顔を戦場に引っ張り出さないと行けない程当時から人材不足だったのかと色々と勘ぐってしまうのはレンだけでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:夏侯淵が滅ぼした宋建は韓遂を上回る長生き群雄だった

関連記事: 91話:張飛の大手柄 蜀将の厳顔を味方にする

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 中国四大美女のひとり貂蝉
  2. 【架空戦記】帝政ローマ軍と三国志軍が戦ったらどっちが勝つの?軍隊…
  3. 茶を飲む張角(太平道) 劉備も茶を求めた?中国茶の歴史
  4. 周倉 周倉の被っているあの帽子は何て言う帽子?
  5. 【荀彧の日記念】荀彧の妻は宦官の娘?曹操とのシンクロが半端ない
  6. 成廉、魏越、呂布 僕陽の戦いで見る八健将(はちけんしょう)の実力に迫る!
  7. 宦官 後漢を滅ぼす原因にもなった宦官(かんがん)って誰?
  8. 三国志時代のペット事情が興味深い!陸遜の孫も犬を可愛がっていた!…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 呂蒙を慰める孫権
  2. 呉の孫権
  3. 晋の陳寿
  4. 貂蝉と呂布
  5. 楊貴妃
  6. 孫武(ゆるキャラ)
  7. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  8. 真田丸 武田信玄
  9. 徐晃

おすすめ記事

  1. 【お知らせ】はじめての三国志が電子書籍レベール「桃園出版 三国舎」を設立 kawauso編集長 はじめての三国志主宰・おとぼけ
  2. 孫策の娘はあの名将達へ嫁いでいた!? 孫策、陸遜、顧邵、他
  3. 蒼天航路が1〜3巻まで無料【お知らせ】
  4. 小栗忠順の最期!なぜ小栗は明治政府に殺されたのか?
  5. 96話:孔明の計略炸裂!馬超は劉備の軍門に下る 馬超の仲間入り
  6. 飛信隊はどのような構成だったの?史実をもとに強さも考察

三國志雑学

  1. 陸遜
  2. 張角は歴史の表舞台に登場
  3. 周倉
  4. 撃剣を使う曹丕
  5. 五虎大将軍の関羽
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 関羽
  2. 司馬懿と曹操
  3. 孔子の弟子であり文学が得意な子夏
  4. 楽進

おすすめ記事

ドリフターズの主人公・島津豊久ってマイナーだけど何をした人なの? スサノオノミコト(日本神話) 古代出雲王国の繁栄は黄巾の乱と関係があった! 孔明君のジャングル探検 【地図付き】地味だけど結構重要だった!諸葛亮の南中遠征 スピリチュアルにハマる光武帝 光武帝はとんでもないスピリチュアマニアだった!?劉秀の意外な一面 北伐する孔明 【三国志の素朴な疑問】蜀が北伐を止められなかった理由とは? 張遼・楽進・李典 合肥の英雄・張遼も曹操並の人材集めに必死だった!? 曹植 曹植も詠んだ詠史詩の魅力とは? 楊貴妃 楊貴妃と玄宗が愛を育んだ温泉地華清池によかミカンが行ってみた

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP