三国志平話
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

龐徳は馬超に義理で部下になっていた!?




龐徳と馬超

馬超龐徳

 

馬騰(ばとう)軍一の勇将として知られていた龐徳(ほうとく)

彼は馬騰が亡くなった後、馬超(ばちょう)に付き従って関中軍閥と共に曹操(そうそう)へ反乱を起こします。

その後彼は馬超と一緒に潼関で曹操軍と戦いますが、敗北してしまいます。

 

しかし龐徳は馬超を見捨てることなく涼州各地で馬超と共に戦いを継続していくのでした。

その後龐徳は馬超と別れて曹操へ仕えることになるのですすが、

どうして馬超と共に戦いを継続したのでしょうか。

その理由は龐徳が馬超へ義理で付き従っていたのかもしれません。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:馬岱は馬超と蜀に降ったのに何故龐徳だけ漢中に残った?

関連記事:龐徳が曹操から関羽に乗り換えなかった理由は何?

 

 

龐徳が馬超に義理で従った理由その1:馬騰に可愛がられていたから

馬騰

馬騰

 

龐徳が馬超に義理で従って理由その1としては馬騰に可愛がられていたからではないのでしょうか。

龐徳は馬超の時代に仲間になった武将ではなく、馬超の父・馬騰の時代から仕えていた古参の武将です。

 

龐徳は馬騰に従って異民族の反乱鎮圧戦で手柄を挙げて馬騰から校尉に昇進。

その後彼はいくつも戦で次々と手柄を挙げていき、馬騰軍一の勇将と呼ばれることになり、侯の位を与えられる事になります。

このことから馬超の父である馬騰に龐徳が可愛がられていたから、馬超が敗北し続けていてもおとなしく従っていたのではないのでしょうか。

 

 

龐徳が馬超に義理で従った理由その2:馬騰の息子を見捨てることができなかったから

龐徳

 

龐徳が馬超に義理で従った理由その2としては、馬騰の息子である馬超を見捨てることができなかったからではないでしょうか

上記で馬超の父・馬騰に龐徳が可愛がられていたと説明しました。

龐徳は馬騰の息子でともに戦った事もある馬超を見捨てることができなかったからこそ反乱に加わったと考えることができると思います。

その証左を説明していきたいと思います。

 

人に話したくなる三国志の一騎打ち特集
一騎打ち

 

馬超を見捨てることができなかった証左とは??(その1)

鍾繇

鍾繇(しょうよう)

 

馬超を見捨てることができなかったた証左として、まず一つに馬超が曹操へ不確かな情報で反乱を起こしたことに付き従ったことが挙げられます

馬超が反乱を起こした理由は曹操が漢中を征伐するとの噂を聞いて、漢中の征伐をするのではなく自分達を攻撃するのではないのかと

疑心暗鬼に陥った事が原因です。

 

龐徳はこの反乱に加わらずにいることも可能だったと思います。

ですが龐徳が馬超や韓遂(かんすい)らが曹操へ反乱を起こしたことに加わったのは、馬騰の息子である馬超を見捨てることが

できなかったからではないのでしょうか。

 

馬超を見捨てることができなかった証左とは??(その2)

馬超

 

そして龐徳が馬超を見捨てなかった証左その2としては馬超が何度も曹操へ戦いを挑んだにも関わらず連戦連敗していながら彼に付き従っていた事です。

もし龐徳が馬騰に可愛がられていた事を理由とし、義理で馬超に従っているとすれば、潼関の戦い以降、馬超が曹操軍へ何度も攻撃を挑みますが、

その度に敗退していったにも関わらず、彼を龐徳が見捨てなかったことにも納得することができるのではないのでしょうか。

 

また馬超が曹操と戦い続けることを諦めて、劉備(りゅうび)に仕える決断をした時に馬超と別れたのも、曹操とこれ以上戦いを継続しないのであれば

彼に義理を尽くす必要がないと龐徳が考えたから馬超と別れたのではないのでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

龐徳が馬超に主従関係ではなく、義理で従っていたのであれば、劉備の元へ一緒に行かなかった理由にも該当すると思います。

主従関係であれば君主の行くところに付き従わなくてはなりませんが、義理であれば自分が義理を相手に尽くしたと考えれば

その人と別れて好きなように生きることが出来るからです。

 

このように考えると龐徳が馬超に義理で従って、龐徳が馬超に義理を尽くしきったと考えたから馬超と分かれて、

曹操に仕えたと考えることができると思いますが、皆様はどのように思いますか。

 

【参考文献】 ちくま学芸文庫 正史三国志魏書 龐徳伝 等

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:龐徳は曹操のみならず子孫代々称えられた忠臣だった

関連記事:魏の夏侯惇・許褚・龐徳の息子達は優秀だった?気になる将軍たちの息子事情

 

【昔の人の二次創作 民話の中の三国志】
民間伝承の三国志

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 死刑か肉刑か?魏の宮廷を二分した刑罰論争
  2. 馬良(ばりょう)って何した人だっけ?意外な馬良の役割と任務に迫る…
  3. 皇帝に就任した曹丕 【第三次濡須口の戦い】曹丕の火事場泥棒から起きた最期の激戦
  4. 司馬懿と諸葛孔明の文通は心理戦の一端だったの?
  5. 【衝撃の事実】鳥巣襲撃戦後にとった曹操の行動が結構エグかった
  6. こち亀の両さんか!三国志の美女は一本眉だった?
  7. どうして陳宮は呂布に従えたの?呂布を見捨てなかった天才軍師の生涯…
  8. 甘過ぎるおかん孔明!部下に厳しく出来ない事実が発覚!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹操と劉備
  2. キングダム53巻
  3. 典韋にボコボコにされる成廉
  4. オオクニヌシ(日本神話)

おすすめ記事

  1. 島津斉彬の人柄とは?誰もが納得する名君の心構え
  2. 噛ませ犬じゃないよ!正史では立派な人・王朗
  3. 【応仁の乱】 東軍と西軍の大衝突!東岩倉三宝院の戦い
  4. 興収10億円突破!映画『関ヶ原』岡田准一の見どころと辛口批評するよ!
  5. 【ネコ派必見】猫にまつわる中国史の逸話!古代漢民族は無類の猫好きだった?
  6. 【潼関の戦い】二度目の韓遂との会見が曹操の独壇場だったらしい 赤鎧を身に着けた曹操

三國志雑学

  1. 曹操と羊
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 織田信長
  2. 亡くなる卑弥呼
  3. キングダム53巻
  4. 亡くなる劉備に遺言を聞く諸葛亮と趙雲

おすすめ記事

親バカな諸葛孔明 諸葛瞻(しょかつせん)ってどんな人?孔明が親バカになるほど可愛がった愛息子 月刊はじめての三国志2017年9月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第35話「蘇えりし者たち」の見どころ紹介 【特別企画】kawausoがあなたの夢を叶えます!三国志にタイムスリップしたら何したい? 蜀の二代目皇帝・劉禅とケンシロウの共通点 【ポスト五虎大将軍】蜀の四龍将が生きていれば蜀は魏を倒せた? 夏侯淵が定軍山で戦死した原因は兵力不足だった? 対立する西郷隆盛と大久保利通 岩倉使節団とは何?大久保利通がイギリスに行った理由

おすすめ記事

  1. 武経七書(ぶけいしちしょ)って何? 兵家を代表する七つの書物 郭嘉の本
  2. 劉琦と劉琮の仲が悪くなったのは一体どうして!? 蜀の劉琦
  3. 【大三国志 攻略7】大注目!序列第1位のあの同盟が登場!天下乱舞はどうなっているのか!?
  4. 【第5回 幻霊物語~爆裂三国バトル~】総括します!愛着の湧く三国志ゲームでした
  5. 【孔明涙目】パイセンの命令は絶対!『劉備軍』が想像以上に体育会系だった
  6. 集まれ曹操の25人の息子たち・その2 曹宇
  7. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十一話「さらば愛しき人よ」の見どころ紹介
  8. 西郷隆盛は本当にやっせんぼだったの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP