キングダム
馬超




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

龐徳は馬超に義理で部下になっていた!?

ホウ徳、馬超




龐徳と馬超

馬超龐徳

 

馬騰(ばとう)軍一の勇将として知られていた龐徳(ほうとく)

彼は馬騰が亡くなった後、馬超(ばちょう)に付き従って関中軍閥と共に曹操(そうそう)へ反乱を起こします。

その後彼は馬超と一緒に潼関で曹操軍と戦いますが、敗北してしまいます。

 

しかし龐徳は馬超を見捨てることなく涼州各地で馬超と共に戦いを継続していくのでした。

その後龐徳は馬超と別れて曹操へ仕えることになるのですすが、

どうして馬超と共に戦いを継続したのでしょうか。

その理由は龐徳が馬超へ義理で付き従っていたのかもしれません。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:馬岱は馬超と蜀に降ったのに何故龐徳だけ漢中に残った?

関連記事:龐徳が曹操から関羽に乗り換えなかった理由は何?

 

 

龐徳が馬超に義理で従った理由その1:馬騰に可愛がられていたから

馬騰

馬騰

 

龐徳が馬超に義理で従って理由その1としては馬騰に可愛がられていたからではないのでしょうか。

龐徳は馬超の時代に仲間になった武将ではなく、馬超の父・馬騰の時代から仕えていた古参の武将です。

 

龐徳は馬騰に従って異民族の反乱鎮圧戦で手柄を挙げて馬騰から校尉に昇進。

その後彼はいくつも戦で次々と手柄を挙げていき、馬騰軍一の勇将と呼ばれることになり、侯の位を与えられる事になります。

このことから馬超の父である馬騰に龐徳が可愛がられていたから、馬超が敗北し続けていてもおとなしく従っていたのではないのでしょうか。

 

 

龐徳が馬超に義理で従った理由その2:馬騰の息子を見捨てることができなかったから

龐徳

 

龐徳が馬超に義理で従った理由その2としては、馬騰の息子である馬超を見捨てることができなかったからではないでしょうか

上記で馬超の父・馬騰に龐徳が可愛がられていたと説明しました。

龐徳は馬騰の息子でともに戦った事もある馬超を見捨てることができなかったからこそ反乱に加わったと考えることができると思います。

その証左を説明していきたいと思います。

 

人に話したくなる三国志の一騎打ち特集
一騎打ち

 

馬超を見捨てることができなかった証左とは??(その1)

鍾繇

鍾繇(しょうよう)

 

馬超を見捨てることができなかったた証左として、まず一つに馬超が曹操へ不確かな情報で反乱を起こしたことに付き従ったことが挙げられます

馬超が反乱を起こした理由は曹操が漢中を征伐するとの噂を聞いて、漢中の征伐をするのではなく自分達を攻撃するのではないのかと

疑心暗鬼に陥った事が原因です。

 

龐徳はこの反乱に加わらずにいることも可能だったと思います。

ですが龐徳が馬超や韓遂(かんすい)らが曹操へ反乱を起こしたことに加わったのは、馬騰の息子である馬超を見捨てることが

できなかったからではないのでしょうか。

 

馬超を見捨てることができなかった証左とは??(その2)

馬超

 

そして龐徳が馬超を見捨てなかった証左その2としては馬超が何度も曹操へ戦いを挑んだにも関わらず連戦連敗していながら彼に付き従っていた事です。

もし龐徳が馬騰に可愛がられていた事を理由とし、義理で馬超に従っているとすれば、潼関の戦い以降、馬超が曹操軍へ何度も攻撃を挑みますが、

その度に敗退していったにも関わらず、彼を龐徳が見捨てなかったことにも納得することができるのではないのでしょうか。

 

また馬超が曹操と戦い続けることを諦めて、劉備(りゅうび)に仕える決断をした時に馬超と別れたのも、曹操とこれ以上戦いを継続しないのであれば

彼に義理を尽くす必要がないと龐徳が考えたから馬超と別れたのではないのでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

龐徳が馬超に主従関係ではなく、義理で従っていたのであれば、劉備の元へ一緒に行かなかった理由にも該当すると思います。

主従関係であれば君主の行くところに付き従わなくてはなりませんが、義理であれば自分が義理を相手に尽くしたと考えれば

その人と別れて好きなように生きることが出来るからです。

 

このように考えると龐徳が馬超に義理で従って、龐徳が馬超に義理を尽くしきったと考えたから馬超と分かれて、

曹操に仕えたと考えることができると思いますが、皆様はどのように思いますか。

 

【参考文献】 ちくま学芸文庫 正史三国志魏書 龐徳伝 等

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:龐徳は曹操のみならず子孫代々称えられた忠臣だった

関連記事:魏の夏侯惇・許褚・龐徳の息子達は優秀だった?気になる将軍たちの息子事情

 

【昔の人の二次創作 民話の中の三国志】
民間伝承の三国志

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 「ここにいるぞ!」と言いながら魏延を切る馬岱 魏延と馬岱は孔明を恨んでいた「怨トモ」だった!?
  2. 残忍な曹丕 曹植の存在が曹丕を歪めた?何で曹丕はあんな性格になっちゃったの?…
  3. 曹操のお墓(曹操高陵) そういえば曹操の墓が見つかったけど本物なの?
  4. そろばんを叩く関羽 三国時代では数学が出来ないと下級役人にもなれない?算籌を徹底紹…
  5. 陶謙と劉備 遺言「君が国を取れ」は常套句だった!?
  6. 楊儀 魏延を倒した楊儀は孔明が亡くなった後どうなったの?
  7. 出世した韓遂 韓遂は腹の中で何を考えていたの?【潼関の戦い】
  8. 呉にもラストサムライが存在した!孫呉の最後を飾った張悌に迫る!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 新選組の土方歳三
  2. 陶謙
  3. 孫呉(孫権・黄蓋・陸孫・周瑜・周泰) 
  4. 荒れる黄河
  5. 張角は歴史の表舞台に登場
  6. 曹操

おすすめ記事

  1. 陳寿が語る孫権像 kataru
  2. 鮑勛(ほうくん)とはどんな人?自分の意見をまっすぐに答え曹丕に恨まれてしまった政治家 曹丕に恨まれた鮑勛(ほうくん)
  3. 蜀を制圧したばかりの劉備軍をまとめるために孔明が打ち出した二つの方針とは? 考える諸葛亮孔明
  4. 昌豨(しょうき)が凄い!あの曹操が5回攻めて勝てなかった乱世の黒狼 昌豨
  5. 昌文君(しょうぶんくん)はどんな人?実は昌平君と共に楚からやってきた人質? キングダム
  6. 月照はどんな人?西郷どん最愛のお坊さん?

三國志雑学

  1. はじめての三国志 画像準備中
  2. 蜀の姜維
  3. 張コウ 張郃
  4. 桃園の誓012
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孔明もコペルニクスに似ていた
  2. 楽進
  3. 司馬徽と劉表

おすすめ記事

法正 法正(ほうせい)ってどんな人?蜀を支えた天才軍師 織田信長 織田信長は非常に騙されやすいお人好しだった。 【朝まで三国志2017】告知参加メンバーが判明したよ 国士無双の韓信が滅びるきっかけを作ったのは劉邦のせいだった? 曹操のガラス 曹操のお屋敷はガラスでキラキラだった?西域趣味の曹操が金髪美女とアモーレ・ミ―オ! 華陀 世界初の外科手術を行った?華佗とはどういう人物だったか はじめての三国志 画像準備中 介子推(かいしすい)とはどんな人?晋の重耳に自らの身を犠牲にして忠誠を尽くす 劉邦と張良と陳平 石奮(せきふん)とはどんな人?真面目で頑固者な性格が愛されて富貴を手にした万石君

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP